パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は18度、最高気温予想は29度で、お天気は晴れとなっております。

9月に入ってすぐ夏のような暑さになっているパリ、フランスです。

今週も毎日晴天で、明日パリは34度の予想気温。

9月でも10月でも、とにかく晴れが好きだ~。

IMG_0217

ということで、我が家の青じそがもさもさ元気ちゃん。

毎日のように食べているのですが、ちょこちょこ食べてるくらいじゃぜんぜん減らないんです。

しかも小さい葉が2、3日ですぐ大きくなります。

なので青じそを美味しくいただけて、しかも大量消費出来るお料理ないかな、と思っていたのです。

そしたら、まさしくそんな青じそ料理を見つけたんです!

IMG_0204

それがこの東北地方の郷土料理「しそ巻き」です!

ネットで初めて知りレシピを探してみたら、甘味噌を青じそで巻いてつまようじで3、4個刺して揚げ焼きにした1品。

甘味噌はシンプルなものもあれば、胡桃を入れたもの、白ゴマを入れたものなどがあって、今回は胡桃を入れてみました。

そしたら、揚げた青じそがパリパリしゃりしゃりっとなって、小さじ1杯くらいの少なめの甘味噌が程よく甘くてしょっぱくて香ばしくて、胡桃のカリカリ食感もグッド。

予想以上に美味で新鮮びっくり。旦那にも大好評♪

フランス人、miso好きですからね。

ちなみにフランスではsが1つだと濁音読みになるので「ミゾ」、sが2つ続くと「ミソ」と言います。

なのでフランスでは「ミゾ」と呼ばれております。

話を戻しまして。

しかも残ったしそ巻きにラップをして、そのまま常温で一晩置いておいたのですが、翌日もパリパリシュワシュワのままだったんです。

(ただし日本はまだ暑いし湿度が高いので冷蔵庫に入れないとだと思いますが)

なので、今回は初挑戦だったので16個作ってみましたが、今度はまとめて30個くらい作ってもいいな、と思いました。

青じそ30枚使うって結構な消費です。

和食~って感じなので、例えばフランス人(他の国の方でも)にアペロのおつまみに出しても、和食の1品として出しても喜ばれるんじゃないかな、と予想しております。

あ、それに動物性のものは使わないのでベジタリアンにもバッチシ。

きっと今の時期、日本だけじゃなくフランスや他の国でも、家で青じそを育てていて、消費に困っているという方、結構いらっしゃると思います。

そんな方に、もしまだ作ったことがなければ、わたくし的には超おすすめでございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村