パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございまして、今回ご紹介商品はドイツ系スーパー「リドル」とパリ郊外大型アジアンスーパー、そして最後の1つだけやはりドイツ系の「アルディ」のものとなります。

リドルの不味かった物も途中で出てきますのでお楽しみ?に。

IMG_6411

で、今回購入はコチラ。

IMG_6412

まずはリドルでリピのイタリアのチーズのプロヴォローネと、イタリアのスモークハムのスペックとアスパラガスの冷凍ピッツァで2ユーロ。

前回購入の際は2、08ユーロだったので、さらにお安くなっておりました。

プロヴォローネとスペックとアスパラを揃えるより、お手軽でお安いように思います。

それにピッツァは生地も大事。

これは生地がすごく美味しい、というわけではないけど、薄めなのでもそもそしません。

2ユーロだし、この具材と薄め生地で十分満足。

で、ここで不味かった物のご説明をさせていただきます。

a0b60c5a

じゃん!それはこの時のフランスのスーパーコーナー記事でご紹介した、同じリドルの別シリーズのピッツァ。

フランスのスーパー、リドルで薪焼きピッツア&リピ決定美味チーズ

フランス東部アルザス地方のチーズ、マンステールとラードン(日本でいうベーコンに近い豚加工品)の冷凍薪焼きピッツァ2、49ユーロです。

このピッツァ、薪焼きもマンステールも何も、小麦粉の粉粉感が強過ぎて、小麦粉をただ練って焼いたものを食べてるみたい。

(ちょっと大袈裟表現)

なので、もったいないので具材がのってる部分は食べたけど、周りの生地は全部残しました。

普段はかなりイマイチな生地でも食べれる旦那も(パンの端っこや耳も大好き)、さすがにこの生地は無理、と言って残しました。

この「Alfredo」シリーズのピッツァは他にも味が何種類か揃っているのですが、私的には、このシリーズは避けた方がいいかも、と思い、早くお伝えしたかったので今回の記事に入れさせていただきました。

最初ご紹介の「ITALIAMO」シリーズの方がずっと良いです。

もちろん好みもあると思いますが、う~ん、とにかく粉っぽいです…。

IMG_6413

リドルでイタリアの生ハム1、79ユーロ。

シェーブル(山羊)チーズ1、85ユーロ。

なぜこの2つを並べたかと言いますと、この生ハムとシェーブルに+家とれイチジクでピッツァが今の時期の我が家の定番だからです。

またピッツァって感じですが、とにかくイチジクを食べ切ってしまわないとでピッツァ。

作り方は簡単で、市販のピッツァ生地に切ったシェーブルとイチジクをのせてオーブンで焼き、生ハムを散らし、最後に蜂蜜を回しかけて出来上がり。

シェーブルもですが、ピッツァにするので生ハムはそれほど質にこだわらなくても大丈夫。

かといって安過ぎるのは塩気が強過ぎることが多く、生ハムのうまみを楽しめないので、ほどほどのお値段のものがグッドかと思います。

ワインのおつまみにも良い1品です♪

IMG_6414

リドルで、BIO(オーガニック)の瓶詰の赤インゲン豆が売れ残りらしくお買い得になっていて、30%引きの0、82ユーロ。

このまま具沢山サラダに入れても美味しいですし、お豆のスープにしても美味しくて、身体にも良いです。

それから忘れちゃならないチリビーンズ。

チリビーンズ作ったら久しぶりにタコスやタコライスもいいなぁ。

IMG_6417

ここからアジアンスーパーでして、エスビーの和がらし1個1、85ユーロ。

同じくエスビーの本生わさび1個2、25ユーロ。

この和がらしと本生わさびが超嬉しい調味料なんです!

と言いますのも以前はどちらも、パリの日系食品屋さんかアジアン食品屋さんに行かないと買えなかったのです。

しかも割高なお値段。

それがパリ郊外の大型アジアンスーパーで買えるようになったのです。

それに、しばらくパリで和がらしを買っていないので、お値段は覚えておりませんが、たぶんパリの食品店より安いように思います。

パリで買う時、高いな、といつも感じた記憶がありますからね。

私は好きな食べ物が1番がお寿司(お刺身も含めて)で2番めがおでん。

で、ここ1、2年はお寿司はねりわさびで、おでんはマスタードでいただいていたけど、これからは本生わさびと和がらしでが食べれるのが嬉し過ぎます!

それにしても、こうやって確実にパリ郊外で買える日本食材が増えていることをほんと実感します。

ここ数年の世界での日本食の浸透が大きいんでしょうね~。

IMG_6415

アジアンスーパーでBIOの寿司米4、30ユーロ。

我が家は基本的にお米は、黒米を含めた玄米をいただきますが、お寿司やお刺身、白米が合うおかずには白米を炊きます。

トンカツとかハンバーグとかそぼろごはんとかでしょうか。

たまに白米食べると、美味しいなぁ、とつくづく思いますねぇ。

IMG_6416

アジアンスーパーで、絹豆腐一丁1、20ユーロを2丁買って2、40ユーロ。

初めてお豆腐を食べた時は、変な食感、と言った旦那が、今じゃ私に負けないくらいお豆腐が大好き。

特に好きなのは中華冷奴と温奴。

温奴は美味しいおだしでいただくと、和食屋さんの1品のような味わいになります。

で、2丁す~ぐ食べちゃいま~す。

IMG_6418

そしてこれだけアルディでKAKI(柿)1個0、69ユーロ。

ある日の夕方、ビールがまったくないことに気づき、旦那に言ったら、ビールがないと困る!

と言うので2人でお散歩がてらアルディに行ったのです。

そしたらビールも安いけど、大きなKAKIが何と1個0、69ユーロ。

こりゃ買うしかありませんでした。

ちなみに数日後リドルで見たら1個0、99ユーロでした。

これは完全にアルディの勝ち。

ここのところリドルばかり行っているけど、やはりたまにアルディもチェックしなくちゃだめだ!

と思った11月の夕暮れでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ