パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

オリジナルレシピ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は3度、日中の最高気温は4度で、お天気は曇りとなっております。

もともとカブが大好きなのですが、ぬか漬け生活が始まってさらにカブを常備することが多くなりました。

毎日のようにカブを漬けて、24時間後に美味しくいただいております。

でもぬか漬けばかりというのも何なので。

IMG_7109

ポタージュスープにしてみました。

しかもちょっとおしゃれにカプチーノ仕立て。

カブのほんのりとした風味と甘みがとっても美味しいです。

作り方は簡単で、バターでカブを炒めてブイヨンスープをひたひたになるくらい入れて柔らかく煮たら、ミキサーで攪拌して、お鍋に戻します。

そして牛乳を入れて温め、塩胡椒で味付け。

カロリーを気になさらない場合は、仕上げに生クリームとバターを入れるとさらに風味豊か。

このままでいただいても良いのですが、ハンドミキサーで泡立てればカプチーノ仕立ての出来上がり。

(この時はフライドオニオンとハーブをトッピングしてみました)

スープが残ったらさらにこれをリメイク。

牛乳を足してお味噌を入れれば和風ポタージュスープに変身します。

私はどちらも好きですが、旦那は味噌を入れた方がお気に入り。

フランス人、味噌を一度いただくと好きになる場合がほとんどですからね。

我が家に来たフランス人たちにお味噌汁を出すと、美味しい美味しい言って、これ何使ってるの?

って必ず聞かれます。

味噌の美味しさは世界共通のようです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は1度、最高気温は2度で、お天気は曇りとなっております。

フランスは今来ている寒波のマックスが今日のようで、明日からは少しずつ気温が上がっていくようです。

日本も今大寒波が来ているようで厳しい寒さになり、大雪や吹雪くところもあるとのこと。

どうぞ十分ご注意なさってください。

ということで。

ここ何年もの間、ぬか漬けがず~っと食べたかったわたくしです。

そしたら、ご近所の日本人カップルさんが日本に一時帰国した際に、無印良品の発酵ぬかどこを買ってきてくれたことをこの記事でお伝えしました。

フランスにとうとうやって来た念願の無印良品のぬかどこ

で、美味しくて止められなくて毎日ぬか漬けをいただいているのですが。

ぬか漬けを食べるようになってからの身体の変化にとても驚いております。

それは、腸内環境がぐぐんと整ったこと。

ぬか漬けは植物性乳酸菌が含まれていて、腸活に良い食べ物だということは知っていたけど、まさかこんなに変化があるとは思いもしませんでした。

以前は食べ物によって、または体調によって結構お腹をこわすことがあったのですが、それがなくなって、毎日お腹安定。

で、同じように毎日食べてる旦那も同じで、お腹安定。

しかも免疫力がアップするようだし、アレルギー予防にも効果があるようで。

コロナがまだまだ収まらず、酷い花粉症もちの自分が、フランスでぬか漬け生活をはじめられたことは本当ラッキーだったな、と思っております。

なので、2人して和食の時もサンドイッチの時もパスタの時もちょこちょこいただいております。

でも塩分が多いのでそこは気をつけなくてはなりません。

ぬか漬けを作り始めた時は美味し過ぎてしょっちゅうつまんでいたのですが、そこは修整。

1日1回、適度な量をいただくように変えました。

それでも次のぬか漬けは何にしようか、何時間漬けようか、と考えるのが今ちょっと楽しいんです♪

そんなわけで今我が家の冷蔵庫には、発酵ぬかどこと一緒に大根、カブなど、ぬか漬け用のお野菜がいつでもOKよ!

と待機しております。

そんなぬか漬け用野菜の中に1つ、思いついて買ってきたお野菜があります。

IMG_7442

それはカリフラワー。

フランスでは、火を通したのはもちろん、生でカリフラワーをいただくのも昔から定番で、マヨネーズをちょっとつけていただくとカリカリ美味しいのです。

でも、今では日本でも生カリフラワーがかなり浸透してきているようですね。

そんな生でも美味しいカリちゃんなので、生でそのままぬか漬けにしても美味しいんじゃないか。

と思いついたわけです。

IMG_7443

&カリフラワーの葉の硬いところも漬けてみよう、と。

いつもは炒め煮にしていただいてる部分で、食べれるのはわかっていたので、ぬか漬けにしたら少ししんなりして美味しいかも、と。

で、カリフラワーと葉の硬い部分のぬか漬けに挑戦。

IMG_7456

出来たのがコチラです。

漬け時間に迷ったのですが、カリフラワーは18時間くらい、硬い部分は24時間にしてみました。

さてさてお味ですが、もうタイトルにしちゃっているのでおわかりかと思いますが、これはフランスではやめとこ。思いました。

なぜなら、カリフラワーの隙間にぬかがたくさん入ってしまうので、取り出した時に念入りにぬかを取ってもかなり隙間に残ってしまうのです。

これはフランスでぬか漬けをやる者にとってはもったいない。

ただでさえ貴重なぬかなので、出来るだけ減らしたくないんですよね。

しかも期待していたほどの美味しさでもなかったような…。

これだったら、マヨネーズつけた生カリフラワーでいいかな、と思っちゃいました。

そして硬い部分ですが、これは24時間漬けてもやっぱり硬めだったし、これもぬか漬けにしたいほどの美味しさではありませんでした。

斜め薄切りにして炒めて簡単おかずにするのが1番のようです。

もしかしたら漬け時間で、もっとぐぐんと美味しくなるかもですけどね。

でもあのぬかが減る量を考えると、やっぱり、これはやめとこ。かな。

ちなみに。

葉っぱの柔らかいところはお味噌汁の具にしました。

柔らかくて普通に美味しい青菜ちゃんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は-2度、最高気温は6度で、お天気は晴れのち雨となっております。

長年ラーメンと言えばあっさり中華そばがとにかく好きで、フランスに来て自分でラーメンを作るようになってからも、ラーメンは中華そば、と思い込んで中華そばを作り続けきました。

んが、ここのところいろんなラーメンに挑戦しているうちに、自分のラーメンの世界がどんどん広がっていて、あれも食べたいこれも食べたいという状況になっております。

IMG_7205

で、今回作ったのは関東発祥のタンメンです!

タンメンと言うとさっぱり塩味なので、とにかくベースの鶏だしが大事なイメージ。

でも鶏の1番だしだと、素人の私では、さっぱりとしながらもコクがって物足りなさがないスープを作るのは難しいかな、と思いました。

それで思いついたのが鶏骨のだしが十分出た鶏の3番だしを使うこと。

ちなみに我が家では、丸鶏のローストを作った時に残った鶏ガラで、まずは澄んだ1番だしをとり、鶏骨のうまみが程よく出た半透明な2番だしをとり、そして鶏骨のうまみがしっかり出で白濁した3番だしをとります。

それをペットボトルに入れて冷凍しております。

その3種をラーメンによって使い分けたり、和食やカレーに使っております。

で、3種の中で今回は3番だしをチョイスしたというわけです。

さて、お味はというと、さっぱりだけどコクがあって、と~っても美味しく出来ました♪

タンメンもうまし!

今回作る時のポイントは、中華料理の菰田先生(菰田欣也さん)のレシピで、少量の牛乳を入れるとスープにコクが出る、とあったので、牛乳を入れたこと。

これで鶏骨の動物臭が抑えられてまろやかになったように感じます。

そして、今回タンメンを作ってみて良いな、と思った点がありまして。

スープを作れば、あとは野菜と豚肉を炒めて、スープと一緒にさっと煮て、茹でた麺にかけるだけだということ。

しかも材料も特別なものは要らなくて、常備野菜の玉ねぎ、人参、ニンニク、お手軽なキャベツ、乾燥キクラゲ、そして豚肉と、お手軽なものばかり。

中華そばの場合は、チャーシューと煮卵はやっぱり入れたい、メンマもキクラゲも入れると食感が良いし、ネギも入れたいし…と、王道にするために事前準備が結構必要です。

でもタンメンは本当にお手軽簡単で事前準備なしでOK。

冷凍鶏だしと冷凍豚肉を前日から解凍しておいて、30分くらいですぐ出来ました。

旦那も、美味しい♪と大喜びで、お野菜もた~っぷり摂れて大満足。

野菜系の副菜なくても良いくらいかもしれません。

なのでこれは、ラーメン食べたい!

と思った時に、あれこれ材料を揃えなくてもすぐ作れるので、我が家のお助けラーメンになりそうです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は9度、最高気温予想は10度で、お天気は曇りとなっております。

日本にいた頃よりもずっとお料理をしているのですが、そうなった理由は簡単。

日本で普通に外食で食べていたものをどうしても食べたい時、ほとんどが自分で作るしかないからです。

今だって本当は、気軽にお手頃に外食でいただけるなら、それが1番ラクチンで良いと思っております。

でも最近は、1週間に1度か2度いただく外食気分な日本食が、めちゃくちゃ楽しみです♪

渡仏する時は日本食を諦めやってきたけど、そんなことはありませんでした。

ま、作るの自分なんですけどね。

IMG_7206

ということで今回作ったのは、横浜の老舗ホテル、ニューグランド発祥のドリアです!

1930年代にニューグランドの初代料理長のスイス人シェフ、サリー・ワイルさんが考案したというドリアは、原型はリゾットにソースをかけて焼くフランス料理。

フランスでもその原型が元の「Gratin de riz(ごはんのグラタン)」が定番で、ベシャメルソースはもちろん、生クリームやトマトソース、チーズだけかけるものなど、さまざまなレシピがあります。

でも日本の食材で日本で作ったグラタンであるドリアは、やはり日本の味だと私は思います。

お米1つとっても、フランスのお米はぱらぱらロング米で、それで作るごはんのグラタンはドリアとは味わいがぜんぜん違ってきますからね。

で、サリーさんが1番最初に作ったのは、バターライスに海老のクリーム煮とベシャメルソースをかけて焼いたものということですが。

今回海老がなかったので、チキンとホウレン草とバターライスのドリアにしました。

でもでも、めちゃくちゃ美味しかったのですよ。

チキンドリアもうまし!

旦那と2人で最後まで飽きずに完食しました。

私的調理ポイントは、使ったのが鶏むね肉だったので火が通り過ぎると硬くなるな、と思いました。

なので玉ねぎとさっと炒めたら鶏肉が半生状態の時に、解凍しておいた冷凍ベシャメルソースを混ぜ、ほうれん草も混ぜ、とにかく鶏肉に完全に火が通っていない状態で、バターライスの上にかけ焼いたこと。

これで丁度よく鶏むね肉に火が通って硬くならず、あっさりしていて美味しく仕上ったように思います。

これ、海老の場合はもっと火の通し方に気をつけなきゃだと思います。

海老ちゃんは火が通ったかな、くらいがプリップリで美味しいですからね。

ベシャメルソースと言うと、鶏肉と海老のマカロニグラタンが1番好きだったのですが。

久しぶりにベシャメルソースのドリアをいただいたら、こんな美味しかったのか、とちょっと新鮮感覚。

これで作り置きベシャメルソースがなくなったので、また作っておこうと思っているのですが、その時は。

まず最初に作るのが、マカロニグラタンかドリアか迷いそうです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は4度、最高気温予想は12度で、お天気は小雨となっております。

フランス暮らしが長くなってきまして、王道日本食はわかるけど、ぞくぞく出てくる日本の新グルメ的なものがほとんどわかりません。

なのでネットでたまたま知ったりすると、どんな味なんだろう?と興味がわきます。

で、そんなどんなお味なんだろう?

と、ずっと思っていた1品に初挑戦してみました。

IMG_7154

それがコレ。

色的にちょ~っとわかり辛いのですが、大阪の隠れたB級グルメ、紅生姜と玉ねぎのかき揚げです!

本場大阪の王道は紅生姜だけの天ぷらのようなのですが、今はかき揚げもポピュラーなようで、野菜も摂りたいので今回はかき揚げに挑戦。

さてさて、人生初の紅生姜入り天ぷらですが、お味はどうだったかと申しますと。

これがめっちゃ美味しかったのですよ!

天ぷらだけど、紅生姜の甘酸っぱさがさっぱりアクセントになって、玉ねぎの甘さと相まって後引くお味。

旦那も一口食べてすぐ「トレ・ボン!」と大喜び。

フランス人、1度天ぷら食べたら大好きになる人多いし、旦那もそんな天ぷら大好き人ですが、この甘酸っぱさが特にクセになるようです。

私も初挑戦で「超」気に入ったので、我が家の定番に決定です!

IMG_7149

で、今回使ったのはフランスのアジアンスーパーで結構よく置いてる、この中国製の紅生姜。

お値段はちょっと忘れてしまったのですが、ぜんぜん高くなかったはずです。

色が薄いのでかき揚げにしても濃いピンク色が出なかったのですが、お味はちゃんと美味しく出来るので大丈夫。

今までは紅生姜と言うと、お寿司に添えるか入れるか、後は細かく刻んですし飯に混ぜ込むかくらいしかしなかったけど、紅生姜のレシピが増えて、ちょっと嬉しく思っております♪

この天ぷらは、たとえ天ぷらを食べたことがあるフランス人でも外国の人でも、きっと新鮮だし気にいってもらえる確率が高い、と私は見ております。

なので、もしそんな方々に天ぷらを作る機会があれば、具材の1つとして入れるとグッドかと思います。

かき揚げだけでも、サクサクで美味しい♪って喜ばれますからね。

※追記・・・ウラジミールさんからのコメントで、紅生姜とがりがあることを思い出し、調べてみたところ、2つは違うもので。紅生姜は梅酢に漬けたもの。がりは甘酢に漬けたものと知りました。なのでこの天ぷらはがりと玉ねぎのかき揚げということになります。間違えてすみません。ということで、がりで作っても十分美味しかったので、改めておすすめでございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ