パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は7度、最高気温は14度で、お天気は薄曇りとなっております。

たとえば1年の予定でパリにやって来る場合、最初から1年間の住居が決まっている人がほとんど、というわけではありません。

まずネットで見つけた部屋やホームステイ先に3、4ヶ月住んで、その間に次に住む部屋をまたネットやフリーペーパー、知り合いを通して探す、ということが多いです。

語学学校で知り合った日本人男性のKさんもその1人。

そんなKさんが3軒めに住んだのが、パリ郊外のシェアルーム。

そのシェアルームに、日本人の友人たちと数人で遊びに行ったことがあります。

場所は郊外といっても、パリ市内を出てすぐの街。

シェアルームは広いアパルトマンの一角で、大家さんは日本人男性とフランス人女性のカップル。

Kさん以外にも間借りしている人が3人か4人いて、それぞれにちゃんと個室がありました。

その日は大家さんカップルも他の住民さんもいなかったので会うことはなく、共有の広~いリビングで、持ち寄った食べ物と飲み物でフェット(パーティーの意味。でも今はソワレと言う)をして楽しい時間を過ごしました。

その時にKさんが、大家さんの日本人男性は元フランス外人部隊に所属していたことを話してくれました。

外人部隊のことも日本人がその部隊に入れることもまったく知らなかったので、皆びっくり。

しかも決まった年数を務め上げれば除隊後は何とフランス国籍が貰えるのだそう。

現在私はフランス人と結婚して、それでもずっと外国人として10年ビザの更新を続けなくてはならないけど、そうじゃなくて、フランス国民になれるということなのです。

なのでずっとフランスに住み続けたいKさんは、フランス国籍が貰えるなんてすごいよなぁ、とちょっと羨ましそうに言っておりました。

Kさんは画家のお父さまと子供の頃パリに住んでいたことがあって、思い入れがあったんですよねぇ。

で、そのシェアルームに行ってみて、私自身はその時、20㎡ない小さなアパルトマンに1年間の予定で住んでいたので、ちゃんと個室でこんなゆったりとしたアパルトマンなら住むのはぜんぜん悪くないな、と思いました。

それに他の住人さんとも交友があるだろうし、フランスのことも他の国のことも知る機会が増えそうで、世界が広がりそうだな、とも思いました。

で、この時のことで他に私が今もよく覚えていることが2つあって、1つめは。

リビングの大きなTVの有料放送の音楽チャンネルから、その時フランスでかかりまくっていた日米ハーフのミュージシャンのジャスティン・ノヅカの曲が大音量で流れてきたんです。

この曲です↓


で、あ、この曲大好きなんだ、と言ったら、一緒にアパルトマンに遊びに来ていた友人がこのPVのジャスティン・ノヅカを見て。

「顔がダメ。」のあっさり一言で、話が終わってしまったんです。

この友人なのですが→疎遠になった友人

あの判断の速さは、今思い出しても超速かったなぁ、と。

今でもこのPVを観て曲を聴くと、この時のことをすぐに思い出します。

そして今聴いても良い曲だな、と思います。

2つめは、結局この日帰るのが夜中になってしまい電車がなくなってしまって、パリのレンタサイクル「ヴェリブ」を借りて皆で帰ったこと。

でもそれぞれ住むカルティエが違うので、途中で、じゃあね~、と1人減り、また2人減り…となり、最後に残ったのは、Kさんのアパルトマンから1番離れたカルティエに住む、音楽留学のCちゃんと私の2人。

で、2人で途中休み休みしながらもがんばってヴェリブ漕いだのですが。

あの時駆け抜けた真夜中のパリが今も忘れられないのです。

私はヴェリブに乗り慣れていなくて、よく利用しているうんと年下のCちゃんについて行くだけ。

でも、moiさんこっちこっち!って言って、ものすごく心強くてねぇ。

それにもう2時3時になっていたからだ~れもいなくて、少し恐くてドキドキもしているのだけど、でもなんかパリに私たちしかいないような感覚。

まるで映画の中のパリにいるよう。

で、2時間くらいでしょうか、2人で風を切って真夜中のパリをスイスイ駆け抜けて。

そして、私の住むカルティエが少し手前だったので、最後は私がCちゃんに、じゃあね、という番。

でもヴェリブの返却の仕方がわからない私にCちゃんが付き添ってくれて、無事私が返却出来たのを見届けてから、Cちゃんは1人で帰って行きました。

優しかったCちゃんです。

あの時間は今も不思議で特別な宝物。

あれ以上に美しいパリはなかったな、と今でも思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ