パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございます。

今回はドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。

でも、秋に向けて同じくドイツ系スーパー「アルディ」もスペシャル食材に力を入れてきているので。

夏の終わりは悲しいのだけど、スーパーに関しては、ちょびっと楽しみです。

IMG_5334

ということで今回買ったものはコチラ。

IMG_5336

まずはレアなBIO(オーガニック)食材①で、セップ茸入りのポレンタの粉1、99ユーロ。

イタリア料理のポレンタは、とうもろこしの粉のリゾット版のようなもの。

付け合わせにグッドで、我が家はお肉の付け合わせにすることが多いです。

BIOっていうだけでも嬉しいけど、セップ茸入りというのがレアで嬉しい。

質の良い牛ステーキに合わせようかな。

それとも思い切ってベジタリアンな1品にしてもいいかな。

なんて思っております。

IMG_5337

レアなBIO食材②で、クコの実2、49ユーロ。

アジア食材のイメージのクコの実は、フランスでもアジアンスーパーで売っているイメージ。

でもそれがリドルで売っていること、しかもBIOなことが新鮮。

さすがリドルです。

クコの実というと私はまず韓国料理のサムゲタンが思い浮かびます。

でも何十年も食べていない。

なのでやっぱりまずはサムゲタンを作ろうかな、と思っております。

IMG_5335

チーズ3種で、左がイタリアのゴルゴンゾーラ1、99ユーロ。

真ん中がギリシャのフェタ2、19ユーロ。

右がノルマンディー地方のポン・レヴェック3、49ユーロ。

すべてEUの質の良い食材の品質マークである原産地保護呼称「A.O.P(Appéllation d’Origine Protégée)」つきです。

3つ共、料理用に購入です。

A.O.P食材だと、料理に使うのはもったいない気がしてしまいますが、このお値段なので比較的気軽に使えるのが嬉しい。

IMG_5338

パン2種で、左がクロワッサン1個0、35ユーロ。

右がグルテンフリー食材であるスペルト小麦とクルジュ(ウリ科の野菜)の種のパン1、39ユーロ。

クロワッサンは我が家の定番で、0、35ユーロというお値段の割に悪くないのは、このコーナーで何度もご紹介させていただいております。

で、スペルト小麦とクルジュのパンは初お試し。

これがなかなか悪くなかったのです。

まずクルジュの種が表面だけにいっぱいかな、と想像していたのですが、中にもかなりいっぱい。

生地自体も、スペルト小麦なのでぱさっと感は否めないのですが、種がとにかくたくさん入っているので、嬉し満足感。

今、パリにはグルテンフリーのパン屋さんがかなり増えているけど、品質と値段が合ってないことがよくあるので。

だったら、このパンでも良いかも、と思いました。

あ~んど。我が家の人間2人はグルテンアレルギーはないけど、グルテンとか関係なくまた買ってもいいな、とも’思いました。

なのでリピ決定です!

IMG_5340

ここからはカルフールで、まずはBIOのブイヨン1、79ユーロ。

BIOのブイヨンはリドルでもアルディでも売ってないので、カルフールで買っております。

でも、このブイヨンもなるべく頻繁には使わないように心がけております。

というのも、BIOでもやっぱり市販ブイヨンの独特な風味があるな、と感じるのですよね。

なのでちょっと風味が足らない時に少し足す的な感じで使っております。

IMG_5339

BIOのマヨネーズ1瓶2、09ユーロ。

これもBIOだとリドルとアルディにはないのでカルフール。

マヨラーではない我が家ですが、ソースやドレッシングのアクセントにちょこっと使うことがよくあります。

あと定番ですがサンドイッチにもよく使います。

バターとマヨネーズを少し塗っただけのキュウリのサンドイッチが好きです。

IMG_5341

マスタード1、10ユーロ。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今フランスはマスタードがほぼ品切れ状態。

理由は、フランスのマスタードは、原料であるからし菜の種子のほとんどを、カナダやウクライナ、ロシアから輸入していること。

カナダは今年干ばつになっていて、ウクライナとロシアは、ロシアのウクライナ侵攻が続いているため、フランスのマスタードが不足になっているんですよね。

そんな中で唯一残っていたのがこのお値段が安めのマスタード。

色がからし色じゃないので、これマスタードなの?

と思ったのですが、一応マスタードのよう。
(でもこれだけたくさん残っていたのでお味は怪しいのかも)

フランス人はマスタードが大好きで、サンドイッチ、ハンバーガー、ソーセージ、ステーキなどにマスタードをたっぷり添えます。

旦那も、これらを食べる時は、必ず自らマスタードを冷蔵庫からとってきます。

でも。

私はマスタードなしでもぜんぜん大丈夫なので、不足で買えなくても特に問題はありません。

IMG_5342

そして、3種のレタスセット1、35ユーロ。

リドルでも同じセットが売っていて、いつもはリドルで0、99ユーロで買っていたのですが。

1度カルフールで買ったら、それがパリパリ新鮮で、これは珍しくカルフールの方が質が良いかも、と思ったのです。

IMG_5343

でも今回買ってみたら、それほど変わらなかったのです。

以前カルフールのがパリパリ新鮮だったのは、たまたまだったのかもしれません。

なので、カルフールの方が0、36ユーロ高いだけだし、たいした違いはないかもです。

我が家はいつもリドルの後カルフールに行くので、次回はリドルで買っちゃっていいな、と思いました。

根っこがそのまま付いているので、紙袋だけとって水を入れたカップに根っこを浸して、冷蔵庫でそのまま保存。

これで数日間はパリっと新鮮なままいただけま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ