パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は10度、最高気温予想は13度で、お天気は雨となっております。

明けましておめでとうございますではありますが、フランスでも石川県の地震がニュースになっております。

真冬のこの時期なので被害に遭われた方々、そして動物たちがとにかく厳しい寒さから身を守れますようにと切に願います。

IMG_2157 - コピー

2024年の我が家のお正月料理のご紹介です。

お重は日本に一時帰国した時に買ったものがあるのですが、旦那がおせちをあまり食べないので作らなくなり、ここ数年は八寸風な1皿と煮物とお寿司が定番となっております。

IMG_2178 - コピー

お花はクリスマスに飾ったドイツ系スーパー「リドル」で買ったバラに庭のユーカリ、ローズマリーを合わせました。

2023年我が家のクリスマス・イブのディナー

年末もまだまだ綺麗に咲いてくれていたので、こりゃ元旦もいけるな、と思い、バラとお正月料理合わないけれど飾っちゃいました。

ここはフランスなのでそれもありということで。

IMG_2163 - コピー

八寸風な1皿は真ん中から時計回りに、ガーリックスパイス枝豆、カブとパプリカのムース、ベーコン巻きインゲン、クリームポテトのカラスミのせ、豚の磯辺揚げ風、貝の煮付け、クリームチーズ入りレンコン、黒大根のタラマのせ、海老とソラマメとクコの実の和え物、シャテーヌ(栗の1種)とさつまいものなんちゃってきんとんの10種。

前日の大晦日にいただいたものを少し残しておいたり、冷凍しておいたものも使って、とにかくいろんなものが少しずつ楽しめるようにしております。

IMG_2182 - コピー

お雑煮はお餅なしですが我が家の母の味。

私もですが、旦那の大好物で、母に会ったことのない旦那ですが、味でつながってる感が嬉しいです♪

IMG_2174 - コピー

今年の筑前煮は味つけとしみ具合がうまくいって、私以上に旦那がたくさん食べておりました。

それと、レンコンはいつも輪切りにしていたけど、今年は大きめ乱切りにしてみたら、食感がさらにしゃきしゃきで美味しい!

これからは筑前煮は乱切りだな、と思いました。

IMG_2170 - コピー

クリスマス用に買った彩り豊かなお野菜が残っていたので、和風味のバーニャ・カウダ(熱々ソースに生野菜や茹で野菜をつけていただくイタリア料理)風の1皿に。

ソースは味噌とオリーブオイルをベースに味付け。

そしたらこれも旦那が気に入ってほとんど1人で食べちゃいました。

このクリスマスの残り野菜バーニャ・カウダ風、綺麗なお野菜たちだとさらに映えるし、最後まで美味しくいただけるので、我が家のお正月の定番に決定です!

IMG_2172 - コピー

そして私が1年で1番楽しみな握り寿司ちゃんです。

毎年せっせこラップで握って作っております。

握り寿司は作り置き出来ないので私的には1番大変なのですが、お寿司のためなら頑張ります、頑張れます。

今年のネタはシブレット、イクラ、焼きカラスミ、マグロ、ホタテ、海老、サーモン、鯖の粗塩マリネの8種。

鯖の粗塩マリネはクリスマスに作った星シェフさんの前菜の1品。

これはお寿司にしても美味しいな、と思ったんですよね。

で、やってみたらグッド。

しめ鯖も良いけど粗塩マリネもなかなかです。

ど素人なので見映えはいまいちですがフランスで、パリで、お正月になんちゃってでも握り寿司をいただけるのはとても恵まれたこと。

お寿司だけじゃありません。

家族皆元気にお正月を迎えられることが何よりです。

この気持ちを忘れず、日本を思いつつ、新しい年を過ごしてまいりたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村