パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスで観る番組というと私は料理系と音楽系が中心なのですが、ここ数年、料理系番組で日本の食材が登場することが本当に多くなっております。

わさび(wasabi)、抹茶(matcha)、柚子(yuzu)などは以前から浸透しておりますが、最近は椎茸(shitake)、酒(sake)、米酢(komezu)、ポン酢(ponzu)、かつおだし(katsuo dashi)なんてのも頻繁に登場します。

ちなみにフランス語では「s」が1つの場合は「ざ」、2つの場合は「さ」と言うので「わさび」は「わざび」と言われております。

で、そんな中でもいろんな料理番組で最近よく使われているのが日本の「パン粉(panko)」。

人気シェフさんたちも、料理を学ぶ若い学生さんたちも、アマチュアの料理人さんたちも使い出していて、日本人としてやはり嬉しくなります。

フランスにもパン粉はもちろんあって「シャプリュール(chapelure)」と言います。

でも日本のパン粉とはかなり違ってキメが細かいんです。

なのでフランスの料理人さんたちは、揚げ物などでざっくり食感に仕上げたい時に「panko」をチョイスしていることが多いです。

我が家も、トンカツや海老フライなどはパン粉、串揚げなど薄づきの衣にしたい時はシャプリュールを使います。

で。

フランスの料理人さんたちは日本のパン粉を市販の袋ごと出していたりするので、ど~も購入なさっているようなのですが。

でも、いつも思うのですよね、買うことないのに、って。

だってフランスはバゲットの国。

渡仏してきたばかりの時は、まるで絵に描いたように片手にバゲット持って歩いているパリジャンやパリジェンヌたちの姿を見て、本当にバゲットなんだ、とちょっと笑っちゃったくらいです。

そんなバゲットちゃん、中途半端に残ることが多く、しかも翌日か翌々日には固くなっちゃう。

でもそれをミキサーでガ~ッ!っとやれば、あ~ら簡単!

日本式パン粉だってフランス式パン粉だってすぐ出来ちゃう。

なので、バゲットの国の料理人さんたちが市販の日本のパン粉を使っているのを見ると、もったいない、と思ってしまうのです~。

IMG_1755

で、我が家の日本式パン粉です。

いつもガ~ッ!してこの日本式の粗いのと(ガ~ッ時間短め)と、キメの細かいフランス式のと(ガ~ッ時間長め)2種類作って、冷凍保存しております。

ちょうどフランス式のが使い終わっていたので、ちょうどカッチカチになったバゲットもあるので、また今日か明日作っておきたいと思います。

フランス式の細かいのは、ミラノ風の薄いカツレツに使ってもグッド。

久しぶりに食べたくなってきました。近々作ろうかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ