毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
ランキングで毎日2500前後の
ポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょう。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけ乱用し続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
日本で働いていた時は、
男性に飲み会でおごってもらったり、
上司に食事をご馳走してもらうことが
よくありました。
もちろんそれはとっても嬉しかったです。
でも女性の同僚や友達が、
おごってくれない人のことを
ケチだとぶちぶち言うのは
あんまり好きではありませんでした。
ぶちぶち言ってるけど、
自分は人に払いたくないんだな、
なんて思うこともありましたし。
ローンを抱えていたり、
奥さんが家計を握っていたりと、
それぞれの事情がありますからね。
で、フランスに来たら、
男性だからおごる&年上だからおごる、
という考えがないことを知りました。
基本的には、割り勘なんです。
恋人同士や夫婦でも、
完全に折半の人たちもとても多いんです。
学生は10サンチームまできっちり分ける、
なんてことも聞いたことがあります。
で、男性だから年上だからおごるは、
私もときどき変だと思っていたので、
なくてもよいのですが。
一緒に暮らして完全に折半は、
自分のような外国人の女性にとっては、
ちょっとキツイな、と思いました。
外国人とフランス人とでは、
就ける仕事の幅が違いますからね。
実際に知り合いの、
折半の日仏カップルの日本人女性から、
愚痴を聞いたこともあります。
とにかく。女性も男性も同じように、
働いて稼ぐ、という考えのフランス人男性が、
とても多いです。
特に都市部はその傾向が強いです。
初めて会った人に、
何の仕事をしているのか、
と聞かれることもしょっちゅうです。
ただやはりそれぞれの性格や
生活状況によって考え方も違って。
それを無理に求めない
フランス人男性もいます。
旦那もそんな1人なので、
絶対に稼がなくてはならない、
というストレスがないことは大きいです。
でも今まで何度か、専業主婦だと言うと、
びっくりされたことがあって。
一度だけ、なぜ仕事をしないのか、
というような非難を含む
空気を漂わせたフランス人男性がいました。
こういう男性がパートナーだと、
キツイだろうな、
と正直思ってしまいました。
ちょっと恐かったです…。
日本では逆に、たとえば結婚したら、
家庭に入って欲しいと言う男性がいますね。
日本にいた時は、そういう男性は、
どちらかと言うと苦手だったのですが。
実際に家庭に入った今は、
それも悪くないことだったな、
と、思っております。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!