パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

普段着のパリ、カルティエ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

何日か曇り空の日もありましたが、先週の後半から再び気持ちの良い青空が広がっているパリ。

ということでパリ散歩に行ってまいりました。

IMG_4900 - コピー

まず驚いたのはメトロの主要駅や観光地の観光客の多さです。

アメリカとヨーロッパの観光客がコロナ禍以前よりも多い、なんてことを聞いていたけど、確かに本当かも、なんて思いました。

それに加えアジア人観光客も確実に増えております。

聞こえてくる言語は中国語が多かったように感じたのですが、中国政府は帰国者に対する厳しい防疫配置を続けているようなので、中国以外の国からの中国系の方々かもしれません。

残念ながら日本人の観光らしき人は今回も見かけなかったのですが、でも増えてきてはいるようです。

IMG_4910 - コピー

ここはパリの街に残っている、紀元1世紀の円形闘技場の遺跡「アレーヌ・ド・リュテス」。

円形劇場として作品上演なども行われていました。

遺跡なので観光客がいっぱいいそうなイメージですが、その逆で、いつも静かでゆったりとした空気が流れております。

IMG_4911 - コピー

遺跡の入口には以前のパリオリンピックの写真パネルが展示されておりました。

いよいよ2024年にパリオリンピックが開催されるからですね。

IMG_4912 - コピー

1900年と1924年にパリでオリンピックが開催されているので、それらの写真のようです。

7月25日には大会の概要やチケット販売に関する情報が発表されたことはご存知の方も多いかと思います。

大会は2024年7月24日から8月11日までの19日間で、32競技、329種目。

チケット価格は一般向けのチケット100万枚以上が24ユーロ。

パラリンピックは15ユーロから。

販売は2023年2月からの予定。

このお値段だったら購入にトライしてみたくなりますね。

IMG_4921 - コピー

この日は(も)日中は暑くなったので、通りかかった教会に入って、ひんやりした空気の中で一休み。

IMG_4925 - コピー

キリスト教徒ではありませんが心落ち着くひと時です。

IMG_4981 - コピー

少し前にも書きましたが、今年の夏のパリのスリはさらに悪質になっていて、ビール瓶で頭を殴るなどの事件が頻繁に起こっております。

2年間のコロナ禍の分まで稼ごうとしているのでしょう。

私も人が少ない場所や、メトロの構内でも周りに十分注意しながら歩くようにしました。

IMG_5017 - コピー

毎年恒例のパリプラージュも開催されております。

ここは2か所ある中のヴィレット貯水池のパリプラージュ。

もう1つのセーヌのパリプラージュよりずっと広々していて、大人も子供も楽しめるので、行くなら断然こちらのパリプラージュがおすすめ。

IMG_5006 - コピー

ここはヴィレット貯水池にあるカフェ「バビヨン・デ・カノー(des Canaux)」。

2010年にここから徒歩10分くらいのところに住んでいて、その時からのお気に入りです。

でもこの日、観光客でとても混んでいてびっくり。

2010年当時はジモティしかいなかったけど、ここ数年で超有名カフェになったよう。

めちゃくちゃ可愛いお店ですからね。

IMG_5020 - コピー

週末の夜ともなると、パビヨン・デ・カノーもヴィレットも、パリの夏の風物詩を楽しむ大人たちで賑わってすごい活気になります。

それまた夜遊び的で楽すぃ。

IMG_5021 - コピー

でも。

ここもスリとひったくりが出没するので注意が必要です。

と言いますのも、私も池にかかる橋でひったくり未遂の現場に遭遇したことがあるのです。

ロマ人の男が観光客のイタリア人のマダムの貴金属を狙ったのですが、橋を渡る人が途絶えた瞬間を狙われました。

悲鳴を聞いて旦那とすぐ駆け付けたのですが、幸い、盗られずに済んでそれはよかったのですが。

マダムは恐かったようで涙目で震えておりました。

私もひったくりされた経験があるので、マダムの恐怖が本当によくわかりました。

とにかくここも、パリ市内どこでも、人気のない場所は要注意です。

パリプラージュはセーヌもここヴィレット貯水池も、7月9日(土曜日)から始まっていて、最終日は8月21日(日曜日)。

私も久しぶりに夏の週末のヴィレットもいいな、なんて思ってカレンダーをチェックしておりま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

毎日最高気温が25度前後で、気持ちの良い気候が続いているパリ。

そんなパリを今週お散歩してまいりました。

IMG_4628 - コピー

びっくりしたのは、まだ多くはないですがアジア人観光客を見かけたこと。

もうじきだろうな、とは思っていたけど、ついに戻り始めてきたようです。

日本人らしき人は、この日は見かけなかった(気づかなかった)のですが、日本からの観光の方々も徐々に増えているよう。

長かったコロナ禍ですが、やっとこの日がやってきたように感じます。

嬉しいです♪

IMG_4549 - コピー

5月16日からは公共交通機関でのマスク着用義務がなくなったので、電車でもメトロでも多くの乗客がマスクなしとなっております。

でもアジア系を含む一部の乗客たちはマスクを今も着用しておりました。

私もマスク着用だったのですが、理由は2つありまして、まず1つめは、コロナ第7波が始まっていること。

今毎日ニュースにもなっております。

やっぱり来ちゃったか、って感じですかね。

IMG_4536 - コピー

そしてもう1つは、今パリは花粉と大気汚染で空気がかなり悪くなっていて、アレルギー体質の私にはかなりキツイ状況になっているからです。

IMG_4648 - コピー

この日も朝お薬を飲んできたけど、1日中涙が止まらず目が真っ赤。

鼻もぐずぐずでずっとティッシュを持ち続けながら歩きました。

IMG_4623 - コピー

実はコロナ第7波と花粉、大気汚染の他にも問題になっていることがあります。

それはスリとひったくり被害がさらにひどくなっていること。

特にエッフェル塔付近では、被害が多発。

しかもビール瓶で頭を叩くなど、手口がさらに暴力的になっております。

スリたちにとって2年ぶりにやってきた、1年に1番の稼ぎ時なので、とにかく荒稼ぎしたいのでしょう。

IMG_4629 - コピー

私も旦那に、今エッフェル塔は危ないから行かない方がいいよ、と言われ、この日は寄らず、普段以上に十分注意するようにしました。

IMG_4593 - コピー

それでもやはりパリ歩きは楽すぃ。

この日もたくさんの新鮮発見と美味しいものに出会って大満足でした。

IMG_4636 - コピー

これからパリに来るご予定のある方は、スリに十分過ぎるくらい注意して、アレルギーがある方はご自分にあった準備をなさってくることをおすすめいたします。

不安にしてしまうようなことを書いてしまいましたが。

今年のパリの春夏は天候にとても恵まれて、一層美しく素晴らしいパリとなっております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今週はお出掛けしないともったいないくらい、毎日青空に恵まれて暖かくなっております。

ということで、パリ散歩に行ってまいりました。

IMG_3980

コーデはコチラ。

我が街リサイクルショップで見つけたトリコロールのイカリ柄コットンセーターにデニム、白い帽子、赤いバッグ。

そして白スニーカーを合わせました。

家を出る直前まで帽子の色に迷って、ナチュラルカラーの麦わら帽子や紺色の帽子もかぶってみましたが、バッグの色とのバランスも考え、結局シンプルな白チョイス。

IMG_3920 - コピー

この日は今週の中でもスペシャルな太陽燦々デー。

降り注ぐたっぷりの光と、その陰影がパリの街を一層引き立てて。

ああ、今の季節のパリはやっぱり最高に美しいな~と、いくつかのカルティエを通り過ぎる度に思いました。

IMG_3907 - コピー

公園では肌焼きブロンズ星人の姿をあちこちで見かけました。

もうこれはパリの春夏の風物詩?ですね。

でも6、7年前くらいから紫外線が危険ということがやっとニュースなどで伝えられるようになって以前のような、普通じゃないくらいのブロンズ色の人、を見かけることはかなり少なくなりました。

やっと、ほどほどに日焼けを楽しむようになってきた感があります。

IMG_3843 - コピー

久しぶりに寄った下町マルシェはいくつかお店が変わっていて、一度行って美味しかったマルシェ近くのビストロも別のお店になっておりました。

若いシェフさんだったけど、今はどうなさっているのか。

どこかでまたあの美味しい料理でお客様を楽しませていらっしゃることを願います。

IMG_3966 - コピー

記事タイトルにも書いておりますが、久しぶりにスリ現場にも遭遇しました。

メトロの中だったのですが、突然隣の車両から男の叫び声がして、車両間の窓越しに見てみると。

男性2人が1人の男を捕まえているのですが、男はその手を必死に振りほどこうとしながら、俺は何も盗っていない!離せ離せ!と叫び続けておりました。

そして電車が次の駅に滑り込んで停まったのですが、乗車口が開かない。

どうやら男性2人は私服の警官だったようで、開いた乗車口からスリが飛び出して逃げないよう、メトロの係員と携帯電話?トランシーバー?みたいので連絡しあった模様。

ホームにいる人たちはメトロのドアが開かないので、あれ?となっていましたが、男の叫び声が響き渡っていたので事態を把握。

でも2、3分も経たないうちに乗車口が開き、私服警官に完全に捕まった男が電車から降ろされ、どこかに連れらえていきました。

その一部始終を多くの乗客(私も)とホームで待っていた人たちが男が見えなくなるまで眺めていました。

ちなみに男は欧米系フランス人でした。

パリのメトロはロマ人スリだけじゃない。

フランス人スリもたくさんいるので要注意です。

IMG_3950 - コピー

エッフェル塔もあちこちに肌焼きブロンズ星人。

IMG_3943 - コピー

コロナ禍真っただ中の時はこの界隈に住む地元民の姿ばかりだったけど。

今は地元民も観光客もいて、コロナ禍以前の賑やかだけどのどかな光景がすっかり戻ってきております。

IMG_3940 - コピー

やっぱりエッフェル塔はこうでなくっちゃ。

IMG_3961 - コピー

可愛いわんちゃんにもたくさん出会いました。

めっちゃ吠えてきたプードルちゃんもいたけど、わんこが苦手だった昔とは違って、今は吠えられても基本恐くありません。

皆それぞれ性格が違って、恐がりちゃんで吠えている子がたくさんいることを、わんこと暮らしてわかりましたからね。

IMG_3951 - コピー

以前住んでいたアパルトマンの近くの薬局も閉店で只今工事中。

古いお店で趣があったのですけどね。

ただお客さんはそれほど入っていなかったような気が…。

IMG_3970 - コピー

IMG_3958 - コピー

懐かしカルティエも徐々に変化中なのです。

IMG_3973 - コピー

IMG_3857 - コピー

この日は結局合計7時間近く歩いたのですが、楽し過ぎて疲労感があまりないまま帰宅。

毎日のわんこ散歩2時間がかなり足腰を強くしてくれているな、と思いました。

歩くのって本当にグッドです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今週もお天気に恵まれて暖かいパリです。

ということで、春服を着てパリ散歩出来る日を待っていたので行ってまいりました。

まずは前日に着る服をチョイス。

IMG_3599

選んだのはコチラ。

去年の春のブロカント市で買ったZARAのローズピンクのブレザーにデニム、ロゴ入り白Tシャツ、黒い帽子です。

これに白スニーカーを履き、バッグは黒にしました。

IMG_3601

Tシャツはこのシルバーのロゴ入りと黒ロゴ入りと迷いましたが、今回はシルバー。

帽子とバッグが黒なので、Tシャツの黒はちょっと外してみました。

ブレザーは去年から引き続き人気。

この春夏も着まくろうと思っております♪

IMG_3638 - コピー

こんなコーデで朝から元気にパリ散歩。

マロニエの花が咲くこの通りは、クロワッサンとコーヒーとオレンジジュースの朝食をとる観光客で賑わっておりました。

ニュースにもなっておりますが、パリの観光客、かなり戻ってきております。

でもヨーロピアンが中心。

アジア系の観光客はさすがにまだまったく見かけません。

すっかり以前のようになるまでは、あともう少しかかりそうかな。

IMG_3611 - コピー

パリは色づいた木々も似合うけど、やっぱり新緑の季節が私は最高だと思います。

パリにこの季節が来ると、私はエリック・ロメールの春夏の映画の世界がいつも重なります。

爽やかで光に溢れて透明感がいっぱい。

IMG_3604 - コピー

フォトする気分も足取りも軽やかです。

IMG_3613 - コピー

しょっちゅう歩くカルティエも、一歩裏道を入ると新鮮通り。

IMG_3615 - コピー

IMG_3623 - コピー

でも。

初めての裏通りも歩いて行けばそのうち知ってる通りに出るのが、小さな街パリの良いところ。

IMG_3618 - コピー

この日コーデ写真もちょいとパチリ。

IMG_3626 - コピー

IMG_3624 - コピー

お楽しみランチは初めてカルティエのオープンしたてのビストロに行ってみたのですが、料理美味しいし、サービスの人がめちゃくちゃ優しくて、しかもイケメン!

料理はもちろんだけど、サービスって大事だな、とつくづく思いました。

(顔もでしょ!って突っ込まないで~)

IMG_3629 - コピー

朝のマレ地区では自転車ツアーの観光客に遭遇。

自転車ツアー、環境に優しいしグッドだと思います。

日本からの観光客が復活してくる頃は、日本人向けパリ自転車ツアー、増えてるかもしれませんね。

IMG_3625 - コピー

ここは1913年に建てられたユダヤ教の会堂シナゴーク。

設計はアール・ヌーヴォーの建築家エクトール・ギマールです。

この会堂があるパヴェ通りは、大きめの黒い帽子と黒いスーツの黒ずくめの服装をしたユダヤ系の人々をよく見かける、スペシャルな場所。

趣のある建物が並び、ユダヤ系の人々が行き交くその光景は、味わいがあってなかなか素敵なのです。

でもこの界隈の飲食店はちょっと注意。

ユダヤ系パン屋さんで美味しそうな総菜パン(厚切り食パンの半分くらいの大きさ)を見かけたので朝食がわりに食べてみようかな、と思って値段を聞いたら、何と1個6、10ユーロですって。

はい?とびっくりしてもう1度値段を確認したら、お店の人が苛立ちながら、だから6、10ユーロです!と。

とんだぼったくりです~。

もちろん買うわきゃあ~りません。

IMG_3647 - コピー

そんなことも含め、今回も自分の足で見つけたオリジナル情報がいくつかありますので、フォト整理しながら順番にご紹介してまいりたいと思いま~す♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

パリで最初に住んだのはエッフェル塔のすぐそば7区のカルティエ。

パリの中でもこの界隈は高級住宅街としてよく知られていて、通りを交差してつながっているいくつかの商店街は、いつも賑やかで歩くだけでも楽しいんです。

(でも私の住んでいた部屋はその中のほんと小さな一角で安全な立地だけがポイント)。

IMG_2541

その商店街の1つがここクレール通り(Rue Cler)。

ラデュレやフランソワ・プラリネ(ローズプラリネを使ったブリオッシュで有名)などいくつもの人気パティスリーや老舗イタリア総菜店、フランス惣菜店、チーズ専門店などが並び、パリのグルメ通りとも呼ばれているんです。

IMG_2542

そのクレール通りに、フランスで世界で大躍進中のドイツ系スーパー「アルディ」がオープンしていてびっくりしました~。

アルディについてはこちらの2つの記事でも書いております。

20年前との違い。ドイツ系スーパー躍進の理由
ドイツ系企業の戦略を見た。リドルのアルディそっくり商品

以前もここは、フランス大手企業カジノグループの格安スーパー「リーダープライス」だったのですが、いつのまにかアルディになっていたというわけです。

我が家がアルディを気に入り、しょっちゅう行くようになった2年前にパリ市内の店舗を調べたことがあるのですが。

その時は20区に1店舗だけだったのです。

郊外と地方にはたくさん店舗がありましたが、パリ市内はまだ進出出来ていなかったのです。

ところが、今回久しぶりにまた調べてみたら、現在パリ市内は6店舗(7区、10区、12区、13区、18区、20区)まで増えておりました。

そして確か3年くらい前までは3店舗くらいしかなかった同じくドイツ系スーパー「リドル」は何と18店舗(10区、11区、12区。13区、14区、15区、16区、17区、19区、20区)にまで増えておりました。

いや~、これにもびっくり。

これからいったいどれだけパリ市内にも、この2つのスーパー増えていくのでしょう。

でもこれはパリっ子も嬉しいと思いますし、いつかパリ旅行が出来る時が来たら、日本&世界の旅行者さんも嬉しいと思います。

お値段のわりに大満足のバラエティ豊かなモノがたくさん見つかりますからね。

早くそんな日が来て欲しい…。

それにしてもこの2つのドイツ系企業の戦い、ど、どうなるのか。

今年の終わりくらいにまたどれくらい増えているか数えてみたいと思います。

忘れなかったら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ