パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

夏が終わって秋になったことを感じてか、我が家のひまわりが焦って?どんどこ咲いております。

で、お部屋のあちこちにも飾っているのですが、週末ごはんのお庭のテーブルにも登場していただくことにいたしました。

R0140706

で、今回は久しぶりに大小のブロカント瓶たちに挿してみました。

しばらく籠やソースの器を使ってお花を飾ることが多かったけど、やはりこのスタイルも可愛いです。

またしょっちゅう復活させましょ。

R0140704

お皿はひまわりに合わせてひまわり柄。

夏限定の登場です。もうすっかり秋ですけどね。

R0140719

1品めは、いろいろ野菜と海老の簡単ブロシェットに、庭咲きの食べれるお花を飾りました。

串にさすと食べやすいし、楽しいし、これグッド。

おすすめでございます。

R0140721

2皿めはじゃがいもとハーブの2色ポタージュで、これも庭咲きの食べれるお花を飾りました。

たくさん咲いているので、食べれるんだから食べなくちゃもったいない、と、とにかく花を食べる今~。

でもなんか、ハーブのソースが葉っぱみたいでちょっといい感じ?んなことないかな?

R0140725

そして3皿めのメインは牛のたたき、ズッキーニのタリアテッレと花びら添えです。

お高め赤身牛肉がお買い得になっていたのでゲット。

少しサシが入っていてwagyuチックだったので今回はたたきにしてみました。

たたきは今フランスでもとてもポピュラーな料理法なんです。

たくさんの料理人さんが、お肉でもお魚でもたたきを作っております。

で、フォトの色がちょっとよくないのですが、このお肉、しっとり柔らかくてとても美味しかったのです。

旦那はwagyuみたいと大喜び。

wagyuもフランスでここ数年大注目。

購入も可能ですが、目が飛び出るくらいお高いのですよね。

日本でもお高いですものねぇ。

我が家はとてもじゃないけど本物wagyuは無理。

なので旦那はwagyu気分が嬉しかった模様。

あっちゅう間に完食しておりました。

で、まだ少し残っていたので、翌日は牛のたたき寿司にして、生姜とシブレットをトッピングしていただきました。

これまたうまし。

何でも美味しくしてしまう酢飯マジックです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ