パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございます。

全てドイツ系スーパー「リドル」の食材たちで、ちょっと変わったチーズも含めチーズ数種をゲットしましたので、その感想も含めご紹介させていただきます。

IMG_4331

購入したのはコチラ。

IMG_4334

先ずはチーズたちで、上から時計回りにEUの質の良い食材「P.G.I(Protected Geographical Indication)」マーク付きのカンタル1、59ユーロ。

もういただいてみましたが、これはまあまあのお味でした。

BIO(オーガニック)のカマンベール1、95ユーロ。

これは我が家がよく買うチーズで、なかなか悪くないお味です。

「P.G.I」マーク付きブリーは30%引きで1、44ユーロ。

リドルでこのオレンジのシールが貼ってあると、それは30%引きということ。

種類にもよりますが、チーズは賞味期限が近いと熟成が進んでいてさらに美味しいので、すぐ食べたい時は賞味期限が近くてもぜんぜんOK。

このブリーもとろっとしていて美味しかったです。

「P.G.I」マーク付きオッシーイラティ2、63ユーロ。

このままでも美味しいですが、我が家はさくらんぼのジャムとバスク地方の唐辛子ピーマンデスプレットを少しかけていただくのも好きです。

リドルでは「P.G.I」マーク付きチーズが常に何種も揃っていて、しかもお手頃お値段なのが嬉しいのです。

IMG_4335

で、これが仏×伊の融合レアチーズでブッファラ(イタリアのモッツアレラチーズの1種)仕立てのカマンベールチーズ3、69ユーロ。

前もってリドルの広告冊子で見て、興味津々だったこのチーズ。

外観はカマンベールなのですが、中の弾力感がブッファラな感じです。

で、お味の感想はというと、うん、普通です。

カマンベールはカマンベール、ブッファラはブッファラで無理に一緒にすることないな、と思いました。

両方合わさっての良さが感じられない1品で、リピはありません。

IMG_4337

BIOのギリシャのヨーグルト1、29ユーロ。

これはもうBIOだしギリシャヨーグルトだしで普通に美味しいです。

スパイスや野菜を混ぜてソースにしてもグッド。

IMG_4332

イタリアのスパークリングワインのプロセッコ1本4、95ユーロで、2本めを買うと約半額の2、48ユーロ。

イタリアの品質の良い食材マーク「D.O.C(Denominazione di Origine Controllata)」がついていて、リピです。

泡が入っていると、気分がぐぐんとアップするし、ちょっとジュース感覚で飲めちゃう。

でもそれが危ないのですよね。

量に気をつけながらいただきたいと思います。

IMG_4338

BIOの卵1、79ユーロ。

安売り卵の抗生物質乱用の卵ドキュメンタリーを見て恐ろしいな、これは毒でしかないんだな、と思ってから卵は必ずBIOをチョイス。

日付が6月17日までで過ぎておりますが、この日までにもう全部いただいております。

IMG_4341

フライドオニオン1、09ユーロ。

サラダにさっとトッピングしても良いですが、今回はホットドッグにトッピングしたくて購入。

で、もうシンプルなホットドッグに使ってみましたが、カリカリが美味しい♪

しばらくはまりそうな予感です。

IMG_4342

醤油1、65ユーロ。

買う時に、何も表示がないので普通にしょっぱいのだと思って購入したのですが。

帰ってきてレシートを見てみたら、ぎゃ~甘い醤油って書いてある~。

フランスでお醤油を購入する時、これほんと注意なんです。

と言いますのも、フランスでは甘い醤油も、しょっぱい醤油と同じくらい出回っていて、お寿司屋さん(主に中国系)でも両方置いてあるんです。

この甘いのが、日本人の私からしたら、何じゃこりゃ。

って感じなんですが、この甘いのを好むフランス人も結構いるんですよね。

でも、みりんで作った甘さじゃなく、ただ砂糖で甘ったるくしているので、とにかく妙な甘さ。

で、間違ってこの甘いのを買ってきた時にゃあ、使い道に困るのです。

ああ、ちゃんと「sucré=甘い」って表示しておいて欲しかったです…。

でも捨てたくはないから、何とか他の調味料もあわせて、照り焼きとかで使い切りたいと思います~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ