パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

普段着のパリ、カルティエ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は5度、最高気温も5度で、お天気は曇りとなっております。

パリ散歩した日、モンマルトルの日本人パン職人、稲垣信也さんのお店に行く前に。

大行列の2つの理由。モンマルトルの日本人パン職人のShinya Pain

モンマルトルの丘の裏にあるお気に入りのサン・ヴァンサン墓地に久しぶりに寄りました。

IMG_7243

コロナ禍が急速に広がっていた2020年の9月にモンマルトルに来て、観光客が消えたモンマルトルの光景に衝撃を受けた後この墓地を歩いたのが、約2年半前。

その後もコロナ禍真っただ中の時に1度寄ったのですが、その時は閉まっていたのです。

なのでここに来るのは結構久しぶりとなります。

IMG_7238

IMG_7256

IMG_7236

このサン・ヴァンサン墓地がお気に入りなのは、ユトリロが眠っているから。

このユトリロのお墓の真後ろは、酔いどれ画家とも称されるユトリロが飲んだくれて歩いた坂道があって、ユトリロ、ルノワール、ピカソなどが通った19世紀中頃から続くシャンソニエ(歌を聴かせる酒場)の「オ・ラパン・アジル」が今も営業していて。

当時とそれほど変わらない風景が広がっているのです。

絵にはまったく詳しくないのですが、当時と今が、このユトリロのお墓で不思議につながっているように思えて、少しタイムスリップした気分になれるんです。

IMG_7264

IMG_7282

モンマルトルにはもう1つ、モンマルトル墓地という広大な墓地があって、画家のエドガー・ドガ、作家のスタンダール、映画監督のフランソワ・トリュフォー、歌手のダリダなどたくさんの著名人が眠っております。

それに比べるとこのサン・ヴァンサン墓地はとてもとても小さな墓地。

10分もあれば1周出来ちゃいます。

なので気軽に寄って、ゆったりした時間を少しだけ過ごすのにちょうどよいんですよね。

IMG_7289

ここに来たら、ユトリロのお墓ともう1人、映画監督のマルセル・カルネのお墓にも必ず寄ります。

1883年に生まれて1955年に亡くなったユトリロと、1906年に生まれて1996年に亡くなったマルセル・カルネ。

2人共パリ生まれで同じ時代に生きていた時期が結構あって、今お墓は目と鼻の先だけど、生きていた時も会ったことがあったのかな。

なんて過ります。

IMG_7272

IMG_7277

で、1周してそろそろ墓地を出ようかな、と思っていたその時、ふと、鮮やかな青い花が飾られた、前回は気が付かなかった新しめのお墓に気付きました。

1956年創業のモンマルトルの有名キャバレー「Chez Michou」の名物オーナー、ミシューさんのお墓でした。

2020年に88歳で亡くなったのはその時のニュースで知っていたけど、この墓地に埋葬されたことは知りませんでした。

IMG_7279

青い服と青いサングラスがトレードマークだったミシューさん。

2018年に自分でこの墓地の予約を済ませていたようです。

いつだったかTVのルポルタージュで彼のモンマルトルの最上階アパルトマンが紹介されていたけれど。

植物や花々で美しく飾られた広いテラスからはモンマルトルが一望出来て、美しいものが好きだったんだな、と感じました。

キャバレーは男性が有名歌手(主に女性)の扮装をして歌って踊るスペクタクルショー。

ミシューさんが亡くなった後、お店の継続はどうなるのか、という話が出ていましたが、今も続いているようです。

HP→Chez Michou

IMG_7291

この墓地は周りのアパルトマンもどれも歴史を感じる古い建物で、アパルトマンの住人さんたちはいつもこの古き良きパリの面影が色濃く残った風景を見下ろし、そして自分たちもその中に住んでいる。

という環境。

住んでいると慣れて当たり前になっていくのだろうけど、やはりかなりスぺシャルで恵まれているな、と、庶民でしかも外国人の私なんかは思っちゃいます。

ひったくりや泥棒もものすご~く多いようですけどね。

住所・・・6 rue Lucien Gaulard 18区
メトロ・・・「Lamarck Caulaincourt」⑫号線

ということで、最後は全世界を席巻中のイタリア、ローマ出身のロックバンド、マネスキンのロックバラードで終わりにさせていただきます。

曲も墓地が舞台の映像も美しいです。


それでは、墓地から言うのもあれですが、どうぞ良い週末を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は1度、最高気温予想は4度で、お天気は曇りとなっております。

ニュースでご存知の方も多いかと思いますが、フランスは今日1月19日、年金受給年齢を62歳から64歳に引き上げる法案に反対する大規模なストライキが行われております。

鉄道、航空、学校など、フランス全国で広範囲で行われていて、私が住むパリ郊外の鉄道もパリ市内のメトロも、本数の大幅な削減、通勤時間帯のみ運行、運休、駅の閉鎖があります。

パリのメトロは①号線と⑭号線は通常運行ですが、⑧号線、⑩号線、⑪号線は運休。

その他の線は朝と夕方の通勤時間帯のみ運行、または本数の大幅削減となっております。

学校も多くが休校となっていて、働くお母さんお父さんたちは前日まで子供をどうするか、職場との話し合いも含め、対応に追われたようです。

親御さんは大変だろうと思いますし、かと言って、法案に反対の労働者たちが一丸となってストをする、出来るフランスというのも私はですが、悪いことではないと思います。

日本では労働組合が衰退して労働者がどんどん弱い立場になっているように思いますから。

ということで。

このストライキのこともだいたいわかっていたし、今週はぐぐんと気温が下がることもわかっていたので、先週パリ散歩に行ってきました。

IMG_7329

で、モンマルトルに行ってきました。

IMG_7331

そしたら、ご覧の通り観光客で大賑わい。

コロナ禍が始まった2020年から何度かモンマルトルに来たけれど、本当にすっかり元のモンマルトルに戻ったな、と感じました。

IMG_7323

でも1つだけ戻っていないと思ったことがあって、それは日本人観光客がいないこと。

去年の夏と秋は少しずつ増えてきたように思っていたけど、日本が今コロナの状況が悪くなっているからなのでしょうかね。

日本入国の際の検疫手続きは、有効なワクチン接種証明書を持っていれば到着時検査も入国後待機も不要とのこと。

(ただし、中国から日本への入国は香港を抜いて、現在臨時的な水際措置が行われております)

でも日本の医療現場が大変な状況になっているようだし、国内旅行なら何とか行けても、なかなか海外までは行けないですかね。

今年コロナ禍4年め(5年め?)に入ったけど、歴史的にもなかなかスペシャルな期間だな、と感じます。

IMG_7322

日本人観光客は見かけないのですが、アジア人観光客はかなりいました。

なのでどこの国の人かな、と思って、聞こえてくる言語を聞いていたら、中国語と韓国語でした。

中国は、中国本土からの入国はフランスも1月5日から水際措置で規制をしているので、そう気軽には来れないはず。

なので、本土以外の中国系の人かな、と思います。

IMG_7309

すっかり活気が戻ってアコーディオン弾きの姿が似合うパリの街角モンマルトル。

IMG_7311

コロナ禍前はモンマルトルのツーリステックな雰囲気と混雑を、どこか冷めた気持ちで見ることも正直あったけど。

コロナ禍の人が消えて閑散としたモンマルトルを見てからは、活気が戻った今のモンマルトルを嬉しく感じます。

IMG_7334

テアトル広場の絵描きさんもまあまあ忙しそうです。

IMG_7335

真冬でも暖かめだったこの日は、テラス席を楽しむたくさんの人を見かけました。

でも今週は寒~いので、テラスはさすがに寒過ぎるかな。

IMG_7307

こんな賑わいのモンマルトルですが、観光客が集まる丘を降りれば、普通のパリジャン、パリジェンヌの暮らしが垣間見れて、それまた楽しい。

IMG_7320

久しぶりで楽しかったモンマルトル。

やっぱりたまには良い良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

日本がドイツに勝ちましたね!

フランスでは有料チャンネル以外はドイツ×日本戦は見れないのですが、当日はニュースで知った旦那が「日本が勝ったよ!」とびっくりしながらも嬉しそうに教えてくれました。

聞いた私も、あのドイツに勝つなんて、とびっくり!

そしてやっぱり素直に嬉しいです♪

ということで、少し前に、ただ今パリのカフェで流行中の造花ファサードのルポルタージュ番組を観まして。

費用もびっくりしましたし、ちょっと苦笑い的なこともあったので、今回はそんな造花ファサードのお話あれこれです。

IMG_6148

流行中の造花ファサードはこんな感じ。

ここはレアールに近いブラッスリーですが、こんな風に今パリの街ではこんな派手で華やかなファサードをほんとあちこちで見かけるんです。

これがいいか悪いかは置いておきまして。

この造花ファサードの第一人者は17区に生花ブティックを持っているリュック・デシャン(Luc Deschamps)さん。

5年ほど前からどんどん人気になって今や超売れっ子だそう。

彼が手掛ける造花ファサードのお値段は一回で最低5000ユーロ。

1935年創業のある老舗ブラッスリーでは1回30000ユーロを払っていますが、インスタ映えするので大きな宣伝になってお客さまがどんどん来てくれるそう。

30000ユーロでもぜんぜん高くないよ。

と、ブラッスリーの店主さんが笑顔で言っておりました。

6区のカフェ「メゾン・ソヴァージュ(MAISON SAUVAGE)」は、造花ファサードのインスタ映えで大人気になったお店。

行ったことがなくても、インスタなどでご覧になったことがある方、多いのではないでしょうか。

リュックさん、何とオペラ座やパラスホテル(5つ星を超えた最高級ホテル)も手掛けたことがあるそうです。

IMG_6149

その造花ですが、中国製だそうです。

(ここがちょっと苦笑いなとこです)

リュックさんはお店ファサードの写真をタブレットで見ながら、そのファサードに合うような花のデザインを描き入れていきます。

そして時には自分で造花にスプレーして濃淡をつけて使用。

やっぱり濃淡のつけ方はとても綺麗でしたよ。

その造花の花たちをスタッフさんが、タブレットで作ったデザイン画通りにファサードに飾りつけて出来上がり。

2年くらいは持つそうですが、3年めになると結構くたびれてくるのでチェンジが必要だそうです。

人気店では季節ごとに変えているのでかなり費用が掛かるようですが、今はインスタも含めSNS活用で、費用以上に大きな収益が可能なようです。

メゾン・ソヴァージュも確か季節ごとに変わるはずですが、インスタ映えのためには集客のためには、むしろ季節ごとに変えたいのでしょう。

今もテラス席はいつも混んでるし、そう言えば、いつのまにか閑静な16区のヴィクトルユゴーにも新店舗が出きていましたっけ。

でもシックなカルティエにあるヴィクトルユゴー店は観光客が少なくて、なかなか落ち着けそうではあります。

それにしても。

あの歴史あるオペラ座や豪華パラスホテルにも、気づいていない方がほとんどかと思いますが、中国製が使われるようになったというのが何とも言えません。

これも時代ですかねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今年のパリの10月は本当にお天気恵まれて、素晴らしい毎日が続いております。

そんな中、パリ散歩した日に久しぶりにシャンゼリゼに寄ったのですが。

いや~、人人人に圧倒されました!

IMG_6198

たとえばここはルイ・ヴィトン前。

ご覧の通り大大行列になっていて、コロナ以前のクリスマス時期のよう。

皆さん、コロナ禍2年分?3年分?の買い物をする気満々って感じでしょうか。

とにかく人の多さにびっくり。

IMG_6195

ラデュレは一見まあまあ落ち着いて見えますが、店内はかなりの混雑。

IMG_6197

しかもすぐ前にある別棟テラス席がこれまた大大行列。

この後少ししてからまた通ったのですが、列がほとんど進んでいなかったので、皆さんかなりの時間待っているのだと思います。

IMG_6196

シャンゼリゼのラデュレでの、やっとの優雅なティータイムやワインタイム。

ラーメンじゃないし、そりゃさっと食べてさっと出て行く。

というわけにはいかないです。

IMG_6202 - コピー

行列ヴィトンのお隣は、お店は開いておりますが、リニューアル中のディオール。

工事中の外壁は美しくラッピングされていて、工事中でも絵になります。

リニューアル後はどんなディオールになるのか楽しみです。

IMG_6223

他にも、シャンゼリゼの中で妙に古臭い雰囲気だった総合ファッションビルのエリーゼ26が大工事中。

コロナ禍になって結構すぐ工事に入ったように記憶しておりますので、かなりの期間になります。

建物内にたくさんの化学物質が使われていたので、それをすべてとり抜いての新生エリーゼ26になるようです。

時代遅れな感じでぜんぜんパリっぽくなかったので、やっと変わるんだな、という感じです。

2024年にはパリオリンピックもありますし、いや~、これからのシャンゼリゼ、パリ、変化に人出に、さらにすごいことになりそうです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

そろそろ秋色が本格的になってきたかな、プロの美味しいお料理も食べたいな、と思って。

お天気に恵まれた今週、パリ散歩に行ってまいりました。

IMG_6107 - コピー

毎日天気予報をチェックして一番良い日を決めて、予めレストランも予約してのお散歩日の朝。

見事に予報が当たって、清々しい秋晴れ!

晴れているだけで、それだけで幸せ気分になる秋パリなのです。

IMG_6181 - コピー

タイトルにもしておりますが、10月いっぱいまで暖か予想。

この日も23度まで上がったのですが、20度前後の日が10月末までは続くとのこと。

フランス南西部はもっと暖かくて、海で泳ぐ人もいるくらい。

嬉しいプレゼント的な感じです♪

IMG_6143 - コピー

この日のお散歩コースは、最近お気に入りのカフェからスタート。

とぼけてて愛嬌のあるムッシューが人気者の、気軽で安くて美味しいスタンドカフェです。

IMG_6130 - コピー

散歩コースはいつもだいたいの道のりを決めているけど、寄り道もしょっちゅう。

そんな時に新鮮発見があるのがまた楽しいんですよね。

この日もオープンしてまだ一ヶ月半のブロカント食器店を発見。

お値段もクリニャンクールの蚤の市より安めで良心的。

コロナでたくさんのお店が閉店してしまったけど、新しいお店もぞくぞくとオープンしているな。

と感じます。

IMG_6160 - コピー

観光地の賑わいがこれまたかなりすごいことになっております。

IMG_6150 - コピー

アジア系観光客もすごく増えてて、日本人の方々も何組か見かけました。

(日本語が聞こえてきました)

や~っとですね~。良かった♪

IMG_6155 - コピー

でもスリも大発生?!なのでそこんとこは要注意。

あちこちで獲物探しをするロマ系スリの姿を見かけました。

IMG_6112 - コピー

メトロ駅の構内でも、警察に捕まって、手錠をかけられ抑え込まれているロマ系の男スリを見かけました。

これからクリスマス、年末に向けて、奴らには十分気をつけなくちゃです。

IMG_6165 - コピー

可愛いらしい光景にも出くわしました。

IMG_6173 - コピー

たくさんの方々がスマホを向けておりました。

IMG_6209 - コピー

で、いつも通りこの日もたくさん歩いて、結局7時間くらい歩いたでしょうか。

23度あったので結構暑くなって、後半少しバテました。

IMG_6214 - コピー

それでもいつでも楽しいプチパリ旅行。

やっぱりたまには都会に出なくちゃで~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ