パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

我が家の日常

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は10度、最高気温は13度で、お天気は雨となっております。

久しぶりに日曜マルシェコーナーです。

更新していなかったのではなく、行っておりませんでした。

と言いますのも、去年12月18日の日曜日にマルシェに行ったら、ポルトガルバーがやっていなかったのです。

理由は定かではないのですが、おそらくワールドカップのポルトガル×アルゼンチンの決勝戦が4時からあったからかな、と思っております。

マルシェは午後2時前後にはどこのお店も閉まりますが、ポルトガルバーだけはお客さんが皆帰るまで開いているのです。

で、私もそのワールドカップの日の少し前にたまたま通りかかった時知って驚いたのですが、お客さんが3時4時まで結構残っているのですよね。

そうするとお店の方も終わらせられない。

決勝戦の日くらいお客さんも早めに帰ってあげれば、と思っちゃうけど、飲んでる人たちはそこまで気を遣わないのだろうと思います。

旦那も1人でマルシェに行く時、長々しゃべり過ぎな時がありますからね。

なので決勝戦の日は開かなかったのかな、と。

そして翌週の日曜日はクリスマス当日でした。

マルシェは開いているけど、私はクリスマスの料理の準備で大忙し。

そしてそのまた翌週は元旦でした。

やはりマルシェは開いているけど、私はお正月の料理の準備で大忙し。

ということで、久しぶりのマルシェになったのです。

で、まずは前回コーデはコチラ。

白コート&カラフルマフラーで我が街のクリスマス市とマルシェ

IMG_6987

そして今回は黒のライダースジャケットに黒のスキニーパンツ、アイボリーの厚手タートルネックセーター、モノクロの動物柄厚手マフラー、アイボリーのニット帽、そして差し色的なマスタード色のポシェット。

足元は白のスニーカーです。

モノクロは基本的にあまり好きな組み合わせではないですし、パリの暗い冬の中では特に苦手です。

でもたま~にはね、ということで、マスタード色のポシェットで完全モノクロは回避。

そう言えば、初めてパリに旅で来たのが真冬だったのですが。

暗いモノクロームなパリの真冬の風景に黒いコートのマダムやムッシューがお似合いだな、と思ったものです。

でも住み慣れると。

そんなお似合いイメージは重すぎて暗過ぎて、受け入れがたくなりました。

実際に暮らす中で、パリのイメージの風景はたまにで十分過ぎると感じております。

たぶん多くのパリ暮らしの人がそうなんじゃないかしら…。

IMG_7202

この日は久しぶりに晴れ間が見えたこともあり、久しぶりマルシェがまたちょっと嬉しい日。

暗いのマックスはクリスマスで、その後は徐々にお天気も気分的なことも含め回復に向かっていくように私的に感じているので、山は越えた感。

ここまでがほんと~に長いです。

IMG_7173

誰でも読みたい本を持っていけて読み終わった要らない本をおける屋外無料本棚BOXは、夏は美しい緑の葉に覆われていたけれど。

今は枯れ木枯れ葉に覆われております。

IMG_7176

そんな本棚に並んでいたのがフランス語版日本の漫画。

「Yozakura Family」っていうのです。

IMG_7175

マンガはぜんぜんわからないのですが、日本のマンガの影響力がすんごいのはよ~くわかっております。

フナック(フランスの書籍、電化製品チェーン)でもマンガコーナーの立ち読みフランス人の数のすごいこと。

どんだけみんなマンガ好きやねん、ていうね。

IMG_7184

で、マルシェに到着です。

すると花屋さんではすでにミモザが並んでおります♪

ああ、やっぱり山を越えて春が見えてきた感。

ミモザは最初の春の光です!

IMG_7200

とはいうものの、まだ柿も売っております。

今度マルシェ行った時、まだあったら、もう最後かもなので買おう!

IMG_7198

そして屋内マルシェのアジア総菜屋さんは結構な行列。

春節が近いから?

でもフランス人もたくさん並んでいます。

IMG_7199

各お惣菜もあらら、売り切れ続出。

甘辛味が多いので、フランス人も大好きなんですよね。

IMG_7188

そしてポルトガルバーです。

この日は外が寒いし風があったので、店内で。

IMG_7190

ポルトガルの微発泡ワイン、ヴィーニョ・ヴェルデで乾杯です。

うんと寒かったらヴァン・ショー(スパイス入りホット赤ワイン)がぴったりだけど、この日も今週も、暖かめ曜日。

今思えば12月に久しぶりに一瞬?耳まで凍り付くような0度前後の日が数日あったけど、その後は比較的温暖な真冬。

パリの真冬はほんと~に変わりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

恒例日曜マルシェコーナーです。

先週末の日曜日はほんと~に寒い日だったのですが、前日にワールドカップのポルトガル×モロッコ戦があってポルトガルが負けてしまったので。

マルシェのポルトガルバーではどんな話をしているのかな、とちょっと興味があったこともあり、防寒対策をして行くことにしました。

で、コーデですが前回はスカートをチョイスしました。

レンガ色ロングスカートコーデで寒~い12月マルシェ

IMG_6799

そして今回は、我が街リサイクルショップで数年前に買った白コートに、中には長袖Tシャツと白いタートルネック、グレイのデニム、数種の編み込みのカラフルなマフラー、ピンクとベージュのポシェット。

足元は白いスニーカーです。

マフラーは3年前に日本に帰った時に、たまたま通りかかったブティックでセールをしていて買ったもの。

使うのは確かこれで2回め。

寒い時は首まできっちり閉められるフード付きコートを羽織って、そのフードを被っちゃうことが多いので、あまりマフラーの出番がないのですよね。

でももったいないので、これからはもっと使ってあげようと思います。

IMG_6779

この日は我が街のマルシェ・ド・ノエルも開催中だったので、ちょっと寄ってみました。

IMG_6781

マルシェ・ド・ノエルの定番ヴァン・ショー(柑橘とスパイス入りの甘いホット赤ワイン)のスタンドです。

シードル・ショー(ホットのリンゴのお酒)なんていうのも売っておりまして、飲んだことがないので、これはちょっとお試ししたいと思いました。

今度家でやってみましょう♪

IMG_6782

どこのマルシェ・ド・ノエルも同じようなお店が並び、それほど興味をそそられないのでここ数年来ていなかったのですが。

正直やはり変わり映えしませんでした。

それにこの記事で書きましたが。

フランスのマルシェの買い物の楽しみと偽装と良心

マルシェ・ド・ノエルも偽装がかなり多いようなので、ただ見るだけでいいかな、って感じです。

でももちろんそんなことをやっていないお店もたくさんあると思うのですけどね。

素人にはなかなか見分けがつきませんので、何も買わない方が無難です。

IMG_6785

セントラルではブロカント市も開催。

でも子供向けのおもちゃのブロカント。

クリスマスのプレゼント向けですね。

クリスマスの子供向けでも、こうして中古活用するのはフランスの良いところ。

フランスに来て、何でもかんでも新しいものというのは決して良いことではないな、と思うようになったので。

子供向けのブロカント市を微笑ましく感じます。

IMG_6795

で、マルシェのポルトガルバーに到着です。

でもテラス席は寒過ぎて、奥にムッシューが1人写っているけれど、他に人はまったくおりません。

IMG_6797

で、店内に行ってみると、皆さん、この日は店内飲みでした~。

こんな光景を見ても、いよいよ真冬に突入だな、と感じます。

IMG_6792

そして旦那も私もヴァン・ショーで乾杯。

あまりにも寒いので、いつもは必ずヴィーニョ・ヴェルデ(ポルトガルの微炭酸ワイン)をチョイスの旦那もこの日はヴァン・ショー。

この寒さに合わせて?とても熱くて、熱いものは熱いのが良い日本人の私には嬉しいヴァン・ショー。

温まります♪

ところで、ポルトガルが負けた後でどんな話題になってるかな、と思っていましたが。

ポルトガル系のお客さんが多いこのバーなので、サッカーの話は聞こえてきたけど、もうこの後の試合の話になっておりました。

ここはフランスなので、ポルトガルが負けてもフランスがあるさ、って感じなのでしょうかね。

IMG_6786

ということで、この後歩いたマルシェはフランス総菜屋さんもアジア総菜屋さんもアラブ総菜屋さんもクリスマスの飾り付けをして、すっかりクリスマスムード一色。

IMG_6787

マルシェのすぐそばのブラッスリーは、なかなか微妙なクリスマスデコレーション。

とにかく、また今年もクリスマスが来たな、と感じます。

フランスに来た頃は本場のクリスマスが新鮮で嬉しかったものですが、フランス家庭に入ってすっかりフランスのクリスマスに慣れきってしまった今日この頃。

正直もうワクワク感はあまりなく、24日&25日の2日間ご馳走を準備しなくちゃなので、何にしようかな、と、さっきも冷凍庫をチェックしました。

来週に入ったら本気でメニューを考えなくては…。

でも人生であと何回迎えられるかわからないクリスマスだし、この街であと何回迎えられるかもわからないので、やっぱり楽しまなくては。

よし。あと1週間、クリスマスに向けて気分を上げて行くぞ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

恒例日曜マルシェコーナーです。

寒くなってきてつい家にこもってしまいがちですが、それではイカン!

と思い、お天気がどうであれマルシェに行くぞ!

と決めたこの日。

で、まずは女性であることを忘れないためにマルシェでも手抜きしないぞ!
と思い、当日の朝に服選び。

(わんこ散歩の時はかなりの手抜き服ですが)

前回は重ね着に、お気に入りのニットコートと大判マフラーでしっかり防寒コーデでした。

アニマル柄マフラーの防寒コーデでワールドカップマルシェ

IMG_6700

そして今回もまた防寒対策の重ね着で、長袖Tシャツの上にベージュの編み込み厚手タートルセーター、黒のライダースジャケット、今年の冬のセールで買ったレンガ色のロングスカート、黄色のポシェットをチョイス。

足元は黒の厚手タイツに白のハイカットのスニーカーです。

セーターとライダースジャケットはブロカント市で格安で買ったのですが、どちらも重宝していて、かなり活用しているもの。

セールのスカートは初着用。

テロンとした生地で、ウエストのピンタック部分から程よくギャザーが出るので、ラインが綺麗に出ます。

ポシェットは黒にすると普通になるので差し色で黄色にしてみました。

IMG_6705

こんな服装で外に出たら、上半身はとても暖かかったのですが。

スカートが薄手だったので、初めちょっとすーすーするな、と思いました。

でも歩いているうちに大丈夫になっていったので、まあまあ防寒対策成功って感じでしょうか。

IMG_6702

それにしてもこの日はまた特別な曇天で、息も白くなってきて、パリに冬がやって来たな、と感じる日。

パリ暮らしが長くなってきてもいつまでも慣れなくて、自分も含めですが皆さんよく耐えているな、と本気で思います。

それともこんな曇り空が好きな人もいるのかな。

そう言えば松田聖子さんが、晴れは苦手で曇り空が落ち着く、と昔何かで読んだけれど。

IMG_6713

マルシェのポルトガルバーに到着です。

すぐそばの、10月に暖かすぎて若葉が出た木々も、すべて裸木となってしまいました。

すっかり冬色です。

IMG_6711

で、飲み物は旦那はいつものヴィーニョ・ヴェルデで、私は今年初のヴァン・ショーです。

ヴァン・ショーはオレンジの果汁やスパイスを入れたホット赤ワイン。

寒くなったのでそろそろヴァン・ショー始まったかな、と思ったのですが、やっぱり始まっておりました。

甘さ控えめであったかくて美味しいです♪

それでも結構お砂糖(又は蜂蜜)を使うので、冬にしょっちゅう飲んでいると太ります。

なのでたま~にで。

IMG_6716

この後はマルシェ歩き。

でも寒いので人もいつもよりは少なめ。

やはり外に出たくなくなるのかな。

IMG_6708

モミの木もズラリと並び始めました。

このモミの木、使ったあとはモミの木専用の回収センターに持っていけば、自治体が回収してくれて、細かく切って堆肥などに活用されます。

IMG_6710

でも道端に無残に捨てられているのもよく見かけます。

自分たちが楽しむためにせっかく育った木を切り落して、そして用がなくなったら簡単に捨て去る。

人間は本当に勝手だな、木がかわいそうだな、と何とも言えない気持ちになります。

そうだ。我が街の回収センターのそばをよく通るので、1月になったらご紹介させていただくのも良いかもしれません。

結構な数なんですよ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

恒例日曜マルシェコーナーです。

だんだん寒くなってきたので、マルシェに行くのはお休み、という日曜もここ最近ちょっとある今日この頃。

でも先週は朝から降りしきっていた雨が止んだので、行こうか、となりました。

前回は暖かい日曜日だったので、Tシャツにブレザー、肩掛けセーターの明るめ軽めコーデ。

肩掛けセーターコーデで秋の味覚が並ぶマルシェ&購入食材

でも今回は、雨上がりのかなり寒い朝だったので。

IMG_6586

スモーキーピンクのニットコートに白のタートルネック(下には厚手長袖Tシャツ)、黒のスキニーパンツ、白黒の動物柄(たぶんレオパード柄)の大判厚手マフラー。

これにこのフォトの時は忘れてしまったのですが、白のニット帽、ピンクとベージュのポシェット、黒のローヒールを合わせました。

数年前にブロカント市で買ったこのニットコートはとても気に入っているもの。

でもこの秋は1度しか着ていなくて、真冬になったらちょっと寒くて着れないだろうから着たいな、と思い、このコートチョイスの防寒対策コーデです。

それでも寒いの覚悟で家を出たら、ちゃんと暖かくてまったく寒くなくて、やった!と1人で小さくガッツポーズ。

下に2枚着こんでいるし、大判マフラーが首はもちろん、肩や胸元あたりまで覆ってくれるので、対策が成功した模様。

あ、でも、ということは。

真冬でも極寒の日じゃなければこのコートいけるかもしれない。

よし。いけそうな日があったらやってみよう!

IMG_6594

で、こんなあったか服装でしゅっぱ~つ!

雨は止んだとはいえ、見事などんより天気どんより風景。

IMG_6598

でも。

あれ?街のセントラル広場で、咲いてるあの花は?

IMG_6597

おお~桜です~!

いつもは2月に咲く早咲きの桜が、11月の終わりに咲いています~。

我が家の近所の桜も今、何気にささやかに咲いているのだけど、今年の秋があまりにも暖かかったので、季節を勘違いして咲いちゃったんですねぇ。

今年は春夏秋と、本当にお天気に恵まれて、素敵な季節を過ごすことが出来ました。

しか~し、さすがにパリの冬はそんなわけにはいかない。

いつもの毎日曇天冬、しっかり到来しております。

IMG_6601

そしてマルシェのポルトガルバーに到着で~す。

風景はすっかりモノクロームチック。

雨が上がっても今にもまた降りそうだったので、テラス席は空いております。

IMG_6602

で、そんなテラス席でヴィーニョ・ヴェルデで乾杯。

IMG_6603

ポルトガルバーのすぐそばの、暖かい10月に勘違いして青葉が出ていた木々は、さすがにほぼ散っておりました。

桜が咲いてもやっぱり晩秋です。

こんな風景がこれから約4ヶ月くらい続くはず。

乗り越えるぞ~!

IMG_6604

この日はポルトガルバーの店内のカウンターの方が賑わっておりました。

テラスが寒いのもありますが、ワールドカップが始まったので店内にモニターが設置されていて、皆さん、観ながら飲んでいたんです。

我が街は元々ポルトガル系住民が結構多く、そしてここもポルトガル系バーなので、お客さんもポルトガル系の方がとても多いんです。

なので聞こえてくるのはポルトガルチームの話が多かったです。

昨日の夜はポルトガル×ウルグアイ戦がありますたね。

途中で急いでお風呂だけ入っちゃおうと思って出てきたら、ポルトガルが1点入れてて、あら~入ったか~、と思ったら、またすぐ2点めが入っておりました。

やっぱり強いですねぇ。

IMG_6600

この後はお散歩がてらマルシェそぞろ歩き。

IMG_6606

とうとうヒヤシンスが並び始めました。

ヒヤシンスが出てきたら冬です。

でもヒヤシンス、香りが何とも言えず大好きです。

我が家もリドルに並び始めたら買おう♪

(何でもリドルかい?)

IMG_6607

雑貨店では派手でチープな造花がやけに目立っていたのですが。

あれ?でもなんかこの花の感じ、色たち、パリで見たレアールのブラッスリーのファサードの色合いによく似ております。

費用よりインスタ映え。パリのカフェは造花ファサード大流行中

こうやって改めて見ると、う~ん、なかなかになかなかで~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

恒例日曜マルシェコーナーです。

先週末は土曜日も、前回記事でご紹介したサイクリング&ピクニックに行けるほどお天気に恵まれましたが、翌日のこの日も朝から気持ちの良い青空が広がりました。

なので、曇天の日々になってもっと寒くなったら着れなくなる服を着よう、と思いました。

で、前回は、この日もお天気に恵まれ暖かったので薄手ニット素材を選びました。

パリブランドのニット&差し色コーデでフランスのお盆マルシェ

IMG_6532

で、今回は、このブログで何度かご紹介させていただいているZARAのローズ色のブレザーに、ロゴ入り白Tシャツ、デニム、そしてアクセントでこれもZARAのものでグレイと紺のボーダーニットを肩掛け。

足元は白のスニーカーです。

この日はマルシェに行くのに&このコーデにぴったりなバッグがなかなか決まらなかったので、バッグは持たず、カメラだけ持っていくことにしました。

ブレザーは来年もまだ流行っているか微妙なので、とにかく着れる時に着たいと思っていたので、寒くないこの日にぴったり。

でもちょっと秋っぽさをプラスしたかったので、ウールのセーターを肩掛けしました。

すでにだいぶ前から日本で流行っているセーターの肩掛けですが、フランスではまだそこまでじゃなくて、たまに見かける程度。

でもアクセントになって手軽で便利な流行だな、と思います。

こんなコーデでマルシェへGO!

IMG_6514

土曜日に引き続きこの見事なほどの晴天に心ウキウキです♪

しかも翌日月曜日(今週の月曜日)からは曇りがちになって気温も下がるとの予報だったので、11月のパリの貴重な美しい日曜日にありがたさひとしおなのです。

IMG_6516

このローズ色の美しい館は老人ホーム。

もう一つ、マルヌ川の近くにも老人ホームがあって、そこも閑静な場所にあって美しい館です。

他にも古いお城を利用した老人ホームなんかもあるようですが、フランスの老人ホームはかなり高額。

日本人の知人は、いつか老人ホームに入居することになったら言葉の問題もあるし、日本の方が安いし日本人の方が安心。

と言っておりました。

そんな話を聞くと、自分はどうなるのかな、と不安が過りますが。

シングルでもパートナーがいても子供がいてもいなくても、誰でも人生の最後はわからないので、とにかく適度に健康に気をつけて、今を楽しむのがまずは一番かな、なんて思うようにしております。

IMG_6519

で、ポルトガルバーに到着で~す。

このお天気なのですごい賑わい。

外のテーブルが全部満席だったので、店内にしようか、と話していたら、たまたま1つテーブルが空いたのでラッキー。

IMG_6520

で、ヴィーニョ・ヴェルデで乾杯です。

IMG_6518

10月に1度紅葉して黄色になって、その後散っただろう、ポルトガルバーのそばの木々に、また若葉が出ていたことは前回記事でご紹介しましたが。

この日もまだ若葉が残っておりました。

実はこの他にも、我が家の近くにある桜並木の数本に桜が咲いていることに、つい2、3日前に気づいたんです。

今年のパリの10月の、と言うかたぶん春夏から10月にかけての天候がどれだけ普段と違って暖かかったのだろう、ということ。

地球の天候の変化をつくづく感じるし、その加速度がすごいな、と感じます。

これからはもっともっと加速して、は~、いったいどうなるんでしょうね、地球。

IMG_6521

この後はお買い物タイム。

ですが信用出来ないお店もあるので、そこは素通りで。

IMG_6525

お花屋さんにはポインセチアが並び始めました。

ここには赤しかなかったけど、今は白やピンク色のポインセチアもあるんですよね。

品質改良でいろんな色が出てきております。

品質改良の加速度もまたすごい。

IMG_6523

八百屋さんでは今一番の山盛りはクレモンティーヌ。

みかんみたいな柑橘です。

料理に使ってもいいお仕事。

IMG_6527

そして旬のきのこの中でも王様的なセップ茸は、よく売れていて残りわずか。

IMG_6528

ジロール茸もあります。

洗っちゃだめ、という情報が多いですが、ジロールは砂がかなり残っているので無理せずさっと洗って調理するのがポイント。

洗わないで調理したら、砂ガリガリ、がよくあるのですよね。

IMG_6529

で、購入したのがコチラ。3食パプリカとトマトです。

なんかめっちゃ夏っぽいですが、パプリカはお買い得品。

そしてトマトは、お庭採れトマトがとうとう終わったので、サラダ好きの我が家には欠かせないので買っておきました。

どちらもあると彩りも良く使い勝手が良い食材。

パプリカはマルシェのお惣菜屋さんの再現タブレ&浅漬けにしようかな、と思っております。

どちらも作り置きにぴったりで美味しいので我が家の定番です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ