毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日

8日間更新しない間も「卑怯子手口」の量を調節し、
差が広がり過ぎないようにしていたマダム卑怯子さん。
2日前、やっと更新しましたが、
次の更新はいつですか?
そんなことばっかやってないで、
ちゃんと更新した方が良いのではないでしょうか。
私は、あなた以外の参加者の方と同様、
これからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。
2020年9月21日

…………………………………………………………………
今日のお昼のニュース番組で、
悲しいニュースがありました。
パリの日本人シェフ、
関根拓さんが39歳で亡くなられました。
SNSによる誹謗・中傷に悩んでいての、
自殺とのことです。

お名前を聞いただけでは
すぐ思い浮かばなかったのですが、
料理とカクテルのマリアージュのレストラン
「デルス(Dersou)」と聞いて、わかりました。
アジア料理もお好きで、
パリのお気に入りのアジアンレストランの記事など、
いくつか読ませていただいたことがあります。
料理だけではなく、
それを食べるシチュエーションや、
その思いも大切にしている、
というのが印象的でした。
2014年に12区に開いた「デルス」には
行ったことがなかったのですが。
今回の訃報に際して、
改めて関根拓さんの記事を探し、
去年、19区に2店舗目の、
「シュヴァル・ドール(Cheval d’Or)」
をオープンなさっていたことを知りました、
その中の1つがコチラの記事です。
The cuisine presse パリで食堂を開く夢。関根拓
これを読んでびっくりしました。
なぜならそこが19区ヴィレット通りの、
「シュヴァル・ドール(金馬車)」だったから。
19区は私が2010年に住んでいた場所で、
しかもヴィレット通りはアパルトマンのすぐそば。
そして。関根さんが、元の中華レストランの名前を
そのまま使ったという、
「シュヴァル・ドール(金馬車)」に
何度も行ったことがあったから。
この夏も19区を歩いたのに、
ビュットショーモン公園にも行ったのに、
ヴィレット通りだけは寄りませんでした。
寄っていたら、もっと早くにこのお店のことを、
知ることが出来ていたはず。
残念でしかたありません。

関根さんに対しての誹謗・中傷の内容が、
女性への性的暴行などで、
疑惑を伝えた業界専門サイトは、
死去は重大だが情報は確か、
と主張しているとのこと。
日本人によるレイプについては、
私も聞いたことがあります。
もう何年も前になりますが、
事件のことを知る前に、
その人間に会ったこともあります。
示談ですませたそうですが、
1度や2度じゃないと聞いております。
示談後、事件のあった近くで、
平然と食事をする姿を見て驚いた、
と友人が言っておりました。
今もパリにいるかは知りません。
でも関根さんではありません。

「パリで食堂を開く夢。」を読んで、
私は率直に、素敵だな、と感じました。
事実じゃないと思いたい気持ちがあります。
でも事実を知らないので
これ以上のことは何も言えません。
真実かデマか定かじゃないことを、
面白がって匿名でSNSに書き込む人は、
何なんでしょうか。
暇人?心ひねくれ人?
人の不幸が面白くてたまらない人?
私はSNSを一切やっていないのですが、
やってなくてよかったです。
これからも一生やるつもりはありません
これも「平気で生きていくためのすべ」
の、1つかもしれません。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!