パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

たまに日本に住んでいた時の小さな出来事をふと思い出すことがあります。

今回はそんなふと思い出した、日本で働いていた時の出来事の1つを書いてみたいと思います。

経理部所属で、さっぱりさばさばしているように見える性格で、活動的でスキューバダイビングが趣味でいつもほんのり小麦色に日焼けしていて、夏休みにはフィジーや沖縄にしょっちゅう行っている、私より2、3歳年下の女性がいました。

地元は千葉で、お父さんが会社を経営してるとかで、地元ではなかなかのお嬢さまだというのを誰かが話しておりました。

そこからくる自信のようなものも何となくですが感じられましたが、でもいやな感じの自信は私には感じられませんでした。

なのですが、彼女の言動で、最初に感じたのとは違う、さばさばした雰囲気の奥にある彼女の一面が、次第に見え出したことがありました。

最初に、え?と思ったのが、私のことを、10代に見えるけどもうすぐ20代後半でおばさんだよね、と。

私の前で、他の同僚たちに明るくさばさばとした言い方で言い出した時。

それが1度や2度じゃなく、何度もありました。

1度めの時は、彼女のことだからそれほど悪気はないんだろうな、と思ったのですが。

何度も続くので、悪気がなくはないな、たぶん悪気あるんだな、と気づきました。

さらに、え?と思ったと言うか、困ったことがあって。

それは、彼女と同じ経理部所属の同僚の30代の独身男性のSさんに、またしても私の前で、Sさんと私、歳も近いしお似合いだよ、と言い出してきたのです。

Sさんは銀縁メガネをかけていて高学歴で神経質で超真面目なタイプ。

まったくタイプじゃなかったし、その時私には彼がいたし(誰にも言っていなかったが)、しかも彼女のいないSさんがまんざらでもなさそうにするから、本当に困りました。

そんな彼女も社内に彼がいて、公然の秘密のようになっておりました。

彼は人事部所属で濃いめの顔で、イケメンだと言う女性社員が結構いました。

(父が沖縄出身で濃い顔に慣れていた私はそうは思いませんでしたが)

で、彼女があまりにも私の年齢のことをさばさばな感じを利用して言ったり、Sさんのことを何度もしつこく言うので。

私は以前ほどには話さないようになり、私の気持ちを感じとった彼女もあまり話かけてこなくなり、距離があいていきました。

そんなある日、私が洗面所に入って手を洗っていると、彼女が足早に入って来て、個室トイレに入りました。

するといきなり、爆発したか?と思うくらい大きなおならの音がトイレ中に響き渡りました。

おトイレに入っているのは彼女だけだったので彼女なのですが、たぶん自分でもびっくりしたし焦ったと思います。

もちろん私もびっくりしたけどおトイレでのことだし、プライベート?なことなので、なんか聞いてしまったのが逆に申し訳ないような気がして、さっさと洗面所を出てきました。

当たり前ですがもちろん、誰かに言うなんてことはありません。

でも、彼女の方は気にしたようで。

そのことがあった日から私と目をまったく合わせなくなり、気にしてるのかな、と感じた私は、何も聞いてません的な感じで、とにかく出来るだけごくごく普通にしておりました。

するといつの頃からかなぜだか、目を合わせないから、ツンとした態度で私を完全無視するようになりました。

しかも人事部の彼まで私をあからさまに無視するようになりました。

彼女が何を言ったのかはわかりませんが、私は何もしていないし、誰にも言っていないので、2人のこの態度にはさすがにムカッときました。

正直、あの大きなおならのことを誰かに言ってしまいたい気持ちがこの時過ぎったのは否めません。

でも、それはしちゃいけないことだと思い、誰にも言いませんでした。

その数ヶ月後、彼女はその彼との結婚が決まって会社を辞めることになり、皆に挨拶周りをしていました。

私も最後くらいは気持ちよく、と思ったけど、やはり最後まで無視されました。

その後、一緒に私を無視していた彼の方も部署が変わり、別の建物に移ったので、2人と顔を合わすことはまったくなくなりました。

なのですが、それから3、4年経った仕事帰りのある日、メトロのホームで偶然、彼女と再会しました。

階段を降りてホームに着いたちょうどその時、すぐ目の前に彼女が歩いてきたのです。

彼女は私に気づくと、はっとして表情をこわばらせました。

会いたくない人に会ってしまった、というような表情でした。

その時の彼女は、一緒に働いていた頃のような活動的で自信にあふれた感じはまったくなくなっていて、とても疲れているように見えました。

私が、あ、久しぶり、と声をかけると、彼女も、ああ、みたいな感じで答えたように記憶しております。

そして、なんだかとても疲れているように見えるけど、大丈夫?と私が言うと。

あ、大丈夫大丈夫。と彼女は顔を引きつらせながら苦笑いで答えました。

あとは適当な話をちょこっとして(どこかの会社で派遣で働いていると言っていました)、じゃあ、と言って別れたのですが。

別れた後、私はどこか心の中で、ちょっと気持ちがすっきりしている自分がいることに気づきました。

彼女が私に気づいて顔をこわばらせた時、私の中に小さな意地悪心がわいたように思います。

「なんだかとても疲れているように見えるけど」という言葉は、私の小さな仕返しだったのです。

で、今日初めてこのブログでこの出来事を書いたわけですが、何十年も前のことなのでもう時効ってことで、OKかな、なんて思っております。

思えば、私はサツマイモやカボチャがすごく好きな方ではなく、普段からそんなには食べないのですが。

こんな出来事もどこかで影響しているのかもしれません。

そんなことをふと思い出したパリの秋。

今日はどんより空で雨が降ったり止んだりの、見事に絵に描いたような11月のパリでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ