パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は6度、最高気温予想は7度で、お天気は曇りときどき雨の予報となっております。

2週間前のこの記事で、いつも声をかけてくれた同じ通りに住む顔見知りの98歳のムッシューが間もなく入院するということを、ムッシューと同じ敷地内に住む親せきのマダムから聞いたことを書きました。

帰り道、2つの小さな残念な話

この時からムッシューの家の前を通るたびに気になって、つい家の様子を見ていたのですが。

数日前旦那と2人で通った時、同じマダムがちょうどムッシューの家の出入りをしていたので、マダムがこちらのことを気づくのを待って。

こんにちは、ムッシューはいかがですか、と声をかけさせていただきました。

マダムは私のことを覚えていて、木曜日に退院して帰ってきてるわよ!と。

で、ムッシューと長年顔見知りの旦那が、僕は以前からC(ムッシューの名前)と顔見知りですが、無事退院出来たのですね、と。

するとマダムが、今いるから呼んでくるわ!と。

なので旦那と私で、いやいや大丈夫です、とにかく良かったです、と言うと。

じゃあ、ちょっと家に寄って顔を見ていけば?と言うので。

また、いやいや大丈夫です、と私たち。

すると何とムッシューが玄関口まで出てきたのです。

ただ足元がかなりおぼつかない感じで、しかも、フレール(兄弟)がそっちのお宅にうかがっているんじゃないか、と言い出しました。

実は数年前までムッシューにはもう一軒の家(今マダムが住んでいる家)に住むフレール(おそらく弟さん)がいたのですが、ここ数年お見掛けしていないので、もしかしたらすでに亡くなっているのかもしれないのですが…。

とにかくムッシューが、フレールがそっちに行っているんじゃないか、と。

でも我が家にフレールさんは来ていないし、弱弱しくなってしまったムッシューが危なっかしいしで。

会えて嬉しいです、また近々!と言って手を振ると。

ムッシューも笑顔で手を振ってくれて、マダムに支えられて家の中に戻っていきました。

その姿を見送ってから私が、ムッシューにもう会えないかもと思っていたので嬉しいな、と言うと旦那が。

でもフレールの話からするとおそらく認知症が少し始まっているのかもね、と。

前回会ったのは去年の終わり頃だったと思うのですが、その時は足取りがしっかりしていたし、いつも通りに私に、ボンジュール!と言って手を振ってくれたので、体調を崩して短期間の間に変化があったのかもしれません。

前回の記事でも書いたけれど、年配の人はどこか調子がおかしくなると全部ガタガタと来ますからね…。

でも、もう家に帰って来れないかも、とちょっと思っていたので、帰って来れたことが何よりです!

やっぱり家が1番だと思いますから。

それと、最初キツイ印象だったマダムが今回はとても感じよかったことも嬉しかったです。

でもフランス人、結構これあるように思います。

旦那の亡くなった前の奥さんのお姉さんも、最初私に会った時はそうでした。

でも何度か会っていくうちに最初とはまったく変わって、私の心配までしてくれるようになって、今では大好きな人の1人になりました。

最初にいい顔しないとか愛想がないっていうのは、取り繕わない人だったり率直なだけだったりの場合があるんですよね。

ただし、たまにあまりにも感情全面に出し過ぎでびっくりするフランス人、いる~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村