パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

水曜はパリでランチしましょ

R0012837
旦那が古い自転車のイベントでブルゴーニュに日帰りで行った日、
妻は一人で我が街のお気に入りアジアンレストランへランチに行ってまいりました。
相変わらずの人気でファミリーから若いカップルから
歩行器でいらっしゃってる年配の方まで、
すでにお客様がいっぱいです。
パリに来ていろんなアジアンレストランに行きましたが、
ここが今までで一番美味しいと私は思っております。
R0012832
少しだけカシスリキュールを入れていただいたキールと、
おつまみの揚げえびせんでしばしのアペリティフタイム。
R0012835
外の景色は完全にフレンチですが、
このお店にいれば安心アジアン気分♪
R0012843
そして前菜がやってまいりました。
はじめてお願いしてみた海老のベニエ(フランスの天ぷら)です。
本当はウズラのグリルにしようと思っていたのだけど、
このベニエが他のお客様に運ばれているのが見えて、
美味しそうだったので変更しました~。
R0012846
ナイフとフォークで切ってみた断面です。
周りがサクッとして中がふんわりの衣。
うん、美味しい♪
これは家でマネ出来そうかな。いつか挑戦してみましょう。
R0012851
そしてメインはこれもはじめての海鮮炒め麺。
ホタテとイカと海老と野菜がゴロゴロで~す。
これがめちゃくちゃ美味しかった!
海鮮の火の通りも絶妙なのですが、この麺がスペシャル。
うどんみたいに見えるけど、違ってて、
柔らかいんだけどもっちもちなんです。
何だろうこの麺…と思いながら夢中で食べてしまいました。
これはまた絶対頼むと思います。
今度行ったら何の麺か聞いてみましょう。
それにしても、やはりここは間違いありません。
毎週行っても飽きなそうです…。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0011695 - コピー
ここは何か理由がない限り、なかなか訪れることのないパリ18区の超下町。
観光客の方はほとんど来る機会がないと思います。
私の場合、フランスに来たばかりの時にお友達がこのカルティエに住んでいたので、
2回くらい来たことがあるのですが、ジモティ感がいっぱいで
私は結構好きなタイプのカルティエ。
あれから10年以上。超久しぶりにやって来ました。
目的はこの小さなイタリアンレストラン「ノナ・クレリア(Nonna Clelia)」。
たまたまこのお店のHPを見て、かわいいな、と魅かれたのです。
R0011699 - コピー
ここはイタリア系の女性の店主さんが、
イタリア人のお母さまに子供の頃から教わって作っていた、
パスタをはじめとする家庭的なイタリアンを出すクッチーナ(台所)。
R0011700 - コピー
この日はすでにバカンス期真っ最中だったので、
お客様は多くはなかったのですが、
逆にゆったりとお食事できるのがよいよい。
R0011703 - コピー
ランチセットは2品で19ユーロ。3品だと25ユーロ。
まずまずのお手頃お値段でございます。
R0011706 - コピー
前菜はアーティーチョークとロマネスコのサラダ仕立て。
アーティーチョーク大好きなので迷わずチョイスです。
アーティーチョークに少し硬い部分が混ざっていたのがちょっと残念だったのですが、
あっさりで、これは自分でもマネしてみたいと思っております。
R0011710 - コピー
メインはズッキーニのボロネーゼがけ、ポレンタ添え。
すごく家庭的なお味だけど美味しい♪
ボロネーゼはあえてひき肉の塊がごろごろしているのでボリューミィー。
肉~って感じです。
そしてポレンタが超優しい口ざわり。
がっつりなボロネーゼの肉肉しさを和らげてくれます。
このポレンタ、ちょっと不思議で好きかも。
R0011714 - コピー
女性店主さんは普段はサービスの方を担当していらっしゃっるよう。
で、美味しかったのでブログで日本の方にご紹介したいので写真を、
とお願いしたら、とっても喜んでくださって。
でも、作ったのはフランクたちだから、と、
キッチンにいるフランクさんと女性キュイジニエのお2人を呼んでくださいました。
チャーミングな笑顔でしょう?
ここはほんとクッチーナという雰囲気でお料理。
凝っていて繊細なお料理も良いけれど、
ほっとするこんなお店もよいものです。

住所・・・26 rue Letort 18区
TEL・・・01 73 75 01 25
メトロ・・・「ジュール・ジョフラン(Jules Joffrin)」⑫号線
HP→Nonna Clelia

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0012513
街のセントラルのお気に入りアジアンレストランで食べたいね、
と行ってみたら、あんら~バカンス休み~。
新メトロ工事と久しぶりの我が街アジアンレストラン
なので急遽、我が街の結構人気のビストロに行ってみました。
R0012514
2年くらい前は昔ながらの庶民的なビストロだったこのお店。
でも他のカルティエでレストランを経営してるパトロンさんが買い取って、
モダンなお店に生まれ変わりました。
我が街はパリ郊外の田舎なので、
それほどおしゃれっぽいお店がありません。
そんな街の中ではちょっと特別感のあるお店。
来るのは2度目ですが、さてさてお味はどうでしょうか。
R0012522
前菜はカニとアボカドのタルタルをチョイス。
カニとアボカドを混ぜるのではなく、
カニの身の奥にアボカドが詰まっております。
グレープフルーツも入っていました。
そしてソースはマンゴ-。
平凡ではあるけど、なかなか美味しかったです。
これはマネ出来そうかな。
R0012530
メインは牛フィレ肉のスモークステーキ。
前回来た時にいただいて美味しかったんですよね。
セニョン(ミディアムレア)でお願いしたのが結構火が入っておりましたが、
やはりスモークの香りが良くてなかなか美味しかったです。
R0012528
チョイスしたブルーチーズのソースも美味。ポテトもカリカリ。
が、旦那の選んだ海老のサラダ仕立てはいかんかった~。
アボカドとレタスとトマトに海老は5尾くらい。のわりに結構なお値段。
旦那も諦め気味に食べておりました。
お店でお金を払ってプロのお味をいただくのだから、
もう少し工夫が必要じゃないか、と私も思いました。
R0012515
午後1時過ぎになるとお客様が続々やって来ました。
お味は悪くないけど、特別感も、ないかな。
でもなんせパリ郊外の小さな街なので選択肢が少ない。
パリ市内とはまったく違います。
旦那が、もうここは2度といいや、と一言。
やっぱり我が街ではセントラルのアジアンレストランが一番かも。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0010236
「Sushi」や「Ramen」が日本が誇る
世界の食べ物になった今日この頃。
パリのオペラ座界隈に立ち並ぶ日本食レストランは、
連日パリっ子で大行列!
なんていうところも見かけます。
そのオペラにあるおむすび専門店
「GONBEI」に寄ってまいりました。
R0010276 - コピー
人通りの多い角地に建っていて、
お隣は有名ラーメン店「なりたけ」。
店内には小さなイートインスペースもあります。
R0010278 - コピー
ショーケースにはおむすびがずらりと並んでいます。
日本には40店舗以上あるので
召し上がったことがある方も多いと思いますが、
私は今回がはじめて。
まずその大きさにちょっとびっくり。
コンビニのおむすびより
ずっと大きい、というか分厚い。
そのお米は日本の契約農家の玄米を
そのままコンテナ冷蔵で運んで、
パリで精米しているとのこと。
理由は時間が経つと味の違いが
歴然となるからだそうですが、
それは私も長年実感しているんです。
と言うのも。
パリで手に入りやすいイタリア産日本米「日の出」が、
炊き立てはまだいいとしても
時間がたつとにおいが気になるんです。
なので、久しぶりの日本のお米のおむすびで~す。
R0010277 - コピー
お店の一番人気は鮭だそうですが、
他にも美味しそうなのがたくさん。
玄米おむすびもありますし、
私の前にいたお馴染みさんらしきフランス人女性は
ドライトマトとオリーブのおむすびを
買っていらっしゃいました。
R0010284 - コピー
で、迷った結果、選んだのがコチラ。
ジャコと枝豆、ゆかりと沢庵、
高菜でそれぞれ2、50ユーロ。
そして塩おむすび1、10ユーロ。
外食の高いパリで日本食で
この大きさでこのお値段はかなり良心的。
これなら気軽にリピ出来ます♪
でも、お味お味。さてさてどうでしょう?!
お米はやはり美味しいです。
固過ぎず柔らか過ぎず
ふんわりめににぎられております。
私のにぎる、崩れないように
しっかりめにぎりとは違います。ぷぷ。
一番気に入ったのはジャコと枝豆。
ジャコの風味と枝豆のコロンとした食感が
アクセントでよいよい。
ゆかりと沢庵は安定のお味。
高菜は高菜の量が結構少なかった~。
あれ?奥に入ってるのかな?
と思ってそのまま食べ終わりました。
塩おむすびは美味しいけど、
やはり具材が入ってる方が楽しいかな、
と私はですが思いました。
他におかずがある時ならよいかも。
R0010237
このお値段でこの大きさで
このお味なら納得です。
パリの日本食は、
日本食自体が高級なイメージで、
そのせいで内容以上のお値
というお店が正直、かなり多い。
以前食べたこのオペラ界隈のお寿司さんでは、
上寿司握りが日本のランチ握りのようなお味で
お値段は1人前3,000円近く。
フランス人旦那も、そのお寿司が
決して上の味ではないことがわかったようで、
2人でがっくりしながら
お店を出たのは今も忘れられません。
なので、ここはほんと良心的だと思います。
次回はフランス女性さんが買っていた
ドライトマトとオリーブをお試ししたいです。

住所・・・27 rue des petits Champs 1区
TEL・・・09 84 17 60 18
営業時間・・・日曜から土曜日11時~21時
HP→OMUSUBI GONBEI

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0011508
旦那が自転車サークルに出かけた日曜日、
久しぶりに我が街アジアンレストランへ行ってまいりました。
ちょっと早めに着いたら、まだテラス席を掃除中。
お隣で新アパルトマンの工事が始まっているので、
毎日、テラスがすぐ汚れてしまうんだそう。
その場所は以前は市の無料駐車場と昔からの商店が並んでいたのですが、
全部取り壊しての超大型アパルトマン。
近くに新メトロが通ることになってから、こうしてあちこちで建設ラッシュです。
街の発展はよいけれど、昔ながらの風景がなくなっていくのはとても寂しいです。
R0011505
ということで、わたくしの選んだ前菜がやってまいりました。海老パンです。
いつ食べても美味しい。海老好きなのに一度も自分で作ったことがないのですよね。
これはほんと近々挑戦です。
でも成功したら1人で20個くらい食べちゃいそう…。
R0011514
メインは牛肉のレッドカリーです。これも以前も食べて気に入った1品。
ハーブが程よく効いていて牛肉の量がすごい。ゴロゴロです。気前良すぎ。
R0011513
メインが麺かお米系じゃない場合は、白米かチャーハン、又は焼きそばが選べて、
私はいつも焼きそばチョイス。
カリーなのでほんとはごはんの方がいいかもですが、
カリーはカリーだけで食べますし中国醤油を使った焼きそばが好きなのです。
ここの料理はフランスらしくパリらしく、
中華、タイ、ベトナム料理などのアジアンがいっぺんに楽しめるのもグッド。
そして何と言っても美味しいのが何より嬉しい。
でも。焼き餃子だけは自分で作った日本の餃子の方が美味しいで~す。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ