パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

ガイドブックに載らない片隅パリ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。
少し前の晴天が続いていたパリの週末、今年初のマルヌ川のカヌーツアーに行ってまいりました。
フォトが多いので整理にちょっと時間がかかっておりまして、やっとこさ記事投稿です。
今回は今フランスで大人気のシンガーソングライター「クララ・ルチアーニ」のポップな曲に合わせ、ご案内させていただきます。
彼女の服コーデ&映像の色合わせもキュートなんですよ。
  
じゃ、オニバ!レッツゴー!
R0000006
久しぶりにやってきましたマルヌ川。
去年の秋に2度目のロックダウンが始まってその後も3度めがあって、自転車でもなかなか来れなかったので、約8ヶ月ぶりくらいかもしれません。
R0000010
ということでしゅっぱ~つ!
R0000013
お~新緑が眩しいです~。
冬のマルヌは全部ショコラ色になってしまうのですが、春夏になると俄然風景が輝き出します。
ところでカヌーの先にうさぎさんがいますが、このカヌーをただで譲り受けた時にすでに描かれていて、旦那がそのまま書き直しました。
譲り受けた時はかなりオンボロでしたが、旦那が全部修理して乗れるようにしてくれました。
ちゃんと学んだことはないけど、ほぼ何でも自分で修理したり作る男。そこんとこ頼もしいです。
で、漕ぐのは旦那にまかせ、い~い気持ちで何もせず揺らめく時を過ごしていると。
R0000019
旦那がオールに飲み物をのせてサーブしてくれました~。
冷えた白のグラスワインです。
何々、これはワイン付きカヌーツアーですか?!しかも無料の!
と妻ニンマリ。もう最高です!
R0000020
時々川沿いにお住まいの方々とご挨拶。
ムッシュー「綺麗なカヌーだねぇ」
旦那「ありがとう!」
ムッシュー「ワインもあってプティ・ボヌール(小さな幸せ、喜び)だねぇ」
moi「このシチュエーションをプティ・ボヌールって、なかなかおしゃれな言葉だわ。メモメモ(心の声)」
R0000021
郊外セーヌ川もカヌーが可能ですが、広いので大きな船も通ります。
でも大きな船が通った後は波が来て揺れる揺れる。それがかなり恐いんですよねぇ。
でもマルヌは小川がたくさんあって、すぐそこに入れるし、その小川が美しく穏やかな流れなのです。
R0000025
途中では可愛いわんちゃんに遭遇。乗り出してこっち見てる見てる。
すごいんですよ。ボートが揺れてもちゃんと揺れに合わせてバランスをとっているんです。
あたしより運動神経がず~っと良いわ~。
R0000027
白鳥の親子にも遭遇。
こんな時はなるべく離れてそっとそっと通り過ぎます。
R0000032
青空と新緑と水辺と。もう気持ちいいしかない。
R0000033
広めのところではクルーザーの方々と遭遇。
皆、手を振ってくれて楽しい雰囲気なんです。
ゆっくり進んでいるし、大きさもこれくらいだとこちらに波もあまり来ません。
川でもエゴイストの船の運転のしかたがあって、それは周りのことを考えずびゅんびゅん進んでいる人。
周りの小さなカヌーやボートが激しく揺れて危ないのをわかっていながら自分たちの楽しみ中心に船を動かしているのです。マナー違反なんです。
そんな時は旦那、怒って「周りの舟が危ないだろ!」と大声で叫びます。
すると相手は、やばっ、って顔してすぐ運転を遅くします。
R0000038
ここは小さな港。
R0000036
これはペニッシュ。水上暮らし専用の船なんです。
R0000044
船で暮らすなんて想像つかないけど、ここマルヌ川も、それからパリ市内のセーヌ川にもたくさんのペ二シャール(ペニッシュで暮らす人々)がいるんです。
お値段は家を買うのと変わらないと聞いておりますよ。
R0000042
この港には私が自転車で1人でマルヌに来た時によく寄るカフェ「ラ・マスコット(LA MASCOTTE)」もあります。
船の向こうにテラス席が見えておりますね。
あのテラス席でビールかグラスワインでほっと一息ついております。
R0000057
さらに先に進みます。
R0000065
すると見えてまいりましたガンゲットレストラン「シェ・ジェジェンヌ」。
旦那「寄るの?」
moi「もちろん!」
R0000068
で、上陸で~す!
R0000073
皆さん週末のプチ・バカンス感覚で午後のひと時を過ごしていらっしゃいます。
毎年春から夏の終わりまでのシーズン限定オープンですが、毎年何1つ変わらないこの光景。ほっとします。
R0000074
私たちもテラス席に座ってビールで乾杯。
R0000076
我が家のカヌーはテラスの真下に係留中。
で、一杯だけ飲んだら、またあれに乗って帰るというわけです。
ガンゲットの歴史はコチラ。
→「古き良き時代を行くマルヌ川、ガンゲット(Guinguette)編
シェ・ジぇジェンヌの歴史はコチラ。
→「パリのガンゲットレストラン「シェ・ジェジェンヌ(Chez Gégène)編
たまにはこんな古き良き時代店も楽しいです!
それではまた次回のカヌーツアーでお会いしましょう♪なんちって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。
※上記の記事に追追記しております。

…………………………………………………………………
無料で譲り受け、旦那が修理し、
何年も楽しんで今年また修理が必要になったカヌー。
無事修理が終わったので、
夏のマルヌ川カヌーツアーへ行ってまいりました。

今回はアイルランド出身のミュージシャン、
ギャヴィン・ジェームスが、
フランス人シンガー、フィリピンヌをftして、
歌った曲と共にご紹介。
フィリピンヌは2016年の音楽オーディション番組、
「ザ・ヴォイス」がきっかけでデビューした、
フランス北西部ル・アーヴル出身の女の子。
フランスはよくイギリス方面ミュージシャンと
フランス人ミュージシャンとの、
コラボ曲があるんです。
それではオニバ!レッツゴー!
IMG_7810 - コピー
ということで。穏やかな水辺のマルヌ川に到着です。
今年もここでカヌーが出来る幸せを噛み締め
さ、漕ぎだしますよ~。
IMG_7819 - コピー
といっても。漕ぐのは旦那。
わたくしはいつも、ただ乗っているだけ。
ああ、気持ちいい~綺麗~♪
と呑気にカヌーに揺られているだけ。
私も漕ごうか?と一応言うのですが。
ほとんど役にたたないことをわかってる旦那に、
いいよ、と言われます。
人間、向き不向きがありますねぇ。えへ。
IMG_7825
なのでわたくしはお言葉に甘え、
思う存分、緑と光と水の時間を楽しみます。
IMG_7826 - コピー
毎年ブログでご紹介しましすが、
私たちのお気に入りの古いプチ・メゾンです。
一昨年まではローズ色だったのですが、
塗り替えてこの色になりました。
ローズ色のが素敵だったのにねぇ、
が私たちの意見です。
人様の家なので余計なことですけどね。
IMG_7830 - コピー
白鳥の夫婦と子供たちに出会いました。
IMG_7832 - コピー
白鳥の夫婦はいつだって一緒。
一度つがいになるとどちらかが死ぬまで
変わることはないとのこと。
IMG_7853 - コピー
マルヌの一番広い場所に出ました~。
向こう側は私が自転車でよく通っているところ。
IMG_7851 - コピー
こちら側は大豪邸街となっております。
スターも結構住んでるようです。
舟に乗らないと簡単に上陸出来ないので、
盗人も簡単には侵入できないんですよね。
IMG_7838 - コピー
途中に木々で隠れた一角があって、
私たちのお気に入り。
IMG_7841 - コピー
くぐり抜けると、住民さんしか知らない、
小川につながっております。
IMG_7845 - コピー
ここで旦那がグラスのロゼワインを
オールにのせて炉端焼き居酒屋さんのように、
サービスしてくれました。
至れり尽くせりで乗船&アペリティフ代支払わなくちゃ?!
5ユーロくらいの良心的お値段にしてくれたら、
お支払いしようかしら…。
IMG_7849 - コピー
ここは通るだけで夢見心地の場所。
住民さんはこんな秘密の小川のそばで、
お茶したりバーベキューしたり、
気軽に自分の舟で舟遊びしたりするのです。
都会のパリ市内では想像もつかない、
自然豊かな暮らしがあるのです。
IMG_7854 - コピー
羨ましい限りですが、
こんな風景を見れるだけでもめちゃくちゃ楽しい。
IMG_7855 - コピー
今度はカモさん夫婦がいました。
前が雌で後ろが雄。
オシドリ夫婦の語源のカモですが、
実は毎年パートナーを変えているそう。
白鳥さんとは真逆なんですね。
私は白鳥夫婦が理想です~。
IMG_7858 - コピー
いつもは今のバカンス時期は留守のお宅が多いのですが、
今年はコロナのせいで、いつもよりは
家にどなたかがいるお宅が多いように感じました。
IMG_7862 - コピー
IMG_7864 - コピー
バカンスに行かなくても自宅がバカンス気分。
な~んて私は思ってしまいますが、
住んでる方はやはり違うんでしょうねぇ。
IMG_7816 - コピー
元の場所に戻ってまいりました。
今回は修理カヌーの試し乗りだったのですが、
実は少し浸水したんです。
でも2、3時間乗るには問題なし。
今度はピクニックカヌーツアーもいいね、
なんて話しております♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。

…………………………………………………………………
IMG_6969 - コピー
つい最近ご紹介させていただいたお気に入り通り。
パリ。花々が美し過ぎる初夏のテルモピル通り
と、くるみパンがとても美味しかった
人気商店街ダゲール通り近くの
オーガニックのパン屋さん。
ダゲール通りから徒歩でル・タン・エ・ル・パン
この間をてくてく歩いて移動していたら、
以前ブログでご紹介させていただいた
お店があるのに気が付いてびっくり。
リモージュの白い食器専門店、
「M.P・サミー( M.P. SAMIE)」です。
以前記事はコチラ。
パリのリモージュ食器店M.P.サミー
IMG_6970 - コピー
その後にまた来て、
ソース用の器を買ったこともあります。
ただ今はブロカント食器が一番好きなので、
すっかり忘れておりました。
IMG_6971 - コピー
で、久しぶりにちょっとのぞいてみました。
IMG_6978 - コピー
相変わらず白い食器ばかり。
お値段も比較的お手頃です。
IMG_6975 - コピー
白でもこんなかわいい絵柄のものも、
置いています。
IMG_6973 - コピー
シンプルな食器がお好きな方は、
お好みのものを
見つけることが出来るかもしれません。
ダゲール通りからだと徒歩で6、7分くらい。
ということはダゲール通りからすぐの、
超有名な観光スポット、
地下墓地「カタコンブ」からも、
歩いて来れる距離。
なのでカタコンブ、ダゲール通りに来た際に、
寄ってみるのがよいかな、と思います。
最寄駅4号線のアレジア(Alésia)を利用すれば
本当にすぐそばですので、
歩きたくない場合はアレジアがおすすめです。

住所…45.av.du Général Leclerc 14区
TEL…01 40 47 59 21
営業時間…月曜日~土曜日の10:30~19:30
HP…「PORCELAINS M.P. SAMIE

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。

…………………………………………………………………
IMG_6890 - コピー
コロナが収束してきたら行きたい!
自粛明けはフォトジェニックなパリ裏通り
とコロナ禍の時にお話しさせていただいた、
パリのお気に入り通り、
「テルモピル通り」に行ってまいりました。
花が一番咲いてる頃かな、
と予想していたのですが、
IMG_6892 - コピー
やっぱりあちこちで色とりどりの花々が咲いて、
そりゃ美しかったのです。
IMG_6895 - コピー
IMG_6935 - コピー
またこの美しい裏通りに、
しかも花の季節に来れる幸せを感じながら、
気ままにフォト時間。
IMG_6900 - コピー
パリの中心地から離れた14区なので、
いつも静寂な空気に包まれております。
IMG_6913 - コピー
でもこの時は絵を書いている女性が2人。
ここで絵を書くなんて、なんて素敵なのでしょう。
邪魔しないように私も
そ~っとそ~っとカシャカシャ。
IMG_6953 - コピー
IMG_6905 - コピー
IMG_6910 - コピー
IMG_6918 - コピー
もう1つお気に入りだったクレミュー通りが、
身勝手な人間たちのせいで、
住民の方々に迷惑がかかるようになってしまって、
すごく残念なのですが。
インスタ映えの美しいパリの裏通りが通行禁止に?
ここは便利な場所じゃないおかげもあってか
まだ大丈夫。
パリに観光客の方々が戻って来ても、
これからもずっとこのままの、
テルモピル通りでいてほしい。
IMG_6930 - コピー
IMG_6968 - コピー
もしパリ市内にまた住むなら、
14区のこの辺りか以前住んだ19区の、
ビュットショーモン周辺がいい、
な~んて楽しい夢想をしたりします。
どちらもガイドブックに出ていない、
パリの端っこで下町ですが、
パリに住んでみて知った、
ジモティな雰囲気が素敵な地区です。
IMG_6908 - コピー
IMG_6857 - コピー
今回来てみて、やっぱりこの通りは
初夏のこの季節が一番おすすめだと思いました。
その次は秋かな。
よし。また秋に来ましょ♪
この通りの歴史にご興味がありましたら、
コチラを参考になさってください。
花と緑が美しい14区テルモピル通り

住所・・・Rue Des Thermopyles 14区
メトロ:「ペルヌティ(Pernety)」13号線

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

…………………………………………………………………

R1117078 - コピー
カヌーで渡っていた、
ある秋の終わりの夕暮れのマルヌ川。
もう帰らなくちゃ真っ暗になっちゃうね、
なんだか怖い、なんて言っていたのですが、
R1117090 - コピー
突然白鳥が現れて。
R1117096 - コピー
夕暮れの中でまるで絵のような光景。
R1117098 - コピー
思わず怖さを忘れて、
白鳥と3人(羽)の幻想的な時間。
R1117105 (1) - コピー
それから乗りつき場へ急いでオールを漕ぎました。
R1117113 - コピー
まるでどんどん染まっていく夕暮れの空に向かうように。
R1117125 - コピー
あと数分で太陽が落ちる寸前に何とか到着。
不思議な緊張感と怖さと美しさとで、
心臓はかなりドキドキでした。
で、秋は日が暮れるのが早いな、
としみじみ感じたのです。
ということで、今朝起きて音楽チャンネルを点けたら、
ちょうどこの曲がかかっていて、
あ、夕暮れが一緒だ、思って、
ご紹介させていただきます。
1979年のグロリア・ゲイナーの大ヒット曲
「I love you baby」
のカバーで、透明感のある美しい曲に、
仕上がっております。
それではまた。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ