パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

オリジナルレシピ

IMG_2456 - コピー
柿のコチュジャン七味和えのご紹介です。
東京下町の居酒屋さんで出てきた
柿のヤンニョム(韓国の辛味噌)和えが
意外な美味しさだったので、
パリに帰ってきて、
ヤンニョムがないのでコチュジャンと七味で代用。
大丈夫。なかなかいけると思います。
でもジャポンだったらヤンニョムは手軽かもなので、
ヤンニョムがある場合はヤンニョム、
なければコチュジャン&七味(一味でもOK)で
代用なさってください。
ビールやチューハイ、ワンカップ、
マッコリなんかに合います♪
私は全部好きで全部ジャポンで
堪能してきました。はぁ~、最高よ!
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・歯ごたえが残っている柿1個の皮をむいて乱切りにしたもの ・青ネギのみじん切り大1 ★コチュジャン小さじ1と1/2 ★七味唐辛子小さじ1 ★醤油小さじ1 ★生姜のすりおろし小さじ1 ★にんにくのすりおろし小さじ1/3 ★きび砂糖または砂糖1/4 

作り方
ボールに★を混ぜ合わせる。
ここに柿とネギを入れてさっと混ぜて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1584 - コピー
かなり久しぶりになりましたがレシピでして、
「鮭とほうれん草とマッシュルームの醤油ソテー」のご紹介です。
鮭を使ったごはんに合うおかずで、フライパン1つで出来るもの、
と思い考えてみました。びっくりするようなお味ではないけれど、
落ち着く美味しさに仕上がりました。
本当は秋鮭の時にご紹介したいと思っていたのですが、
日本一時帰国があり何かと忙しくてこんな真冬になってしまいました。
ま、鮭、結構いつでも美味しいですから、いっか。
調理ポイントは「鮭」と「ほうれん草&マッシュルーム」を別でソテーすること。
これで鮭が多くなくてもご馳走感が出るし、見ためもごちゃっとしません。
今回はマッシュルームでしたが、椎茸でもシメジでもえのきでもOK。
どうぞあるものをご利用ください。
今日はこの後も超簡単な1品をパート②をご紹介させていただきますので、
早速材料と作り方まいります!
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・生鮭150gくらい ・ほうれん草120g ・マッシュルーム120g ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・オリーブ油大さじ2+1+1 ・バター15g ・醤油大さじ2/3+大さじ2/3 ・いいお塩と粗びき黒胡椒適量

作り方
生鮭は軽く塩をふり、10分置いてからキッチンペーパーで、
出てきた水分を優しくふき取る。
軽く塩と胡椒をして食べやすい大きさに切る。
ほうれん草は砂が結構残っているので、よく洗って、しっかり水気をとり、
食べやすい大きさに切る。
マッシュルームは軸を少し切り取り、粗く切る。
フライパンを中火よりやや強めの火にかけ、
オリーブオイル大さじ2とにんにくを入れ、香りが出るまで炒める。
マッシュルームを入れ、風味が出るようしっかりめに炒める。
ほうれん草を加え、オリーブオイル大さじ1を足し、炒める。
しんなりしたら、バターと醤油大さじ2/3と、
味をみながら塩と粗びき黒胡椒をし、皿に盛る。
フライパンをキッチンペーパーでさっと拭き、中火よりやや強めの火にかけ、
オリーブオイル大さじ1をなじませ、鮭を皮を下にして入れる。
皮がカリっとしたら返し、火を加減しながら焼く。
だいたい火が通ったら、醤油大さじ2/3を回し入れ、鮭にからませる。
ほうれん草マッシュルームの上に、鮭をのせて出来上がりです。
お好みでレモンを添えて、途中で絞ってもさっぱり美味しいです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1281 - コピー
料理番組でモンサンミッシェルの近くのサン・マロのレストランのシェフさんが、
モンサンミッシェルのムール貝を使ったムールマリネを紹介なさっていて、
生姜を入れているのが新鮮だったので自分で作ってみました。
そしたら生姜がムール貝と生クリームと合っていてい~いお仕事。
すごく美味しかったんです♪
調理ポイントはその生姜と、そして、
フランス在住の方でしたら可能であれば
モンサンミッシェルの新鮮なムール貝を使ってみてください。
モンサンミッシェルのムール貝はAOC(原産地統制名称)のマークつき。
AOCはフランスの農業製品やワインなどに与えられる
特別な品質保証で美味しいんです。
でももちろん別の産地のものでも新鮮であればぜんぜんOK。
ただ、新鮮でもたまに火を通しても開かなかったり
開き方が微妙なものがあります。
それはすでに死んじまっていたものですので食べないでくださいね。
お腹をこわします。
ムールマリネにはフライドポテトをセットするのが定番。
手軽な冷凍でもぜんぜんいいので揚げたてをぜひ添えてください。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・ムール貝1キロ ・エシャロットのみじん切り50g ・玉ねぎのみじん切り50g ・生姜の千切り20g  ・バター30g ・辛口白ワイン150ml ・生クリーム250ml ・ロリエ2枚 ・胡椒適量

作り方
大きめで深めの鍋を中火よりやや強めの火にかけ、
バター、エシャロット、玉ねぎ、生姜を入れ、甘味が出るまでしっかり炒める。
ワインと生クリーム、ロリエ、胡椒を加え、熱くなったら、
ムール貝を入れ、ふたをし、ムール貝が開くまで蒸し煮にする。
さっと混ぜて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1586 - コピー
「キャベツのおかかオリーブオイル醤油和え」
のご紹介です。
キャベツとラディッシュはだいたい
我が家の冷蔵庫にいつもある野菜。
よく半端に残ってるものでもあります。
で、この2つで火を使わず
混ぜるだけの1品を作ってみたら、
これがあっさり何気に美味しかったのです。
調理ポイントは作ったら
すぐ食べていただくのがベスト。
時間がたつと少し水分が出てきて
味がぼやけます。
ほんと簡単なのでさっと作って、
さっと召し上がってくださいませ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・千切りキャベツ100g ・ラディッシュの薄切り7個分 ・生姜の千切り15g ・おかかひとつかみ ★EXVオリーブオイル大さじ3 ★醤油大さじ2/3 ★粗びき黒胡椒お好み量

作り方
ボールにキャベツ、ラディッシュ、生姜、かつおぶしを入れ、
★を混ぜ、仕上げにも粗びき黒胡椒をかけ、出来上がりです。
作りたてが美味しいのですぐお召し上がりください。
※彩にピンクペッパーを散らしましたがなくて大丈夫です。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1557 - コピー
久しぶりのレシピなので、超~簡単レシピ①
この後②をご紹介させていただきます。
まずは今からが旬のロマネスコの1品、
「ロマネスコのリコッタ添え」です。
アイディアはこのイタリアンでいただいた前菜から。
18区パリ下町にあるプチイタリアン食堂ノナ・クレリア
お店ではロマネスコとアーティチョークを合わせていたのですが、
その時、アーティーチョークもなのだけど、
ロマネスコがまたとても美味しかったのです。
で、ロマネスコ買ったら絶対やってみよう、と決めていたのです。
で、マネマネ再現となったのですが、美味しいです♪
しかもロマネスコはレンジで2分半くらい加熱だけで、
後はリコッタを添えてオイルとハーブ散らすだけ。
ロマネスコ一株、結構大きいですが、
我が家は半房ずつ2人で2日でいただいて完食。
ロマネスコとリコッタが合うんですよねぇ。
この簡単さなので調理ポイントはありませぬ。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・ロマネスコ半房 ・リコッタチーズ適量 ・シブレットまたは万能ネギなどの細ネギの輪切り適量 ・EXVオリーブオイル適量 ・いいお塩適量

作り方
ロマネスコは小分けに切る。
耐熱容器に入れ、ふわっとラップをして2~2分半加熱し、冷ます。
※それぞれのレンジで加熱時間を調節してください・。
皿の真ん中にリコッタチーズを盛り、周りにロマネスコを置く。
シブレットを散らし、EXVオリーブオイルをさっと回しかけ、
いいお塩を振って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ