パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

我が家の日常

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

昨日今日としとしと雨が降っているパリですが、先週金曜の大晦日は春のはじめのように気持ちが良いお天気。

IMG_2375

良い年の終わり、始まりを迎えられそうだな、と思えるこんな美しい朝焼けで明けました。

大晦日はちょうど我が街マルシェの開催日。

これは行くしかありません♪

前回は寒かったのであったかさ重視コーデ。

ベージュ×ブラウンコーデでクリスマスモードのマルシェ

でもこの日は真冬にしては暖かめ。

IMG_2388

なので、薄手のボーダーのタートルネックセーターとデニム、白のコート、白のニット帽。

これに白スニーカーを合わせました。

セーターは我が街リサイクルショップで買ったもの。

本当だったら真冬には薄過ぎるのですが、この日はちょうど良い感じ。

白のコートも同じリサイクルショップのものです。

これでも外で歩くうちに少し暑くなるくらいだったのです。

IMG_2377

そしてマルシェのポルトガルバーに到着です。

帰省している人が多いからでしょうか。

お客様はそれほど多くはありません。

でもお馴染みさんのムッシューたちはいつも通りにワイワイ。

私たちもいつも通りですし、なんだかその光景がほっとします。

IMG_2376

2021年の最後のマルシェのシュワシュワ乾杯です。

今年も2人で変わらず通えて、わんことうさっちも元気で。

何よりそれが一番です。

実は残念なこともあって。

私もお話したことがあるお馴染みさんが2人、亡くなっていたことを知りました。

お1人は男性で60代。

足に障害があったのですが(手術ミスが原因)、心臓も悪かったようで、5月だったそう。

このコロナで外出がままならなくなったことも影響しているのかもしれません。

もうお1人は女性で50代。

つい最近までわんこと一緒にマルシェに来ていらっしゃいました。

わんこはかまってちゃんのキャバリアで、見つめるだけでしっぽぶんぶんするような、超可愛い子でした。

そのわんちゃんは娘さんがいるので大丈夫だそうで、ほっ。

あの子を見てくれる人がいなかったら、すぐにでも名乗り出たい感じだったのですけどね。

あのお2人が今はもういない、と思うとなんだか不思議で信じられませんが。

皆そうやって人生を終わっていくのですよね。私も…。

それにしても、コロナはウィルスだけじゃなく、いろんな形で人間社会に打撃を与え続けているように感じます。

IMG_2380

大晦日は商品も含め、どんな感じか、

軽く飲んだ後はマルシェ歩きしました。

IMG_2381

そうしたら、開いていないお店もあるし、開いているところでも商品がかなりスカスカ気味。

お肉屋さんのお肉はいつもの1/3くらいだし、人気フランス総菜屋さんは店頭にあるのはソーセージとサラダくらい。

お店のスタッフさんもいつもは10人以上いるけれど、この日は3人だけ。

こうやって最小限で開いているのは、この翌日からバカンス休みに入るお店のようでした。

IMG_2382

今週1週間は我が街マルシェはこんな感じで、若干ガランとした状況なのでしょう。

でも、今週末はまた復活かな。

IMG_2387

帰り道も、雲1つない青空の中を歩いて2021年最終日の午前をエンジョイ。

この日からもう5日も過ぎて。

すでに結構前のことのよう。

毎日がどんどこ過ぎて行きます~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

すっかり真冬のパリ。

わんこたちを用足しのため3分くらいお庭に出している時だけでも、厚着をしていないと寒くていられなくなってしまいました。

で、前回ご紹介のトレンチコートコーデは、まだそれほどの寒さじゃない時用だったのですが。

トレンチコートコーデで晩秋のパリ郊外ドライブ

今回はあったかさ重視のコーデです。

IMG_1958

ぶ厚いフェイクムートンのコートに、リサイクルショップで買った厚手コットンのベージュのブラウスと、日本から持ってきた16、7年前のオフホワイトのコーディロイのパンツです。

コートは何とブロカント市で1ユーロで買ったもの。

突然雨が降ってきたブロカントで寒くて急いで車に戻る途中、店じまいを始めたマダムが「全部1ユーロよ!」と商品を叩き売りしていたのです。

そのお店で、あのコートあったかそうだ、と思い即購入してその場で羽織って帰って来たのです。

あれから3年だか4年。

定番の形で見た目通りめちゃくちゃあったかくて重宝しております。

これにウールのアイボリーベージュの帽子と白スニーカーを合わせました。

IMG_1960

中のブラウスはこんな感じ。

よく見ると青や緑、赤、黄色の糸が混ざっていて、なかなか可愛いんです。

春に着ても軽やかな雰囲気でグッド。

IMG_2051

で、やってまいりました、我が街マルシェのポルトガルバー。

でも着いた途端、雨が降り出して、その雨のせいでさらに寒~い。

マフラーしてくればよかったと後悔。

IMG_2054

コートの襟を首に巻きつけて、冷たくてシュワシュワのヴィーニョ・ヴェルデで乾杯です。

IMG_2052

この時のお客さまはほとんどが黒っぽい服装。

これを見ると、真冬のパリ感、なんですよね。

初めてパリに来たのが真冬だったのですが。

どんよりのお天気の中、リッチなカルティエの公園で子供を遊ばせているマダムのほとんどが仕立ての良い黒いコートなのを見かけて。

モノクロームなパリの冬は黒が似合うな、渋いな、と思ったものです。

んが、今はあの時の、似合うな、渋いな、の気持ちがどこかへ行っちまって、暗いパリの秋冬なのでせめて自分の服は暗めにならないように、と思うようになりました。

IMG_2057

我が街マルシェもすっかりクリスマスモード。

でもほんと寒かったのでお客さまがいつもよりかなり少なめです。

やはり皆さん、外に出たくないのでしょうねぇ。

IMG_2058

マルシェ一人気のフランス総菜屋さんも珍しく行列が出来ておりませんでした。

IMG_2055

でも週末がクリスマス本番の今週はとても混み合うはず。

フランスのクリスマスの定番のご馳走のホタテやサーモンは、早朝行かないと売り切れてしまうと思います。

我が家も欲しいのですが、いつどこで買うか、というのがあるんですよね。

当日ゲット出来なかったら困るし、でも新鮮なのが欲しいし。

ああ、迷います…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

ここのところ週末はあいにくのお天気でマルシェに行ってなかったのですが、先週の日曜は朝から降っていた雨が止んだので。

旦那と、行こうか、と思い立ち、急いで服を選びました。

前回マルシェは暖かめ曜日だったので、お気に入りのピンクのニットコートコーデ。

グレイ&ピンクコーデで秋の食材が並ぶマルシェ

でも今回は、雨は止んだけど晩秋の寒空。

それにあれこれ色合わせしてる時間もなかったのですよね。

IMG_1824

で、全身ホワイトコーデにしちゃいました。

白のタートルネックセーターはZARAで見つけたもの。

9月からずっと重ね着しやすいぴたっとした薄手の白タートルを探していて、なかなかコレというのに出会えなかったのですが。

少し前にたまたまチラっと覗いたZARAで、店頭に出したばかりと思われるタートルネックシリーズ(色とサイズが揃っていた)で、探していたタイプの白を発見。

しかも9ユーロ!で、即購入しました。

合わせやすいのですでに重宝しております。

ボトムは日本から持ってきた16、7年前のゆったり系コーディローパンツ。

これに我が街リサイクルショップで2、3年前に買ったコートと、アイボリーベージュのウールの帽子、白スニーカーを合わせました。

コーディローパンツはほとんど履いていなかったので、処分しようかな、と思っていたのですが。

今年はコーディローがちょっと復活人気のよう。

処分しなくてよかった。

合わせやすいので、この秋と冬、どしどし着ようと思います。

IMG_1791

こんな感じホワイトコーデでグレイの街を通り抜け、マルシェに向かいます。

結構木々に色づいた葉が残っているのが、まだ秋だよ感で嬉すぃ。

この葉っぱちゃんたちが全部落ちてしまうと、ああ冬来ちゃった感、なんですよねぇ。

IMG_1792

で、マルシェのポルトガルバーに到着で~す。

雨が降った後なので、テラス席は屋根付きとなっております。

IMG_1799

でも、本格的に寒くなってきたので、テラスよりバーの店内の方が混み合ってまいりました。

我が街ジモティのフランス男たち中心に、わいのわいのやっております。

ここはホント、我が街庶民の憩いの場。

IMG_1793

私たちも冷たい微炭酸の白ワイン、ヴィーニョ・ヴェルデで乾杯。

もう少ししたらお店のメニューにあったかヴァン・ショー(スパイス入りの赤のホットワイン)も登場するはず。

真冬に飲むヴァン・ショー、あったまるんですよねぇ。

IMG_1800

2杯いただいた後は(旦那は3杯)ちょびっとほろ酔い気分でマルシェ散歩。

ラベルルージュ(フランス公認の品質保証マーク)のサーモンのカマが出ていたので欲しかったのだけど、旦那に却下されました。

旦那はカマはあんまり好きじゃないんですよね。

美味しいのにねぇ。チッ!

IMG_1795

ポルトガルのシャルキュトリーはフランスのシャルキュトリーとはまた違う風味でグッド。

イベリア半島が発祥のチョリソーも美味しいです。

IMG_1796

ポルトガルのお惣菜もほっとするお味。

ちょっと日本食と通じるところがあるんですよね。

ポルトガルの国民食であるイワシの炭火焼きも日本食にとっても近い。

初めてポルトガルに行った時は、料理も風景もなんか日本と重なって。

その不思議な懐かしさと、そしてポルトガルの素朴な美しさに魅了されて、ポルトガルに住みたい!とまで思ったくらいです。

でもいろいろあって今、パリ郊外住まいで~す。

IMG_1802

季節限定の生牡蠣専門店の出店も始まりました。

しばらくいただいていないので、私もそろそろ食べたい。

旦那は生牡蠣好きじゃないけど、これは却下しないんですよね。

サーモンのカマはダメなのになぜ?

IMG_1803

そしてお花屋さんにはシクラメンがズラリと並び始めました。

でも私は昔からシクラメンを必ず枯らしてしまう女。

なので今は見るだけと決めております。

今週末はドイツ系スーパーのお手頃切り花を買ってきたいと思います。

お花は自分の暮らしにとって、かなりの必需品でございます。

シクラメンを枯らす女が言うのもあれですけどね…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

日に日に気温が下がってきているパリ。

ですがたまにまだ日中暖かめになる日があります。

先週の恒例日曜マルシェ日はそんな暖かめ曜日。

まだ何とか軽めの暖か恰好が出来るのが嬉しい♪

で、前回ご紹介のお出掛けコーデはちょっとがんばったコーデだったのですが。

テーラードジャケットコーデで秋のパリ郊外ドライブ

IMG_1686

今回は我が街マルシェなのでお気軽ラフスタイルです。

グレイのハイネックシャツとグレイのスキニーパンツに、スモーキーピンクのニットコート。

ニットコートはうんと寒くなってきたら着れないのでチョイスしました。

これにアイボリーホワイトのニット帽と白いスニーカーです。

渋めの色の服装が多くなる秋冬でも足元が白いスニーカーだと、暗過ぎないでいいんですよね。

春夏はもちろん秋冬も大活用です。

ちなみに白いスニーカーは2足持っていて、1足は布製でもう1足は布と合皮なのですが。

布&合皮の方は汚れやすい部分が合皮なので、簡単に水洗いで汚れが落ちるところがめちゃくちゃ便利。

このスニーカーを買う時、もう1つ、可愛い白の皮スニーカーがあってかな~り迷ったのです。

でも白い皮スニーカーは汚れた後の手入れに手間がかかるな、と思って、合皮にしたのですよね。

これが自分的には大正解でした。

やっぱり白いスニーカーはいつでも真っ白いのを履きたいですからね。

IMG_1665

で、我が街マルシェのポルトガルバーに到着です。

ついこの間まで木々の色づいた葉が綺麗だったのですが、もうほとんど枯れ落ちておりました。

この日はフランスの冬時間が始まった日。

なんかリンクしている感。

IMG_1666

そんなことを感じながらテラス席でシュワシュワ乾杯アペロタイム。

でももう少ししたらテラス席も寒くなっちゃうかしら…。

IMG_1670

カリフラワーが旬になってまいりました。

カリフラワーと言えばフランスに来て知ったのが、生のカリフラワーの美味しさ。

レシピというほどのものじゃありませんが、ご紹介もさせていただいております。

Cpicon 10秒調理止まらないカリフラワーディップ by ルロワ・モワ

これをご紹介した頃は、日本では生カリフラワーはまったくポピュラーじゃありませんでしたが、今では日本でもすっかりポピュラーになって、たくさんのレシピも出ているようです。

でも、やはりフランス流にシンプルにマヨネーズでいただくのが一番美味しいんじゃないかな、と思います。

IMG_1671

こちらには旬の野菜や果物がずらりと並んでおります。

セロリアック(根セロリ)、バターナッツ、パネ(パースニップ)、さつまいも、かぼちゃ系、洋梨、りんご。

特にパネが出てくると、ああ、冬が来たな、と感じます。

パネは火を通すと甘くて美味しいけど、生で味見すると独特な味わい。

ちょっと昔の人参っぽいのですよね。

IMG_1676

帰り道の風景はまだ秋。

まだ何とか秋だな、と散歩でも毎日確認してちょびっとほっとしております…。

パリの秋は日本ほど彩りがバラエティじゃないけど、でも綺麗です。

このまま今度は春になったら嬉…いや、冬がないと春は来ないかんね。

しかたにゃ~い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

前回は週末にブロカント市に行ったことをお伝えしました。

可愛い家が並ぶ街のブロカント市&ゲットしたもの

で、ブロカントへは朝一番で行ってきまして、いったん家に戻ってきてから、今度はいつものマルシェへGOしました。

R0140831

この日のコーデはコチラ。

スモーキーピンクのニットコートに白Tシャツと切りっぱなしデニム。そして靴は白スニーカーです。

R0140832

このニットコートは数年前にブロカントで買ったもの。

タグが付いたままの未使用品だったのですが、微妙な色もデザインも、超柔らかな手触りも気に入って、即購入しました。

しかも着るとかなりあったかいんです。

この日の朝も結構寒かったのだけど、半袖Tシャツとこのコートで十分。

今の季節にとても重宝しております。

R0140857

ということでマルシェのポルトガルバーに到着で~す。

比較的お天気に恵まれていて嬉しい今年の10月。

週末が恵まれているとさらに嬉すぃ。

R0140862

シュワシュワのヴィーニョ・ヴェルデ(ポルトガルの微発泡ワイン)も、秋晴れの中で、賑わいの中でいただくと、さらに楽しうまし。

なので旦那は3杯、私は2杯。
R0140854

この後は、この日は特に必要なものはなかったけれど、一応ぷらぷらショッピング。

テーブルクロスなどのコットン製品が格安のインド系ムッシュー店は結構見ていて、よく買っております。

R0140853

我が家のお庭の花もあと少しで今年は終わり。

来年の春までまたマルシェのお花屋さんか、スーパーの切り花にお世話になることでしょう。

ま、でも節約家の我が家はだいたいドイツ系スーパーの「リドル」か「アルディ」でお手頃なのを買うことが多いんですけどね。うひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ