12月17日火曜日はフランス全土で年金改革法案に反対する
大規模デモが行われる予定です。
ストも12日目に突入し、無人運転のメトロ①号と⑭号線は通常運行ですが、
それ以外のメトロは運休。
RER線なども運休か大幅に本数が減っての運行となっております。
そのためパリの道路が大渋滞で、通勤に2時間、3時間かかるようです。
そんなストのニュースが毎日続いておりますが、
そんな中、デンマーク出身でフランスで活躍した女優アンナ・カリーナが
12月14日にパリでガンのため79歳で亡くなりました。
昔々、ジャン=リュック・ゴダール監督の「気狂いピエロ」を観て、
映画の概念がひっくり返るくらいの衝撃を受け、
映画の魅力にとりつかれました。
ゴダールの、こんな演出見たことない!という独特な演出に鳥肌が立ち、
主演のジャン=ポール・ベルモンドとアンナ・カリーナが演じるカップルの、
こんなイカした2人見たことない!というくらいの魅力にノックアウト。
そして頭に焼き付く衝撃的なラストシーン。
その後「女と男のいる舗道」「はなればなれに」「アルファヴィル」
「メイド・イン・USA」を観て、
ますますアンナ・カリーナの大ファンになりました。
RIMG47977
女性から見たアンナ・カリーナはとにかく魅力的過ぎて、
表情も伸びやかなスタイルもファッションも、
すべてが彼女だけの唯一無二のもの。
RIMG47981
「女と男のいる舗道」でアンナ・カリーナ演じる娼婦ナナが、
カフェで女友達に人生観について話す場面は今も忘れられられません。
セリフが何ともいいんです。

私はすべての責任がある。
手を上げるのも私の責任。
右を向くのも私の責任。
不幸になるのも私の責任。
たばこを吸うのも私の責任。
責任を忘れるのも私の責任。
すべてが素敵だと思えばいいの。

このセリフはずっと私の心に留められていて、
密かに自分をちょっと戒める時なんかに思い出す言葉です。
RIMG47982
そんな女優アンナ・カリーナの死。
でもストのニュースの最後にほんの5秒くらいで伝えられて寂しかったです。
でもでもそんなこたぁ関係ない。
素敵な作品と魅力を残してくれたことが何よりも素晴らしい。
そして、89歳のゴダールと86歳のベルモンドが今も存命なのが、
何ていうか心の拠り所的な気がします。
私にとっての最高にカッコいいフランス代表3人ですから。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!