パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

フレンチ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

週末のお買い物でBIOの夏野菜がたくさん揃ったことをこの記事でご紹介しました。

フランスのスーパー、フレンチ前菜に便利な食材

R0140286

右のズッキーニは家庭菜園で採れたものなのですが、特にこのズッキーニが今、毎日食べても食べきれないほどあるのです。

で、もうすでに作ったことを、フランスのスーパー記事の中で書きましたが、ラタトゥイユたっぷり作って、今冷蔵庫に常備してあります。

我が家のラタトゥイユは、ニースに住んでいた時にお友達から教えてもらったスペシャルレシピ。

お鍋は一切使わず、オーブンだけで焼き上げていくんです。

Cpicon オーブンだけで作るニースのラタトゥイユ by ルロワ・モワ

初めてご馳走になった時はギュッと詰まった野菜の甘さと濃さにびっくりしたんですよね。

お友達はラタトゥイユの美味しいお店のキッチンを見ていたら、オーブンだけで作っていたので、マネしたのだそう。

以来私もラタトゥイユはオーブンだけで作るようになったのですが。

いつだったか、リヨンの名シェフ、ポール・ボキューズさんのレストランが紹介されていて、生前のボキューズさんのお店での様子をスタッフの方がお話なさっていたのです。

そしたら、ボキューズさんは毎日お昼近くにお店に来ていたそうなのですが。

その時に毎日山盛りに食べていたものと言うのが、このオーブンで作るラタトゥィユそっくりだったのです。

お店のお料理はバターやクリームを使ったザ・フレンチだけど、ご自分は毎日お野菜をたっぷり召し上がっていたのです。

お亡くなりになったのは2018年、91歳の時。

なので、お野菜をたっぷり食べていたから長生きなさったのかな、なんて思ったんですよね。

R0140339

我が家はこのラタトゥイユ用に大きなココット鍋を常備しております。

このお鍋に乱切りにしたたっぷりの夏野菜とロリエとタイムを入れ、塩胡椒、そしてオリーブオイルをたっぷりめにかけます。

そして200度のオーブンでとにかく焼いては混ぜ、焼いては混ぜを繰り返します。

R0140352

だんだん水分が出てきてこんな状態になりますが、この水分がなくなって、お野菜の量が1/4量くらいになるまでとにかく焼いては混ぜを続けます。

その間ずっとオーブンのそばに張り付いている必要はありません。

ネットや他のことをしながら、ときどきキッチンに行ってオーブン開けて混ぜて、また戻るみたいな感じで大丈夫。

R0140358

そして完成したのがコチラ。

温かいのも美味しいですが、冷やしてもこれまた美味。

このままはもちろん、パンにのせても、パスタにしても、付け合わせにしてもグッド。

ただ1つ覚悟的なことは、フランスはまだいいのですが、とにかく暑い日本の夏にオーブンを長く使うのがたぶんキツイと思うのですよねぇ。

なので日本で作る場合は少しでも涼しい日がよいかな、と思います。

でも作る甲斐があるくらい野菜の甘さ、濃さを堪能できますよ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

10日間更新が出来ませんでしたが、
また毎日がんばって更新いたします。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

…………………………………………………………………IMG_5724 - コピー
この記事の時に鴨のフライパンローストを作りました。
バラ色ブロカント食器でテーブルコーデと小鳥
鴨を焼いていると、たくさん脂が出てくるのですが、
その焼き汁&脂はうま味がいっぱい。
捨てちゃもったいない。
で、翌日はこの焼き汁&脂で、
じゃがいものソテーを作りました。
鴨が特産のフランス南西部の
じゃがいものサルラ風のなんちゃって版です。
作り方は超簡単に、
じゃがいもは皮をむいてラップにくるんで、
ほどよく柔らかくなるまで加熱します。
それを食べやすい大きさに切って、
フライパンで鴨の焼き汁&脂でこんがりソテーして、
塩胡椒で味付けするだけ。
じゃがいもが鴨のうまみたっぷりの脂を吸って、
つまみ食いが止まらない美味しさです。
我が家は私が嫁に来てから、私が好きなので、
鴨料理がテーブルに出てくるようになったのですが。
それまで食わず嫌いだった鴨を旦那も食べるようになり、
いつも何のお肉でも脂はやめて!と言っていたのが、
この鴨の脂使い1品を、
1人で完食するほど大好きになって。
好き嫌いがほとんどない私は、
ほんとは脂好きなんじゃないの~?と、
ふっふっふ、と心の中で
まるちゃんのように微笑っております。
苦手と言っていたものを食べさせて、
好きになってもらった時は
ちょっとした達成感がありますね。
あと残るはイワシかなぁ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1281 - コピー
料理番組でモンサンミッシェルの近くのサン・マロのレストランのシェフさんが、
モンサンミッシェルのムール貝を使ったムールマリネを紹介なさっていて、
生姜を入れているのが新鮮だったので自分で作ってみました。
そしたら生姜がムール貝と生クリームと合っていてい~いお仕事。
すごく美味しかったんです♪
調理ポイントはその生姜と、そして、
フランス在住の方でしたら可能であれば
モンサンミッシェルの新鮮なムール貝を使ってみてください。
モンサンミッシェルのムール貝はAOC(原産地統制名称)のマークつき。
AOCはフランスの農業製品やワインなどに与えられる
特別な品質保証で美味しいんです。
でももちろん別の産地のものでも新鮮であればぜんぜんOK。
ただ、新鮮でもたまに火を通しても開かなかったり
開き方が微妙なものがあります。
それはすでに死んじまっていたものですので食べないでくださいね。
お腹をこわします。
ムールマリネにはフライドポテトをセットするのが定番。
手軽な冷凍でもぜんぜんいいので揚げたてをぜひ添えてください。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・ムール貝1キロ ・エシャロットのみじん切り50g ・玉ねぎのみじん切り50g ・生姜の千切り20g  ・バター30g ・辛口白ワイン150ml ・生クリーム250ml ・ロリエ2枚 ・胡椒適量

作り方
大きめで深めの鍋を中火よりやや強めの火にかけ、
バター、エシャロット、玉ねぎ、生姜を入れ、甘味が出るまでしっかり炒める。
ワインと生クリーム、ロリエ、胡椒を加え、熱くなったら、
ムール貝を入れ、ふたをし、ムール貝が開くまで蒸し煮にする。
さっと混ぜて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1310 - コピー
フランス・アルザス地方の郷土料理タルトフランベ。
イタリアのピッツァと形は似ておりますが、
お味はまったく違います。
トマトソースは使わず、基本は,
フレッシュなチーズ、フロマージュブランと
具材は玉ねぎとベーコン。
でも我が家はフロマージュブランの代わりに
水切りユーグルトで代用。
生地も残りパンが多いんです。
そのレシピがコチラ。
Cpicon 食パンとヨーグルトで簡単タルト・フランベ by ルロワ・モワ
で、今回は市販ピッツア生地があったので、
マルシェで特売で買ったほうれん草も入れて
久しぶりに作ってみたのですが
しっかり本格的。かなり美味しいです♪
材料も少ないし全部日本でもフランスでも
手軽に買えるものばかり。
調理ポイントはにんにくの薄切りを入れること。
我が家のタルト・フランベに
にんにくは欠かせません。
それとナツメグ。
ハンバーグやひき肉料理に
かかせないスパイスですが、
タルトフランベもかかせないスパイスなんです。
生地はタルトフランベには
薄いピッツア生地が向いております。
とにかく簡単だし幅広く好かれるお味。
おすすめです!
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・ピッツア生地1枚 ・玉ねぎの薄切り60g ・ベーコンの細切り60g(あればブロックベーコンがおすすめ) ・ほうれん草60g ・にんにくの薄切り2個分 ・ナチュラルヨーグルト250g ★生クリーム大さじ3または牛乳大さじ2 ★卵黄1個分 ★塩4つまみ ★胡椒適量 ★ナツメグたっぷりめ

作り方
ヨーグルトをザルにあげ小鍋などにのせ、ラップをし、
そのまま冷蔵庫で一晩水切りする。
水切り後、小鍋に出た水分は乳清なので捨てないで飲んでください。
翌日。オーブンを240度で予熱開始。
ほうれん草をよく洗いラップにくるんで1分加熱する。
取り出してそのまま水にさらし、触れるようになったら出す。
しっかり水気をしぼって食べやすく切る。
水切りヨーグルトに★を混ぜる。
ピッツア生地にこのヨーグルトソースを全部ぬる。
その上に玉ねぎ、ベーコン、ほうれん草(よくほぐしながら)、にんにくを散らす。  
240度のオーブンで15~20分くらい、こんがり焼く。
焼き立てに、お好みで粗びき黒胡椒をかけて召し上がってください。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0168 - コピー
新鮮なマッシュルームが手に入ったら
お試しいただきたい、
「生マッシュルームとインゲンとクルミのサラダ」
のご紹介です。
最近では日本でも新鮮なマッシュルームは
生でいただける、
ということが知られてきたみたいですね。
私もフランスに来てそれを知って、
生マッシュルームも大好きになったんです。
調理ポイントは、なのでとにかく
新鮮なマッシュルームを使うこと。
そしてインゲンはレンジ加熱で火を通しますが、
それぞれのレンジで
加熱時間が違ってくると思いますので、
途中でラップの上からつついてみてください。
(やけどに気をつけてくださいね)
しっかり柔らかくなっていればOKです。
動物性食材なしのベジタブルな1品ですが、
クルミの食感もアクセントになって
野菜が美味しいです。
そして身体にも良いと思います。
それとドレッシングにマスタードを使っていますが、
少し前にご紹介させていただいたこのマスタード
絶対喜ばれる超おすすめのパリ土産はコレ!
を使っていただいてももちろん美味。
購入の機会がありましたらぜひお試しを。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・筋をとったインゲン200g ・新鮮なマッシュルームの薄切り80g ・エシャロットのみじん切り120g(または玉ねぎのみじん切りを水にさらして辛みをとったもの)・きざんだクルミ20g ★EXVオリーブオイル大さじ5 ★白バルサミコ酢大さじ3(または白ワインヴィネガー+砂糖3つまみ) ★マスタード小さじ1と少し ★塩胡椒少々

インゲンはラップにくるんで様子をみながらレンジで3~4分加熱する。
食べやすい柔らかさになればOK。
やけどしないよう注意しながら取り出しで、そのまま水にくぐらせる。
ラップを外し、キッチンペーパーで水気をとり食べやすい大きさに切る。
★を混ぜ合わせておく。
ボールにインゲン、マッシュルーム、エシャロットを入れ、
★のドレッシングをさっと混ぜる。くるみも入れさっと混ぜる。
お皿に盛って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ