パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございまして、今回行ったのはドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。

でもご紹介商品はすべてリドルのものとなっております。

今回はチーズ系食材率高しで、すでにいただいてリピを決めた美味チーズもあります。

IMG_6282

購入したのはコチラ。

IMG_6283

まずはフランス東部アルザス地方のチーズ、マンステールとラードン(日本でいうベーコンに近い豚加工品)の薪焼きピッツァ2、49ユーロ。

「FEU DE BOIS」が薪焼きという意味になります。

マンステールはウォッシュタイプのチーズで強い匂いが特徴。

そのままでも加熱しても美味しいです。

ラードンも東部でよく使われる食材の1つ。

やはりラードンを使うアルザスの薄焼きピッツァ、タルト・フランベ(アルザス語でフラムクーッシュ)をご存知の方も多いかと思います。

で、このピッツァはまだいただいていないのですが、マンステールは手軽に買えるので、美味しかったら自分でも簡単に作れるな、と思い、まずはお試し買いです。

IMG_6284

クリスマスのビール3、29ユーロ。

今の時期から新年明けで商品がなくなるまでの期間限定のクリスマスのビールです。

スパイスが使われているのが特徴で、各メーカーでお味もそれぞれ違います。

我が家はこのビールが好きなので、店頭に並びだすと毎週買います。

ちなみに。

新年明けて少し経ってからの売れ残りは、リドルややはりドイツ系スーパー「アルディ」でしょっちゅうお買い得になるので、ビールがお好きな方は、その時期もねらい目でございます。うひ。

IMG_6286

スイス発祥&フランスのチーズ4種で左から時計回りに、BIO(オーガニック)のスイス発祥のエメンタールで1、99ユーロ。

A.O.Pマーク付きのオーヴェルニュ地方のブルー・ドーヴェルニュ1、39ユーロ。

同じくA.O.Pマーク付きのフランス北部ベルギー国境近くで作られる1/4サイズのマロワル2、35ユーロ。

そして、クリーミィータイプのブルー2、15ユーロ。

A.O.P(Appéllation d’Origine Protégée)とは1992年に出来たEUの原産地保護呼称で、これがついていると信頼出来る食材なので安心。

ブルー・ドーヴェルニュもマロワルもリピで安定の美味しさです。

マロワルは独特な匂いとオレンジ色の表面が特徴で、料理に使ってもグッド。

ブルーは旦那が気に入っていて、これもほんとしょっちゅう買っております。

熟成してくると中がさらにクリーミィーになってうまし。

IMG_6287

イタリアのチーズ2種で、左がD.O.Pマーク付きのBIOのゴルゴンゾーラ・ドルチェ1、99ユーロ。

右がモッツァレラチーズの1種のブッラータ2、35ユーロ。

D.O.P(Denominazione di Origine)とは特定の地域で伝統的製法で作られたイタリアの原産地保護表示。

このマークがついているイタリア食材は品質が良いので安心。しかもBIO。

で、これがリピに決定したチーズです!

ゴルゴンゾーラはピカンテとドルチェの2種があって、ピカンテはイメージする青かびたっぷりのゴルゴンゾーラ。

そしてドルチェは青かび少なめでピカンテより柔らかめ。

クリーミィーでとっても美味しかったのです。

本場イタリアでは今はピカンテよりドルチェの消費量の方が多いとか。

うんうんそれ納得って感じです。

ブッラータはよく買っているもので、我が家の定番です。

IMG_6285

イタリアのプチトマト缶0、58ユーロ。

甘味が強いプチトマトなのがポイント。

しかも0、58ユーロという驚きの安さ。

さすがリドルです。

IMG_6342

で、ブッラータはいつも通りこんな風に生ハムにのせて、バジルをトッピングしてお気に入りのEXVオリーブオイルをかけていただきました。

この時、生ハムもイタリアのものを合わせるのが我が家的には大事ポイント。

やっぱりイタリアにはイタリアでって感じです。

それからバジルをルッコラにしてもそれまた美味。

超簡単なのに大満足出来る1皿なので、まだお試ししたことがない場合は、おすすめでございます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ