パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

普段着のパリ、カルティエ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

パリで最初に住んだのはエッフェル塔のすぐそば7区のカルティエ。

パリの中でもこの界隈は高級住宅街としてよく知られていて、通りを交差してつながっているいくつかの商店街は、いつも賑やかで歩くだけでも楽しいんです。

(でも私の住んでいた部屋はその中のほんと小さな一角で安全な立地だけがポイント)。

IMG_2541

その商店街の1つがここクレール通り(Rue Cler)。

ラデュレやフランソワ・プラリネ(ローズプラリネを使ったブリオッシュで有名)などいくつもの人気パティスリーや老舗イタリア総菜店、フランス惣菜店、チーズ専門店などが並び、パリのグルメ通りとも呼ばれているんです。

IMG_2542

そのクレール通りに、フランスで世界で大躍進中のドイツ系スーパー「アルディ」がオープンしていてびっくりしました~。

アルディについてはこちらの2つの記事でも書いております。

20年前との違い。ドイツ系スーパー躍進の理由
ドイツ系企業の戦略を見た。リドルのアルディそっくり商品

以前もここは、フランス大手企業カジノグループの格安スーパー「リーダープライス」だったのですが、いつのまにかアルディになっていたというわけです。

我が家がアルディを気に入り、しょっちゅう行くようになった2年前にパリ市内の店舗を調べたことがあるのですが。

その時は20区に1店舗だけだったのです。

郊外と地方にはたくさん店舗がありましたが、パリ市内はまだ進出出来ていなかったのです。

ところが、今回久しぶりにまた調べてみたら、現在パリ市内は6店舗(7区、10区、12区、13区、18区、20区)まで増えておりました。

そして確か3年くらい前までは3店舗くらいしかなかった同じくドイツ系スーパー「リドル」は何と18店舗(10区、11区、12区。13区、14区、15区、16区、17区、19区、20区)にまで増えておりました。

いや~、これにもびっくり。

これからいったいどれだけパリ市内にも、この2つのスーパー増えていくのでしょう。

でもこれはパリっ子も嬉しいと思いますし、いつかパリ旅行が出来る時が来たら、日本&世界の旅行者さんも嬉しいと思います。

お値段のわりに大満足のバラエティ豊かなモノがたくさん見つかりますからね。

早くそんな日が来て欲しい…。

それにしてもこの2つのドイツ系企業の戦い、ど、どうなるのか。

今年の終わりくらいにまたどれくらい増えているか数えてみたいと思います。

忘れなかったら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

昨日の日曜日は、旦那が古自転車愛好仲間とパリでサイクリング&ピクニックすると言うので。

その待ち合わせ場所まで便乗。

でもその後は旦那とバイバイして1人パリ散歩。

IMG_2487 - コピー

早朝から雨がしとしと降っていたのですが、パリに着いた頃には雨も止んで。

傘を持ってこなくてよかったな、と。

IMG_2517 - コピー

おまけに雨上がりの早朝のパリで虹。

これは素敵なパリの日曜日の予感。

足取り軽やかな始まりです。

IMG_2528 - コピー

パリでは、フランスでは、1月になっても普通にクリスマスツリーがあちこちで飾られております。

クリスマスが終わった途端に始まる日本のお正月モードも、いっつもなんか引いていたけど。

フランスの終わらないクリスマスデコレーションも、長年見ていると、結構苦笑い。

綺麗は綺麗ですけど。

でも。

そろそろ片付けが始まっていて、破棄待ちで道端に転がっているもみの木をたくさん見かけました。

子供の頃から本物のもみの木のツリーに憧れていたのですが。

今はなんかちょっと、もみの木がかわいそうかな、と感じております。

IMG_2554 - コピー

雨あがりのパリって思ったのですが、これがそううまくいかなかったのです。

止んでは降って、また止んでは降っての繰り返し。

IMG_2533 - コピー

途中では何度も激しい降りで、コートも帽子も結構雨でしみまくりでして。

あやややや~、これはちょっとやばいかも。

と思ったのですが。

ランチをした後はやっと本当に止んでくれました。

IMG_2564 - コピー

実はパリ市内のブロカントに行こうと思っていたのですが、この天気ですべて中止。

なので予定が’狂って、結局てくてくパリを歩きまくりました。

パリの端っこから端っこまで、7時間くらい歩いたかも。

IMG_2569 - コピー

パリは小さいので、予定が狂っても何となく歩けば、疲れたらメトロに乗れば、どこかにすぐ行けちゃう。

こじんまりで便利で古めかさいっぱいの魅力的な街なのです。

IMG_2587 - コピー

でも、自分が渡仏してきた頃とはまったく違うな。

今のパリは雨降り日曜でも楽しめるな、とも、この日感じました。

IMG_2505 - コピー

そんなこともまた改めて書かせていただきます。

IMG_2592 - コピー

そんなこんなで家に帰ってきたら、すでに旦那も帰宅していて。

夜は2人で赤ワイン飲みながら、こうだったああだったと話してほろ酔い気分。

旦那も超ずぶ濡れになりながらも相当楽しかった模様。

こんな風に別々で過ごす日曜日も、それはそれで良いな、と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

2021年の今年がもうすぐ終わります。

皆様、どんな年末を迎えていらっしゃるでしょうか。

我が家はなんか結構のんびりです~。

と言うのも、昨日のうちに年末年始のお料理の下準備的なことはしておいたのです。

ダシをとったりとか、数の子の塩抜きしたりとか、冷凍庫からあれこれだして冷蔵庫に移して自然解凍とか。

なのであとはこの更新の後、小スイッチ入れて、TV観ながら適当にやる予定でございます。

IMG_2218 - コピー

ということで。

パリ散歩した時の、美しかった夕暮れから夜にかけてのエッフェル塔のフォトで今年最後の更新。

このフォトは、ベルヴィルの豆腐店での購入品や、途中のパン屋さんで購入したバゲットなどの荷物が結構重くて。

夕暮れてきたエッフェル塔の眺めがいいベンチで一息ついた時の1枚。

IMG_2224 - コピー

この日もエッフェル塔はいつも通り、夕暮れと共にキラキラとオレンジ色に輝き出しました。

自転車通勤の方が通り過ぎておりますが、エッフェル塔のそばを通り抜けて帰るって、さりげなさ過ぎる贅沢です。

IMG_2232 - コピー

私も渡仏してきた年にこの界隈に住んでいて、毎日通学で通っていたのですが。

パリ郊外の今はなんだかその頃が不思議。

1年間ここで暮らせたことは人生の最高の宝物となっております。

IMG_2235 - コピー

夕暮れが終わりかけ、いよいよ夜へ。

長く住んでいても、やっぱりちょっとワクワク。

IMG_2241 - コピー

そしてエッフェル塔のたもとに到着で~す。

IMG_2248 - コピー

反対側に回り込んでる間に空はすっかり濃紺。

IMG_2249 - コピー

わたくしも久しぶりの夜エッフェルです。

やっぱりパリはエッフェル塔だな~。

当時は賛否両論があったようですが、建設から130数年。

ギュスターヴ・エッフェルさんに感謝です。

先ほどマルシェに行く際に、郵便配達さんや宅急便の配達の方、ウーバーイーツの配達の方も見かけたのですが。

クリスマスに続き、ありがたいことです。

日本ではこういうのは当たり前のように思っていたけど。

それが当たり前じゃなかったフランスに来て、ありがたさに改めて気づかされております。

この方々がいるから自分はクリスマスと年末、年始を迎えることが出来ているな、と。

たとえ注文とかしていなくて、そうやって回り回ってつながっているのだな、と思います。

お仕事終わったら、どうぞほっと一息出来ますように…。

それではあと1時間と、えっと27分くらいですが、この1年、このブログを見てくださって本当にありがとうございました。

今年はなんか、人間の身勝手さ、狡さがはっきりわかるような出来事があったのですが。

でも、たくさんの応援コメントをいただき、ちゃんとわかってくださる方はいる、と。

それを改めて知ることが出来ました。

私にはそれで十分。

感謝でございます。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

この記事でベルヴィル駅からすぐのお豆腐屋さんが、美味しかったし持ち帰りによいと思ったことをお伝えしました。

パリで気軽に豆腐と肉まんを買うならBEST TOFU

このお店近辺は中国人娼婦が立っていて、少しびっくりするかもな雰囲気であることも、併せてお伝えしたのですが。

この豆腐店は「ヴィレット大通り(Boulevard de la Villette)」に面しておりまして、このヴィレット大通りはすぐそばのベルヴィル駅を超えると「ベルヴィル大通り(Boulevard de Belleville)」へとチェンジ。

ベルヴィル駅を境に名前が変わるのですよね。

でも変わっても、この2つの大通りは注意が必要なこの界隈の中心です。

ちなみにもう1つ「ベルヴィル通り(Rue de Belleville)」もあって。

大通りの方は「Boulevard」がついて、通りの方は「Rue」なんです。

ベルヴィル通りはベルヴィル大通りと交差していて緩やかな坂道になり、中華レストランや食品店が立ち並んでおります。

エディット・ピアフの生家とされるアパルトマンがあるのはベルヴィル通りとなっております。

パリの下町ベルヴィルは19世紀半ばにパリ市に併合されるまではパリ郊外の移民街。

戦後は北アフリカ系とアジア系の移民も増え、いろんな人種が共存する、いつでも活気があって逞しさを感じる街。

アラブ店とユダヤ店が隣り合っているようなこともあって。

ここに来ると、アラブ系、ユダヤ系、アフリカ系、アジア系、そして欧米系が共存出来ていることの面白さをつくづく感じるのですよね。

IMG_2136 - コピー

で、実はお豆腐屋さんに行く前に、ここペール・ラシェーズ墓地に寄っておりました。

ペール・ラシェーズとベルヴィル間はベルヴィル大通りでつながっていて、徒歩で10分か、かかっても15分くらい。近いんです。

なのでこの界隈に来た時はどちらも寄ることが多いです。

IMG_2135 - コピー

この日もベルヴィル大通りを歩いたのですが。

結構この時はいつもにも増して怪しい人が多かったです。

IMG_2121 - コピー

道端で昼間から缶ビールを飲んでたむろしてる人たちもいましたし、1人で何か叫びながらふらふら歩いてる人もいました。

さすがに1人で叫んでる人は危ないな、と思ったのですが、避けたらもっと危ないかもと思って、普通に通り過ぎるようにしました。

そしたら大丈夫。何もありませんでした。

小さく、ほっ。

IMG_2127 - コピー

こう書くと、この界隈はとにかく危ない、通らない方がいい、と思う方が多いかと思います。

確かにそうかもしれません。

IMG_2154 - コピー

でもこれもまたパリの姿であり、歴史。

私はですが、面白いな、興味深いな、と思うのです。

なので、いつも十分注意しながら、ベルヴィルとペール・ラシェーズ間を徒歩で行き来しております。

IMG_2125 - コピー

毎回そうやって来ているペール・ラシェーズ墓地。

IMG_2170 - コピー

パリ最大の墓地でとにかく広大です。

その中にモディリアーニ、オスカー・ワイルド、ショパン、ロッシーニ、エディット・ピアフ、マリア・カラス、ジム・モリスン、イブ・モンタンなど。

たくさんの著名な芸術家や音楽家、歌手、俳優のお墓があります。

IMG_2156 - コピー

この日は、ジム・モリスンとエディット・ピアフのお墓に寄ろうかと思って、入口の地図を見て、だいたい頭に入れてから歩いたのですが。

途中でわからなくなったので、すぐ諦めました。

毎回こればっかりです。

渡仏してきた年に行きたいお墓には全部行っているのですけどね。

IMG_2161 - コピー

著名な方のお墓にたとえ寄れなくても、いつでもゆったりとした時間が流れていて、心が落ち着きます。

IMG_2166 - コピー

IMG_2138 - コピー

ただし1人なのでそこはやはり注意。

このブログで何度も書いているけど、16区のパッシー墓地でやはり1人だった時、ひったくりに追いかけられた恐い経験があるのですよね。

なので人気がなさ過ぎるところはなるべく通らないようにして、念のため、バッグはコートの下に斜めがけして外から見えないようにして歩きました。

IMG_2129 - コピー

ここはパリ、そして移民街。

自分で歩くことを選んだら、自分の身は自分で守らなくてはです。

IMG_2168 - コピー

IMG_2165 - コピー

それでもペール・ラシェーズとベルヴィル界隈歩きは興味深くて止められません。

パリの下町、大好きです。

住所・・・16 Rue de Repos 20区

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

ジョワイユーノエル(Joyeux Noël)!メリークリスマス!

IMG_2194 - コピー

今年もクリスマスがやって来ましたね~。

IMG_2183 - コピー

この1年もコロナ年だったけど、ワクチン接種が始まって進んで、だいぶ落ち着いたように感じております。

IMG_2200 - コピー

去年2020年は怒涛のコロナ年で、今頃は2度めのロックダウンの最中。

外出許可書を持っていれば出掛けられたけど、飲食店はすべて閉鎖。

なのでパリを歩いた日は公園で休憩したりして、7、8時間とにかく歩き通しでした。

お手洗いはデパートのギャラリーラファイエットは開いていたので、確かそこに入ったような。

IMG_2208 - コピー

去年に比べれば今年はカフェもレストランも開いてるし、外出許可書は要らないし。

あ、でも飲食店に入るためには衛生パスポートが必要で、それもちゃんと持っているので。

いつものパリの美しいクリスマスを満喫出来ております。

IMG_2251 - コピー

ここはパリに来て最初に住んだカルティエ。

住人になって初めてのパリのクリスマスは、ただただもう夢のような時間でした。

IMG_2260 - コピー

イブの夜だったか、アパルトマンの外からアコーディオンの音が聞こえてきて、見てみると。

初老のアコーディオン弾きが1人、通りを歩きながら音楽を奏でておりました。

ヨーロッパ独特のオレンジに灯る光のなかで、それはまるで物語のような一場面でした。

ああ、こんな光景がパリには本当にあるんだな、その中に今住んでるだな、と思ったものです。

チワワ坊やと2人きりで静かな夜だったので、よけいに物語チックに感じたのかもしれません。

酔ったとも言うかな。えへ。

IMG_2252 - コピー

でも、あれから14年。

それなりにこの界隈も、パリも、少しずつ変わってきております。

IMG_2255 - コピー

日本人のお客様もよくお見掛けした、有名シェフのクリスチャン・コンスタンさんの人気店「カフェ・コンスタン(Café Constant)」は、今年の秋、やはり有名シェフのシリル・リニャックさんに引き継がれました。

今年71歳のコンスタンさんが引退したからです。

お店の名前も変わって「カフェ・リニャック(Café Lignac)」になっておりました。

この付近を歩いているとよくお見掛けしたコンスタンさん。

一度握手していただいたことがあるのですが、その時名前がすぐ出てこなくて、あなたは有名なシェフさんですね?と言ったら、そうだよ!って。

気さくでちょっと可笑しかった思い出です。

引退の時のインタビューでは、これからは奥様と世界をいろいろ旅行したいとおっしゃっておりました。

IMG_2257 - コピー

カフェ・リニャックの脇の道を入れば「カフェ・ド・マルス(Café de Mars)」。

住んでいた時にその当時の長身のオーナーに、よく声を掛けられてからかわれておりました。

アジア人で言葉がわからなくて恥ずかしがりぃなので面白かった模様。

その後新装オープンしてオーナーがチャンジしたのですが、彼も長身で以前のオーナーと雰囲気が似ているんですよね。

もしかしたら息子さんかもしれませんが、かなりのイケメンさんです。

そしたらつい2、3ヶ月前にこのお店の前を通った時、久しぶりにまた来たいな、と思って外から中をきょろきょろ見ていたら。

現在のオーナーさんがちょうど中にいらっしゃって、きょろきょろしている私のマネを彼がして、楽しい感じでちょっとだけからかわれたのです。

やはり親子じゃなかろうか。

このカフェ、裏通りで目立たない立地だけど、料理がちゃんと美味しいのがグッド。

IMG_2261 - コピー

以前はなかった床屋さんもオープンしておりました。

サインポールがなんか懐かしくて逆におしゃれです。

IMG_2264 - コピー

住んでいた当時は別のお肉屋さんで、ここもオーナーが変わって現在、熟成肉の有名店「イブ=マリ・ル=ブルドネック(Yves-Marie Le Bourdnnec)」。

私もときどき購入しておりましたが、ギャラリーラファイエットにも店舗があって、そちらの方がアウェイ感がなくて買いやすいような気が、私はですがしております。

そうそう、去年のクリスマス直前、ここでお肉を買った時もクリスチャン・コンスタンさんをお見掛けしたのですよね。

随分たくさんお肉を買ってるムッシューがいるな、と思ったらコンスタンさんだったのです。

今年もここで購入なさったかしら。

IMG_2266 - コピー

「ル・セッティエイム・ヴァン(Le 7éme Vin)」は姉がパリに来た時にも一緒に行ったお気に入りビストロの1つ。

ガストロノミックな料理ではなく、エスカルゴとかステークフリット(ステーキとフライドポテト)とか、定番のフレンチビストロの料理がいただけるお店です。

でもそれが良いのです。

それに今もそのまま変わらずあってくれるのが何より嬉すぃ。

久しぶりにここでごはんが食べたくなりました。

近々行ってみよう!

それでは皆様、パーティーがあってもなくても、大人数でも2人でも1人でも、素敵なクリスマスをどうぞお過ごしください。

わたくしも、今日と明日はダイエットを忘れ、食べますぞ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ