パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

水曜はパリでランチしましょ

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日
マダム卑怯子さん、
只今絶賛「卑怯子手口」
乱用中、みたいな。
でも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
これからも毎日更新してまいります。
2020年9月9日

…………………………………………………………………
IMG_9266 - コピー
コロナ禍になって、外出制限が終わってから、
いくつかのパリのビストロに行っております。
今回はその時に感じたことと、
最近多くなってきた傾向について、
書きたいと思います。
まず、正直に感じたこと。
材料費をものすご~~く削っております。
特に前菜でそれを感じます。
これも前菜で卵の1品なのですが、
原価、ものすんごく安いはずです。
でもしかたありません。
今、世界中のお店で
やっていくのが大変なのですから。
とにかくがんばってほしいです。
IMG_9272 - コピー
でもでも。運よく行ったところ全部、
原価安くても美味しかったのです♪
なので作れそうと思ったものは、
早速家でマネして作っておりまして
旦那が美味しい、と喜んでおります。
そして。最近多くなってきた傾向ですが。
IMG_9274 - コピー
じゃん。お皿をご覧ください。
私のブログでしょっちゅう出てくるので、
以前から見てくださってる方は
おわかりになるかと思いますが。
ブロカント食器を使うビストロが
とても増えております。
1枚目も2枚目も可愛いでございましょ?
ブロカントとは作られて100年以内の古いモノ。
アンティークは100年以上のモノとなります。
で、ここ1年くらいの間に私が行ったお店の中で、
少なくとも4軒のお店が、
ブロカント食器を使っておりました。
数年前まではなかった傾向です。
日本では超高くされている、
フランスのブロカント食器ですが、
本場フランスでは超安い。
わたくしもブロカント食器収集しておりまして、
フランスのリサイクル団体エマウスか、
ブロカント市で買っております。
バカンス先のブルターニュのブロカント市でも、
6枚のブロカント皿を計2ユーロで買いました。
ブルターニュのブロカントでゲットした品
100円ショップよりもずっと安いということです。
なので、可愛いし安いしで、
ビストロが使いはじめたのは、
当たり前っちゃ当たり前?!
経費削減も出来るし、
これからさらに増えていくんじゃないかな、
と思っております。
わたくしもおうちビストロごはんで、
これからもどんどん活用したいと思っております!
ところで最後のフォトを撮るために、
パンでソースの最後の最後までぬぐって、
綺麗にしたのですが。
お店の方に、うわ、綺麗に食べたね~、
って笑われちゃいました。
でも楽しい笑いです。
でも…ちょっと恥ずかしかったです。ぷぷ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。
※上記の記事に追追記しております。

…………………………………………………………………
IMG_7904 - コピー
以前担当サイトでご紹介させていただいた、
ブーレット(肉や魚のおだんご料理)専門ビストロ、
「トロワ・ベー(TROIS B)」に、
久しぶりに行ってまいりました。
ヴィレット貯水池のカフェ・BIOレストラン・バー
お客さんはいるかなどうかな、と思ったのですが、
ご覧の通り、大盛況!
ランチは以前と変わらず、2品で15ユーロ、
3品で18ユーロと、外食の高いパリで超お手頃。
コロナ禍後もお値段そのままってありがたい。
実はこの日、以前から行きたかったお店に行ったのですが、
何と閉店していたのです。たぶんコロナのせいですねぇ。
で、どうしよう、と思って思い浮かんだのが、
メトロで数個先でそう遠くないここ。
なくなったお店は残念だけど、
お店稼業は移り変わりが激しいもの。
しかたありません。
IMG_7909 - コピー
さて、前菜に選んだのはビーツのロースト。
これがシンプルなんだけど美味しかった!
ビーツと言うと、私なんか、
ボルシチかサラダしか思い浮かばないけど、
ローストうまし。
これは必ず再現に挑戦です。
IMG_7912 - コピー
で、メインはラム肉のブーレットをチョイスしてみました。
下にしいてあるのはひきわり小麦のブルグルと、
ラタトュイユチックな夏野菜煮込み。
ラム肉のおだんごがほろっと柔らかくて、
ほんのりミントが利いております、
ガツン!とくるお味ではないのだけど、
ブルグルとラタトィユと一緒にいただくと、
優しいハーモニー。
ラムひき肉って美味しいのねぇ。
結構な量だったのですが、完食しちゃいました。
しかも。お店でフレンチのランチをいただくと、
夜ごはんはたいていまだ満腹で、
食べれないのですが。
ここのはあっさりで薄味なので、
夜までには消化して、
ぜんぜん食べれるのです。
私の胃に珍しい。
IMG_7906 - コピー
テラス席だけじゃなく店内も
お客さまでいっぱいだったのですが。
この料理をいただいて改めて、人気に納得です。
以前にご紹介させていただいた時が、
たぶん日本の媒体では初だったと思うのですが。
この日はおしゃれな日本人の女性グループも
いらっしゃいました。
グラスワインも3、50ユーロからで良心的。
こういうお店はどんどん応援したい。
凝って芸術的なフレンチとは違うけど、
ヴィレットに遊びに来る時におすすめです!

住所・・・48 avenue Jean Jaurès 19区
TEL・・・01 42 00 22 01
メトロ・・・「ジョレス(Jaurès)」2号線、5号線、7bis線
定休日・・・日・月
HP→TROIS・B

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3893 - コピー
1832年創業の老舗レストラン「ファラモン」が、
昔ながらの庶民のためブイヨン(食堂)、
「ル・プティ・ブイヨン・ファラモン」として再スタートを切り、
大人気ブイヨンとなっております。
ブイヨンは定番料理を安いお値段で提供する大衆的なお店。
このブログで何度もご紹介しているブイヨン・ピガールもその1つ。
Bouillon Pigalleは超パリっぽいビストロ
このブイヨン・ピガールがオープンし大人気になったことで、
ブイヨンが再び脚光を浴びているんです。
IMG_3894 - コピー
お店の開店は12時なので、その少し前に行ってみたのですが、
すでにたくさんの方々が待っています。
海外からの観光客の方も多いけど、フランス人も結構多い。
IMG_3895 - コピー
で、12時ぴったりに開店。
店内はベル・エポックの装飾がそのまま残っていて、
19世紀の華やかで優雅な雰囲気が印象的。
パリにはこうしたベルエポック装飾のカフェやレストランは結構あるけど、
そんなところはお値段の方も結構高かったりします。
このブイヨンが大人気になったのは、こんな本物の雰囲気の中で
良心的価格で提供してくれる点も大きいかと思います。
IMG_3896 - コピー
お店の方がどんどん席に案内してくださって、
私もすぐに座ることが出来ました。
3階まであるので12時15分くらいまでに着けば
待たずに座れることができそうだな、と思いました。
IMG_3898 - コピー
メニューを持ってきてくださるのも注文をとりに来てくださるのも速い。
IMG_3903 - コピー
で、ウフ・マヨネーズやニシンのマリネなどのフランス定番が並ぶ中、
前菜に選んだのは、これまた定番のエスカルゴ。
家でも冷凍のものをいただくけど、ここのは、
エスカルゴの本場ブルゴーニュ産だったので選んでみました。
普通に美味しいです。
IMG_3907 - コピー
メインは、ブフ・ブルギニヨン(牛の赤ワイン煮込み)やステーキ、
サーモンのオゼイユソースなどのやはり定番が並ぶ中、
フランス北西部の都市カーンの郷土料理の臓物の煮込み、
トリップ・ア・ラ・モード・カーン。フランス風モツ煮込みです。
臭みはまったくなくこれまた普通に美味しい。
モツ好きさんなら大丈夫だと思います。
IMG_3909 - コピー
デザートもお願いしてみましてタルト・タタンです。
リンゴたっぷりとろとろで素朴で美味しいです♪
ここまでいただいて超お腹いっぱい。
3品+赤ワインのハーフボトルで30ユーロ。
外食が超高いパリで良心的だと思います。
ちなみに、メニューを見ながら赤ワインをお願いする時にお店の方に、
どれが強い(重い)ワインですか?と聞いたら、
僕、わかんないや、と軽く言われちゃって、
ずっこけそうになったのですが。
これもまたなんだか可笑しく、ま、いっか、と思いました。
スタッフならそれくらいわかっててよ、
と思う人もいるかもしれないけど、
ここは星レストランでもないし超気軽な庶民の食堂。
大雑把に大らかにがやがや楽しく!って感じですね。
IMG_3910 - コピー
この時は、日本人による、パリのアジア人差別ネタが出回っていた時。
で、私のお隣はフランス人の年配のカップルだったのですが。
私がエスカルゴをいただいてる時に専用挟みがめちゃ硬くて、
エスカルゴが1個お皿の外にポンと飛んでしまったのですが、
2人がケラケラって笑って、大丈夫?って。
アジア人の私が隣で申し訳ないかも、と思っていたのだけど、
そんな心配は不要でした。
ということで、すごく凝ったとか洗練された料理ではないし、
美味~というのとは違うけど、
フランスの昔ながらの料理が揃っていて安くて、
そして古き良きパリの時代が楽しめて。
ビストロよりさらに庶民派なブイヨン。
これからもっと増えそうな予感です。

住所・・・24 rue de la Grande Truanderie 1区
TEL・・・01 40 28 45 18
営業時間・・・12時から0時、無休
メトロ・・・「レアール駅(Les Halles)」①④⑦⑪⑭号線、
「エティエンヌ・マルセル(Etienne Marcel)」④号線

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3874 - コピー
日本でフランスで全世界で猛威を振るうコロナウィルスに、
気分が滅入りそうになりますが、今日はパリの楽しい記事を。
パリ散歩中、メトロ「サンティエ(Sentier)」の駅に出たので、
このすぐそばにある美食通りとも言われるプチ人気通りに寄ってみました。
2区の「ニル(Rue de Nil)」通りです。
IMG_3877 - コピー
ここがちょっとした美食人気通りになったのは、
このレストラン「フレンチ-」がきっかけ。
ロンドンなどで修業したグレゴリー・マルシャンさんが、
2009年にオープンして以来人気を誇っているお店です。
HP→FRENCHIE
その後、同じ通りに系列の2店をオープン。
IMG_3880 - コピー
こちらはサンドイッチ店の「フレンチ-・トュー・ゴー」。
HP→Frenchie To Go
IMG_3878 - コピー
そしてこちらがワインバーの「フレンチ-・バー・ア・ヴァン」。
HP→「Frenchie Bar à Vins
ちょうど夜の開店のために料理人さんたちが準備なさっていたのが窓から見えて、
その中でお1人、アジア人の料理人さんが、座って何か作業をなさっていたのです。
で、こんにちは。もしかしたら日本の方ですか?とフランス語で聞いたら、
そうですよ、と。あ!私も日本人です♪と日本語でお伝えしたら、
え?そうなんですか!とすぐ来てくださったのです。
IMG_3916 - コピー
それがこの方、小野田洋平さんです。
何とこのバーのシェフ(料理長)さんなんです!
ここでも日本の方が活躍。嬉しい。
ブログでご紹介したいのですが
お写真撮らせていただいてもよろしいですか?
とお聞きしたら、少し照れながらも快くOKしてくださいました。
いろいろお話してくださったのですが、面白いな、と思ったのが、
ここでは、アメリカ、ロシア、イスラエル、デンマーク、
コロンビア、アルゼンチン、台湾、日本、そしてフランスと、
めちゃくちゃ様々な料理人さんが一緒に働いているんだそう。
なので厨房では英語が飛び交ってるそう。
で、小野田シェフももう今英語もOKなので、
しばらくパリでがんばったらニューヨークへ行ってみたいな、
なんて奥さまとお話なさっているそう。
今はほんと、日本の方がどんどこ世界に出て行く時代なんですね。
パリ郊外の隅っこ住まいですが皆さんを心から応援したい。
で、この通りでのおすすめ品も教えていただけて
めちゃくちゃラッキーでした♪
小野田シェフに感謝でございます!
IMG_3872 - コピー
この通りでのもう1つの美食スペシャルは、
パリのレストランに選び抜かれた食材を提供している、
アレクサンドル&サミュエルさんが開いた
「テロワール・ダヴニール」。
HP→Terroir d’Avenir
八百屋さん、魚屋さん、肉屋さん、パン屋さんが揃っております。
IMG_3873 - コピー
うんと小さな通りですが、ここに来れば、
一通りの、しかも旬の厳選食材が買えて、
お腹が減っていれば食事も出来るという。
ただし、レストランとバーは大人気で
予約または早めの来店がよいようです。
IMG_3879 - コピー
ということでわたくしもちょこっとお買い物いたしましたので、
近々ご紹介させていただきますね。
こんな風に、フランス人も日本人もイタリア人も中国人も世界中の人々が、
どこの街でもこうして好きに歩けたり旅したり、
心配なく母国を行き来出来る日々が、
1日も早く戻ってきてほしい。
いつも通りに出来るって幸せなことですね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3309 - コピー
パリ市内のアジアンは老舗も人気どころも行ったけど、
アジアンで行きついたのは我が街のレストラン。
今まで行ったパリの中で一番美味しいアジアンだと私は思っております。
で、今年初、日曜日に1人でランチに行ってまいりました。
着いたのはフランスのランチの一番の混雑時間の13時。
すでにかなりのお客さまでにぎわっておりますがほとんどがフランス人。
フレンチ、イタリアン、ポルトガル、アラブ…いろんなお店がある中で、
街一番人気と言ってもいいくらいなんです。
IMG_3316 - コピー
このお店のサービス担当の中国系フランス人のギャルソンくんの、
わたくしファンなんです。淡々としているけどさりげなく優しいんです。
腕を骨折していた時も1人で来たのだけど、
腕の包帯に気づいたけどあえて何も言わないんです。
(そりゃ首からギブス下げてるから気づく)
そしていつもと何も変わらない対応なんです。
でも、片手しか使えなくて食べるのにちょっと苦心してたら、
離れたとこから、大丈夫かな、って見ててくれたりする。
さりげなく優しいでしょう?
っつうか、食べるのに苦心するのわかってるのに、
1人でギブスでやって来てまで食べたいあたしって笑える~。
IMG_3315 - コピー
さて前菜に選んだのは大好物海老パンです。
自分で作ろう作ろう思いながらいまだに作ってない。
だってここに来れば4、50ユーロで食べれるのですもん。
いつ食べても海老好きにはたまらない。めちゃくちゃ美味しい♪
これ、お客様にアペリティフで出したら喜ばれるだろうな。
やっぱり一度挑戦しておきたいな。
IMG_3319 - コピー
メインは一度食べて超気に入った海鮮たっぷり炒め麺。
見てください、この海老、イカ、帆立(奥に隠れてる)のたっぷり感。
またこの麺が柔らかモチモチで美味しいんです。
炭水化物なるべく控えめ令を自分に出してるのですが、
ここでは無理です。しかたありません。
モリモリ食べてたらお隣のマダム2人が、
ニコニコ顔で、美味しい?って聞くので、とっても美味しいです♪
と親指でグッジョブマークしました。そして完食。
美味しくて楽しい日曜ランチなのでありました。
次回は新しいメニューを選ぼう!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ