毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日

8日間更新しない間も「卑怯子手口」の量を調節し、
差が広がり過ぎないようにしていたマダム卑怯子さん。
2日前、やっと更新しましたが、
次の更新はいつですか?
そんなことばっかやってないで、
ちゃんと更新した方が良いのではないでしょうか。
私は、あなた以外の参加者の方と同様、
これからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。
2020年9月21日

…………………………………………………………………
IMG_9831 - コピー
この週末、暑いくらいだったパリ(郊外)。
お庭でごはんが出来るのも、
たぶんあともう少し。
ってことで、バカンスを思い出して、
バーべキューごはんにいたしました。
まずはテーブルコーデ。
バーベキューだけど、ちょっと可愛く、
明るいフレンチバーべキューな感じを目指しました。
IMG_9852 - コピー
お花はまだお庭で咲いてくれてるラベンダーを、
きゅっと素朴なひもでしばって、
そのまま飾ってみました。
IMG_9835 - コピー
お皿はブロカント食器の中でも、
特に人気のある
「ディゴワン・サルグミンヌ製」のもの。
フランスの慈善団体リサイクルショップ
「エマウス」で、埃に埋もれまくっているところを、
見つけたもの。
指でキュッと拭いてみたら取れたので、
家に帰ってきて丁寧に洗いました。
そしたら傷もなくほぼ新品状態に。
小さなメゾン柄がキュートで、
超~お気に入りでございます。
IMG_9841 - コピー
旦那はバーベキューを焼き焼き中。
シンプルなローストチキンが一週間前から、
食べたくてしかたなかったのです。
そういうのってありますよね。
昨日からあっさり醤油ラーメンも
食べたくてしかたないのですが…。
IMG_9840 - コピー
お肉が焼けるまでの1皿めは、
家にある野菜のみじん切りを
いろいろトッピングしてのガスパチョ。
コロナ禍の時に旦那が買ってきた市販品です。
でも、ひと手間加えたら美味しかった♪
2人で、あれ?美味しいねぇ、
とあっちゅう間にいただきました。
お皿は「ディゴワン製」。
ディゴワンはブルゴーニュ地方
サルグミンヌはアルザス地方ですが、
元々はサルグミンヌ窯が始まり。
統合したり分かれたりを繰り返したので、
「ディゴワン製」「サルグミンヌ製」   
そして「ディゴワン・サルグミンヌ製」
があります。
このお皿の絵柄は、白雪姫やシンデレラなど、
グリム童話が題材。
ディズニー以前のブロカント皿となります。
IMG_9847 - コピー
バーベキューに合わせてサラダはコチラ。
Cpicon ポルトガル風超シンプルサラダ by ルロワ・モワ
ポルトガルは炭火焼き料理がスペシャリテ。
そんな炭火焼きにぴったりなのが、
このシンプルサラダ。
超簡単ですが、さっぱりでついつい食べちゃう。
ポイントは胡椒を使わないこと。
胡椒を振ると違うサラダになっちゃいます。
このお皿はフランス北部のヴュールーアン窯のもの。
八角形がポイントでこれもお気に入り。
IMG_9844 - コピー
そしてバーベキューで~す。
ローストチキンと牛肉と野菜のブロシェット。
どちらも一晩マリネしたので、
柔らかで超美味しかった!
バーベキューの我が家のお気に入りコースが、
最近決まってまいりました。
でも、フランスでバーベキューは男の仕事なのに、
結局下準備は全部あたしです~。
お皿は、フランス北東部のバドンヴィエ窯製。
IMG_9850 - コピー
デザートは、パリ散歩で買ってきた、
ポルトガルのお菓子「パスティス・デ・ナタ」。
パリでお気に入りはここですが。
→「コム・ア・リスボンヌ(COMME A LISBONNE)」
今回はたまたま見つけたお店。
これがとても美味しかった♪
で、人種が様々なパリは、
やっぱりそれぞれの出身地お店で、
それぞれの美味しさがあるな、
と改めて実感しました。
お皿は「ディゴワン・サルグミンヌ製」。
IMG_9853 - コピー
この後は旦那は、
翌日の古い自転車愛好会の
シャンティイでの集まりのために、
せっせこ自転車のお手入れ、
IMG_9855 - コピー
いつの間にかちゃっかし、
ラベンダーのプチ花束も飾っておりました。
で、集まりは楽しかったようで、
いい気分で帰ってまいりました。
最近はコロンビア人とオーストラリア人の仲間と仲良し。
しょっちゅう電話やメールで話しております。
そんな様子を、いろんな人種で仲良くは、
楽しいな、素敵なことだな、
と思いながら見ております。
2人ともお寿司が大好物らしいので、
いつか我が家でご馳走したいね、
な~んて話しておりま~す。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!