パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

普段着のパリ、カルティエ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は8度、最高気温は11度で、お天気は曇りとなっております。

パリで一番有名?なセレクトショップと言えば2009年オープンのマレ地区にある「Merci(メルシー)」。

ちょうど近くでランチの予定だったので久しぶりに寄ってまいりました。

IMG_1089

ショップ前にある赤いフィアットはお店の名物。

パリに来たことがある方ならMerciの文字を見なくても、この入口と車の絵柄でわかる方が多いと思います。

IMG_1091

衣服やアクセサリー、バッグ、靴、インテリア雑貨など、さっすがおしゃれなものがいっぱい。

IMG_1093

Merciと言えばこのトートバッグも人気。

色も大きさもいろいろと揃っております。

IMG_1095

秋の今はニット系がとても充実していて可愛いのがた~くさんありました。

パリのショップって春夏物はカラフルな色が揃っていても、秋冬物になるといきなり暗い色ばかりになってしまうことが多いのですが、ここはそんなことはなくて明るい色の物もたくさん。

IMG_1098

まるで春物のような優しいパステルカラーのブラウスもありました。

IMG_1096

でもお値段はかなりお高め。

たとえば可愛いな、と思ったセーターは280ユーロ(今日の換算だと日本円で44,807円ちょっと)でした。

とてもじゃないけど一般庶民が買えるお値段ではありません。

そんなことを思っている側で聞こえてくるのは、フランス語よりも英語や中国語、日本語などの外国語。

この時はほとんどが外国人観光客のようでした。

なのでスタッフさんたちは英語対応もバッチリ。

(若干巻き舌が激しい方もいらっしゃいました)

IMG_1099

もちろんフランス人のお客さまもいるでしょうが、日本の情報で紹介されているほどにはフランス人っておしゃれにこだわってないし、おしゃれにお金をたくさんかけられる人もそんなには多くないはず。

特に一般庶民はこのお値段出してまで買う人は正直少ないだろうな、と思いました。

パリにやって来た頃は、おしゃれを1番したいだろう年頃の子たちが服は適当で髪もくしゃくしゃで、何なら寝ぐせもついていて、雑誌などで見ていた日本のパリ情報はいったい何だったの?と思ったくらいです。

ただし今はその頃よりは若い子たち、おしゃれになっていて、パリでもパリ郊外の我が家周辺でも、オーバーサイズのダサ可愛いコーデを楽しむ子をよく見かけます。

パリ市内でも郊外でもいつでも賑わっているな、と思うショップはファストファッション(流行を取り入れた大量生産で低価格の衣料品や業態)のブランドで、スペインの「ZARA」やスェーデンの「H&M」、日本の「UNIQLO」など。

中国の「SHEIN」は今年の5月、パリ4区に期間限定のコンセプトショップをオープンしましたが、連日大行列になっていることがニュースになっておりました。

リサイクルも盛んなので、たとえば我が街のリサイクルショップは、1ユーロフェアやヴィンテージフェアがあると、英語圏の人まで並ぶほどの大行列になります。

フランスもピークは過ぎたもののインフレが続いているので、ますますプチプラ傾向のように感じます。

そんなフランスなので、ここで買うのはごく限られたフランス人、あとはほとんどが観光客かもしれないな、なんて思いました。

でも商品は本当に可愛いので、たとえばせっかくのパリ旅行なのでメルシーに行きたい!奮発して何か買いたい!

っていう気持ちはよ~くわかるな~。

私も旅行でパリへ、っていうんだったら、記念にもなるし買いたいかもです。

やっぱりトートバッグかな?!

IMG_1100

見るだけでも楽しくて参考にもなるMerci。

周辺にもおしゃれなショップがありますよ~。

住所・・・111 Boulevard Beaumarchais 3区
TEL・・・01 42 77 00 33 
HP・・・Merci

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は12度、最高気温予想は16度で、お天気は曇りときどき小雨となっております。

IMG_1063 - コピー

どんよりとしたお天気が続いているパリですが、1日だけ青空が広がった日があったので、パリをお散歩してまいりました。

IMG_1081 - コピー

でも、パレスチナ自治区のガザでの軍事衝突以来、フランスでも教員が殺される事件が起き、複数の空港やヴェルサイユ宮殿では爆弾騒ぎが相次いていて、テロ警戒水準が最高レベル。

それでもそんな事件に巻き込まれることが滅多にないことは約15年間のフランス暮らし(パリ14年ニース1年)で実感しているので、いつもより少し気を引き締めて、という感じです。

IMG_1078 - コピー

テロ警戒水準が最高レベルでも、パリは至っていつも通り。

日本人観光客の方々もた~くさんお見掛けしました。

IMG_1057 - コピー

久しぶりの雲のない秋の澄んだ青空に心ウキウキ♪

IMG_1106 - コピー

それに、やっぱりパリ郊外とはぜんぜん違うパリだけの風景があるんですよね。

IMG_1101 - コピー

パリは至っていつも通り、とはいうものの。

大通りでは普段あまり見ることのない「ヴィジピラットゥ(Vigipirate)」の巡回車を何台も見かけました。

(写っているのは関係のない車です)

「ヴィジピラット」は政府が決めた時に出動するフランス軍中心の編成部隊。

この中には過酷な訓練を受けた外人部隊「レジオン・エトランジェール(Légion étrangère)」も混ざっております。

甘くない。フランス軍とフランス外人部隊Légion étrangère

事件が勃発すると、このツワモノたちがすぐ駆け付ける、というわけです。

IMG_1137 - コピー

大通りではそんなこともあるけれど、一歩入れば裏通りには静かな時間が流れております。

IMG_1126 - コピー

ここは華やかカルティエとは対照的な下町カルティエ。

IMG_1181 - コピーコピー2

お気に入りの一角の窓辺には、わかり辛いのですが、大人しい黒猫ちゃんが佇んでおりました。

IMG_1084 - コピー

マイナーカルティエにも足を延ばして、可愛いヴィンテージショップを発見したり、再現に挑戦出来そうな美味しいランチもいただいて、1日限定の青空パリを大満喫!

でも、翌日にはまたどんよりお天気にすっかり戻ったので、なんだか青空が嘘のよう…。

いよいよ11月のパリが近づいてる気配です~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は16度、最高気温予想は29度で、お天気は晴れの予定となっております。

Beau mois de juin à Paris、パリの美しい6月をお散歩してまいりました。

IMG_9066 - コピー

この日も青空でしかも気温30度。

もう完全に夏です。

女性たちの素肌が眩しい季節です。

IMG_8993 - コピー

日本ではコロナ第9波到来、という話も出ておりますが。

こちらフランス、パリはコロナはもうすっかり過ぎ去った雰囲気。

マスクをしている人もほとんど見かけません。

IMG_8996 - コピー

そしてアジア人の観光客がかなり戻ってきていて、その中には日本人観光客の方々もたくさん見かけました。

3年半かかってや~っとここまで来たな~、なんて思いました。

IMG_9018 - コピー

IMG_8987 - コピー

残念だったことも1つあって、朝カフェするために行った老舗の珈琲屋さんがなくなっていたこと。

ずっと行きたいと思いながら数年経ってしまっていたので、もっと早く行っておけば良かったな、と思いました。

IMG_8989 - コピー

IMG_9021 - コピー

探している食材があったので、老舗デパート、ボン・マルシェにも寄ってまいりました。

IMG_9023 - コピー

ここでも日本人観光客の方を結構見かけました。

で、時折耳をかすめる日本語をちょいと懐かしく感じながら、私も探しもの無事ゲット。

スペシャルなものが欲しい時はやっぱりボン・マルシェが頼りになります。

普段食材は、良心的なお値段の割に品質が悪くないドイツ系スーパー「リドル」や「アルディ」が良いですけどね。

IMG_9029 - コピー

IMG_9045 - コピー

可愛いわんこたちにもたくさん出会いました。

この子はショップの看板犬。

大人しくてぽ~っとした子。

IMG_9042 - コピー

暑さのせいでへたっているのはシベリアンハスキーちゃんたち。

同じわんこを持つ身としては、暑い日中は出来れば連れ歩かないで欲しい。

と、余計なお世話ですが思ってしまいます。

IMG_9044 - コピー

カフェも今の季節は明るく華やか。

IMG_9069 - コピー

IMG_9055 - コピー

エッフェル塔のお膝元、シャン・ド・マルス公園はピクニックを楽しみ人たちで大賑わい。

IMG_9056 - コピー

私も渡仏してすぐこのそばに1年住んだので、よくピクニックをしたものです。

おトイレに行きたくなったらすぐアパルトマンに戻れば良いのでそれがかなり便利でした。うひ。

IMG_9072 - コピー

そしてそして。

さらに造花ファサードカフェが増えていてびっくり。

費用よりインスタ映え。パリのカフェは造花ファサード大流行中

あそこにも。

IMG_9077 - コピー

ここにも。

IMG_9080 - コピー

あ、こっちにも。

と、1本の通りに造花ファサードカフェが何軒もある状態のところも何か所かありました。

とにかく大大大流行中~。

IMG_9060 - コピー

そんなパリのスペシャル大流行も含め、いつだって発見があって楽しいパリ歩き。

たまに迷い子になりながら、いつも通りぷらぷらとことこ気ままに歩いて、気づけば朝9時に家を出て8時間。

いやいやこの日もよく歩きました。

でもわんこ散歩や隣街マルシェ遠征などで毎日2、3時間歩くのが日課になっている今は、8時間でも結構大丈夫。

痩せたいし身体強くなりたいし、と思って以前エアロビやジョギングを必死にやっていた時期があったけど、歩くのが自分には1番合っているような気がします。

IMG_9085

最後になりましたが、この日のコーデもご紹介。

ブロカント市で買った白のコットンのトップスに、緩めのデニム、編みバッグ、麦わら帽子。

これにシルバーゴールドのぺたんこサンダルを合わせました。

編みバッグを合わせたのでどことなくボヘミアンな雰囲気になりましたが、白なのでボヘミアンでも少し綺麗めな感じになったかな、と勝手に思っております。

好きな服でパリを歩くのもそれまた楽しみの1つ。

次回もまた別の夏服コーデでお散歩したいです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は6度、最高気温予想は9度で、お天気は曇りとなっております。

パリの長く暗い冬が好きじゃないことをこのブログでしょっちゅう書いておりますが、夕闇が降りた後の光景だけは別。

特にエッフェル塔の美しさは格別です。

IMG_7344

そんな真冬のエッフェル塔のふもととカルティエを歩いてきました。

IMG_7360

ここはグルメ通りとして日本でもよく紹介されているサン・ドミニク通り。

渡仏して1年間、このカルティエに住んで毎日歩いていたので、思い出深い通りです。

でもその頃にあったお店は結構変わっていて、毎日のようにバゲットを買っていたパン屋さんは別のオーナーのパン屋さんになったし、軽~いお兄さんがいたお土産屋さんはイタリアン総菜屋さんになったし、お花屋さんがあったけどなくなりました。

日本人観光客がよく食事に来ていたクリスチャン・コンスタンさんの「カフェ・コンスタン」は、コンスタンさんが引退して、人気料理家のシリル・リニャックさんが新オーナーになって、名前も「カフェ・リニャック」となりました。

カフェ・コンスタンのそばでコンスタンさんをお見掛けして、思わず声をかけたはいいけど、名前が出てこなくて「あなたはとても有名なシェフさんですよね?」と言ったら。

「そうだよ!」と言って気軽に握手してくれたのは、ちょっと可笑しくて楽しい思い出です。

IMG_7355

サン・ドミニク通りの裏通りにある「カフェ・ド・マルス」は当時からあるけど、オーナーが変わりました。

以前のダンディなオーナームッシューには、お店の前を通るたびにしょっちゅうからかわれたものです。

もう一軒同じ通りにあった年季の入ったビストロのオーナーはかなり年配の若干恐い雰囲気のマダム。

そのマダムと対照的なめちゃくちゃ甘ったれの黒いトイプードルちゃんがいて、通るたびにしっぽぶんぶん振ってくんくんいって、すんごい可愛かったのです。

でもドアの枠の一歩でも外に出るとマダムがすぐ怒るので(危ないですしね)、プードルちゃんは枠から出ないように必死に我慢しながらも、今にも出ちゃいそうな感じで甘ったれアピールして来るのです。

で、私はマダムに怒られないよう気をつけながら、プードルちゃんを落ち着かせながら、なでなでする。

をしょっちゅうしておりました。

でも数年後、そのお店の工事が始まっていて、作業してる方に聞いてみると、オーナーが変わって新しいレストランがオープンする、と。

でもマダムは今もこの近くに住んでるよ、と、言っておりました。

なので、あのプードルちゃんもまだそばに住んでるんだな、と、なんだかちょっとほっとしたものです。

その新レストランもその後また別のレストランに変わりました。

日本人オーナーの日本食レストランもあってかなりお客さんが入っていたけど、そこもいつの間にか閉店しました。

1度行ったけど、日本人からすると正直普通でした。

何れにしてもお店を経営するというのはやはりかなり大変だと思います。

IMG_7369

サン・ドミニク通りを抜ければエッフェル塔はすぐそこ。

やっぱりライトアップしたエッフェル塔は相変わらず綺麗です。

今パリ郊外に住んでいて、日の長い春夏はこのライトアップはなかなか見ることが出来ないので、私にとってこの光景は真冬のパリを散歩する時の大きな楽しみ。

15年前、こんな光景を毎日見れていたことは本当に恵まれていたな、と思います。

渡仏してすぐ住んだアパルトマンの日系不動産屋の女性担当者は本当に最悪だったけど、それもまあ過ぎたことです。

日系不動産屋の担当者との会話で地雷を踏んだ話

IMG_7375

エッフェル塔のふもとは観光客で大賑わい。

以前はエッフェル塔の真下も自由に通れたけど、今はぐるりとガラスの囲いが出来て、エッフェル塔に入場する人のみが入れるようになっております。

IMG_7379

エッフェル塔に来たことがある方は知っていらっしゃると思いますが、ふもとにはメリーゴーランドがあります。

ここだけじゃなくパリにはフランスには、遊園地に行かなくてもメリーゴーランドが街中に普通にあります。

子供の頃は街中にメリーゴーランドがあるというのは、夢の欧米世界だったけど、今ではすっかり慣れてしまいました。

IMG_7387

セーヌ川もすぐそば。

セーヌを眺めると、パリに住むのが長くなっても、ああパリだな、と思います。

IMG_7385

ガラスの囲いがなかった時は、エッフェル塔の真下にいた物売りたちは、今は囲いの周りで商売。

買う観光客がいるのがいつも不思議でなりません。

IMG_7389

初めてエッフェル塔に来たのは大昔、旅行で姉と来た時で、あの時は2人でウロウロしてどこがどこだかさっぱりわからなかったけど、長い月日が流れました。

IMG_7391

ここは住んでいたアパルトマンの1本裏通り。

私にとってここでの暮らしは、人生第2章&遅い2度めの青春がまさかのパリだった、的な感じで、いつかは日本に戻るのだろうと思っていたので。

今も電車ですぐ来れるのがなんか不思議だし、残れていることを本当に幸せに思います。

IMG_7394

そんなことを思いながら(来るたびに思っている)歩いていると、派手な造花飾りのファサードのカフェが。

コレはまさしくコレです。

費用よりインスタ映え。パリのカフェは造花ファサード大流行中

IMG_7396

ということで。

いろいろ変わってはいるけど、建物自体はほとんどそのままなので、ちょっと寂しいけど、激しく寂しいまでにはならないで済むパリ。

なのでいつ来ても懐かしいし、ほっとするし、嬉しいです。

多くが石造りの建物で地震もないですからねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は5度、最高気温も5度で、お天気は曇りとなっております。

パリ散歩した日、モンマルトルの日本人パン職人、稲垣信也さんのお店に行く前に。

大行列の2つの理由。モンマルトルの日本人パン職人のShinya Pain

モンマルトルの丘の裏にあるお気に入りのサン・ヴァンサン墓地に久しぶりに寄りました。

IMG_7243

コロナ禍が急速に広がっていた2020年の9月にモンマルトルに来て、観光客が消えたモンマルトルの光景に衝撃を受けた後この墓地を歩いたのが、約2年半前。

その後もコロナ禍真っただ中の時に1度寄ったのですが、その時は閉まっていたのです。

なのでここに来るのは結構久しぶりとなります。

IMG_7238

IMG_7256

IMG_7236

このサン・ヴァンサン墓地がお気に入りなのは、ユトリロが眠っているから。

このユトリロのお墓の真後ろは、酔いどれ画家とも称されるユトリロが飲んだくれて歩いた坂道があって、ユトリロ、ルノワール、ピカソなどが通った19世紀中頃から続くシャンソニエ(歌を聴かせる酒場)の「オ・ラパン・アジル」が今も営業していて。

当時とそれほど変わらない風景が広がっているのです。

絵にはまったく詳しくないのですが、当時と今が、このユトリロのお墓で不思議につながっているように思えて、少しタイムスリップした気分になれるんです。

IMG_7264

IMG_7282

モンマルトルにはもう1つ、モンマルトル墓地という広大な墓地があって、画家のエドガー・ドガ、作家のスタンダール、映画監督のフランソワ・トリュフォー、歌手のダリダなどたくさんの著名人が眠っております。

それに比べるとこのサン・ヴァンサン墓地はとてもとても小さな墓地。

10分もあれば1周出来ちゃいます。

なので気軽に寄って、ゆったりした時間を少しだけ過ごすのにちょうどよいんですよね。

IMG_7289

ここに来たら、ユトリロのお墓ともう1人、映画監督のマルセル・カルネのお墓にも必ず寄ります。

1883年に生まれて1955年に亡くなったユトリロと、1906年に生まれて1996年に亡くなったマルセル・カルネ。

2人共パリ生まれで同じ時代に生きていた時期が結構あって、今お墓は目と鼻の先だけど、生きていた時も会ったことがあったのかな。

なんて過ります。

IMG_7272

IMG_7277

で、1周してそろそろ墓地を出ようかな、と思っていたその時、ふと、鮮やかな青い花が飾られた、前回は気が付かなかった新しめのお墓に気付きました。

1956年創業のモンマルトルの有名キャバレー「Chez Michou」の名物オーナー、ミシューさんのお墓でした。

2020年に88歳で亡くなったのはその時のニュースで知っていたけど、この墓地に埋葬されたことは知りませんでした。

IMG_7279

青い服と青いサングラスがトレードマークだったミシューさん。

2018年に自分でこの墓地の予約を済ませていたようです。

いつだったかTVのルポルタージュで彼のモンマルトルの最上階アパルトマンが紹介されていたけれど。

植物や花々で美しく飾られた広いテラスからはモンマルトルが一望出来て、美しいものが好きだったんだな、と感じました。

キャバレーは男性が有名歌手(主に女性)の扮装をして歌って踊るスペクタクルショー。

ミシューさんが亡くなった後、お店の継続はどうなるのか、という話が出ていましたが、今も続いているようです。

HP→Chez Michou

IMG_7291

この墓地は周りのアパルトマンもどれも歴史を感じる古い建物で、アパルトマンの住人さんたちはいつもこの古き良きパリの面影が色濃く残った風景を見下ろし、そして自分たちもその中に住んでいる。

という環境。

住んでいると慣れて当たり前になっていくのだろうけど、やはりかなりスぺシャルで恵まれているな、と、庶民でしかも外国人の私なんかは思っちゃいます。

ひったくりや泥棒もものすご~く多いようですけどね。

住所・・・6 rue Lucien Gaulard 18区
メトロ・・・「Lamarck Caulaincourt」⑫号線

ということで、最後は全世界を席巻中のイタリア、ローマ出身のロックバンド、マネスキンのロックバラードで終わりにさせていただきます。

曲も墓地が舞台の映像も美しいです。


それでは、墓地から言うのもあれですが、どうぞ良い週末を!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ