パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

日本で働いていた時、30歳で東京に出てきたという同僚と親しくなりました。

彼女は茨城出身で地元の銀行で働いていたのですが、親と1年間口をきかず、そのまま東京に出てきていました。

親と口をきかなかった理由は、親があまりにも結婚結婚と言い続けるので、心底腹が立ったからとの事。

その頃私自身は親には、結婚してもしなくてもどちらでもいい、と言われていて、そんな中付き合っていた人とそのまま結婚しておりました。

(その後離婚しましたが)

でも親に結婚のことを言われプレッシャーになっている友人を何人か見てきたし、中には、親や周りに結婚結婚言われて、出会って間もない人と結婚が決まったけど、結婚式の直前にキャンセル、という子もいました。

そんなこともあって、彼女のその気持ちを少しは理解できるつもりでした。

でも、やはり結婚していなくて大きなプレッシャーになっていたという彼女の地元の同級生の話を聞いた時、かなり衝撃で、日本の古い結婚観というものに改めて疑問を感じたことがあります。

その同級生は妹の結婚式当日に自殺したそうです。

親にも周りにも結婚結婚と言われ続け、結局姉より先に妹が結婚することになり、絶望してのことだそう。

何も自殺するまではなかったと思う、と同僚は言っていたけど。

人は皆それぞれ性格が違って、好きなことも嫌いなことも楽しいことも悲しいことも、そして傷つくことも違います。

亡くなったその同級生は、地元での親や周りからの目も自分の気持ちもとてもきつかったのでしょう。

その時に、結婚結婚ってプレッシャーをかけることも、それで傷ついて自殺してしまう人がいることも、これはちょっと普通じゃないな、と思いました。

その後フランスに来たのですが。

そしたら、フランスでは皆それぞれ自分の人生なので周りはまったく関係なく、基本的には周りが口出すこともありません。

カップルの場合は結婚でもPACS(法的に認められた共同生活のための正式な契約)でも事実婚でも、自分たちがしたいような形を好きに選ぶし、シングルなら自由なシングルの人生を謳歌しております。

日本では何か「30歳」というのが(特に女性にとって?)とても大きな節目のようにとらえられているし、30歳過ぎたらオバサン扱いする人たちも今だに少なくないようですが。

フランスで30歳はまだまだこれからだし、30歳でオバサン扱いなんて300%あり得ません。

ブログで以前も書いたことがあるけど、もしいくつの女性でもオバサン扱いする人がいたら、その人の方が幼稚で人格を疑われるだろうと思います。

結婚や年齢だけじゃありません。

私は前の旦那と離婚について話し合っていた時、渡仏に向けて準備をしながらある企業で派遣で働いていました。

その時、すぐ’隣の部署のお孫さんがいる女性社員に、子供作らないの?作りなさいよ!

と何度も何度も言われて、とても辛かった経験があります。

東京ど真ん中の大企業でです。

私が事情を話していなかったこともあるけど、結婚するのが当たり前、結婚したら子供を作るのが当たり前という考え。

欲しくても出来ない人もたくさんいるのに、そんな考えが人の心を苦しめているんですよね…。

日本は次から次へと品質の良い新しいものモノが出てきて、宅急便は時間指定まで出来て、丁寧で対応も良くて。

門の外からベルも鳴らさず荷物を投げ入れるフランスの宅急便とは大違いで、そんな点は素晴らしいけど。

フランスの宅配ドライバーは小包を投げ入れ、嘘をつく?!

考え方や習慣はフランスより、と言うか、たぶん世界の中でもかなり遅れているのだろうと思います。

そして、女性にとってはそういう点では、日本よりフランスの方が精神的にはずっと生きやすいな、と正直、感じます。

かと言って、フランスの方が女性にとってすべて良い、ということでもないんですけどね。

で、その同僚ですが、その後本社が横浜の企業に移り、住まいも横浜に移し、とても充実した日々を過ごしていると、共通の友人から聞いていました。

同僚たちが皆シングルで気兼ねない付き合いが出来ていたようです。

でも数年前、地元の茨城に戻ったと、年賀状で知ったと友人が話してくれました。

理由はわからないそうですが、それまた人生。

地元を出て東京と横浜で暮らした経験はきっと彼女の人生にとってとても大きい、大事なものになったんじゃないかな、と想像しております。

地元を離れてみる、親元を離れてみる、1人で生活してみる。

というのは、時には人生に必要で、大事なことだと思います。

私も、親元を離れるから始まり、いろいろあって日本を離れる、を経験して、すべてやって本当に良かったな、と思っております。

ところでその茨城出身の友人にいつも注意されていたことがあって。

それは私が「イバラギ」って言うといつも「イバラキ」だよ、って必ず突っ込まれていたのです。

茨城は「イバラギ」じゃなくて「イバラキ」なんですって。

「イバラギ」の方が言いやすいけど「イバラキ」なんですよねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ