パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

フレンチ

日本のダイソーで買った3年カレンダーが、
とっても便利と思っているmoiです。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
ランキングで毎日2500前後の
ポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょう。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけ乱用し続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0016157 - コピー
今年春のコロナ禍真っただ中で、
日中も外出禁止(制限)だった3月。
突然放送が始まったのが、
人気シェフ、シリル・リニャックさんが、
パリの自宅から生放送する料理番組、
「Tous en cuisine avec Cyril Lignac」。
その時の記事はコチラ。
外出禁止で突然始まったフランスの新番組
で、この番組、その後、秋、冬と、
定期的に放送されておりまして。
この冬の放送が今週金曜日に終了したばかり。
その中で紹介されていたタルティフレットを、
お試ししてみました。
タルティフレットは、
サヴォワ地方のチーズ、ルブロションと、
じゃがいもを使ったフランスの大定番お惣菜。
シリルさん流は、フランスで定番の薄い生地、
パテ・フィロかブリックでタルト仕立てにした、
サクサク感のあるタルティフレット。
この薄い生地は、春巻きの皮をもっともっと
薄くした感じ。
で、ちょうどブリック生地が残っていて、
ルブロションもあったので作ってみました。
ただ作る直前になって見てみたら、
ブリック生地が2枚しか残っていなかった~。
なので、ほんとは何枚も重ねて作るのですが、
今回は2枚だけ。
でもちゃんとサクサクになって美味しかったです。
ご興味のある方は、このサイトで、
番組のレシピが見れますので参考になさってください。
Tous en cuisine avec Curil Lignac

そして、私も我が家流のタルティフレットを、
ご紹介させていただいております。
定番のシンプルなのがコチラ。
我が家のタルティフレット

ルブロションがなくても、日本でも、
作りやすいタルティフレットがコチラ。
ブルーチーズのタルティフレット
どちらもとても美味しいし、
冬にぴったりのあつあつフランス総菜です!

………………………………………………………………… 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 新たに書きます。
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
(フランス暮らしのマダムで検索すると出ます)
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
毎日2500前後のポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょうか。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけ乱用し続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0014784 - コピー
昔から自分にとってハンバーガーは、
お手軽ファストフードで、
昼食などにささっといただく、
1品的な位置づけだったのですが。
実は今、ハンバーガーに凝っております。
きっかけはロックダウン前に、
パリのビストロでいただいた
フレンチハンバーガー。
想像を超えてめちゃくちゃ
美味しかったのです。
今のフランスのビストロは、
ハンバーガーを出すお店が、
とても多いのですよね。
で、美味ビストロハンバーガーに出会って。
改めてハンバーガーというもに注目。
マクドナルドも無性に食べたくなりまして、
この時久しぶりにお試し。
でもコマーシャルに流されて、
失敗しちまいました。
外食したくて。マクドナルドの新商品
これもあって、
本腰入れて家で挑戦してみたのです。
そしたら家で作っても最高!
ビストロのとかなり近いものが出来ました。
調理ポイントはあるな、と思いました。
パテは100%ビーフが
王道味になるな、とか。
美味しいソースが
程よくかかってるのも大事だな、とか。
そして日本の美味しいハンバーグステーキとは、
違うものだということも改めてわかりました。
ハンバーグステーキはハンバーグステーキ。
ハンバーガーはハンバーガーなんですねぇ。
って気づくの遅い?!
今の世界でお手軽ポピュラーなフードって、
ピッツァ、寿司、ハンバーガーかな、
と思っているのですが。
(本格的お寿司屋さんはまた別で)
でも寿司は特別って思っているのですが。
いや、ハンバーガーも、
なかなかやります!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 新たに書きます。
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
毎日2500前後のポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょうか。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけ乱用し続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0014372
今年3度めのシャテーニュ(châtaigne)です。
シャテーニュとはシャテニエの木になる栗。
甘栗みたいに甘くて、栗好きにはたまりません。
まだ外が寒くなかったこの時は。
秋のフランスのバーベキューで一番のおすすめ
バーベキューで焼きましたが、今もう寒いので、
今回はオーブンで焼き栗を作ります。
R0014374
シャテーニュのお腹にナイフで
十字に切込みを入れます。
これをしないと焼いてる時に破裂!
大変なことになっちまいます。
R0014378
全部に切込みを入れたら、
200度で予熱したオーブンで焼くこと15分。
R0014384
焼き上がりました~。
切込みが入っているのでむくのも簡単。
ほくほく甘~い♪
バーベキューで焼くのには負けるけど、
オーブンでも十分美味しいです。
日本の栗でも作り方は同じ。
水につけて柔らかくしてから、
切込みを入れてもOK。
もうすぐ旬が終わって並ばなくなるので、
フランスでも日本でも、
まだ召し上がってない方は、
ぜひお試しください。
私もあともう1回くらい食べたいです!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ
ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

10日間更新が出来ませんでしたが、
また毎日がんばって更新いたします。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

…………………………………………………………………IMG_5724 - コピー
この記事の時に鴨のフライパンローストを作りました。
バラ色ブロカント食器でテーブルコーデと小鳥
鴨を焼いていると、たくさん脂が出てくるのですが、
その焼き汁&脂はうま味がいっぱい。
捨てちゃもったいない。
で、翌日はこの焼き汁&脂で、
じゃがいものソテーを作りました。
鴨が特産のフランス南西部の
じゃがいものサルラ風のなんちゃって版です。
作り方は超簡単に、
じゃがいもは皮をむいてラップにくるんで、
ほどよく柔らかくなるまで加熱します。
それを食べやすい大きさに切って、
フライパンで鴨の焼き汁&脂でこんがりソテーして、
塩胡椒で味付けするだけ。
じゃがいもが鴨のうまみたっぷりの脂を吸って、
つまみ食いが止まらない美味しさです。
我が家は私が嫁に来てから、私が好きなので、
鴨料理がテーブルに出てくるようになったのですが。
それまで食わず嫌いだった鴨を旦那も食べるようになり、
いつも何のお肉でも脂はやめて!と言っていたのが、
この鴨の脂使い1品を、
1人で完食するほど大好きになって。
好き嫌いがほとんどない私は、
ほんとは脂好きなんじゃないの~?と、
ふっふっふ、と心の中で
まるちゃんのように微笑っております。
苦手と言っていたものを食べさせて、
好きになってもらった時は
ちょっとした達成感がありますね。
あと残るはイワシかなぁ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1281 - コピー
料理番組でモンサンミッシェルの近くのサン・マロのレストランのシェフさんが、
モンサンミッシェルのムール貝を使ったムールマリネを紹介なさっていて、
生姜を入れているのが新鮮だったので自分で作ってみました。
そしたら生姜がムール貝と生クリームと合っていてい~いお仕事。
すごく美味しかったんです♪
調理ポイントはその生姜と、そして、
フランス在住の方でしたら可能であれば
モンサンミッシェルの新鮮なムール貝を使ってみてください。
モンサンミッシェルのムール貝はAOC(原産地統制名称)のマークつき。
AOCはフランスの農業製品やワインなどに与えられる
特別な品質保証で美味しいんです。
でももちろん別の産地のものでも新鮮であればぜんぜんOK。
ただ、新鮮でもたまに火を通しても開かなかったり
開き方が微妙なものがあります。
それはすでに死んじまっていたものですので食べないでくださいね。
お腹をこわします。
ムールマリネにはフライドポテトをセットするのが定番。
手軽な冷凍でもぜんぜんいいので揚げたてをぜひ添えてください。
それでは材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・ムール貝1キロ ・エシャロットのみじん切り50g ・玉ねぎのみじん切り50g ・生姜の千切り20g  ・バター30g ・辛口白ワイン150ml ・生クリーム250ml ・ロリエ2枚 ・胡椒適量

作り方
大きめで深めの鍋を中火よりやや強めの火にかけ、
バター、エシャロット、玉ねぎ、生姜を入れ、甘味が出るまでしっかり炒める。
ワインと生クリーム、ロリエ、胡椒を加え、熱くなったら、
ムール貝を入れ、ふたをし、ムール貝が開くまで蒸し煮にする。
さっと混ぜて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ