パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

オリジナルレシピ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランス人は猫舌さんが多いことを、このブログでよく書いております。

うちの旦那もそうでして、熱々ラーメンやおうどんを出すと、すぐに食べれないので、少し冷めるまで待っております。

なので最近では、旦那用にはあえてあまり熱くしないようにして、私用は熱々にして、温度調節を心掛けております。

ですが。

温度調節が必要なくて、旦那も待たずに作りたてが食べられて、しかも、セボン!と大絶賛の日本のB級グルメがあったのです。

IMG_3507

それはじゃん!つけ麺なんです!

つけ麺は汁は熱くても、麺は熱くないので、猫舌さんにはとても食べやすいのが大ポイント。

元々ラーメンが大好きな旦那、毎回あっちゅう間に完食しております。

でも実は私は日本にいた時は、ラーメンは大好きだったけど、つけ麺はあんまりだったのです。

なぜかというと、なぜ温かい汁に温かくない麺をわざわざ合わせるの?

やっぱり全部熱いか、または冷たいかじゃない?

って思っていたんです。

でもフランスでは、丸鶏ローストを気軽にしょっちゅういただくので、その鶏ガラでとったスープで、大好きな昔ながらの中華そばをしょっちゅう作るようになって。

だけど鶏ガラが結構たまっていっちゃうんです。

フランスの煮込み料理や日本の煮物にも使うけど、それでもたまる。

で、使っちゃわなくちゃってことである時、中華そばとほぼ同じ材料で鶏だし醤油味のつけ麺にしてみたら。

あれ?めちゃめちゃ美味しいぞ!

となったんです。

昔、思っていた温かい汁に温かくない麺の違和感もなぜか感じなくなっていました。不思議。

以来、中華そばと同じくらい作るようになったんです。

で、調味料の分量をいろいろ変えてやってみておりますが、我が家が絶対外せないポイントがありまして。

それはにんにくのすりおろしを入れること。しかもちょっと多めに。

つけ麺って濃いめの汁にするのがまず大事ですが、それでも麺をつけた時、何かパンチが足らない時があるのです。

でもにんにくのすりおろしを入れるとびっくり!

たちまちパンチの効いた味になるんです。

同じ醤油味でも中華そばににんにくを入れるのは私的にはなしですが、にんにくなしのつけ麺も私的にはなしなのです。

この時の汁にも、火を止める前ににんにくを入れて少し生にんにく感を抑え目にして、そして火を止めてから生ネギと白炒り胡麻を入れております。

IMG_3501

麺はもちろん別盛りで、具材のチャーシューと煮卵も一緒に添えました。

我が家はいつでもダイエット中なので、麺は中華麺と春雨を半分ずつ混ぜております。

少量の麺で満足感が得られずすぐお腹が減るよりは、こうした方が満腹感を十分得られるのでダイエット、糖質制限してる方にはおすすめです。

お味も、思ったよりは大きくは変わりません。

ということで、この日も自家製つけ麺に大満足。

今パリ市内はラーメン激戦区になっていて、日本人アジア人だけではなくフランス人たちも行列をしているくらい。

お値段かなり高いのにも関わらず、フランス人の胃袋をガッツリつかんでいるのです。

でも家で作っても十分美味しいし、家でフランス人にこの自家製つけ麺と餃子セットなんか出した日にゃあ、めちゃくちゃ喜んじゃうと思います。

餃子もフランス人の胃袋がつかみますからね~。

餃子はフランス人の胃袋をつかむ日本の最強B級グルメ

フランスの、いや世界の最強日本食は今、Sushi、Ramen、Gyoza、これに決まりです!

あ、でも日本のカレーや粉ものソース系も外国の人、大好きなんですよねぇ。

ジャポンはいろいろ美味しいものがあり過ぎです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

ハンバーガー大好きな我が家では、牛ひき肉が冷凍庫に必ず常備してあります。

で、月に1回の割合で確認も兼ねて冷凍庫整理をするのですが、今回、牛ひき肉が結構たまっていることに気づきました。

こんなにハンバーガー食べれないな、と思い、他の料理にしようと考え、思いついたのが牛そぼろ。

IMG_2856

ということで、何とフランスに来て初めての牛そぼろ丼定食です。

鶏そぼろは作るけど、牛そぼろは作っていなかったのですよね。

私自身も久しぶりにいただくので、思いついた時から楽しみにしておりました。

IMG_2859

その牛そぼろ丼は、炒り卵とインゲンを合わせた3色丼。

これがとっても美味しかったのです♪

生姜をしっかりめにきかせたコクのある甘辛牛そぼろと、シンプル味付けの炒り卵&インゲンが良く合う~。

これは、甘辛好きなフランス人もきっと気に入ると思います。

旦那もあっちゅう間に完食しておりました。

IMG_2861

お椀は干し椎茸と卵のお吸い物です。

が、卵の投入が早過ぎて、ちょ~っと不味そうなビジュアルになっちまいました~。

お味は美味しかったんですけどね。

だって干し椎茸と卵ですからね。

IMG_2863

副菜の黄カブの浅漬けです。

一番好きなお漬物はカブのぬか漬けですが、ぬかがないのでここフランスではカブの浅漬けが今のところ一番。

カブって生でも煮ても焼いても美味しくてホント好きだわ~。

IMG_2864

副菜のレンコンと人参のキンピラです。

レンコンはアジア食品店で購入の冷凍で、必ず常備しているものの1つ。

レンコンが入るとしゃきしゃき何でも?美味しくなります~。

IMG_2865

副菜のセロリと黄カブのピクルスです。

残っていたのを合わせて、ささっとピクルス液につけてタッパーに入れて冷蔵庫に入れておきました。

残り野菜は、具沢山スープ(お味噌汁も含めて)か浅漬けかこんなピクルスにして、とにかく消費。

野菜をいつもたっぷりとっていると、やはり体調が良いなと感じます。

IMG_2868

デザートはミルティーユです。

老眼鏡がまだ必要ないので、がんばってこのままなるべく使わないようにしたいな、と思っております。

なので目に良いブルーベリーの仲間のミルティーユをしょっちゅう食べております。

ちなみに。

旦那は老眼に合わせて老眼鏡を変えていますが、老眼鏡に合わせて老眼が進んでいるように私は感じております。

あんまり便利便利に合わせていくと、そこに老化がついていっちゃうような印象です…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

我が家の冷蔵庫に必ずと言っていいくらい常備しているイタリアはボローニャのソーセージで超薄切りのモルタデッラ。

前回のフランスのスーパー記事でもご紹介させていただきました。

フランスのスーパー、狙っていたリドルのイタリア食材あれこれゲット

我が家は100%サンドイッチでいただいてまして、これが素朴なんだけど毎日食べたいくらい美味しいんです。

本日はそのモルタデッラの我が家流サンドイッチの作り方をご紹介します。

と言ってもめちゃくちゃ簡単です。

IMG_3718

この時のパンはマルシェで買ったポルトガルの素朴なパンのカルカーサを使いました。

で、サンドイッチなので横半分に切って、下のパンにお好みのチーズをのせます。

チーズはクセのないものがベスト。

この日はコンテチーズでしたがエメンタール、チェダーチーズ、スライスチーズでも美味しいです。

このパンを、チーズをのせたものも含め、上下ともオーブンで軽くカリっと焼きます。

焼き上がったら、パンの上1枚(チーズがのっていない方)にバターをたっぷりめに塗ります。ってかのせます。

このバターたっぷりめがパンに程よくしみていいお仕事してくれるのです。

(この際、カロリーが気になる場合は、バターを減らすか、運動するかの2択となります)

そして超薄切りのモルタデッラ(超薄切りが美味しさポイントの1つです)を、無造作気味に2枚ふわりとのせでパンではさんで出来上がりです。

たっぷりバターが熱で少し柔らかめになって、半分くらいはパンに溶けてしみて、程よくとろけたチーズと、超薄切りモルタデッラのひらひらな食感と優しい風味、塩気が何ともボン・マリアージュ。

もしかしたら本場イタリアではオリーブオイルが王道で、バターは邪道かもですが、たっぷりバターうましです!

モルタデッラのサンドイッチで検索すると、レタスやトマトなど具材たっぷりめのものがたくさんあるのですが、モルタデッラの場合はシンプルサンドがお味を満喫出来るな、とわたくし的には思っております。

でももちろん好みもあるので、参考の1つにしていただければと思います。

ということで、かなりやみつきになっちまうシンプル美味サンドイッチ。

機会がありましたらぜひお試しくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

本当にプーチン恐いと思っている今なのですが、それでも我が家はいつも通りの時間が流れております。

たぶん皆様も同じような感じですよね…。

今はとにかく、ウクライナ頑張れ!って思うしかありません。

そして。

やっぱり核って恐ろしいな、と思っております。

抑止抑止って言うけど、いつかプーチンみたいな人間が出てくるのは、この人間社会なので思いっきり予想出来たはずです。

もう出来ちゃって各国で整備されているので遅過ぎですけどね…。

たぶん核で地球は終わるのでしょう。

ということで、パリで作れる日本食のご紹介でございます。

IMG_3184

今回は鱈のコチュジャン味噌漬け定食です。

鱈の味噌漬けが美味しいのはわかっていたので、ちょっと変えてみました。

IMG_3192

まずはその鱈のコチュジャン味噌漬け。

味噌とコチュジャン、醤油、みりん、酒、きび砂糖に2日間漬けてオーブンシートを敷いたフライパンで焼きました。

火加減も上手くいって柔らかでとても美味しかったです♪

味噌漬けって、日本にいた時は、買うもので、自分で作るなんて考えてもみなかったけど、それなりにですが作れるものだな、と今思っております。

粕漬も食べたいので、いつか酒粕も手に入ると嬉しいけど、それはちょっと難しいかな。

IMG_3194

もう1つのメイン的おかずがおでんです。

わたくしはもうおでんが大好き過ぎ。

おでんを煮ている、そのにおいだけでごはんが食べれそうな感じです。

いや、日本酒が飲めそうな感じかな。うひ。

大好物のちくわぶはないけど、大満足。

IMG_3189

そして副菜1品めは、数日前に煮物にしたBIO(オーガニック)のじゃがいもの、そのむいた皮を使ってBIOの人参と合わせて作った、キンピラです。

BIOだと皮も安心して使えるので、我が家はしょっちゅうチップスにしているのですが、キンピラもお気に入り。

結構ニンニクをきかせるのが我が家流ポイントです。

IMG_3190

副菜2品めはフランスでポピュラーな黒大根を使ったピクルスです。

ここ数年で日本の白大根がフランスのスーパーで並ぶようになりましたが、フランスで大根と言えば黒大根。

初めは、真っ黒の見かけでどうやって食べるんだろう、と思ったけど、これがしゃきしゃきで白大根とはまた違う食感と味わいで美味しいんです。

我が家の定番のいただき方は、フランスで定番のタラマディップを使ったオリジナルレシピですが。

黒大根とタラマのディップ

今回はピクルス。

ピクルスにしてもしゃきしゃき感があって美味しいです。

IMG_3198

副菜3品めは、氷頭なますです。

旦那が1人で行ったマルシェで買ってきたラベル・ルージュ(フランス公認の高品質マーク)の鮭のカマ3つ。

突然3つ持ち帰られて、ちょっと焦りましたが、目の前にあるのでやるしかない。

なのでがんばって捌いて、5日間酢漬けにして、2日間三杯酢に漬けて氷頭なますにしました。

そのかいあってとろとろめっちゃゼラチン質~。

酢に漬けるとこんな柔らかくとろとろになるんだ、と毎回結構びっくりです。

んが。

頭を捌くのは本当に大変。

今回、手が腱鞘炎になったくらいです。

なので、もう私が頼んだ時以外、買ってこないで、と旦那に頼みました。

今日もまだ手首が痛いです…。

IMG_3185

ごはんは白米に黒米をかなり多めに混ぜたもの。

黒米は2日前から水に漬けておきました。

毎回水加減に迷うのですが、とても美味しく炊けました。

でも旦那も私もお茶碗に1/3杯ずつ。

お米は美味しいけど、中年の身体には少量にしないとすぐお腹につくな、とつくづく思います。

なのでしかたないけど、1/3で我慢。

IMG_3186

そしてお味噌汁は油揚げとお豆腐とネギです。

お味噌汁はよく作るけど、この組み合わせは旦那には初めてだったのか(ちょっと覚えてない)、とても美味しかったよう。

なんかとにかくお豆腐が入っていると満足のようです。

初めてお豆腐食べた時は、何これ~変な食感~、って言っていたのにね。

人間の味覚は慣れるし、結構簡単に変わるもので~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

もう週末。1週間がとても早いです~。

この週末は何を食べようかな、とあれこれ思い描いている金曜日です。

前回は、美味し過ぎたので鰹は自分で捌く、と決めた鰹のたたき定食をご紹介しました。

パリで鰹のたたき&昆布だしおでんの定食

今回は人生で1度しか食べたことがないものに初挑戦。

IMG_2960

これが人生2度めとなったとんこつラーメンとドイツ系スーパーリドルの鶏餃子の定食です。

とんこつラーメンを1度だけ食べたのは20年以上前で九州じゃんがら赤坂店。

そんな昔だから味を覚えていないのに果敢に挑んでみました~。

IMG_2961

まずはそのとんこつラーメンです。

なぜ作ることになったかと申しますと、先週の土曜日に大きな骨付きの豚肉料理をいただいて、この骨捨てるのもったいな、と思ったからなんです。

で、豚肉の骨を使った料理って何だろう…と考えたら、とんこつラーメンしか思い浮かばなかったのです。

しかも日曜日のマルシェで丸鶏ローストチキンを買っていただいたので、その骨もあるある。

よっしゃ。とんこつと鶏ガラを使って、とんこつラーメン初挑戦じゃ、と、ま、こうなったわけです。

ネットでいろいろレシピを見てみると、とにかくとんこつは煮れば煮るほどだしが出てくる、と書いてあったので、シャトルシェフで何度も火を入れ直して、3日間とんこつと鶏ガラと香味野菜を煮ました。

この3日間は家の中は常に何となくとんこつのにおい。

とんこつラーメン屋さんの前を通るとしてくるあのにおいです。

でもとんこつの量はそれほど多くないので、あそこまで動物臭はきつくありません。

ということでお味です。

思っていたよりもとんこつのガツンはきませんでした。

やはり量が多くないのと鶏ガラも一緒に煮ているからかな。

で、悪くはなかったけど、本当に自己流のなんちゃってとんこつラーメンでした。

これで人生2度めのとんこつラーメンというのは、とんこつラーメンに申し訳ないです。

素人なりのなんちゃってを作るにしても、1度パリのとんこつラーメン屋さんに行って、本物のとんこつラーメンを食べておかなくてはだな、と思いました。

パリにとんこつラーメン屋さん、今たくさんあるんですよね。

ちょっと高いんですけどね。

IMG_2965

餃子は、この時にリドルの春節食材フェアで買った冷凍の鶏と野菜の餃子。

フランスのスーパー、リドル対アルディのアジアン食材対決

同じシリーズの野菜餃子は1度買ったことがあるけど、鶏と野菜は初めて。

これが普通に美味しくてびっくり。ちゃんと日本の餃子のお味です。

自分で作る豚肉と野菜の餃子も数年間試行錯誤してやっとこさお味が決まって、かなり美味しいと思うのですが。

20個入りで2、69ユーロのお手頃さ、冷凍のお手軽さ、そしてここはフランスだということを考えれば、これはこれで十分。

餃子って作るのが大変ですしね。

なのでリピ決定。

海老と野菜の餃子も買ってあるので、そちらも楽しみです♪

それもまた食レポしたいと思います。

IMG_2966

副菜は中華風冷奴です。

実は最近夫婦2人ではまっていて、冷蔵庫にはアジア食品屋さんで買ってきたお豆腐とザーサイがいつも常備してある状態。

旦那なんか初めてお豆腐を食べた時は変な食感で苦手、と言っていたのですが、今じゃ大好物。

生姜とネギの王道冷奴も含め、一瞬で食べちゃうくらいなんです。

お豆腐が好きなフランス人はこの中華風冷奴、みんなはまるんじゃないかな、と予想しております。

IMG_2969

デザートは冷凍のミルティーユです。

買っておいてすっかり忘れていました。

本当はお菓子とかスムージーに使うといいかもですが、フレッシュなものとは違う食感でこれはこれで大丈夫。

ビタミンも補給出来たのでバッチシ。

今回は成功しなかったとんこつラーメンですが、どうしたら本物の味に近づくんだろう、と知りたい気持ちがわいてきて、楽しみな1人自由研究が増えた的な感じです。

料理っていうのはやってみるとホント興味深いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ