パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

まず、最初にお伝えさせていただきますが、これは決して男性全員にではなく、一部の男性に対して素朴に思う疑問です。

それは、女性は容姿のことをしょっちゅう言われ、太ったら体形のことを言われ、シワが増えたらやれ劣化した、老けたと言われるけど。

じゃあそれを言っている男姓たちはどうか?ということ。

日本にいた時もですが、今もたまにyoutubeで日本のテレビ番組を観ることがあるのですが。

昔も今も男性タレントやお笑い芸人が、女性タレントや女性芸人に対して、ブスとかほうれい線がどうとか体形のことをいじっているのを観ます。

あと年齢のことについてもで、おばさんおばさんと平然と言っているのも観ます。

でもそれを言っている男性側の方は?と言うと。

ほとんどの場合、決して容姿が良いわけではないし、体形が良いわけでもないし、それから、おばさんおばさん呼んでる女性より年齢が上だったりもよくあります。

なので、この人が人にそれを言うのはおかしくないかな?

と、素朴に思うのです。

ネタだよ、って言う人もいるのだろうけど、ネタにしてもバカにしてる感をよく感じます。

言われている方がたとえ笑っていても、心の中ではいい気持ちじゃないだろうな、と私はですが思います。

じゃあ、日本ばかりがこうなのか?フランスはどうなのか?

と言うと、年齢のことを除けば、近いことがあるのは否めません。

たとえばフランス人旦那。

テレビや雑誌を見ていると、いやいや太り過ぎだよ、この人、とよく言っております。

(確かにフランスには、病気になっちゃうよ、というくらいの人がいるのは否めませんが)

一時期私のウエストが完全消滅し、お腹がたるんだ時は冗談ですが、私の脂肪をつかんでチェックしておりました。

少し前には、雑誌の表紙のバネッサ・パラディを見て、いやいやシワがすごいな~、と言っておりました。

じゃあ旦那はどうか?と言うと。

自分も今、ビールのせいでお腹がかなりすごいことになっているし、シワもはっきり言ってバネッサ・パラディよりずっとあります。

なので毎回質問します。

え?でも自分もお腹すごいよね。シワもたくさんあるよね。なのにどうして女性には厳しいの?と。

すると、女性はやっぱりさ、みたいに言いながら言葉を濁しております。

前の日本人旦那も私の体形に超厳しくて、しょっちゅう脂肪チェックされ、しょっちゅう、ちょっと太ったんじゃない?と言われていました。

なのでそう言われたくない私は、長年ジョギングとエクササイズを必死に続けておりました。

その頃の私は、自分自身でも容姿にとらわれていたのだと思います。

で、元旦那の方はと言うと。運動を何もやっていなくて、お酒が好きで、お腹に脂肪がどんどんつき出しておりました。

自分のパートナーが綺麗でいて欲しいのは理解します。

でも女性だって、自分のパートナーが太らないで欲しい、あまり変わらないで欲しいと思っている人が多いと思います。私もです。

なのに一部の男性たちは、自分たちのことは棚に上げ、女性の容姿のことを言っているように感じます。

それとも、自分は人のことを言える、という自信があるのでしょうか。

それから最近は、一部の女性に対しても、じゃあ自分はどうなの?と疑問に思うことがあります。

女性が女性に対して、やれブスだとか劣化しただの何だの言っていることです。

ネットで芸能人に対しての書き込みで多いと思うけど。

たとえ一般人でも、人の容姿のことをあれこれ言うなら、まずは自分がどれだけすごいのか、を見せなくちゃだと思います。

申し訳ないけど、言われている側の方が結局ずっと可愛かったり綺麗なんだろうな、と予想します。

たとえあれこれ言ってる側の方が歳だけは若くてもです。

いつだったかタレントの藤本美貴さんが、何かのインタビューで。

ご自分のブログだったか何だかに、ブス、ブスと書きこまれることがしょっちゅうだけど、そんな時は、きっと私の方が可愛いんだろうな、と思う。

と堂々と言っておりました。

ミキティあっぱれ!と思いました。

ちなみにフランスのコメディアンたちは、自分の容姿のことを自分でイジることはネタとしてあるけど、年齢も含め人をバカにしてイジる、というのは基本的にはないです。

とにかく 少なくとも、他人に対して言う前に自分の容姿を出来るだけ客観的に見て、そして出来れば自分の心の中で思う程度にとどめておくくらいがいいんじゃないのかな、なんて思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ