パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は1度、最高気温予想は11度で、お天気は曇りときどき晴れの予報となっております。

日本で働いていた頃は女性の同僚や友人たちが、あの人(男性)はいつも奢ってくれる、でもあの人(別の男性)は奢ってくれない、とか。

うちの会社の男性社員はケチが多くてきっちりワリカンにされる、とか、年上(男性)なんだしお給料だってずっと多くもらってるんだから奢ってくれてもいいじゃない。

なんてことをよく聞いておりました。

でも、その考え方が私は好きではありませんでした。

それに、そう言ってる女性がたとえば実家暮らしでがっつり貯めてる派だったり、自分はたとえ後輩(女性)でもきっちりワリカンで誰かに奢ることはなかったりすると、人にだけそれ求めるのはおかしくない?

と思っておりました。

自分も一人暮らしの経験があったし、結婚もしていたので、それぞれの家庭なりにやりくりがあるのが想像出来たんですよね。

子供がいたりローンがあったりお小遣い制だったりしたら、そりゃ簡単に奢れないよな、と思います。

とは言うものの、私もそりゃ奢ってもらえたらラッキーと思っておりました。

会社の上司がよく食事をご馳走してくれましたが、皆(行く女性たち)で何が食べたいか決めておいて、な~んて言われた時は、ここはどう?あそこはどう?

とやっておりました。

でも上司はいつもしっかり領収書をもらっていたので会社の経費だったと思います。

自分のお金だったら果たしてそう気前の良いことしたかどうか…。

で、フランスはと言うと。

男性だから、年上だから奢る、というのはまったくなくて、基本ワリカン。

でもたとえばデートだと払うことはぜんぜんありだし、逆にデートでもきっちりワリカンもよくあるようです。

私も、周りの人からさんざんフランス人はワリカンだよ、と聞いていたので、ワリカンのつもりでいたら払ってくれた、なんてこともありました。

支払いに男性も年上も関係ないのはとても良いことと思っていましたが、正直、あまりにもきっちりワリカンワリカン言われるのもちょっと引くな、と思っていたので、フランス人も人による。

ということが経験でわかりました。

で、フランスでも日本でもとにかく程よいのが良いな、と思います。

あまりにケチ過ぎてても悲しいものがありますしね…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村