パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は4度、最高気温予想は9度で、お天気は雨となっております。

ロマ人の行動を見て、今までで一番衝撃的だった出来事があります。

15年前、渡仏してすぐ住んだのは7区のこのアパルトマンだったのですが、その当時の出来事です。

雑誌には出ない。パリのアパルトマンの現実

ロマ人スリがたむろすエッフェル塔から近かったこともあり、アパルトマン近辺でもよく見かけたのですが。

夏のある日も近所の大通りの歩道で、前から連れだって歩いてくるロングスカートのいかにもロマ系の服装の40代?50代?(若い子以外のロマ人の年齢がさっぱり見当つかないのですがもしかしたら結構若いのかも)の4、5人のロマ人女性グループを見かけました。

正直、清潔そうには見えないしやはり常に気をつける必要があるので、距離をとりながらもさりげなく見ていたのです。

そしたら、その中の1人が街路樹のそばで立ち止まり、スカートを膝くらいまでたくし上げ、立ったままいきなりじゃーっとおしっこをしたのです…。

そしてし終わると、スカートの裾をおろし何事もなかったように仲間と合流して去っていきました。

これには私はもちろん、他の通行人たちもただただ呆気に取られました…。

パリでもどこでも人目なんて関係ないんだ。

私たちの感覚とはやはりまったく違うんだ。

パンツ履いてないんだ。と。

(夏限定かもですが)

そして、いやなものを見てしまった感とその反面、人生で初めて見た光景への驚きとが混ざって、なんて言っていいのか、とにかくほんと~にびっくりしました。

でもこんな光景を見たのはフランスに住んでたった1度だけ。

しかもこの出来事を書こうと思って改めて考えてみたら、以前は街中でしょちゅう見かけたこういうロングスカートのいかにもロマ系の服装の40代?50代?のロマ人女性グループっていうのを、パリ市内ではいつの間にか見かけなくなったんですよね。

駅の構内やスーパーの前ではロングスカートの親子を今だに見かけますけど。

そして、若いロマ人の女の子スリグループは(男の子スリグループももちろんいる)、15年前はロングスカートの子もまだいたけど今は、おそらくロングスカートだとロマ人だとわかりやすいのでかえって警戒されてしまうことがあり、皆普通の服装をしています。

なのであの連れだって歩いていたロングスカート女性グループはいったいどこに行ったのだろう、とちょっと謎です。

スリを含めたパリ市内での行動は若い子たちにまかせているのでしょうか。

とにかく、たとえ自分たちの生活の中では普通のことであっても、ここはフランスでどんな形にせよここに住まわせてもらっているのだから、フランスの公共の場での最低限のマナーを知ってはいるはずだし、守って欲しかったです。

私もいくら何でも2度は見たくない光景です。

でも、スリしたり暴力振う類のロマ人には、マナーなんて言ってもそんなのま~ったく通じないんでしょうね…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村