フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について 
このブログは何年もの間、
毎日、日本時間の午前0時頃、
フランス時間の前日17時頃(冬時間では16時)
に更新しております。
R0010561 - コピー - コピー
フランスでも日本のガイドブックでも一切紹介されていない、
我が家ご近所のお気に入りパリ郊外スポット、
「ジョワンヴィル=ル=ポン」の街。
19世紀から20世紀前半にかけては、
パリ市内の富裕層の別荘がたくさんあって、
気軽に来れるヴァカンス地としてにぎわった街。
当時は映画撮影所もあって、
ジャン・ギャバンやジャン・マレー、ドミニク・サンダなど、
多くのフランス映画界のスター達が撮影のため、
通った場所でもあります。
その街のここはマルシェ。
R0010563 - コピー - コピー
新鮮な食材がズラリと並び、
地元の方が馴染みのお店で買い求めております。
R0010564 - コピー - コピー
お魚屋さんの脇には日曜限定オイスターバーもあって、
我が家もよく訪れております。
R0010573 - コピー - コピー
生牡蠣6個とグラスの白ワインのセットで10ユーロ。
茹で海老をつけると+5ユーロ。
海老好きの私は海老も必ずつけます。
ただ生牡蠣は季節によって美味しさが違って、
めちゃくちゃ美味しい時もあれば、
小さかったり、しょっぱかったりもします。
この平均的じゃないところが大雑把フランスらしい。
でも、雰囲気が楽しいので、それ全部含めて、
楽しむ、という感じでしょうか。
R0010566 - コピー - コピー
あ!ロングのクリームの可愛いチワワちゃん♪
知り合いのムッシューのチワワっ子です。
R0010570 - コピー - コピー
女の子で名前はデジー。
実はこのマルシェのオイスターバーは、
デジーのパパに教えてもらって来るようになったんです。
我が街マルシェも超楽しいのですが、
別のご近所街のマルシェも
負けないくらい楽しいと知った次第です。
ほんとだったら今はブロカント市のシーズンで、
この「ジョワンヴィル=ル=ポン」でも、
毎週末あちこちで開かれていたはず。
この街の広々とした素敵な豪邸街を眺めながらの、
ブロカントはちょっとスペシャル。
各お宅でお庭も開放していたりして、
夢のようなお庭と美しいメゾンを見ることも出来ます。
パリ市内からもRERのA線で20分もかからず来れる街。
パリ市内とはまったく違う、ちょっと驚き新鮮な、
ゴージャスパリ郊外豪邸街が広がります。
気軽に行ける日帰り旅にも最適。
終息したら私もす~ぐ行きたいと思っております♪
行き方などさらに詳しいことをお知りになりたい時は、
こちらを参考になさってください。
夏編→ガイドブックに載らないパリ郊外の大豪邸街へ!
秋編→パリから郊外へ日帰りオプショナルツアーはいかが?
はぁ~、可愛いデジーに早く会いたいなぁ~。
パパさんと元気にしてるかな~。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!