パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパー記事でして、今回行ったのはドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。

我が家のまとめ買いは「リドル」か、やはりドイツ系スーパー「アルディ」のどちらか、そして「カルフール」。

でも「リドル」で欲しいものがあったのでここのところ「リドル」&「カルフール」コースが続いております。

IMG_2621

購入したのはコチラ。

我が家が常備しているフランス&イタリアの特産品多めの今回です。

IMG_2627

その特産品1つめはカルフールで、ノルマンディーのイズニー村の生クリーム2、44ユーロ。

このブログでよく書いておりますが、イズニー村の乳製品は品質の高さでよく知られております。

右下に付いている赤と黄色のマークは、ヨーロッパの品質認証制度AOPマーク(アペラシオン・ドリジン・プロテジェ)。

このマークが付いていると、信頼出来るヨーロッパ食品と思って大丈夫。

日本の生クリームとはまったく違って、リキッド状ではなくバターのようにねっとりしていてクリーミィー。

濃厚ですがほのかな酸味があって、ちょっとサワークリームに近い味わいです。

加熱するとリキッド状になるので、使い方は2通り。

たとえばそのまま蒸したじゃがいもに添えたり、熱いスープに入れて溶かしたり。

クリーム自体が美味しいので、素朴なものが簡単にご馳走になります。

IMG_2625

特産品2つめはリドルで、同じくイズニー村のバター2、25ユーロ

これにもAOPマークが付いております。

日本のバターは通常、発酵させていない甘性(かんせい)バターですが、フランスのバターは99%が発酵バター。

コクがあるけどあっさりとした味わいです。

我が家はフレンチはもちろん、和食にも風味付けでよく使っております。

IMG_2628

特産品3つめって言うかフランスのスナック菓子なのですが、カルフールで。

菓子メーカーのベネナッツのスナック菓子1、56ユーロ。

シリアルを使ったチュールスタイルの塩味のこのお菓子、ザクザク歯触りで我が家の大のお気に入り。

食べだすとちょっと止まらなくなっちゃいます。

かなりの割合で我が家の棚に常備。

ポテチも美味しいけど、これもかなりおすすめです♪

IMG_2622

特産品4、5つめで、2点ともリドルで、イタリアの生ハムのプロシュート2、59ユーロ。

フランス南西部ペリゴールの黒豚の生ハム2、29ユーロ。

黒豚の生ハムは前回もご紹介したもの。
フランスのスーパー、お気に入り食品が4つ増えました

実はこれが欲しくてリドルに行ったのです。

で、無事ゲット出来て大満足。

このペリゴールの黒豚の生ハム、いつも冷蔵庫に常備しておきたいくらい気に入ったので、これからいろんなところで買ってお試ししたいと思っております。

このプロシュートもリドルにあればよく買う商品。

コクがあってナッツのような風味のフランスの特産の黒豚生ハムと、あっさりとしたうまみのイタリアの特産のプロシュート。

どちらも味わいがまったく違って美味しいです。

IMG_2624

特産品6、7つめで、これも2点ともリドルで、イタリアのモッツァレラチーズのブッファラ1、59ユーロ。

フランスのコンテチーズのラぺ(すりおろしたもの)1、72ユーロ。

この2つともAOPマークが付いております。

ブッファラは我が家では、イタリアの生ハムと合わせてバジルを散らし、EXVオリーブオイルをさっとかけていただきます。

なので一緒に買ったプロシュートといただきたいと思います。

切って盛り付けるだけだけで大満足の1皿です。

コンテチーズは残りバゲットにたっぷりのせて焼いてタルティーヌにしたり、グラタンにかけて焼いたり。

コンテをかけて焼くだけでぐぐんと美味しくなるマジック♪

IMG_2629

で、ここからは特産品ではないのですが我が家常備で、リドルのイクラ50gで3、89ユーロ。

クリスマスから年末年始の時期だけに売り出されるリドルのこのイクラ。

賞味期限が長いので我が家では毎年、多めに買ってお寿司用に常備。

今、冷蔵庫の中にはイクラと鱒の卵が5瓶入れてあります。

これだけあればお寿司のために安心。

IMG_2633

カルフールでタラマ2、35ユーロ。

ボラなどの卵で作られたディップペーストで、元々はギリシャやトルコの料理ですが、フランスでもとてもポピュラー。

このタラマは鱒の卵を使っているので量とお値段を考えると少しお高めですが、色が妙に鮮やかなタラマよりは若干安心。

ちなみに我が家オリジナルのいただき方はこれです。
黒大根とタラマのカナッペ

パリパリ黒大根にまろやかなタラマが美味で、黒大根が手軽に買えるフランス在住の方におすすめでございます。

日本の味が恋しい時にはたらこスパゲティーにしても、まあまあそれなりの味になります。

IMG_2623

リドルでBIO(オーガニック)のマッシュルーム1、49ユーロ

きのこは全部大好きなのですが、マッシュルームは椎茸の次に好きなきのこかも。

なのでマッシュルームと椎茸(干し椎茸)は我が家はだいたい常備。

IMG_2675リドルでチルドのパイ生地0、79ユーロ。

我が家はいつでもパイ生地は冷凍で常備。

ささっとおかずパイや煮リンゴを入れただけのお菓子パイを作っております。

イタリアの有名3ッ星レストランのパティシエだった知り合いが、今の市販パイ生地はとても質が良いので手作りにこだわらなくて十分美味しい、と以前言っていて。

以来何でも自家製自家製という無理はせず、楽しい範囲でいいな、と思うようになりました。

今回のご紹介は以上となります。ではでは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ