毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 新たに書きます。
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
毎日2500前後のポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょうか。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけやり続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0014115 - コピー
今週は、4年前に我が家に来た保護犬姉妹、
左のジェンカと右のジョアンナが。
ジョアンナ&ジェンカ
1年に1度のワクチンの時期だったので、
かかりつけの動物病院の先生のところへ。
この先生は、アフリカの動物たちが絶滅しないよう、
毎年アフリカに、子孫を作る手伝いに派遣されていて、
TVドキュメンタリーや雑誌などにも
登場したことがある結構有名な方。
アフリカの仕事にも、
とても情熱を持っていらっしゃいます。
でも定年退職を待ちわびていて、
旦那と2人で、その話をしょっちゅうしております。
旦那よりはだいぶ年上ですが、
フランスで動物の先生になるのは、
とても大変で、何年も研修が必要。
基本的には、年金を100%もらうのには、
40年間働き続けなくてはです。
なので定年退職年齢が少し上になるんですよね。
で、今はロックダウン中なので、
旦那が、ジェンカとジョアンナを連れて、
1人で先生のところに行ってきました。
2ぴき共、健康で問題はないとのことで、
それはよかったのですが、先生が、
とうとう定年退職が来年に決まった!
と、めちゃくちゃ嬉しそうに旦那に話したそう。
来年最後のアフリカの仕事が終わったら、
いよいよ定年退職になるとのこと。
虚弱体質のチワワのミルク坊やと、
ニースに住んでいた時も、
やっと巡り合った信頼できる先生がいたのですが。
定年退職であっさり辞めてしまいました。
フランスでも仕事を続けたければ、
続けられますが、この先生だけじゃなく、
旦那も含め、ほとんどのフランス人たちが、
それを希望しないのです。
たとえ名声があってもしがみつかない。
この点がめちゃくちゃ潔いんです。
残された自分の人生は仕事は辞めて、
好きなことをして暮らす。
が何より大事なんですよね。
R0014122 - コピー
私は正直、来年、先生がとうとう辞めてしまうことに、
とてもショックです。
経営者でもある先生が、
一昨年に病院の経営をすでに別会社に渡して、
定年退職までは、雇用される形で、
先生を続けていたのは知っていたので、
そう遠くない日だろうとは思っていたけれど…。
と言いますのも、もう1人、女性の先生がいますが、
この人が、動物の気持ちをまったく考えない、
人格を疑うような人間だからです。
ミルク坊やの最期の時の対応は、
今思い出しても許せなくて涙が出てきます…。
これは、気持ちが落ち着いた今ですので、
後日改めて書かせていただこうと思います。
とにかく、日本も若干同じだとは思いますが、
フランスの動物病院は同じ病院でも、
先生によってまったく対応が違うのですよね。
だから、あの病院がいいとか悪いとかではなく、
先生がいいか悪いかになるのです。
その人、なのです。
なので、今の担当医の先生がいなくなることが、
わんことうさっちのいる私にはとても不安です。
あの女医はあり得ないので、
来年、今の先生がいなくなったら、
別の信頼できる先生を探さなければなりません。
でもしかたありませんね。
いつかこの日が来るのですから。
あ、話が逸れちまったけど。
で、つくづく思うのは、
フランス人の、仕事中心じゃない、
人生についての考え方には、
先生がいなくなるのは大ショックだけど、
私は大賛成です。
これは、でも、フランスだけじゃなく、
多くの国がほとんどではないでしょうか。
人生は仕事が一番、
なんて考えが今だに一部で残ってる日本は、
たぶんかなり遅れているんだな、
とフランスで思いました。
来年辞めちゃう先生は、日本食が大好きで、
今まで、パリの日本食屋さんをいろいろメモして、
何度も渡したので。
今週旦那がワクチンに行った時、先生に、
奥さんにも、ありがとう、言っておいてね、
と伝えられたそう。
いやいや、最後会わないで、さよならは悲しいので、
次回の訪問は私も絶対行こうと思います!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!