パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

以前のフランススーパー記事でyukさんがコメントをくださったのですが、それによると。

パリはスーパーに格差差別があって、日本人のご友人やオサレなフランス人にはリドルのことを「あんな移民スーパー」と言われちゃうんだそう。

それを聞いてびっくりしたのですが。

でもそう言えば私はパリ市内のリドルには入ったことがないな、と思ったのです。

で、この記事で書いたボン・マルシェと同日だったのですが。

高級デパート、ボン・マルシェの価格と価値観について考える

良い機会なので、確認も含めパリ市内リドルにも初めて行ってみました。

IMG_3660

場所は下町ベルヴィルに近い店舗です。

あえて移民系が多い地区のリドルにやって来てみました。

さあ、初パリ市内リドルへGO!

IMG_3661

おお~、午後4時前でしたがかなり混んでおります。

確かにというか、やはりというか、移民系(私も含むアジア系、アラブ系、アフリカ系)のお客さんが多く、割合で言うと移民系60%、フランス系40%って感じでしょうか。

店舗は我が家が行っているパリ郊外のリドルよりは狭めです。

パリ市内なので広い場所を確保するのは難しいのでしょうね。

IMG_3662

商品はというと、パリ郊外とそれほど大差はなく、かなり充実している印象を持ちました。

BIO(オーガニック)野菜もちゃんと揃っています。

IMG_3663

この週はイタリア食材フェアだったのですが、パリ郊外店とまったく同じように揃っております。

IMG_3664

リドルのグルメシリーズ「デリュクス」もズラリ並んでおります。

IMG_3666

店舗は狭めでもこれだけ揃っていれば商品に関しては問題はないように思います。

ただし、移民(日本人であるご自分以外のアジア系、アラブ系、アフリカ系)をご自分より下と思っている日本人やオサレフランス人は、この雰囲気だけで、私がいるような場所じゃないわ、と思うかもしれません。

それと、そんなことは思ってなくても、こういう行為をいやがる人はいるだろうな、と思ったことが1つあります。

それはレジでのこと。

店内が混んでいるのでレジもかなり混み合っているのですが、並んでいると平然と横入りしてくる人がいるのです。

この時はフランス人女性だったのですが、気がつかないフリして私の前に入ってきたので、私並んでいます、と言うと。

ああそう。わかったわよ。たいしたことじゃないわ!

と言い放って、別のレジの列へ行きました。

これ結構フランス人がしょっちゅうやるのですが。

このリドルの雰囲気で混み具合だと、この行為がよく発生しているだろうな、と思いました。

私もこれが好きじゃないので正直ちょっといやな気持ちになりました。

高級デパート、ボン・マルシェではさすがにこれする人はいませんし、パリ郊外リドルだと広い店舗が多いのでレジもそこまで混んでいない。

なのでこういう人、あまりいないんですよね。

でもリドルの安さとその割に質は決して悪くないこと、ってか、むしろ結構良いことを考えると。

私並んでいます、と言えばいいだけのことな気も。

もし私が今パリ市内に住んでいたとしても必ずリドルに通っていたと思いますし、パリで暮らしていた節約学生時代にリドルがあったら、めちゃくちゃ嬉しかっただろうと思います。

たぶん渡仏後の早い時期からフランス&ヨーロッパの食を楽しんでいただろうなぁ。

(その頃はまだ市内にリドルはなかったので)

なので。

妙なプライドや格差差別、人種差別がない場合は、リドルも他のスーパーも普通に利用すればいいんじゃないかな、と。

フランス人庶民のど真ん中で暮らし、その中でフランス暮らしの楽しみを見つけている自分としては、普通にそう思っちゃいます~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ