IMG_2908 - コピー
フランスは大規模ストになっちまっておりますが、もうすぐ年末。
日本からパリにやって来る方がそれでもたくさんいらっしゃると思うので、
最近我が家で買ったお土産にもよいおすすめお菓子をご紹介。
買ったのは全部ドイツ系スーパー「リドル(LIDL)」です。
リドルは超お手頃お値段のわりに商品の質がよく、
ドイツ系でもちゃんとフランスらしい工夫ある
オリジナルのものが季節ごとに揃うので、
フランスにはスーパーはリドル派、結構多しです。
ちなみにカルフールは質のわりに高いです。
パリ市内のリドルの場所については最後にご紹介させていただきますね。
ということでまずは3品。
左のアルザス地方のプレッツェル0、65ユーロ(65サンチーム)、
右上のブルターニュのダークチョコのクレープ菓子1、29ユーロ、
右下のプロヴァンス・モンテリマールの特産のヌガー2、49ユーロです。
プレッツェルは以前にも一度ご紹介しましたが、
岩塩が程よく香ばしくて量もたっぷりなのに65サンチームにびっくり。
クレープ菓子はダークチョコのビター感がグッド。さくさくっとつい食べちゃう。
ヌガーは見た感じがいかにもフランスのお菓子感がよいよい。
そして何よりアーモンドのカリカリ食感がやみつきになって美味しいんです。
この中でお土産としてはこのヌガーがフランスらしくて、
かさばらないので一番おすすめかな。
IMG_2924 - コピー
続いては、セップ茸のポテトチップス1、79ユーロ。
これはクリスマス&年末の期間に特別に出ている風味で、
ちょっとトリュフの風味と重なっていけます。
我が家はあっちゅ間に食べちゃったのでまた購入予定。
ってかポテチっていつでもあっちゅう間に食べちゃうけど…。
IMG_2934 - コピー
そして、イタリアのクリスマス菓子のパネトーネで、
ピスタチオクリームとダークチョコ風味で6、19ユーロ。
少し前にカルフールで買ったこのパネトーネが美味しくて。
お土産にも!大満足のカルフールのパネトーネ
その後すぐまた買いに行ったのですが、すでに売り切れていたんです。
で、ちょっとショックな気分でリドルに行ったら、
この「FAVORNA」のパネトーネ発見。
これより安いドライフルーツ入りの定番もあったのですが、
カルフールで買って美味しかったのが、
高い方だったので、リドルでも高い方を買ってみたんです。
IMG_2939 - コピー
取り出してみると、
ダークチョコがこのように上にたっぷりかかっております。
IMG_2943 - コピー
そしてパネトーネ生地の中に、
とろ~りとしたピスタチオクリームがたっぷり入っているのですが、
このとろりクリームとダークチョコのコンビネーションが美味しい♪
で、ショックからす~ぐ立ち直ったというわけなのです。
今回のパネトーネ事件?で思ったのですが、
パネトーネは何種類かあったら、とりあえず高い方を買った方がいいかも、と。
これもとても気に入ったのでこれまたリドルで買ってこようと思っております。
賞味期限が4月末までなので大人買いしちゃおうかなぁ。
6、19ユーロですけどね。ぷぷ。
ってかまたカルフールみたいに売り切れも考えられますけどねぇ。
さてさてリドルですが、フランス全土で展開していて、
ここ数年で、パリ市内にもどんどん店舗が増えております。
パリ市内の店舗はこちらを確認してください。
Supermarché LIDL à Paris
今、スト中のパリで通常通り動いているのが無人運転のメトロ①と⑭号線。
まだパリの中心地には店舗がないリドルですが、
それでもその2つの線で、どこの店舗が一番近いかな、と見てみたら、
12区のリドルが徒歩圏内かなと思います。
駅は①号線の「ルイイ=ディドロ(Reully-Didrot)」または、
①と⑭号線が通っている「ガール・ド・リヨン(Gare De Lyon)」。
地図はコチラ→LIDL
パリは小さいので動いてる電車やバスを利用すれば、
他のリドルも行くのは可能だと思います。
興味のある方は、滞在なさるホテルなどから
行きやすい店舗を探してみてくださいね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!