パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

ガイドブックに載らない片隅パリ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

先週末のパリは11月とは思えない恵まれたお天気になりました。

で、その前から天気予報を見ていたので、これは家の中で過ごすのはもったいない。

と思い、サイクリング&ピクニックに行こうと旦那と話して決めておりました。

そうしたら、もうタイトルでバレバレですが、あれを作るしかありません。

IMG_6481

じゃん!お弁当です!

前回お弁当を作った時。

フランスで念願のBENTO箱を超お安くゲット

次はのり弁、と密かに心に決めていたので、のり弁です。

理由はただとにかくのり弁が食べたかったからです。

おかずは、白身魚のフライ&タルタルソース、ウィンナー、だし巻き卵、ほうれん草のゴマ和え、人参のレンジ蒸し、浅漬け。

そしてごはんは少しお醤油がしみた二段のりごはんです。

でも前回のお弁当が、私にはごはんの量が多過ぎたので、私のごはんは半分量、旦那はまあまあ多めにしました。

今回の大事ポイントは、ひらひらしたレタスや二色プチトマトなど華やかな見た目になるものは使わず、王道の地味色のり弁にする事。

とにかく王道が食べたかったのです。

なのでまあまあ地味になって自分的には、これならいいかな、と。

このお弁当を持って出発で~す。

IMG_6486

天気予報は見ていたけど、この日土曜日は予報以上の晴天。

しかも暖かくて本当に素晴らしいお出掛け日和。

毎年11月はほぼ曇天のパリではちょっと考えられないことなので、嬉し過ぎてウキウキです。

紅葉も綺麗♪

IMG_6488

秋の太陽の下で白鳥さんも優雅に泳いでおります。

それでも水冷たくないのかな、と思うけど、寒くないよ、と旦那。

IMG_6490

こんな川沿いを自転車でスイスイ走っております。

IMG_6494

マルヌには小さな島もいくつかあってメゾンも建っていて住民さんも住んでおります。

そんなメゾンたちは古くて美しい邸宅が多めです。

橋がある島もありますが、ない島もあって、そんな島に住んでる方々は専用のボートを持っていて、ボートで本土?に渡ります。

でも渡ると言っても5、6mくらいなので、すぐなんですけどね。

IMG_6489

19世紀頃からパリから近い避暑地として賑わったマルヌ川。

川沿いの古い邸宅の多くは、元々は昔のパリのお金持ちたちの別荘だったのです。

昔は浜辺があって海水浴客で賑わい、食べながら飲みながらダンスを楽しめる大衆酒場のガンゲットもたくさんありました。

全盛時代は1920年代。

でも時代と共に廃れていき、遊泳禁止にもなったこともあり、ガンゲット店も次々に閉鎖されてしまいました。

そんな中で今も残っているガンゲット店がいくつかあります。

IMG_6496

その1つがここ「シェ・ジェジェンヌ(Chez Gégène)」。

1895年から続くガンゲット店です。

私も自転車でたまに来て、テラス席でグラスワインで休憩しております。

IMG_6498

でも開店は夏季限定。

今は閉まっていて誰もいません。

このノスタルジックな雰囲気が何ともたまらないんですよね。

夏の週末のシェ・ジェジェンヌは、ホールでダンスするお客たちで賑わって、パリの良き時代にタイムスリップしたかのよう。

今パリ市内にも新しいガンゲット店が何軒かオープンしてるけど、歴史ある本物のガンゲット店とはやっぱり別物。

自転車でシェ・ジェジェンヌに来れる場所に住んでいてほんと良かったな、と思っております。

IMG_6500

そんな私の自転車はこの1970年代のプジョーのもの。

可愛くて乗り心地も悪くなくて、とても気に入っております。

IMG_6506

さ、そろそろお腹が減ってきたので、この小さな港のそばでお昼休憩。

IMG_6501

桟橋の前にあるこのテーブルでいただくことにします。

IMG_6502

ということでお楽しみお弁当タ~イム♪

パカッと開けたらちょっとおかずが動いていたけど、まあまあ大丈夫。

旦那が持ってきたビールで乾杯して、いっただきま~す。

いや~、のりごはんうまし!

タルタルソースの白身魚フライものりによく合います~。

それに王道ウィンナーと出し巻き卵がまた何気にいいお仕事。

旦那とほぼ無言でもぐもぐ食べちゃいました。

IMG_6504

デザートはドイツ系スーパー「アルディ」でお安くゲットした柿です。

今年初めての柿、甘くて美味すぃ。

で、いただいた後はまたまたレッツゴー!

IMG_6509

ボート競技の若者たちです。

若いっていいね。

でも今おばちゃんの私もかなり楽しくて、人生なかなかですぞ。

IMG_6511

ここはマルヌから少し坂を上った墓地。

私たちの知人の奥さまも眠っております。

IMG_6512

最後に会った時、皆で食事しながら話していたら、突然ぽつりと「私、頭に腫瘍があるのよ」と悲しそうに言ったのが今も忘れられません。

ここは見晴らしがとても良くて夕日も見えるので、この素晴らしい景色に囲まれながら、ゆっくり眠れていたらいいな、と思います。

IMG_6513

で、帰り道では我が街の庶民派バーに寄ってグラスの赤ワインで乾杯。

ということで最高の11月の土曜日となりました。

またお弁当持ってサイクリング行きたいけど、今週の月曜日からパリはぐぐんと気温が下がって曇天11月パリ。

それでもまた1日くらいお天気に恵まれる日があって、行ければいいな、と思いますが。

どうかな~、って感じですかねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

少し前になりますが、久しぶりにマルヌ川へカヌー遊びに行ってまいりました。

春や夏の緑の中のマルヌも美しいけど、秋のマルヌも最高でした♪

で、この記事を書きながら思い出しながら、私ももう1度秋のマルヌを楽しみたいと思いますが、ご一緒に3、4分、音楽と共に楽しんでいただけたら嬉しいです。

チョイスした音楽は今フランスで注目の女性シンガー「Adé」。

彼女は2021年に解散した人気バンド「テラピー・タクシー」のボーカリストでシンガーソングライター。

何日か前に彼女がラジオで弾き語りで生歌を披露していたけど、想像以上に歌が上手くて聞き入ってしまいました。

それではオニバ!レッツゴー!

IMG_5925

マルヌ川は長いのでカルティエによって川の雰囲気も景色もまったく違うのですが、その中の、特に気に入っている岸辺から出発です。

IMG_5927

いつもの橋の下をくぐり抜け、さあ行きますよ~。

IMG_5937

色づき始めた木々とそれが映る水面の間を、オールを漕ぐ水の音を聞きながらゆっくりす~いすいと進むのが何とも心地よいのです。

これがカヌーの良さだな、としみじみ感じます。

しかも旦那が漕いでくれるので、私はただぽ~っとこのひと時を満喫するだけ。

すみませんねぇだんな。

IMG_5932

釣り師少年です。

まだ13、4歳ではなかろうか。シブいね!

IMG_5944

わお、赤く色づいた木々がありました!

鮮やかで印象的です♪

IMG_5952

マルヌは川沿いの通りも魅力。

たくさんの美しい古いメゾンが並び、都会のパリ市内とはまったく違う風景が流れていきます。

IMG_5955

わんこ散歩の方もたくさん。

夏にはここでバシャバシャがむしゃらに泳ぐわんこもいるんです。

今、ノミ駆除のお薬は飲むタイプが主流になったので、バシャバシャ泳いでも大丈夫。

がむしゃらに泳ぐわんこ、可愛いんですこれがまた。

あ!でも数年前に、ここでまるで水泳選手のようにクロールでバシャバシャ泳ぐ人を見かけたことがあったのでした。

あれはいったい何だったのだろう…。

IMG_5957

広い場所に出ました~。

IMG_5958

ここは深いのでいつも絶対に落ちたくないと思います。

でも万が一落ちてもライフジャケット(救命ベスト)着てるし、何とかあの岸辺までは辿り着けるだろう。

ライフジャケット大事。キリッ。

IMG_5959

そしてまた小川に入ります。

やっぱり穏やかで浅い小川が落ち着く~。

IMG_5970

ちなみに、この日の旦那からのサービス飲料は小さなビール。

これをいつものように炉端焼き屋さんのようにオールにのせて妻に渡してくれました。

至れり尽くせりです~。

(カヌーに乗ってる時だけはね)

IMG_5961

ほろ酔い気分で木漏れ日の中をゆらりスイふわ~。

なんて贅沢な時間。

実はこうして私が一杯飲みながら旦那の漕ぐカヌーに乗っていると、カヌーやカヤックですれ違う人によく「プティ・ボヌール(petie bonheur=小さな幸せ)だね!」って言われます。

そうなんです、ほんとにプティ・ボヌール・タ~イム♪

IMG_5964

また広い方に出ました~。

IMG_5966

ここは特に大きなお宅が並びます。

番犬してる大きなわんこもいて、ここではしょっちゅうこれでもか~!

くらいに吠えられます。

怪しいもんじゃないから、ただの一庶民だから許してちょうだい。

IMG_5975

また鮮やかな木々が現れて秋色に見惚れます。

でももうそろそろ終わりの時間が近づいています。

IMG_5994

そこに現れた白鳥の親子さん。

奥の灰色がかった子が、身体の大きさは親と変わらないけど子供ちゃんです。

今マルヌではよく白鳥の親と子供を見かけるので、調べてみたら。

白鳥は5月から6月にかけて卵を産み、1ヶ月でヒナが生まれるそう。

そして3ヶ月で飛べるようになるそう。

この子もちょうど3、4ヶ月って感じかな。

IMG_5996 - コピー

光の中で白鳥はやっぱり美しい。

そりゃバレリーナも踊る。

IMG_6000

そして白鳥が去ると同時にカヌー時間終了~。

岸辺に戻ってまいりました。

でも前回は岸辺に着く直前に危うく転覆しそうになったので、ちょっと緊張します。

持ってきた防水袋にカメラを2重に入れて準備態勢。

(実はカヌーに乗ってフォトしている間ずっと出し入れを繰り返していた)

でも大丈夫。

何事もなく無事岸に着くことが出来ました!

良かったです。ほっ♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

2015年、旦那がカヌーを無料で譲り受けて以来、我が街に流れるマルヌ川でのカヌー遊びが大好きになりました。

今のパリ郊外の街に住んでみて何が1番良かったって。

とにかくマルヌ川があること。

海が大好きだけど、今は川の素晴らしさにも魅了されております。

パリ市内に住んでいたらこの素晴らしさを一生知らなかっただろうな、と思っております。

で、この夏もマルヌでカヌーツアーを何度か楽しみました。

ということで、久しぶりにマルヌのカヌーツアーをご紹介。

合わせてチョイスした音楽はフランス出身EMMA PETERS。

ちょっとハスキーな歌声とシンプルメロディが何とも心地よくてオリジナル。

秋に移行しつつありますが、それはあっちにおいておいて。

緑の中のマルヌ川のひと時、楽しんでいただけると嬉しいです。

IMG_5074

まず出発は我が家一番のお気に入りの小川へつながっている岸辺から。

パリの長い長い冬の間は来ることがないので、ここに来るのはカヌーが楽しめる春から秋まで限定。

今年も来れたな~、と毎年思っております。

でもカヌーがかなりボロボロになってまいりました。

そろそろ本格的修理が必要だな、と旦那。

実はこの後、ちょっとしたアクシデントも起きたんですよ。

IMG_5076

とにかくオニバ!レッツゴー!

IMG_5077

コロナ禍の間にパリはたくさんのお店が閉店して、新しく開店したお店もあって。

グランパリ計画(パリ拡張の都市再開発計画)圏内の我が街も、あちこちで大型アパルトマンの建築ラッシュが続いていて変化が激しいのですが。

この岸辺からのマルヌ川の風景は今年もなんにも変わっておりません。

変化も大事だけど、変わらないことの素敵さもあるな、としみじみ感じる午後。

最高に気持ちが良い時間です。

IMG_5106

緑と光と軽やかな薄着。

夏らしい光景です。

IMG_5081

すると。

後方でカヌー漕ぎに徹している旦那が、グラスの白ワインをオールにのせて炉端焼き屋さんのように渡してくれました。

自分は漕いでて飲めないのに、こんな時は気が利く男。

IMG_5093

木々の下をくぐり抜けて通る小川は、まるでルノアールの絵に出てきそうなシチュエーション。

IMG_5096

うちらと同じ仏&アジア人カップルに遭遇。

笑顔いっぱいでお互いに「ボンジュール!」。

アジア人同士はどこかで、同じアジアという好感の気持ちを持つことがたびたびあります。

都会のパリ市内だとそんなことはあまりないですけどね。

IMG_5097

カヌーの先にとんぼちゃんが止まりました。

人間たちにもこうしてよく止まってくれます。

IMG_5099

広い川に出ました。

カヌーに初めて乗った時は、万が一カヌー転覆したらどうなるの?

と思って、広いところめっちゃ恐かったです。

昔は泳げたのだけど、一度海で恐い目に遭って以来、足のつかないところがダメになったのですよね。

でも、一応フローティングベスト(ライフジャケット)を着ているし、旦那がいるし、慣れたしで。

万が一転倒しても死ぬことはないだろうと思います。

IMG_5100

ここは大きなお宅が続きます。

たぶん著名人も住んでいるだろうな、って感じで、華やかパーティーをお見掛けしたこともあります。

IMG_5089

また小川に入ります。

とにかく小川が大好きです~。

IMG_5111

白鳥の親子です。

身体の大きさはまったく同じだけど、グレイの子はまだ子供ちゃん。

やっぱりアンデルセンの「みにくいアヒルの子」を思い出しちゃいます。

IMG_5105

小川沿いに面したご自分の庭で夏のひと時を楽しむマダムたちとも、笑顔で「ボンジュール!」。

こんなところに住めたら人生最高だね、って旦那といつも話しております。

IMG_5107

ティーンエイジャーの男の子たちとも「ボンジュール!」。

こうしてマルヌ川をカヌーで渡っていると、ちびっ子からティーンエイジャーから年配のムッシュー&マダムまで。

出会った皆さんこんな笑顔で「ボンジュール!」ってほぼ100%言ってくださいます。

街中で会ったらこうならないと思うのだけど、マルヌだとこうなるのですよね。

これがまた最高なんです♪

で、今日も楽しかったね~!

なんて旦那と話しながら出発した岸辺に戻ったのですが。

カヌーが岸辺に着いたその時、突然カヌーが激しく揺れ、転覆直前!私悲鳴!

それでもカメラだけは守らなくちゃ思い、カメラを真上に持ち上げ、旦那が動かないで!と言うので、とにかくただただ動かないようにしたのです。

で、何とか転覆はせずに済んだのですが、腰から下がずぶ濡れ。

それでもほぼ岸辺だったので危険はなかったし、カメラも無事だったので、旦那が、大丈夫?と心配したけど、カメラ無事だしノープログレム。

旦那は、元々膝に問題を抱えているのですが、岸辺に着いて態勢を変えようとした時、膝に激しい痛みが走ってよろけ、カヌーが激しく大揺れしたよう。

いや~、カヌーで初めての恐い経験でした。

で、改めてフローティングベストは絶対身に付けなくちゃだな、カメラを持っていくのはちょっと危険だな、と思いました。

IMG_5112

ということで。

最後にちょっと恐いこともありましたが、この日もマルヌ川で楽しい時間を過ごして家路につきました。

秋のマルヌも紅葉が美しいので、今度はそれが楽しみで~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

10月に結婚記念日があって旦那と食事に行く約束をしていたので、それを兼ねてパリ郊外ドライブに行ってまいりました。

久しぶりの2人での外出なので楽しみで、数日前から服選びをして、決まったのは前日。

前回ご紹介のコーデはこちらのホワイトコーデでした。

秋のホワイトコーデ&寒空マルシェの美味しい味覚

でも今回は普段と違ってちょっとシックを目指しました。

IMG_1859

トレンチコート&パンツスタイルの秋コーデです。

このトレンチ、数年前に旦那が1人で行ったブロカント市で買ってきてくれたもの。

好みがあるので私の洋服は買わなくていいから、っていつも伝えてあるのですが。

オーソドックスなコートだしサイズが私に合いそうだったので買ってみたよ、と。

これが本当にぴったりサイズで、しかも品質が良く、そして厚手であったかい。

珍しく旦那が買ってきた私の服の中で大成功だったものなのです。はは。

IMG_1857

中は、少し前のパリ散歩で偶然出くわしたブロカント市で買った、白いスタンドカラーのレースブラウス。

ボトムは黒スキニーパンツと買ったばかりのZARAの金のベルト。

これにカフェオレ色の帽子とレオパード柄のショートブーツ、黒の小さめバッグを合わせました。

+外を散歩して寒い場合用のモスグリーンのセーターを肩がけ。

セーターの肩掛けって古臭いスタイルだったけど(80年代?)、今また人気復活してるんですよね。

私も結構今気に入ってやっております。

IMG_1862

この日のお天気はあいにくの曇り空。

数日前から予報でわかっていたので残念と思っていたのですが。

久しぶりの曇り日ドライブは、昔まだ日本にいて観ていた重めフランス映画の中の景色と重なって、ちょっと新鮮。

たまにはこんな景色も悪くないな、と思いました。

IMG_1863

クリスマスの飾りつけも始まっております。

シャンゼリゼやモンテーニュ通りの華やかなイルミネーションも美しいけど。

こんな庶民的で温かみのある飾りつけも良いものです。

フランスは今の時期、どんな小さな町でも村でも商店街でも、こんな愛らしい光景が見られます。

それがまた絵になるんですよね。

IMG_1866 - コピー

よさげな街を通りかかったら車を降りてちょっとお散歩。

はじめての街を歩くのって楽しくて大好き。

IMG_1893

昔リュック1つで旅をしていた時なんてその連続でした。

ポルトガルやスペイン、イタリア…美しい街の記憶は今も心に残っております。

でも月日は流れ、あの重いリュック、今はもう持って歩けません。

腰悪くしちゃいます。

IMG_1871 - コピー

IMG_1872

建物の色って大事だな、と、こんな曇りの日は改めて感じます。

空がグレイでも、明るい色合いたちはこの季節と雰囲気を少し和らげてくれるような気がします。

IMG_1894 - コピー

この日のお食事は本当に素晴らしくて、シェフさんも素敵で感じが良くて。

2人して特別なレストラン見つけちゃった感で若干高揚気分。

絶対にまた行きたいと思っております。

で、やっぱり衛生パスポート、持っててよかったな、と。

前回の記事で、ワクチン接種をしない、衛生パスを持てない、という選択肢は私の場合はあり得ない、と書きましたが。

2月2日までにブースター接種しないと私の衛生パスが無効

この日のレストランのこともあって、改めて思ったのですよね。

まだまだ続くコロナだけど、だから、たまの外出、外食は食べることが大好きな我が家にとっては人生の大きな楽しみの1つ。

IMG_1897

帰り道はさらに空色が暗くなっていたけど、はじめての街歩き&美味しい食事で幸せな気分で家に帰って来たのでありました。

ああ、また気軽なパリ郊外ドライブ行きたいで~す♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日も青空が広がっているパリ。

今年の10月は気持ちのよい日が続いていて、清々しい毎日です。

で、せっかくなので旦那とパリ郊外ドライブに行ってまいりました。

なので、ちょっとおしゃれしたくて前日に服を選んでおきました。

IMG_1587

この日のコーデはスタンドカラーの白のレースブラウスと黒のスキニーパンツ、グレーの帽子をチョイス。

繊細なブラウスが大好きで何枚か持っているのですが、今年はスタンドカラーが人気なので、この形、グッドタイミング。

IMG_1594

そして羽織ったのは、今年の初夏のブロカントでゲットしたZARAの赤に近い濃いローズピンクのテーラードジャケット。

今年はテーラードジャケットが流行。

でもあまりかちっとした服は好きじゃないので、着ることはないだろう、と思っていたのですが。

ブロカントで明るい色のこの綺麗なジャケットが目に入りました。

サイズもぴったりで、しかもお値段3ユーロ。

たぶん今年の春物だと思うのですが、色が春っぽいので、売り主さんが手放したのかな、と思いました。

3ユーロなら今年の秋冬たくさん着れば、十分満足。

&来年の春も流行が続いていて着れればラッキーなくらいです。

これ、裏地はアイボリーにグレーの小さな水玉模様なっていて、折って着るとそれもまた可愛いんです。

ブラウスがレース、ジャケットも可愛い色なので、あえて靴はレオパード柄のショートブーツを合わせました。

日本にいた頃にはしなかった、考えなかったスタイルだけど、年を重ねた今の方が、服にお金をかけない今の方が、逆にコーデが楽しいです。

安いので思いっきり遊べるというのもありますかね。

IMG_1555 - コピー

やって来たのは今年の夏にもやって来た川のほとりの街。

とても気に入ったので秋にも来たいね、と旦那と話していたのです。

IMG_1541 - コピー

来たい理由がもう1つあって。

その時にテラス席が素敵なレストランを見つけていたから。

こういうのだけは絶対忘れないわたくしです。

で、思った通り、居心地が良くて美味しくて、チーズ、デザートまでがっつり食べちゃいました。

IMG_1561 - コピー

お腹いっぱいになった後は、川沿いをゆっくりお散歩。

旦那はカヌーが下せる場所を探していて、ちょうどいい場所を数か所見つけたようなので、近々カヌーかな。

IMG_1573 - コピー

でももう10月も後半だから、カヌー日和の日があるかどうか。

IMG_1567 - コピー

木陰では2組の年配のムッシュー&マダムが寛ぎ中。

水辺、緑、陽だまり、小鳥のさえずり…そんな中でゆったり過ごす時間。

最高の人生の後半だな、と思いました。

IMG_1568 - コピー

あまりにも気持ちが良くて楽しくて。

ああ、秋も悪くない。いや、素敵だ!

と思った秋の1日。

真冬までまだまだ満喫したいです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ