パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

水曜はパリでランチしましょ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は17度、最高気温は26度で、お天気は曇りときどき晴れとなっております。

昨夜から今朝にかけて久しぶりに雨が降って少し涼しいパリ。

暑い日が続いていたので、たまの雨もなかなかおつでございます。

ということで、巷で噂の、特にパリ在住の日本人の方々の間で大評判となっている日本人シェフさんのビストロにランチに行ってまいりました。

IMG_9014 - コピー

「narro(ナロー)」です!

シェフさんは竹田一馬さんで、わたくしは存知上げなかったのですが、コロナ禍の時にyoutubeを始めて、それが大人気になっている方なのだそう。

で、やって来ました5区「Rue du cardinal Lemoine(カルディナル・ルモワンヌ通り)」。

そしたら、私が初めて姉とパリに旅行に来た時に泊まったホテルのある、思い出深い通りだったので、あ、ここだったのね、と嬉しびっくり。

観光客が多い活気ある通りですが学生街でもあるので、下町ではないけれど庶民的な雰囲気。

近くには観光客にも学生にも人気の、パリらしい雰囲気がいっぱいのムフタール通りもあって、パリを訪れる人、特に初めて訪れる人に魅了的なカルティエとなっております。

IMG_9004 - コピー

12時半に到着しましたが、すでに店内はほぼ満席。

近くで働いていると思われるフランス人たちグループの他に、日本人や中国人、韓国人などアジア人観光客の方々もかなり多かったです。

今は世界中で日本食の美味しさも日本人シェフさんの腕の良さも知られている時代ですし、特に同じアジアの方々は日本食の素晴らしさをご存知の方が多いのだろうな、と思います。

皆さんネットでしっかり美味しい情報をゲットなさってるんでしょうね。

で、店内は気温が上昇していたのと熱気?でかなり暑かったので、わたくしはテラス席へ。

IMG_9006 - コピー

お昼のランチメニューは前菜+メインかメイン+デザートの2品で28ユーロ、3品で34ユーロとなっておりまして、せっかくなので3品コースをお願いしました。

そして3品ある中から選んだ前菜は、スモーク鰻とグリンピースのピュレの1皿。

フランスではここ数年でスモーク鰻が人気食材となっておりまして、私もずっと食べてみたかったのです。

さてさてお味ですが、スモーク鰻はしっかりとした食感で香りがよく、グリンピースのピュレとマッチ。

ふわふわ泡のエスプーマや爽やかなジュレも添えられていますが、どれも程よい抑えめの風味で、調和がとれていて上品。

美味しいです♪

IMG_9008 - コピー

4品ある中から選んだメインは、低温で焼いたコート・ド・ブフ(骨付きリブロース)とアスパラガス、ベトラーブ(ビーツ)の1皿。

これがまたお肉柔らかで、ベトラーブと合ってと~っても美味しかったのです~♪

我が家でも牛肉とベトラーブはよく合わせる組み合わせなのですが、やはりプロの方の1皿は食材と調味料の使い方の加減が絶妙で、まったく違います。

グリーンアスパラはたぶん野性種だと思うのですが、山菜のような歯触りでこれも美味。

こんなに素敵な1皿は作れないけど、とても参考になります。

IMG_9011 - コピー

そして3品ある中から選んだデザートは、オーブンから出したて焼き立ての温かいざくざくクッキーに冷たいバニラアイスをのせ、キャラメルピーナッツをトッピングした1皿。

嬉しいのは、これなら何とか自分でも作れそうなこと。

これは必ずマネっ子します!

IMG_9003 - コピー

いただいている時にちょうどお馴染みさんらしい食材配達の方がやって来たのですが、その食材の箱にはフランスのBIO(オーガニック)の品質の良いお肉のマークがついておりました。

それを見て、メニューに書いていなかったのだけど、そのお肉はもちろん、まだまだ珍しいスモーク鰻や野生種(たぶん)のアスパラなど、誠実に良い食材を使っているんだな、と思いました。

フランスでも、オーガニックだどこどこ産だと書いておきながら、そうじゃない食材を使っているというのはよくある話。

それに、3品で34ユーロくらいで、美味しいけれど正直、食材は安いものばかりを使っているな、というお店もあります。

特にコロナ禍からはそんなお店が増えたように感じるんですよね…。

なので34ユーロでこの美味しさは大満足。

メニューは毎週変わるようで、HPを見てみると、また食べたくなるようなものが並んでいて、また行きたい。

今年の3月に2店舗めのお店「バイヨット(BAILLOTTE)」が6区にオープンしたようで、お値段も同じなので次回はそちらも良いな、なんて思っておりま~す!

住所・・・72 rue du cardinal Lemoine 5区 
TEL・・・09 73 24 07 95
メトロ・・・「La Place Monge」⑦号線、「Cardinal」⑩号線
HP→narro

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は3度、最高気温は6度で、お天気は曇りとなっております。

パリと言えば美食の街。

でも最初はどこに美味しいお店があるのかも、何が美味しいのかも、フランス定番料理さえもまったくわからなくて、持ってきたレストラン紹介本やパリ特集雑誌などを参考に行っていました。

でも節約学生生活なので、外食大好きだけど、たま~の贅沢です。

ところが、行ってみたお店がお値段のわりにイマイチってことがよくあって、たまの贅沢なのに本当にガッカリ、ということが何度もありました。

その中でも特に忘れられないのが、日本のパリ特集雑誌に出ていたパリの中心地の賑わいカルティエにある老舗のビストロバー。

雑誌では、味のあるバーカウンターや、ビストロの王道メニューを提供する昔ながらのノスタルジックな店内の様子が、雰囲気いっぱいのフォトと共におしゃれに紹介されていました。

行ってみると、本当に誰もがイメージする古き良き時代のパリのビストロそのもので、想像通り期待通り。

で、その日はランチ訪問で、2階のビストロコーナーに通されました。

でも上がってみると、すでにいたお客さん達は観光客ばかり。

席に座っても、やはり聞こえてくるのは英語やドイツ語。

フランス語はまったく聞こえてきませんでした。

ここでちょっといやな予感がしました。

しかも、先に来ていたお客さんたちの目の前に置かれていく料理がどれも超雑な盛り方で、こう言っちゃほんとごめんなさいなんだけど、なんかちょっとesaみたい。

それでも味は美味しいのかも、と良い方に考えるようにして自分の料理を待ちました。

そしてやってきた前菜のテリーヌ・ド・カンパーニュ。

テリーヌなので見た目は特に変ではないのですが、いただいてみると何か変な味。

テリーヌってこんな不味かったっけ?と思いました。

そしてメインはお肉の煮込み料理。

いやいやこれも、お肉と野菜と果物をミキサーでミックスして飲まされるみたいな変な味。

前菜、メイン2つ揃ってこんなに不味い料理というのは、パリだけじゃなく、人生で初めてと言ってもいいくらいでした。

結局ほとんど残してしまいました。

そして周りのお客さんたちの様子を見てみると、多くの人達が自分の料理をほとんど残しておりました。

中には食べ盛りっぽい、まだ今は味より量かもしれないような20歳前後と思われる若者たちも、やはりたくさん残しておりました。

そして彼らの間に微妙な空気が流れていて、会話が止まっておりました。

さすがにこの不味さは世界共通なんだな、と思いました。

その皿を、サービスの女性が慣れている感じで淡々と次々に下げていきました。

今思えば、あの料理は自家製ではなく、業務用スーパーで揃えたもので、その中でも低価格のものだったのかもしれません。

パリは、フランスは、業務用スーパーのチルド料理を出すお店がすご~く多いんですよね。

日本の方が全体のレベルでいうとよっぽど美食だと今はほんと思います。

(って言うか、世界一じゃなかろうか)

それと、雑誌に関わっている方々はたとえ実際にお店を訪れていても、話を聞いたりフォトするだけで料理は食べていないことが多いんだろうな、とも思います。

で、そのお店、今もあるかな、と思って久しぶりにネットで調べてみたら、まだありました~。

しかもトリップアドバイザーでの評価は4。

あの味で4はおかしい…。

でも料理のフォトを見てみたら、料理がだいぶ変わっているようなんです。

あのチルド?料理があまりにも酷過ぎて変えたのか。

または行ったのはだいぶ前なので、その間にパトロンさんが変わって料理も変わった、ということも考えられます。

それからトリップアドバイザー自体の評価があてにならない、ってこともちょっとあるような気がします。

トリップアドバイザーの評価を参考にして行ってみたら、あちゃ~、と思ったことが何度かありますから。

ということで、でも、あの雰囲気は最高に良いビストロバー、久しぶりにちょっと行ってみたい、確かめてみたい気も今しております。

なので近々、カウンターバーに寄って一杯飲んでみるかもしれません。

ただし、食事はやはり恐いんですよね。

気軽に試せるほどお安くもないですし、そこ行くんだったら、別に行きたいお店がたくさんありますしね。

もし行ったら、パリの古き良き時代の雰囲気のビストロバーで一杯してきましたよ。

って、何気にご紹介するかもなので、その時は。

はは~ん、あそこだな。

って察してやってくださいませ。

(なんだかちょっと楽しみになってきちゃったのはシミツ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は5度、最高気温は6度で、お天気は雨となっております。

今週から気温が下がって、またまたお天気に恵まれないパリがしばらく続くようです。

そんな日になることを天気予報で見ていたので。

先週、お天気がまずまずな日にパリ散歩に行ってまいりました。

で、パリ散歩の時は、まずは朝のパリでコーヒーをゆっくりいただく。

と決めていて、毎回あちこち行ってみております。

IMG_7209

ということで今回行ったのは、焙煎所にカフェスペースを併設した18区のカフェ「ロミ」です。

降り立った最寄駅メトロ⑫号線の「Marx Dormoy」は、観光客が滅多に行かないようなパリの端っこ気味カルティエ。

大通りのわさわさ感と対照的に裏通りの閑散とした雰囲気が、ちょっと危険な雰囲気も醸し出し、いかにもジモティな雰囲気の欧米系&移民系の人たち(私もね)が行き交っております。

そんなカルティエにあるお店なので、どんな雰囲気なのかな、と下町&庶民地区大好き自分、楽しみに向かいました。

IMG_7212

そしたら、おしゃれ~♪

だけど、よくあり勝ちなおしゃれ過ぎて居心地が悪い。

というのはまったくなく、やり過ぎ感が一切なくとても居心地が良いです。

高い天井や木のテーブルと椅子が、解放感があって温かみもあって、落ち着く雰囲気なんですよね。

そしてスタッフの方も感じが良いです。

お客さんは、観光客らしき人はまったくいなくて、このカルティエをよく知っているジモティばかりとお見受けしました。

なのでなんだか地元に自分もすっと入った感で嬉すぃ。

IMG_7213

カウンターの横は焙煎スペース。

毎日焙煎していて購入も出来ます。

始まりはこの焙煎所のみだったのですが、その後カフェスペースもオープンしたら大人気になったそう。

おしゃれなカフェを狙って開いたんじゃないところが、なんだか逆に本当のおしゃれ感。

IMG_7216

で、カプチーノ4、50ユーロをお願いしました。

フランスのカフェは猫舌フランス人に合わせ、あまり熱くないものを出すお店が多めなので、今回は「アン・カプチーノ・ビアン・ショー・シルヴプレ」=よく熱くしたカプチーノをお願いいたします。

と伝えました。

さてさてお味は?

酸味はかなり抑え目で、程よいコクと苦み、香り、風味で美味しいです。

とっても熱い、ではなかったけど、美味しくいただける熱さ。大丈夫です。

パリの中心地ではなく、端っこのジモティな雰囲気の中で、1日の始まりの1杯に大満足です♪

IMG_7218

ちょっと危険な雰囲気も醸し出しつつ、と書いたけど。

日中歩く分にはそれほど危険なことはないだろうと思います。

フォトにも写っているけど、朝はジョギングしてるジモティも何人か見かけました。

パリ市内の美味しいと言われているカフェはこのロミの豆を使っていることも多いようなので、コーヒー好きな方はコーヒー豆、または粉を買うのもグッド。

私も、近くに行った時はまた気軽に寄ろうと思います!

住所・・・37Ter rue Marcadet 18区
TEL・・・09 80 39 56 24
営業時間・・・火ー金:8時~18時、土:9時半~18時
HP・・・Lomi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

パリ散歩では、まずパリのカフェで朝の美味しいコーヒーをいただくのがお気に入り。

毎回、いろんなカルティエのカフェに行ってみております。

で、今回行ったのはパリの中心地からちょっと離れたローカルな雰囲気が漂うカルティエにあるお店。

IMG_4567

14区の「ヘキサゴン・カフェ(Hexagone Café)」です。

ヘキサゴンは六角形という意味で、六角形の形のフランス本土も、ヘキサゴンと言い現わすことがあるのです。

そう言えば日本にもクイズヘキサゴンっていうクイズ番組が昔ありましたね。

出場者が6人なのでたぶんクイズヘキサゴンだったのかな。

観光客をそれほど見かけない14区は、比較的危険度が少なめの庶民派地区。

住んだら楽しかっただろうな、なんて思っていて、私が好きな地区でもあるのです。

IMG_4568

入ってみると意外に店内は広めで、少し北欧風の雰囲気でおしゃれです。

このお店の共同設立者の1人ステファン・カタルディさんは、2010年にフランスで最高のコーヒーロースターに選ばれた方。

面白いのが、ステファンさんは元々コンピューター科学者だったのを辞め、この世界に入ったということ。

しかももう1つ面白いのが、このお店はインターネット環境が今だにないということ。

コンピューター科学者だったステファンさんの信念が感じられて、私は素敵だな、と思いました。

IMG_4569

ちょっとびっくりしたのが店内に飾られていたこのかき氷の旗。

木曜日と金曜日の14時から16時までと、土曜日の14時から17時までの曜日&時間限定で販売しているんだそう。

パリはここ数年でかき氷を食べれるお店が増えてきたんですよね。

寿司、ラーメン、餃子、もち、かき氷。

ますます日本食人気、上昇中。

嬉しいです♪

IMG_4572

ということでカフェ・オ・レ4ユーロをお願いしました。

私はコーヒー通ではないので、通の方のような上手な表現は出来ませんが、少し酸味のあるお味だったように思います。

普段のコーヒーは酸味少なめなので、たまにこんなお味も新鮮で美味しい。

それといつも気になる、猫舌さんが多いフランスでのカフェのコーヒーの熱さ。

ここのもあっつくはなかったのですが、美味しくいただける範囲の温かさだったように思います。

フィルターコーヒーもいただけるので、フィルター派の方はそちらをチョイスするのもあり。

コーヒー豆と粉の購入も出来るので、コーヒーが気に入ったら自宅用に買うのもそれまたありだと思います。

住所・・・121 Rue du Chateau 14区
メトロ・・・「Pernety」⑬号線
HP・・・Hexagone Café
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

最近パリ散歩の時は、まず朝のコーヒーをパリのカフェでいただくのがお決まりコース。

先週のパリ散歩でも行きたいところを見つけておいたのです。

でも行ってみたら開店はお昼からだったのです~。

HPには朝からオープンってなっていたのですけどね。

でもフランスの飲食店、営業時間やメニューのお値段が変わってもHPの方までは修正していないのはよくあること。

なのでさっさと諦めて、てくてく歩いていたら、何やらコーヒー屋さん?喫茶店?を発見。

外から中を見てみるとアジア系の男性スタッフさん2人と美人の欧米系の女性スタッフさんがいるではないですか。

で、朝の飲み物をいただけるならちょうどいい、と思って入ってみました。

IMG_3645 - コピー

お店の名前は「ライザ(laïzé)」。

すでに2区と3区に店舗があって、ここはオープンしてまだ4ヶ月の新店舗だそう。

ここも3区になりますが賑やかな「タンプル通り(Rue du Temple)」にあります。

コーヒーはドリップ式もあって、台湾の茶園から取り寄せた台湾茶、そして何と日本茶も揃っております。

IMG_3641 - コピー

店内は決して広くはないですが、木の温もりがナチュラルな雰囲気のほっとする空間です。

IMG_3640 - コピー

私がお願したのは抹茶ラテ5ユーロ。

嬉しいのは温かいのか冷たいのを選べること。

私は温かいのを選びました。

コロンとした器がまたとても素敵だったのですが、これも台湾から運んできているそう。

さてさてお味です。

もっと熱い方が日本人の私には嬉しいけど、久しぶりの抹茶、美味しかったです。

フランス人は熱いのが苦手な人が多いので、やはりフランス人向けに、あまり熱過ぎないようにしているのでしょうね。

IMG_3642 - コピー

ドリップ用の器も飲み物に応じて台湾製と日本製に使い分けているとのこと。

かなりこだわっております。

IMG_3644 - コピー

で、せっかく美人スタッフさんもいらっしゃることですし、お願いしてフォトさせていただきました。

左の方がアジア系フランス人、真ん中の方がデンマーク人、そして右の方が台湾人とのことです。

デンマークのスタッフさん、やはり北欧系って感じで透明感があって本物はさらに綺麗ですよ~。

そして何と右の方のお祖母さまが大阪生まれの日本人だそう。

なので日本語も話せるんです。

しかもとても優しい方で、丁寧にあれこれお話ししてくださいました。

観光で日本から来た場合は安心して入れるだろうな、と思いますし、夏の暑い日に冷たいコーヒーが飲みたい!冷たいお茶が飲みたい!という時も知っておくといいかな、と思います。

もしとにかく熱っついのがいい場合は、お願いすればそうしてくださるかもしれないので、伝えてみてくださいね。

住所・・・62 Rue du Temple 3区
TEL・・・09 88 51 66 52
営業時間・・・月~金:9時半から18時、土・日:10時から18時半
HP・・・laïzé sainte-avoya

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ