パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

先週末のパリは11月とは思えない恵まれたお天気になりました。

で、その前から天気予報を見ていたので、これは家の中で過ごすのはもったいない。

と思い、サイクリング&ピクニックに行こうと旦那と話して決めておりました。

そうしたら、もうタイトルでバレバレですが、あれを作るしかありません。

IMG_6481

じゃん!お弁当です!

前回お弁当を作った時。

フランスで念願のBENTO箱を超お安くゲット

次はのり弁、と密かに心に決めていたので、のり弁です。

理由はただとにかくのり弁が食べたかったからです。

おかずは、白身魚のフライ&タルタルソース、ウィンナー、だし巻き卵、ほうれん草のゴマ和え、人参のレンジ蒸し、浅漬け。

そしてごはんは少しお醤油がしみた二段のりごはんです。

でも前回のお弁当が、私にはごはんの量が多過ぎたので、私のごはんは半分量、旦那はまあまあ多めにしました。

今回の大事ポイントは、ひらひらしたレタスや二色プチトマトなど華やかな見た目になるものは使わず、王道の地味色のり弁にする事。

とにかく王道が食べたかったのです。

なのでまあまあ地味になって自分的には、これならいいかな、と。

このお弁当を持って出発で~す。

IMG_6486

天気予報は見ていたけど、この日土曜日は予報以上の晴天。

しかも暖かくて本当に素晴らしいお出掛け日和。

毎年11月はほぼ曇天のパリではちょっと考えられないことなので、嬉し過ぎてウキウキです。

紅葉も綺麗♪

IMG_6488

秋の太陽の下で白鳥さんも優雅に泳いでおります。

それでも水冷たくないのかな、と思うけど、寒くないよ、と旦那。

IMG_6490

こんな川沿いを自転車でスイスイ走っております。

IMG_6494

マルヌには小さな島もいくつかあってメゾンも建っていて住民さんも住んでおります。

そんなメゾンたちは古くて美しい邸宅が多めです。

橋がある島もありますが、ない島もあって、そんな島に住んでる方々は専用のボートを持っていて、ボートで本土?に渡ります。

でも渡ると言っても5、6mくらいなので、すぐなんですけどね。

IMG_6489

19世紀頃からパリから近い避暑地として賑わったマルヌ川。

川沿いの古い邸宅の多くは、元々は昔のパリのお金持ちたちの別荘だったのです。

昔は浜辺があって海水浴客で賑わい、食べながら飲みながらダンスを楽しめる大衆酒場のガンゲットもたくさんありました。

全盛時代は1920年代。

でも時代と共に廃れていき、遊泳禁止にもなったこともあり、ガンゲット店も次々に閉鎖されてしまいました。

そんな中で今も残っているガンゲット店がいくつかあります。

IMG_6496

その1つがここ「シェ・ジェジェンヌ(Chez Gégène)」。

1895年から続くガンゲット店です。

私も自転車でたまに来て、テラス席でグラスワインで休憩しております。

IMG_6498

でも開店は夏季限定。

今は閉まっていて誰もいません。

このノスタルジックな雰囲気が何ともたまらないんですよね。

夏の週末のシェ・ジェジェンヌは、ホールでダンスするお客たちで賑わって、パリの良き時代にタイムスリップしたかのよう。

今パリ市内にも新しいガンゲット店が何軒かオープンしてるけど、歴史ある本物のガンゲット店とはやっぱり別物。

自転車でシェ・ジェジェンヌに来れる場所に住んでいてほんと良かったな、と思っております。

IMG_6500

そんな私の自転車はこの1970年代のプジョーのもの。

可愛くて乗り心地も悪くなくて、とても気に入っております。

IMG_6506

さ、そろそろお腹が減ってきたので、この小さな港のそばでお昼休憩。

IMG_6501

桟橋の前にあるこのテーブルでいただくことにします。

IMG_6502

ということでお楽しみお弁当タ~イム♪

パカッと開けたらちょっとおかずが動いていたけど、まあまあ大丈夫。

旦那が持ってきたビールで乾杯して、いっただきま~す。

いや~、のりごはんうまし!

タルタルソースの白身魚フライものりによく合います~。

それに王道ウィンナーと出し巻き卵がまた何気にいいお仕事。

旦那とほぼ無言でもぐもぐ食べちゃいました。

IMG_6504

デザートはドイツ系スーパー「アルディ」でお安くゲットした柿です。

今年初めての柿、甘くて美味すぃ。

で、いただいた後はまたまたレッツゴー!

IMG_6509

ボート競技の若者たちです。

若いっていいね。

でも今おばちゃんの私もかなり楽しくて、人生なかなかですぞ。

IMG_6511

ここはマルヌから少し坂を上った墓地。

私たちの知人の奥さまも眠っております。

IMG_6512

最後に会った時、皆で食事しながら話していたら、突然ぽつりと「私、頭に腫瘍があるのよ」と悲しそうに言ったのが今も忘れられません。

ここは見晴らしがとても良くて夕日も見えるので、この素晴らしい景色に囲まれながら、ゆっくり眠れていたらいいな、と思います。

IMG_6513

で、帰り道では我が街の庶民派バーに寄ってグラスの赤ワインで乾杯。

ということで最高の11月の土曜日となりました。

またお弁当持ってサイクリング行きたいけど、今週の月曜日からパリはぐぐんと気温が下がって曇天11月パリ。

それでもまた1日くらいお天気に恵まれる日があって、行ければいいな、と思いますが。

どうかな~、って感じですかねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ