パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

週末ごはん

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は5度、最高気温予想は13度で、お天気は曇りときどき晴れとなっております。

今週は気温が下がって暖房が必要なパリとなっております。

なのですが。

先週末の土曜日はその前の土曜日と同じで、いきなりぐぐんと暖かくなりました。

で、もちろん前もって天気予報で知っていたので今年2回めのお庭ごはん開催。

IMG_3343

まずはテーブルコーデ。

ピンクの小花柄のテーブルクロスに控えめ柄ブロカント皿チョイス。

甘いピンクの小花柄のお皿も考えたけど、今回は抑えめにしてみました。

IMG_3347

お花は旦那に空地で摘んできてもらったリラに庭咲きの紫と白の花を合わせ、ブロカントのソース入れに飾りました。

リラがい~い匂い。

IMG_3350

先ずはアミューズで、冷凍しておいたフォカッチャで生ハムのプチサンドイッチです。

リベイクしたらご覧の通りちょっと焦がしちゃいましたが、お味はグッド。

フォカッチャ作りはだいぶ慣れてきて、美味しさにハマっている今日この頃。

なかなか奥が深いイタリア生まれのパンちゃんでございます。

IMG_3352

そして前菜は自分レシピであれなんですが、この結構おしゃれな1品。

美味*白アスパラと生ハムの苺ソース添え by ルロワ・モワ

自分で結構おしゃれって言っちまうのもあれなのですが、家ごはんで出て来る1皿としてはなかなか悪くないと思います。

そしてかなり美味♪

でも、今回ドレッサージュを若干失敗しました。

周りのソースの点々をちょっと失敗したので、それを誤魔化そうと思い、デザートによくある模様をつけたのですが。

これ、デザートには良いけど、前菜にはなんか変。

と自分で思いました。

ま、でも美味しかったからいっか。

IMG_3354

メインも自分レシピでして、フランスのこの王道ソースで。

ロックフォールチーズのステーキソース by ルロワ・モワ

ステークフリット(ステーキ&フライドポテト)です。

久しぶりのこのお味ソースだったけど、前日からマリネしておいた柔らか赤身肉と合って、2度揚げポテトもサクサクで、これもと~っても美味しかったです。

ちなみに、多くのフランス人と同じで、旦那もフライドポテトに目がないので、私の2倍近くの量を添えております。

IMG_3359

デザートもありまして、苺のティラミスです。

この週末くらいまでに使っちゃわなくちゃな開封済みマスカルポーネがあったので、苺と合わせて簡単作成。

15分くらいで作ったのですが、旦那がスーパーボン!と絶賛。

こんな簡単なのにスーパーボンなんて…こりゃマスカルポーネ残ったらまたこれだな、と心の中で思いました。

IMG_3361

さて、こんな暖かなお庭では、今、家庭菜園のための準備が着々と進んでおります。

今年から私も本格的に参入?しておりまして、この種を植えた鉢植えは全部私がやりました!(鼻ふがっ)

去年初めて挑戦したアジサイと山椒の挿し木が何とかうまくいって(山椒は旦那が適当にやったものが上手くいったのですが)、一昨年マルシェの花屋さんで買った残り物のお買い得ハイビスカスが元気に育ってくれていて、植物の可愛さ、育てる楽しさに目覚めちまった感じなんです。

芽が出てくれると、大きくなってくれるとめっちゃ嬉しい♪

しかも10日くらい前に同じ通りに住むご近所さんが粗大ゴミの日に家庭菜園用品をばかばか出しておりまして、全部持ってっていいよと言うので、それをたくさんいただいたのですよ!

IMG_3363

そのいただいたもの大物①はこのビニールハウス。

寒い日、雨の日に植物を避難させるのに便利で、今週は気温が下がっているので、寒さに弱い子たちに早速せっせこ移動してもらいました。

IMG_3365

いただいたもの大物②は虫よけのプラスチックカバー2個。

熟してきた苺の実や青じその若葉はエスカルゴの大好物。

毎年、ビニール袋をかぶせて守っていたけど、これがあればある程度守れます。

この他にもBIO(オーガニック)の培養土や大小のプランターもたくさんいただきました。

ご近所さんがなぜ粗大ゴミに出したのかは聞いていないのですが、思いっきりどんどこ出していたので、家庭菜園をやめるということなのでしょう。

始める人もいればやめる人もいる。皆いろいろです。

とにかく我が家的には超ラッキーでした♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は5度、最高気温予想は13度で、お天気は晴れときどき曇りとなっております。

週末土曜日は気温が26度まで上がったパリ。

で、数日前から天気予報でわかっていたので、今年初のお庭ごはんと決めておりました♪

IMG_3277

テーブルに飾ったのは、近くの空き地で旦那が摘んできたリラの花。

リラは花も香りもだ~い好き。

我が家にもあるのですが、植えている場所がいまいちらしく、咲くのが遅いし花もたくさんは咲かないんですよね。

植物はその子たちにあった場所に置いてあげたり植えてあげるのが1番。

(旦那よ、なぜあそこに植えた?)

IMG_3282

今年初のお庭ごはんとくれば、今年初のバーベキュー!

ちょうど前日のお買い物でお買い得になっていたバーべキュー用の豚ちゃんブロシェットがあったので、冷凍してあったグリル用チョリソーと一緒に早速焼き焼き。

IMG_3280

他には冷凍しておいた自家製ファラフェル&ヨーグルトスパイスソース。

IMG_3284

ドイツ系スーパー「リドル」で去年買った、賞味期限ぎりぎりのフリーズドライ野菜とスパイス入りのパエリアセットに、冷凍魚介とルジェ(ひめじ)をプラス。

火が通りやすく崩れやすいルジェなのでそこだけ注意しつつ作りましたが、ちょうど良い火の通りになって美味しかったです。

ただしパエリアは袋の裏の説明通りに作ったら、もう少しお米がアルデンテ気味でも良いな、と思いました。

私の作り方か我が家のIH調理器の加減もあるのかもしれません。

また売っていたら便利なのでまた買いたいですが、今度は少しだけ炊く時間を短くしてみようと思います。

IMG_3298

で、冬にほったらかしておいたお庭の片付けと家庭菜園の準備も、ちょうど先週から始めたところ。

左下に写っているのはニラですが、先週ほとんど使っちゃったので今少しだけ残っている状態。

でも去年種を収穫しておいたので、近々お隣にもまく予定。

この一角全部ニラちゃんでも良いくらいで~す。

IMG_3304

去年挿し木したアジサイも育ってまいりました。

でも同じ時期にご近所日本人ご夫婦宅からいただいて挿し木した山椒は夏&秋の間、毎日とてもとても気をつけていたけど、長雨の時期にダメになってしまってショックでした…。

山椒の挿し木はかなり難しいといろんな園芸サイトで書かれていたので覚悟はしていたけど、本当にそうでした。

なのでいくつかあった山椒の挿し木の鉢植えを全部諦めて、冬の間、枯れたまま外にほったらかしておきました。

IMG_3310

そしたら何と、旦那が鉢植えに適当に挿した枯れ枝から1本だけですが、いつのまにか芽が出てきていたのです!

これには本当にびっくりで私的には小さな、いやかなりの奇跡!

小躍りするくらい喜んじゃいました~。

枯れて死んじまったと思ったけど、植物、思ってるより簡単に死なないのかもしれないです。

それでもやはり山椒はデリケートさんなようなので、大事に見守りたいと思います。

でも私の大事にし過ぎ作戦はまったくうまくいかなかったので、適度にね。

もしうまく育ってくれても収穫までには3、4年かかるようですが、いつか山椒の実が収穫出来たら、大好きな実山椒の炊き込みごはん食べたいです。

な~んて、ああ夢想~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は7度、最高気温予想は14度で、お天気は曇りときどき晴れの予報となっております。

週末ごはんのご紹介です。

いつもは週末はフレンチ系の洋食が多い我が家ですが今回は、ちょっぴり懐石風の和食コース。

と言いますのも、和食でいただきたい食材が2つあったので、週末にいっぺんに美味しくいただこうと思ったのです。

あとヴァレンタインに旦那がくれた3週間めのお花もまだ何とか元気なので、そんな和食に合わせて飾ってあげたいとも思いました。

IMG_2854

ということで、そんな懐石風和食コースです。

IMG_2857

3週間めのお花は、ヴァレンタインのピンクのバラとユリの何とかまだ大丈夫な子たちに、庭咲きの黄水仙を合わせました。

日仏夫婦のヴァレンタイン、フレンチコース

我が家もですが、今、ご近所の各お宅のお庭でも黄水仙がまっさかり。

3月の薄曇りや小雨の中で、可憐に凛とした姿で春の始まりを楽しませてくれております。

東京やパリ市内で暮らしていた頃は花でここまで季節を感じることはなかったけど、花って素敵です。

IMG_2861

で、まずは八寸風の1皿でして、上から時計回りにかぼちゃクリーム、芽キャベツの煮びたし、チャーシュー、揚げ銀杏、枝豆の5種盛りに、庭咲きのアンズの花も添えてみました。

アンズも咲き始めているんですよね。嬉すぃ。

かぼちゃクリームとチャーシューは作り置きしておいたもので、枝豆は冷凍を茹でただけ、揚げ銀杏は揚げただけ。

なのでちゃんと作ったのは芽キャベツの煮びたしのみです。

ほんのり苦みがある芽キャベツは、ちょっとタラの芽の風味と重なるところがあって、和食にもよ~く合います。

なのでこんな煮びたしでも、それから天ぷらにしても美味。

こんな感じで、残り物と冷凍と簡単手作りでも、種類があるとちょっと嬉しい八寸風。

IMG_2872

汁ものは、海老の頭&殻のだしとたっぷりネギ(庭採れ)のお味噌汁。

この後ご紹介する海老料理で残った頭と殻を使った1品です。

海老の頭&殻のお吸い物は好きじゃない旦那も、お味噌汁にすると、美味しい♪と完食です。

お味噌のしっかりとした風味が、海老のだしの独特なにおいを軽減させてくれるんですね。

今までは海老だしはシンプルにスープ、と思っていたけど、これからは味噌味が定番になりそうです。

IMG_2867

その海老料理でして、椎茸の海老しんじょ、自家製柚子胡椒入りの銀杏あんです。

アジアンスーパーで買った生椎茸がありまして、これが和食でいただきたい食材①。

干し椎茸は常備してるけど、せっかくの生椎茸ちゃんなのでそれを最大限に生かしたかったんです。

で、がんばった甲斐があってと~っても美味しかったです~。

それに自家製柚子胡椒も美味しくいただけで、ああ自己満足。

あ、でも旦那も、大喜びでした!

IMG_2870

木綿豆腐と鶏肉と野菜のがんもどき、生姜醤油添え。

お鍋でいただいた後あえて半分残しておいた木綿豆腐が、和食でいただきたい食材②。

で、食べたかった自家製がんもどきです。

前回作った時は具材が多過ぎてぽろぽろ食べにくかったので、今回は具材を程よい量にして、豆腐もしっかりつぶして万全体制。

で、揚げたてを生姜醤油でいただくと、ああ何という美味しさ。

これが食べたかったのです♪

でもほんと揚げたてだったので、旦那が、あっち!言いながら、ふ~ふ~しながら食べておりました。

ちなみにこれも銀杏入りでして、この日はちょいと銀杏づくし的コースでございます。

IMG_2876

そしてご飯ものは我が家の大定番のラップで作る握り寿司でして今回は、ホタテ、マグロ、イクラ、サーモンタルタルの4種です。

今年のお正月以来のお寿司です。

パリで作る我が家の2024年のお正月料理

4種だけですが、握り寿司がいただけるだけで「sushi命」なわたくし大満足。

ちなみに、マグロには、コメントをくださったkmp73368さんが作り方を教えてくださった粉ワサビを使ったおろしワサビをトッピングしたのですが、これがグッド♪。

お寿司以外にもいろいろ活用させていただこうと思っております。

ということで、久しぶりにしっかり和食の週末ごはん。

フレンチな洋食はここはフランスなので市販品も利用しながら作れるので、そんな洋食より和食の方が手間が若干かかるし、その分気合いも要るのですが。

美味しく出来て、いただけた時は、ほんと~に幸せな気持ちになります。

やっぱりあたしの胃は結局ジャパン仕様や~。

いやでも。

たまにいただくプロの料理人さんの美味フレンチも、やっぱり好きです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は5度、最高気温は14度で、お天気は曇りときどき晴れとなりました。

昨日の日曜日は、我が家に旦那の2人の妹さんがやって来ました。

アメリカの親戚に送る昔の家族写真などを皆で見て、懐かしみながらチョイスしたりするためです。

突然、アメリカの親類からメッセージが届く

2人はそれぞれパリ郊外、旦那の地元のピカルディーに住んでいて車で1~2時間くらいなので、日帰りで行き来できるんですよね。

で、せっかくなので日本食でおもてなししよう、ということになりました。

IMG_0972

我が家は狭いので暖かければお庭がベストなのですが、先週末から急に寒くなってしまったので、今回は家の中で。

でもお天気には恵まれたので、それは良かったです。

IMG_0975

日本食なので出来る範囲でテーブルセッティングも和の雰囲気に。

フランス人にとって普段食べない日本食なので、雰囲気作りでさらに気分アップ!

になればいいな~、という感じです。

IMG_0977

お花は庭咲きの花と竹の葉。

日本の雰囲気を出したい時に竹っていうのはホント重宝します。

でもお庭に植えると恐ろしい繁殖力…。

IMG_0979

ひまわり(これも庭咲き)を飾ったコチラのテーブルでは短めのアペリティフタイム。

2人が持ってきてくれた軽めのサングリアやノンアルコールのパンチをいただきながら、シャルキュトリー、オリーブ、ピーカンナッツ、ポテトチップスを少しずつつまみました。

旦那は人と話す時はとても良くしゃべるし(私といる時は特別話すことがないせいか静か)+元々早口なので、マシンガントークチックな感じなのですが、妹さんたちも旦那に負けないくらいなので、まあ賑やか。

ときどき3人で同時にしゃべっていてかぶるかぶる。

それが可笑しくて私は1人くすくす笑いながらただ聞いていました。

2人の弟さんもそうなので、やっぱり兄弟姉妹似てるなぁ、と思います。

IMG_0980

さて、お食事タイムです。

1皿めを置いたこのテーブルについた途端、可愛過ぎる~♪

と喜んでくれました。

IMG_0983

そんな1皿めは前菜の6種盛り合わせで、上から時計回りに、青紫蘇の天ぷら&抹茶塩添え、春雨サラダ、一口サイズのイワシのマリネ&醤油だれの野菜&青紫蘇トッピング、枝豆、出し巻き卵、そして真ん中がカブと干し椎茸のぬか漬けとなっております。

お寿司は今回はあえて外して、それ以外の、きっと食べたことがないかも、という日本食にしてみました。

1つ1つ食べ方を説明してから皆でいただき始めたら。

サクサクで美味しい~♪(天ぷら)

外は食べないのね中だけ食べるのね。(枝豆)

って感じで、全部が新鮮味のよう。

食べたことないいろいろなものがちょこちょこ食べれるのって楽しいので、フランスでこんな日本食の前菜盛り合わせスタイル、かなりグッドです。

IMG_0986

2皿めは玉ねぎとしゃがいもと人参のお味噌汁です。

日本だとコース料理の場合、食事の最後にごはんものと一緒に出てきますが、フランスなのでフランス式にこの順番。

misoは1度いただくとほとんどのフランス人が大好きになります。

以前も書いたことがありますが「miso」はフランスでは「ミゾ」。

最初か最後のs以外は基本的には、sが1つだと濁って、sが2つ続いていると濁りません。

で、フランスでは「ミゾ」って言うけど、本当は「ミソ」ですよん、って説明しておきました。

IMG_0990

3皿めは餃子です。

そしたら下の妹さんが、私餃子大好きなのよ!と。

餃子、フランスでもすっかり有名人?になりました。

いつものように餡を3日寝かせて当日市販の皮で包んだだけ。

外国の人ウケ間違えない美味しさです。

IMG_0993

4皿めはメインの日本のカレーで、今回は野菜カレーにしました。

これも3日前に作って冷蔵庫で寝かせておきました。

気を付けたのは辛さ。

フランス人は辛いのが苦手な場合が多いので、辛さはほんのちょっと。

それでも大丈夫かな、と思っていたのですが、大丈夫でした。

この野菜は一緒に煮込んだの?

それとも後で合わせたの?

という質問もあったりして、野菜は別で炒めて最後にカレーと合わせたことを説明。

この時の旦那のパパさんのお誕生日パーティーの2人の手作り料理でわかっていたけど。

旦那パパのお誕生日のガーデンパーティーへ

やっぱり料理やってる人の質問だな、と思いました。

IMG_0997

そしてデザートは、上の妹さんが持ってきてくれた手作りケーキです。

旦那パパさんのお誕生日パーティーでも手作りケーキをいただいて、美味しくておかわりしたくらいで、これも程よい甘さで美味しかった♪

見た目も可愛いし、お菓子作り、相当好きで得意なんだな、と思いました。

ということで、とうとうお庭ごはんが出来なくなってしまったけど楽しかった日曜日。

縁があって親戚になったので、こうして気軽に会うのもたまに良いな、と思いました。

めっちゃ明るい突風がやって来て、さっぱり去って行った、って感じです。うふふ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

FotoJet (197)
週末ごはんのご紹介です。
まずはマルシェで買ってきた大好物のトリュフ風味のロースハム。
しっかり1品になるよう少し厚切りにしてもらいました。
トリュフが香るだけでなぜこんなに美味しくなるのでしょう。
魅惑の香り~。
FotoJet (194)
お次は卵が残っていたので使わなくちゃと、
今年の夏、我が家でよく作っていたオムレツにしました。
あるものが入っているのですが、これが美味なんです。
これは簡単なので近々レシピをご紹介させていただきたいと思います。
FotoJet (195)
メインはちょ~っと見辛いのですが、
市販の魚のスープに千切りサボイキャベツとエゾバイ貝を合わせたもの。
このレストランでいただいたものをちょっとだけマネしてみました。
超パリっぽい庶民派マルシェ&日本人シェフのレストランでランチコース
ドレッサージュがいまいちなのですがお味は大丈夫。イケました♪
簡単なので我が家のエゾバイ貝の定番になりそうです。
でも次回はもうちょっとドレッサージュを美しくしたいです。
………………………………………………………………………
あ~んど。
日暮れが暖かめだったので、お庭でバータイム。
FotoJet (198)
これは8時半くらいかな。
もうほんとどんどん日が短くなっています。
とは言っても日本に比べたらずっと遅いんですよね。
もし今日本に帰ったら、この日が暮れる時間とか朝明けていく時間の感覚が
とても不思議に感じると思います。
日本に住んでいてヨーロッパに旅で来ていた時は逆だったんですけどねぇ。
FotoJet (200)
季節も暮らしもいつのまにかこっちスタイルになりました。考え方もかな。
でも、一番好きな食べ物はやはり、お鮨です。これは変わりませんねぇ。うんうん。

………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ