パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

オリジナルレシピ

RIMG39271 - Copie

前回のごはんでご紹介した胡瓜ロール、早速ご紹介です。
って、
なんだか更新し過ぎてちょっと恥ずかしいのですが、
旦那はカヌー、私は料理と更新、みたいに今ちょっとなってます。
そのうち二階改装がはじまったら時間なくなって落ち着くと思うので
なにとぞお付き合いくださいませ。
と、むにゃむにゃ言わず今日はとっととレシピレシピ!
今が美味しい胡瓜でミントの香りが爽やかなクリームチーズを巻いて、
冷えたワインにも合う超簡単おつまみにしました。
実はも一つアクセントもあって、それはたっぷりめに入れた粗挽き黒胡椒。
ときどきピリっ来るのがまたいいのです。
それでは材料と作り方行きま~す。

材料(6個分)
・12㎝くらいの長さの胡瓜の中央部分をスライサーで薄く縦にスライスしたもの6枚 ・塩少々 ★クリームチーズ50g ★ミントとパセリのみじん切り(2g分) ★粗挽き黒胡椒たっぷりめ

作り方
①スライス胡瓜に軽く塩をして、しんなりして水分が出たらキッチンペーパーで優しくしっかり水分を拭き取る。
②胡瓜をしんなりさせている間に、★を混ぜ合わせておく。
➂ ①の胡瓜で②のクリームチーズをくるくるっと巻き、爪楊枝で止めてお皿に盛って出来上がりです。


※胡瓜はフランスの太めのものを使っています。日本の胡瓜でしたら★の分量を少し減らしてください。ハーブは今回はミントにパセリをプラスしましたが他にバジルやシブレットなどでもいいのですが、ミントは大事ポイントなので是非入れてください。そして作って時間を置くと胡瓜から若干水分が出てくるので、作ったら早めに召し上がってください。でも5分くらいで出来ま~す。

………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG38800 - Copie

今回はトマト味パスタのご紹介です。
トマト味パスタと言えば自分が思い出すのは、
日本で働いていた頃に近くにあったイタリア人シェフのお店のペンネアラビアータ。
そこのアラビアータは今まで食べたザ・トマト味パスタの中で自分には一番美味しかった1品。
けれどそのお店はもうありません。
夜は人気がだいぶ少なくなる溜池山王の裏通りで場所も難しかったんだろうな、と。いくつかのランチが行列だった人気店も閉店してましたし。
あれ以来あれ以上に美味しいザ・トマト味パスタにはまだ出会ってないかなぁ。
トマトがイタリアの缶詰の中でもアラビアータにあったチョイスだったのかな、なんて思うのですが。
それからダントツ忘れられないパスタがもう1つ。ジェノヴァに向かう途中一泊した街のお店で食べたカルボナーラです。あれはちょっと別格と思うくらい豊かな風味でしつこくない濃厚さがありました。
卵とクリームが超~フレッシュ&濃いいものだったような気がします。
でもあの街、名前も忘れてしまいました。もちろんお店の名前も。
今だったらこうしてブログもやってるし忘れるなんてことないんですけどねぇ。
とても遠い昔の旅の思い出でございます。
さてさてスパゲティースパゲティー。
真っ赤な完熟トマトがあったので、今回はフレッシュ生を活かしたちょっとスープ仕立てのトマトスパゲティーにしてみました。
それに味つけには、ナンプラー、醤油、ライム汁、少しのお砂糖、塩胡椒、そしてコリアンダーがまた大事アクセント。ってかコリアンダー入りが食べたくてのこの味つけとも言えなくないかな?!
でもオイルはEXVオリーブオイルです。仕上げにもちょっと回しかけると香りと風味がぐぐんとアップ。
スパゲティーはレシピでは温いまま使っていますが水でしめてもどちらでも美味しくいただけます。
ちなみに私は生トマトでお料理を作る時はしょっちゅうお醤油とお砂糖を隠し味に使うのですが、これがなかなかいいお仕事してくださるのです。
それでは材料と作り方で~す。


材料(2人分)
・湯むきした完熟生トマトのざく切り(250g) ★EXVオリーブオイル(25ml) ★醤油大1 ★ナンプラー大1 ★ライム汁またはレモン汁大1と1/2 ★砂糖3つまみ ★塩胡椒少々 ・コリアンダーの粗みじん切り(15gくらい) ・スパゲティー180g ・スパゲティー用&仕上げ用EXVオリーブオイル適量

作り方
①スパゲティーを茹で始める。
②ミキサーに湯むきトマトを入れ滑らかなピュレにし、★を混ぜる。コリアンダーを飾り用に少しとって、残りをトマトピュレに入れさっと混ぜてトマトソースの出来上がり。
➂スパゲティーが茹で上がったらよく湯を切り、EXVオリーブオイルを少々かけて混ぜ、皿に盛り、②のトマトソースをかけ、とっておいたコリアンダーを散らしてEXVオリーブオイルをさっと回しかけて出来上がりです。


さ、8月が始まって今日もいいお天気のパリ地方。そして旦那はヴァカンス。
あともうちょっとしたらごはん作り開始で~す。
皆様もどうぞ素敵な8月最初の週末をお過ごしください♪




ブログランキングに参加しております。
応援していただけるととても嬉しくありがたいです!

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2557482[1]

明日からいよいよ旦那ヴァカンスがはじまります、1ヶ月間!
で、今日はお仕事最終日で職場でバーベキューだそう。
なのでいつもは職場から歩いて5分の家に帰って来てお昼を食べるのですが、
今日はいらないので私は何もしませ~ん。イェイ!
そんな時は自分ごはんはだいたい朝昼一緒になって、
・黒米入りごはんと納豆とか、
・黒米ごはんとお漬物とお味噌汁とか、
・薬味70%素麺とか、
・野菜たっぷりインスタントラーメンとか、
・揚げ玉、ネギ、わさび多め冷やしたぬきとか。
が、私専用1人定番メニューでしょうか。
案外ヴァリエーション少ないです~。
で、今日の気分は…納豆ですねぇ。
クリームチーズ入れるのもたまにめっちゃ美味しいのですよ。
Cpicon 納豆とクリームチーズのごはん by milketmoi
ということで、今日ご紹介レシピは、
昨日の夕食時、冷蔵庫にあるもので何か軽いもの、思って作った
「生ズッキーニとラディッシュの簡単マリネサラダ」です。
何気に作ったものですが、あら美味しいし彩りもいいな、って。
で、早速ご紹介させていただきましょうと。
ズッキーニは1種類でもまったくかまわないのですが、
2種類だと緑、黄色、赤(ラディッシュ)になって綺麗なので、ま、あれば、で。
ちなみに作り方は①で終わりとなります。
それでは材料と作り方で~す。


材料(2~3人分)
・緑と黄色のズッキーニをスライサーで薄く切ったもの(250g) ・ラディッシュをスライサーで薄く切ったもの(50g) ・イタリアンパセリ少々 ★EXVオリーブオイル大3 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大2 ★レモン汁大1と1/2~大2 ★砂糖小2 ★ハーブソルト適量 ★粗挽き黒胡椒適量

作り方
①★を合わせ、ズッキーニとラディッシュと和え、皿に盛り、イタリアンパセリを散らして出来上がりです。少し置いても味が馴染んで美味しいです。

※レモン汁は大2にすると少しすっぱめに。私はすっぱいのが好きなので大2作成ですが、すっぱいのはあんまり。という方は加減してください。
………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG38865 - Copie

早速ですが、今週の「水曜はパリでランチしましょ」でご紹介した7区のエッフェル塔近くの裏通りにある「CAFE DE MARS(カフェ・ド・マルス)」でいただいた前菜の再現サラダのレシピのご紹介です。
お店では実はタコだったのですが、イカでも美味しいだろうな、思い、我が家にいつもある冷凍小イカでお試ししたら、とっても美味しく出来ました。もしかしたらお店より美味しいかも。
な~んてずずしいことを言ったら怒られそうですが、理由があるのです!
先ずは、風味と彩りのためにお店では入っていなかった紫玉ねぎとラディッシュを足したこと。
そしてレタス系のベビーリーフもなのですが、イカとスイカも程よく増やしたこと。
これでボリュームはもちろん、魚介のうまみ、スイカの甘み、玉ねぎとラディッシュの程よい辛みと歯触りが合わさってさらに美味しくなったような気が自分ではしております。
さっぱり爽やかなので、これは我が家の夏の定番になりそうな感じです。
あ、イカは小イカじゃなくて他のイカでもOKですし、もちろんタコさんでも(ってか元はタコでしたし)素敵です。その場合は食べやすく一口大にしたもので。それから普通の玉ねぎなら水にさらして辛みを程よくとってから優しくキッチンペーパーで水気を拭きとって、シャキシャキ感が残るようにしてください。そしてそして一番大事なこと。必ず召し上がる直前に野菜とイカドレッシングを和えてくださいね。時間がたつとべちょっとなって美味しくなくなってしまいますので。
それでは材料と作り方行きま~す。


材料(2人分)
・小イカ(100g) ・種をとったスイカ1、5㎝くらいの角切り(40g分) ・ベビーリーフ大きくひとつかみ ・紫玉ねぎの薄切り(25g) ・ラディッシュの薄切り(2個分) ★EXVオリーブオイル大2 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大1と1/2 ★レモン汁大1 ★砂糖小1/2 ★ハーブソルト適量 ★粗挽き黒胡椒適量

作り方
① ★を合わせておく。イカを熱湯でさっと茹で★と和えておく。
②ボールにベビーリーフ、紫玉ねぎ、ラディッシュ、スイカを入れ、②のイカドレッシングも入れ、ドレッシングが全体にからむよう出来れば手も使って大きくざっくり混ぜて、皿に盛り、出来上がりです。

………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
他の方々の個性豊かで素敵なブログも併せてご覧になっていただけます。  

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

 ありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加


RIMG38607 - Copie

週末ごはんのあとまたお料理が続いてあれなんですが、
ちょっとレシピの方もたまっているので小さな1品をちゃちゃっとご紹介。
「鶏胸肉とオクラの酒炒め、ライムの香り」です。あ、間違えた、ライムの風味です。
ま、どっちでもいいんですが。
ライムなんて洒落たものを使っちまっておりますが何てことない。
レモンがなくてライムがあったからなのです。
でもこれが超あっさり美味しく出来ておつまみにもおかずにもよいです~。
ライムとレモンってやっぱり味も香りも違うんですよねぇ。
でもライムではなくレモンでも美味しく出来ると思います。味が近いですものね。
あれ、なんか言ってることに矛盾が…。ま、いっか。
あ、ライムで思い出してしまいました。
今年まだモヒートを飲んでません。大変!
あれを飲まないとカリブの夏がはじまりません、熱いカリブの夏が!仕込まなければ!
じゃ、材料と作り方で~す。



材料(2人分)
・オクラ7本 ・鶏胸肉の千切り(80g) ・鶏下味用塩胡椒少々 ・鶏下味用酒(小1) ・鶏下味用片栗粉(小2) ・ソテー用ゴマ油(大1) ・酒(50ml) ・かつおだしの素(小1/2) ・塩適量 ・ライム汁なければレモン汁(大1と1/2)

作り方
①オクラはヘタを少し切りとり、塩を軽く振って板ずりし産毛をとってさっと水洗いし、キッチンペーパーでっかり水気を拭きとり、縦半分に切る。鶏に下味用の塩胡椒と酒をもみこみ、片栗粉をまぶす。
②フライパンを中強火にかけ、ゴマ油をしき、オクラを軽く炒める。続いて鶏肉も入れさっと混ぜたら酒を入れ炒める。鶏が白くなって七分通り火が通ったら、かつおだしの素を入れ混ぜ、味を見ながら塩をし、仕上げにライム汁をぎゅっと搾って混ぜすぐ火を止め、皿に盛り、出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ