パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

前回はクリスマス・イブの夕食をご紹介させていただきました。

2022我が家のクリスマス・イブの夕食

で、今回はクリスマス当日の昼食のご紹介です。

フランスでは基本的にはクリスマス・イブの夕食は少し遅い時間から始まりますが、クリスマス当日の食事の時間はそれぞれのご家庭によっていろいろ。

我が家はいつもお昼に始めます。

IMG_6965 - コピー

前日のままのテーブルコーデで、お皿だけ変えて赤いバラ柄のブロカント皿をチョイス。

飾ったお花とちょっと合わせてみました。

IMG_6970 - コピー

で、まずはアミューズブーシュ(一口大のオードブル)で、ウズラの卵のウフ・ア・ラ・コックです。

添えたのは鱒の卵、トリュフクリーム、スモークサーモンの3種のプチトースト。

ウフ・ア・ラ・コックは半熟のとろりとした卵にトーストをつけていただく卵料理。

それのウズラ版で、クリスマスの料理本に載っていたレシピ。

でもプチトーストがウズラの卵に入らなくて旦那と大笑い~。

ウズラの卵のサイズに合わせ、プチトーストをもっともっと小さくすべきでした。

次回は超小さくするか、ウズラの卵じゃなく普通の鶏さん卵にしようと思います。

IMG_6973 - コピー

前菜は菊芋のポタージュ、トリュフクリーム&トリュフオイルがけと。

IMG_6974 - コピー

穀物入りの自家製チップス、リドルの冷凍食品のパネ(バースニップ)のケーキ、トリュフ風味です。

チップスはポタージュに自分で好きに散らしていただきます。

パネのケーキは買ったけど忘れていて、今回冷凍庫をチェックして見つけたので前菜に入れてみました。

形は可愛いのだけど、もうちょっと小さいサイズの方が上品だし食べやすいな、と思いました。

IMG_6978 - コピー

魚料理はホタテとサーモンとフルーツのカルパッチョです。

数年前のクリスマスに作ったことがあって、久しぶりにまた作ってみました。

魚介とフルーツって本当に良く合って、さっぱりで美味しいです♪

IMG_6980 - コピー

そしてお肉は、カネット(canette)=雌鴨のローストで、付け合わせはリドルの冷凍食品の野菜のフラン、前日も前菜でいただいたシチリアのライスコロッケのアランチーニ、じゃがいものローストです。

数年前のクリスマスにいただいてとても美味しかったカネットを、今年久しぶりにメインにしてみました。

鴨は大好物ですが、カネットは肉質がきめ細かくてしっとりしていて繊細な味わい。

和食にも合いそうだな、と思います。

IMG_6938 - コピー

今回のカネットはマルシェの鶏肉専門店で買ったもの。

数年前のクリスマスの時に買ったのと同じお店で、とても美味しかったので事前予約しておきました。

我が家にしてはかなりお高め価格で28ユーロでしたが、クリスマスなので大大奮発です!

まだ全部いただき終わっていないのですが、すべていただいた後は残りの骨で美味しくてコクのある鴨だしがとれるので。

一番だしはもちろん二番だし三番だしまでとって、最後の最後まで楽しみたいと思います。

鴨だしで作る中華そばがコクがあって美味しいのですよねぇ。

ああ、鴨だしの夢がどんどん広がります~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村