パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

スカウトされてパリの有名レストランに招かれて働いていて、講師や審査員も務めているイタリア人のソムリエさんが、生徒さんを含めた日本人について言っていたことがあります。

それは。

「日本人は真面目過ぎる。あれでは疲れちゃう」

ということ。

それを聞いて、ああ、わかるな、と思ったんですよね。

今でこそフランスでのんびり暮らしておりますが、私も日本で働いていた時はかなり真面目ちゃんで、体調が悪くても人にまかせるのが心配で、休まず仕事に行くような人間でした。

それに仕事が好きだった、ということもあります。

仕事を辞めて専業主婦になった知り合いが何人かいたけど、私はずっと働きたいと思っておりました。

でも母の介護があって、そして亡くなった時に、人生について考えさせられ、仕事をいったん辞めてみようと思い、辞めました。

そしたら、若い時から時々できた背中のニキビがまったくできなくなりました。

仕事が好きだったはずなのに、実はストレスがあったんだな、とそれで気づきました。

そしてフランスに来て、フランス人たちのいい意味できっちりしていない、リラックスした働き方を見て。

昔自分は日本で頑張り過ぎていたな。

きっちりし過ぎていたな。と思います。

でも、日本人のそんな真面目さがここフランスで信頼されているってこともあるんですよね。

フランス在住50年の日本人の方が以前言っていたけど。

パリにやって来た70年代、アパルトマンを借りる時なんかでも、日本人だというだけでとにかくすぐ信用されたそう。

それは今も続いていて、たとえばフランスのレストランで修業する日本人は技術はもちろん、真面目に仕事に取り組むことでも、オーナーの信頼を得る場合が多いようです。

人間はそれぞれ性格が違うけど、生まれ育った環境の中で形成されていく部分も相当大きいんだろうな、と感じます。

イタリア人のソムリエさんは奥さんが日本人なのですが、彼女が言っておりました。

旦那さんは他人がとやかく言ってもまったく気にしないそう。

以前アパルトマンの下の階の住民に苦情を言われたことがあって、彼女はやはり気になって気を遣っていたそうなのですが。

旦那さんは、ま~ったく気にしていなくて、その住民に会っても何もなかったように平然としていて、そんなところにびっくりする、と言っておりました。

うちのフランス人旦那は、そこまで気にしない質ではないのですが、それでも、たとえば以前誰かとの間に良くない経験があっても、それを引きずることがほとんどありません。

私は、いやな思いをした場合は、心のどこかでは残っていてすっかり忘れ去る。ということはありません。

その経験も合わせて考えながら、その相手と関わっていくような感じです。

なので旦那の忘れ去り方を見ていると、性格はもちろんなのですが、気質が違うな、とつくづく感じるんですよね。

ところで、そのイタリア人ソムリエさんの働いていたレストランでは、まかないはいつも’冷凍食品だったそうで、家では冷凍食品は一切食べたくない、と奥さんに言っていたそう。

レストランやビストロのまかない料理にずっと憧れていた私ですが。

そんなお店もあるんだな、とびっくり。しかも有名レストランで。

そのオーナーシェフさんはフランスにいくつものお店を持っているので、きっと全部のお店で冷食なのでしょう…。

飲食店では絶対美味しいまかないが食べれると思い込んでいた私は、それを聞いて少しショックでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ