パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

普段着のパリ、カルティエ

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日

8日間更新しない間も「卑怯子手口」の量を調節し、
差が広がり過ぎないようにしていたマダム卑怯子さん。
2日前、やっと更新しましたが、
次の更新はいつですか?
そんなことばっかやってないで、
ちゃんと更新した方が良いのではないでしょうか。
私は、あなた以外の参加者の方と同様、
これからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。
2020年9月21日

…………………………………………………………………
IMG_9717 - コピー
この日はパリの下町ビストロでランチ。
お店に向かって歩いていると、界隈は、
どこのお店もお客さんでとても賑わっていて、
レ・アール地区と一緒で、すっかり元通り。
コロナ打撃が最小減。パリの活気ある地区
パリの下町も観光客頼りじゃないので、
すでにコロナ打撃から
立ち直りつつあるんだな、
と実感しました。
IMG_9719 - コピー
この記事の時に。
コロナ現在、パリのビストロの正直な感想
多くのお店が、材料費をかなり削っている
と、書きましたが。
この日いただいたお店では、
前菜は新鮮なお魚、メインは仔牛。
安い材料とはまったく感じませんでした。
コロナ休業だったパリの飲食店が
6月2日に再開して4か月近く。
お客さんがすっかり戻ってきているお店では、
コロナ以前のような料理を
提供できるようになってきているのかな、
と思いました。
やはり材料費が安くない感じは、
お客としては嬉しいのは否めませんね…。
でもでも。行ったところ全部美味しかったですし、
家で作る時の参考になっていて、
それもよかったんです。ほんとにほんと。
なのでこれからも応援もかねて
いろんなカルティエで状況も感じとりつつ、
楽しみトライしたいと思います!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日

8日間更新しない間も「卑怯子手口」の量を調節し、
差が広がり過ぎないようにしていたマダム卑怯子さん。
2日前、やっと更新しましたが、
次の更新はいつですか?
そんなことばっかやってないで、
ちゃんと更新した方が良いのではないでしょうか。
私は、あなた以外の参加者の方と同様、
これからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。
2020年9月21日

…………………………………………………………………
IMG_9800 - コピー
それはパリの中心地、レ・アール地区です。
IMG_9810 - コピー
メトロ駅「レ・アール」と「シャトレ」、
RER線の「シャトレ・レ・アール」駅があり、
4本のメトロと3本のRER線が、
乗り入れております。
IMG_9812 - コピー
レ・アール地区は、私の利用線も通っているので、
しょっちゅう来るところ。
すぐ近くには、パリの胃袋と呼ばれる
庶民的なモントルグイユ通りがあったり、
やはり近くにポンピドゥーセンターがありますが。
これ!という大観光スポットはありません。
でも、コロナ制限解除後、
早いうちから人でが戻ってきておりました。
理由は、パリ市内、郊外からのアクセスがよく、
普段から郊外に住む人も含め、
若い人から年配の人まで、
パリっ子たちの利用が多いから。
しかも広々としたショッピングセンターの、
フォーラム・デ・アールがあるので、
買い物にもとても便利。
手頃なカフェやレストラン、チェーン店も、
たくさんです。
IMG_9821 - コピー
シャンゼリゼとモンマルトルの人のいなさは
衝撃でしたが。
本気でやばい、シャンゼリゼ
そして。モンマルトルも衝撃的な状況
ここレ・アールはすでにコロナ打撃から
立ち直りつつあるように感じられます。
テラス席もかなり賑わっておりました。
通りかかったモントルグイユも、
コロナ以前とほとんど変わらない活気。
IMG_9819 - コピー
フォーラム・デ・アールは小さな公園もあって、
緑も結構あります。
ただし、緑のある方は、
昼間から酔っぱらっている人がいたり、
怪しいものをぷか~、っとしてる人もいるので、
緑の中なのに健康的な雰囲気ではありません。
でもこの時もですが、ミリタリーさんたちが、
大きな鉄砲を持って見回りしているので、
普通に歩く分には問題はありません。
ってか、フランスでは、ミリタリーさんが、
本物の大きな鉄砲を持って
普通によく歩いているのが不思議。
だってその鉄砲、本当に撃てるものなのだもの…。
IMG_9824 - コピー
実はモンマルトルの人のいなさにびっくりした同じ日、
ここレ・アールも通って、真逆な活気に、
改めてびっくりしたのです。
写真を撮るのを忘れるくらい。
なので今回はレ・アールも撮ってこよう、
と思っていたのです。
IMG_9825 - コピー
シャンゼリゼやモンマルトルの
悲惨な状態の一方で。
普段から庶民に利用されている
カルティエはやはり強いです。
何が起こるかわからない今、
場所、内容に合った良心的な金額設定。
それがお店の大事ポイントかな、
なんて、商売のことはなんもわかりませんし、
興味もまったくないのですが、
感じました。
あともうほんと、ネットの時代ですかねぇ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日
マダム卑怯子さん、
只今絶賛「卑怯子手口」
乱用中、みたいな。
でも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
これからも毎日更新してまいります。
2020年9月9日
…………………………………………………………………
IMG_9678 - コピー
通りかかった可愛い洋服屋さん。
今年の流行やコーデがわかるので、
いいな、と思ったお店では、
結構じっくりウィンドーショッピングします。
IMG_9652 - コピー
この秋はトレンチコートを着たいな、
と思っているのですが。
(2年前リサイクルショップでゲット)
こんなレースの白いブラウスに羽織ると、
可愛いかな、と思いました。
新商品コーデなので参考になります。
IMG_9653 - コピー
この秋物の靴が可愛いかった♪
わたくしゴールド系シルバー系ヒョウ柄系
大好きおばちゃんです。
でも小物に持ってくるのが好み。
今年はこれ系小物がとても豊富。
ア・ラ・モードなようです。
IMG_9674 - コピー
店内の商品も見させていただきました。
やはり好きな系統洋服屋さん。
でもこれは春夏服。
IMG_9675 - コピー
サンダルも可愛い。
リボンも今だに好きです。
これ、くるぶし丈の古ジーンズに、
合わせたらいいかな。
これも春夏ものですね。
IMG_9676 - コピー
実はこれらの春夏商品、
今もセール中ですべて30%引き。
しかもバッグはちゃんと皮製で、
元々のお値段もすべてお手頃価格。
他のいくつかのお店もセールをまだやっていたし、
少し前に行ったシャンぜリゼの
ギャラリーラファイエットでも、
今だに春夏もののセールが一部で、
行われておりました。
本気でやばい、シャンゼリゼ
コロナ年でお店に大打撃だった今年は、
こうしてたくさんのお店が、
季節外れのセールを続行中。
IMG_9677 - コピー
この籠バッグも可愛かった~。
セール価格でお値段29ユーロ。
高くないです。
海のバカンスで気軽に使ったら素敵。
29ユーロなので迷いましたが、
籠バッグ持っているのでやめておきました。
このバッグは私の好みとしても。
パリのショップは素敵なものが
今もた~くさん売れ残っているので、
チャンスと言えばチャンスなのですが。
もう秋なのでなかなか買おう、
まではいかないですかねぇ。
ここはとても気に入ったので、
また寄ろうと思っておりますが、
ここも含め、皆さん、
コロナ年を何とか乗り超えてほしいです。
この年末と来年の冬の終わりが、
乗り切りポイントかなぁ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日
マダム卑怯子さん、
只今絶賛「卑怯子手口」
乱用中、みたいな。
でも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
これからも毎日更新してまいります。
2020年9月9日
…………………………………………………………………
IMG_9613 - コピー
先週末から見事に秋晴れが続いてるパリ。
買いたいものがあったので、
ついでにお散歩もしてまいりました。
散歩のついでのお買い物、
とも言えるかしら。
IMG_9635 - コピー
ここはコロナ以前でも観光客を見かけない、
パリの下町。
お気に入り散歩コースの1つです。
IMG_9680 - コピー
それでも歩くたびに新鮮な発見がいつもあります。
IMG_9665 - コピー
この日は、今まで気が付かなかった裏通りで。
厨房でイタリア語があちこちで元気に飛び交って
地元っ子に大人気の、
イタリアンビストロを見つけました。
そういう生の活気って、
ネット情報には出て来ないこと。
やっぱり歩いて直に見つけるのが一番。
IMG_9661 - コピー
他にもたくさんの可愛いや美味しい発見がいっぱい。
トートバッグがかなり重くなってしまいました…。
ブルターニュも最高だったけど、
やっぱりパリはパリ。
雑誌のページのような街角が普通にあって。
雑誌には載らないディープな街角も普通にあって。
どれもほんとのパリ。
IMG_9657 - コピー
IMG_9723 - コピー
このまま光いっぱいの、
眩い秋日和が続いて欲しいです。
パリは曇り空も似合うけど、
青空も似合うのです。
IMG_9735 - コピー
手をつないで歩く姿が微笑ましい
年配のカップルさん。
うちもつないで歩きますが、
フランスではごく普通のこと。
私もおばあちゃんになっても、
ずっと旦那と手をつないで
歩きたいなと思っております。
IMG_9797 - コピー
愛してるよ、もほんとに愛していれば、
ごく普通にしょっちゅう言います。
言葉にしなくてもわかってるだろう、
はありません。
大事なことだな、と、
フランス人と結婚して思うようになりました。
IMG_9642 - コピー
教会があれば静かに少し、心の休憩。
IMG_9649 - コピー
この時間があるから、
ヨーロッパの街歩き、好きなんです。
IMG_9634 - コピー
他にもいろいろパチリとフォトしてまいりましたので、
整理しながらご紹介させていただこうと思います。
ささやか情報ですがお楽しみに。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

11日間更しなかったマダム卑怯子さんが、
やっと更新しました。
私がブルターニュバカンス記事を更新し、
自分が11日間更新していないのに
上、というのが不自然バレバレ、
と思い、焦って更新したのかな?
1ヶ月に3、4回しか更新しないマダム卑怯子さん。
これがあなたが私に中傷コメントしてきた、
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
という意味なの?
更新しなくても他に方法があるのよ。
という意味なの?
2020年8月10日
マダム卑怯子さん、
只今絶賛「卑怯子手口」
乱用中、みたいな。
でも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
これからも毎日更新してまいります。
2020年9月9日

…………………………………………………………………
IMG_9241 - コピー
衝撃を受けた人けのなくなった、
モンマルトル、テアトル広場。
そして。モンマルトルも衝撃的な状況
その裏に私の好きな一角があります。
サン・ヴァンサン墓地です。
ここは何1つ変わりません。
こじんまりとしていて、
時間がゆっくり流れていて。
21世紀の残念な出来事とは、
別世界。
IMG_9221 - コピー
日本の墓地は、
白い着物の幽霊が出そうで恐いのですが、
ヨーロッパの墓地は、
幽霊のイメージがわかないので、
恐くないし、不思議と心が落ち着きます。
日本は幽霊の話とか映画が多過ぎます。
さ、貞子、本当に怖かった…。
(面白かったですけど)
IMG_9251 - コピー
心が落ち着くのはなぜかなと考えてみると。
人は生まれて誰でも死ぬ。
だけどその人がいたということは、
ささやかでもどこかで残っている。
墓地でも、空気の中でも、土の中でも。
ということを、感じられるからかもしれません。
IMG_9230 - コピー
この墓地で特に好きなのは
(好きっていうのもあれですが)
このユトリロ(1883ー1955)のお墓の存在。
このモンマルトルで生まれて、
このお墓の後ろの壁を隔てたソル通りを、
飲んだくれて毎日のように歩いていたユトリロ。
なのでここに来ると、
ほんとにユトリロに会いに来たように感じるのです。
IMG_9217 - コピー
すぐ後ろのソル通り。
ユトリロが通ったオレンジ色の酒場
オ・ラパン・アジルも、壁の真後ろにあります。
IMG_9231 - コピー
他の方のお墓も見て、
お名前や亡くなった年やご家族やご友人の
メッセージを読ませていただいたりもします。
IMG_9238 - コピー
すごく若くして亡くなったんだな、
親御さんは悲しかっただろうな、とか。
この方はとても長生きなさったんだな、
奥様も一緒に眠ってるんだな、とか。
IMG_9246 - コピー
IMG_9222 - コピー
それそれのお墓の美しさを見るのも好きです。
IMG_9223 - コピー
家族が途切れてしまったのか、ほぼ朽ちているもの。
比較的新しい花が添えられているもの。
添えられた造花が薄汚れて寂しいもの。
色とりどりのステンドガラスの光で照らされた
埃だらけのもの。
IMG_9253 - コピー
それぞれに美しさがあると感じます。
IMG_9255 - コピー
帰り際、綺麗な濃いピンクの花のそばの
墓地で、ふと足が止まりました。
IMG_9256 - コピー
見てみるとシャンソニエ(歌を作り歌う人)
と記されていて、
「マルセル・ルゲ(Marcel Legay1851ー1915)」
という方。ネットで検索したら、
彼のサイトもありまして、
人気のあった方のようです。
youtubeで彼の音楽があったので、
聴いてみたら、穏やかで素敵なメロディ。
この日、この時、綺麗な花で立ち止まって、
知った方ですが、
100年以上前のシャンソニエさんにも
会えたように思えました。
ということで、ご興味がありましたら、
どうぞお聴きになってみてください。
1分26秒あたりでは実際のお写真も出てきます。
一番右の方のようです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ