パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

小山田圭吾さん問題がまだまだ波紋が広がってますね。

昔、友人がフリッパーズギターのファンで、解散後は引き続き小山田圭吾さん(コーネリアス)のファンで、ときどき話を聞いておりました。

なので3、4年前に「ロッキング・オン・ジャポン」の1994年のその記事をネットで偶然知った時は壮絶な内容過ぎてショックを受けました。

こういうことを25歳だか26歳でも平然と自ら話すことにも異常さと怖ろしさを感じました。

そして今回の事態。

学生の時の実際の鬼畜行為と、25、6歳になってもどれだけのことを自分がしたか気づいていなかったこと。

この2つのことへの因果応報だと思いました。大大因果応報だなと。

多くの人の怒りの発言は尤もだなと思わざるを得ません。

ただ同時に、傷つけられた側の方は今どんな思いかな、と過りました。

きっと50代の大人の今でも、何十年経っても思い出すと辛いだろうな。

忘れるのが一番かもしれないけど、忘れることは出来ないだろうな、と。

今のこの状況も、もしかしたら辛いかもしれませんね…。

それともう1つ過ったのが、もし自分の子供がそんな目に遭っていたら、ということ。

私が親だったら一生許さない。一生憎んで、一生彼がやったことに対して懺悔を求めると思います。

でも。

もし当事者である自分の子供がそうではなかったら。

忘れたかったら。忘れようとしていたら。

そうしたら、私も子供のために歯を食いしばってでも忘れようとしたかな、と。

それと考えてみると。

子供は親に隠していたかもしれません。

もしかしたら今も当事者の親御さんは知らないこともありえます。

そうだったらこの今の騒がれている状況、さらに相当辛いだろうな、と思います。

そして因果応報って、今までの自分の経験だと。

怒り続けて憎み続けている時は、その相手には何も起こらず、自分の気持ちが静まった後や忘れた頃に、相手にそれ相当のことが起こったりします。

そしてその時はすでに自分の心は前に進んでいたりします。

小山田圭吾さんは、多くの人が求めた通り、オリンピックの楽曲制作を辞退しました。

私もそうしてほしいと思っておりました。

なのでこれから後は。

傷つけられた方の今の思いを知らない私たちは。当事者ではない私たちは。

これ以上の怒りの連鎖を続けなくていいのではないか、と私はですが思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ