パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は13度、最高気温予想は21度で、お天気は晴れときどき曇りの予報となっております。

ヨーロッパを旅行していた頃からだけどフランスに住んでしょっちゅう、アフリカ系アラブ系を含めたヨーロピアンの「飛び抜けて美しい女性」に見惚れることがあります。

特に中学生くらいから~20歳前後のそういう彼女たちの美しさと言ったら、ちょっとあり得ないとよく思います。

目の色が様々で、鼻はすっと細く通っていて、肌は陶器のように白かったり、艶やかな褐色だったり。

髪の色も様々なので、その髪色、目の色、肌の色がそれぞれ組み合わせが違っていて、そこにもほんと見惚れます。

このような容姿に生まれてこれるのは奇跡であり、特別にもらったものすんごいプレゼントだな、と、羨ましいを通り越して、素直に思います。

アジア女性でも美しい人はいるけれど、ほんとにごくたまにだし、華やかさではやはり圧倒的に違うことは否めません。

私もアジア人ですが、客観的に全体を見ていての正直な感想です。

だけど、奇跡とも言える美貌の彼女たちの10年後20年後中年女性になった時を考えると、それはなかなか微妙です。

1番大きいのが体重の増加で、理由は徐々にだったり出産だったりストレスだったりとそれぞれですが、今回は理由については置いておいて。

とにかく太る人が多いんですよね。

で、アジア女性はと言うと、ヨーロピアンに比べて肥満率がかなり低いことは、普段見ていても明らかです。

たとえば、中国本国は肥満が増えているというけど、フランスに(も)たくさんいる中国系の人は中肉の人が多いし、少しぽっちゃりとしていても、フランス人の肥満の人とは比較になりません。

フランス在住日本人も、程よくふっくらな人はいても、フランス人のような肥満までの人には、私はですが会ったことがありません。

っつうか、日本でいうぽっちゃりさんってフランスじゃぜんぜん普通体形です。

とにかく、もともとの体格と体質の違いもあるし、年齢を重ねた時の体形の変化も違うし、アジア人が実年齢より若く見えるということもあって、割合的にアジア人の場合、人生の後半でもフランス人ほどには変わらないのかもな、と思います。

なので、結局人生を通すとまあまあ平等に出来ているのかな。

もしかしたら、特別な美しさがなくても、後半に平凡でもキープしている方がいいのかな、なんて思ったりもしていました。
(もちろんフランス人でもアジア人でも人に寄りますが)

でも最近思います。

結局、本人がいいなら他人が言うこと思うことじゃないな。

美貌の前半だとか、平凡キープの後半だとか、自分が思ったことだけど安っぽい比較だったな、と。

たとえば若い時とてつもない美貌で、その後たとえば出産などでその美貌が変化したとしても、とにかく子供が可愛くて今の方が幸せ、という人、たくさんいると思います。

私の場合、そういった美貌を持っていない点で彼女たちとは違いますが(子供もいませんが)、それでも若い頃には2度と戻りたくないです。

自分にとっての大事なことを自分なりにわかって辿り着いた、人生後半の今が1番幸せだからです。
(あ、でももしタイムマシーンで10日間戻れるなら行きたい時代はありますが)

なのでとてつもない美貌だった女性たちでも、私のように今が1番、と思っている人、きっとたくさんいるんじゃないかな、と思うんですよね。

ということで今はフランスでそんな女性を見た時は、赤の他人として儚いかもしれないその美しさを、大輪のバラやユリ、芍薬に見惚れるのと同じような気持ちで見惚れております。

あ、でも凛とした白のカラーはど~しても、日本にいた時の恐い女性がちらついてしまいます…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村