パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

イタリアン

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

たまたま拝見したあるブログで、サイゼリアの人気メニューを再現していました。

サイゼリアは日本にいた時、1度か2度くらい行ったことがあるのですが、そのメニューは食べたことはありませんでした。

で、家にあるもので作れるな、と思い初挑戦してみました。

IMG_6559

それがじゃん!ミラノ風ドリアです!

もう先に言ってしまいますが、想像通りのお味で、それがまた良くてめっちゃ美味しかったです♪

これがサイゼリアでは300円というから本当に驚き。

外食費が高いフランスじゃ考えられません。

はっきり言ってこれくらい美味しい1品は、もしビストロのメニューにあったら(ないけど)安くても12、3ユーロくらいはすると思います。

日本の外食、凄いです。

っつうかサイゼリア、コスパ凄過ぎです。

作り方はぜんぜん難しくなくて、サフランライスの上にホワイトソース、ミートソース、チーズをかけて焼くだけ。

実は週末にちょうどトマト煮込み料理を作って、お肉からうまみがたっぷり出た美味しいトマトソースが残っていたので、牛ひき肉をプラスしてミートソースにしようと思っていたのですよね。

しかも前回のフランスのスーパー記事でご紹介しましたが、リドルでグルメ食材「デュリュクス」シリーズのサフランも買っていたので、グッドタイミングだったのです。

今回作って思いましたが、サフランってすごいです。

ミートソースの味に負けず、サフランがちゃんと香って、美味しさワンランクアップ。

ターメリックで代用もありなようですが、これは出来ればサフランだな、と思いました。

IMG_6561

そしてもう1つ、サイゼリアの隠れ人気メニューも再現しました。

柔らか青豆(グリンピース)の温サラダです。

スープで煮たグリンピースとパンチェッタに温泉卵をトッピングしたもので、これもちょうどパンチェッタに似たラードン(角切りベーコンみたいな加工肉)が半分残っていたので代用。

グリンピースも冷凍のがたっぷりあったのでこれまたグッドタイミング。

フランスはかなりグリンピースを食べるんですよね。

なのでどこのスーパーにも年間を通してお手頃価格でグリンピースが売っているのです。

で、サイゼリアではこの温サラダは200円。

いやいやコスパ、どうなってるの?

でもどうなっていても、このお値段でいただけるっていうのはジャポン、恵まれているな、と思います。

サイゼリアで計500円で食べれるこの2品ですが、これはフランスでは立派なおもてなしにもなるな、と思いました。

ドリアがまずないので、そこが新鮮ですし、しっかりとした味付けなのでフランス人、と言うか外国人が好きな味だろうなと思います。

前菜で温サラダ出して、メインでミラノ風ドリア出したら、たぶん大満足してくれるんじゃないかしら。

旦那はグリンピースがそれほど得意じゃないのだけど、これは美味しい、と食べていたし、ドリアは一口めで美味しい♪と喜んでおりました。

ちなみにホワイトソース(ベシャメルソース)はたっぷり作って冷凍したので、またこれで美味しいもの作れるな、と楽しみなんです。

でもいろいろごちゃごちゃ冷凍してるから忘れないようにしなくちゃです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

我が家の冷蔵庫に必ずと言っていいくらい常備しているイタリアはボローニャのソーセージで超薄切りのモルタデッラ。

前回のフランスのスーパー記事でもご紹介させていただきました。

フランスのスーパー、狙っていたリドルのイタリア食材あれこれゲット

我が家は100%サンドイッチでいただいてまして、これが素朴なんだけど毎日食べたいくらい美味しいんです。

本日はそのモルタデッラの我が家流サンドイッチの作り方をご紹介します。

と言ってもめちゃくちゃ簡単です。

IMG_3718

この時のパンはマルシェで買ったポルトガルの素朴なパンのカルカーサを使いました。

で、サンドイッチなので横半分に切って、下のパンにお好みのチーズをのせます。

チーズはクセのないものがベスト。

この日はコンテチーズでしたがエメンタール、チェダーチーズ、スライスチーズでも美味しいです。

このパンを、チーズをのせたものも含め、上下ともオーブンで軽くカリっと焼きます。

焼き上がったら、パンの上1枚(チーズがのっていない方)にバターをたっぷりめに塗ります。ってかのせます。

このバターたっぷりめがパンに程よくしみていいお仕事してくれるのです。

(この際、カロリーが気になる場合は、バターを減らすか、運動するかの2択となります)

そして超薄切りのモルタデッラ(超薄切りが美味しさポイントの1つです)を、無造作気味に2枚ふわりとのせでパンではさんで出来上がりです。

たっぷりバターが熱で少し柔らかめになって、半分くらいはパンに溶けてしみて、程よくとろけたチーズと、超薄切りモルタデッラのひらひらな食感と優しい風味、塩気が何ともボン・マリアージュ。

もしかしたら本場イタリアではオリーブオイルが王道で、バターは邪道かもですが、たっぷりバターうましです!

モルタデッラのサンドイッチで検索すると、レタスやトマトなど具材たっぷりめのものがたくさんあるのですが、モルタデッラの場合はシンプルサンドがお味を満喫出来るな、とわたくし的には思っております。

でももちろん好みもあるので、参考の1つにしていただければと思います。

ということで、かなりやみつきになっちまうシンプル美味サンドイッチ。

機会がありましたらぜひお試しくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG45069 - Copie

久し振りに一番好きなグラタンであるマカロニグラタンが食べたくなりました。でも大定番だからレシピにしてもあれよねぇ。でも何だかもったいない?ので、じゃあ、大定番ア~ンドちょびっとオリジナル感を出してみようといういやらしい欲望がかすめ、大定番にゴルゴンゾーラプラ~ス!で、ま、めっちゃ美味しく出来ました!だってマカロニグラタンがうまいかんね。当たり前っちゃ当たり前で予想は思いっきり出来ます。はは。で、これはこのゴルゴンゾーラをカマンベールにしていただいてもシェーブルにしていただいても美味しいかと思います。いや、美味しいでしょう!なのでお好みでチョイスしていただけたらと思います。
それでは恐縮でございますが材料と作り方で~す。

………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・マカロニ100g ・鶏肉120g ・小海老のむき身80g ・マッシュルーム80g ・玉ねぎ100g ・バター30g ・薄力粉大3 ・豆乳又は牛乳300ml ・コンソメ1個 ・塩胡椒少々 ・生クリーム120ml ・ゴルゴンゾーラチーズ80g ・パン粉適量

作り方
①マカロニを茹でよく湯を切り、サラダ油少々(分量外)をまぶしておく。
②鶏肉は小さめ一口大、玉ネギと軸を少し切りとったマッシュルームは薄切りにする。
③鍋を中火にかけ、溶けてきたら玉ねぎを入れ甘みが出るようしっかりめに炒めたらマッシュルームも入れ、マッシュルームもしっかりめに炒めうまみを引き出す。続いて鶏肉を入れさっと炒めたら小海老も入れ軽く炒め合わせ、薄力粉を入れ全体に馴染んだら、豆乳を加え、火を強火にし焦げないようよく混ぜる。ふつふつしてとろみがついてきたら、コンソメを入れ溶けたら、マカロニと生クリームを入れ混ぜ、味を見ながら塩胡椒をする。
④グラタン皿に入れ、ゴルゴンゾーラを千切って散らし、パン粉をまんべんなく振りかけ、オーブンかオーブントースターで程よい焦げ目がつくよう焼いて出来上がりです。

※我が家は基本いつも豆乳使いなので今回も豆乳となっております。


………………………………………………………………………………………………………


そして、今日本では苺が旬なようなので苺ちゃんレシピを貼り付けさせていただくことを思いつきました。思いついたというのは、ここフランスでは3月からが旬。なのでまだこちらでは苺気分は始まっていないのです。でも早く苺気分来ないかなぁ、思って、ここパリは今毎日どんより空ですが素敵な苺気分になったのです。ちょっとスペシャルではありますが美味なレシピたちでございます。よろしければお試しくださいませ♪
Cpicon トマトと苺のガスパチョ♡ヴェリーヌ仕立て by milketmoi
Cpicon 苺のガスパチョ*シャンティ・サレ添え by milketmoi
🍓苺にあんまりまつわらない想ひ出小話込み記事→「ホタテのタルタル、苺ソース添え&苺にあんまりまつわらない想ひ出小話
Cpicon 美味*白アスパラと生ハムの苺ソース添え by milketmoi
苺とバナナのスペキュロス風味タルト


………………………………………………………………………………………………………
あとも一回、そして。
🍓苺にあんまりまつわらない想ひ出小話の、その続きのつけたし超小話~。
そのね、昔私が恋した木村くんの親友は永井くんって言ってねぇ。彼もちゃらちゃらしてなくて口数多くなくてね、いい感じだったの。でも私はあの時木村くんしか見えなかったのよん。会いたくても会えなくてねぇ。電車でポロリ涙流したこともあったべさ。若かったねぇ、乙女だったねぇ、かわいかったねぇ。でもいくら思っても、木村くんは永井くんと雀荘ば~っかり行ってたのよ~ん…


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 
 
人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG45023 - Copie
旦那が買って来たチルドのニョッキを焼いてみたら、それがとても美味しかった、と、少し前の週末ごはんでご紹介したのですが、その後一度挑戦して作ってみたら結構美味しく出来、今回はほんのちょっとプラスαしての、再挑戦レシピのご紹介です。
第一回目自作ニョッキはお試しだったので、大きさや形も、小さなシンプル丸形や定番ニョッキイメージのくるりんした俵型っぽいのにも一生懸命してみたのですが、器用じゃないとなかなか綺麗に出来ない(ああ、イタリアンマンマに教わりたい)。そして焼いてみたら両面平らの丸型の方は美味しいんだけど両面カリっだと少し口の中がもさつく感じだったので、こりゃ少し変えた方がいいかな、と。
それを踏まえての今回では、形は誰でも(私でも)フォークを使って簡単に出来る形に。そしてもさつき感をさらになくすため&他のレシピさんにないバター入りニョッキに。そして焼くのもバター&焦がさないためのオリーブオイル使いです。チルドのニョッキを焼いた時もバター&オリーブオイルで焼いたのですが、バターの風味がニョッキによくあって美味だったのですよね。で、自分レシピでもバター風味が引立つようにを意識したっつうわけなんです。で、なかなかの美味な1皿になったかな、と。具材を入れることも考えたのですが、今回はとにかく先ずはシンプルにバターニョッキの美味しさ&カリッもちっの食感が味わえるようにとあえて具材なし。でもこれをベースに春には美味しいアスパラガスも使って作りたいな、とかちょっとイメージ中でございます。成功したらちゃんとまたレシピご紹介させていただきたいと思っています。でもまだちょ~っと先かしらねぇ、アスパラも春も…
あ、ところで、ちょっと過りましたよ。こりゃ洋風に言えば焼きニョッキだけど、日本風に言えばじゃがいも餅とも言えるなぁ、と。あ、でも私的にはニョッキということに決めましたよん。へへ。
それでは材料と作り方です。とっても簡単で~す♪

………………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・じゃがいも200g ・薄力粉50g ・片栗粉50g ・塩小1/5 ・卵黄1個分 ・有塩バター20g ・打ち粉用薄力粉適量 ・焼きあげ用EXVオリーブオイル大2+大1くらい ・焼きあげ用有塩バター10g+5gくらい ・仕上げ用パルメザンチーズ適量 ・あればハーブ ・仕上げ用EXVオリーブオイル

作り方
①じゃがいもの皮をむき、乱切りにして水と共に鍋に入れ火にかけ、柔らかくなるまで煮る。煮えたらしっかり湯を切り、鍋に戻しちょっと火にかけ、水気をしっかり飛ばし、火から下ろし、マッシュする。
②ここに薄力粉と片栗粉、塩、卵黄を入れ、まだ熱いのではじめはスプーンやヘラで軽く混ぜ、粗熱が取れたらまな板に全部移し、手で馴染むまでちょっとこねるような感じで混ぜ、途中でバターをちぎりながら入れ混ぜる。これを1つに丸めラップで包み、粗熱が完全にとれたら冷凍庫で1時間~1時20分くらい入れ、生地を少し固める。バターが入るので少し柔らか目の生地になっているのでニョッキ型に作りやすくするため。でも忘れて凍らせないでね~。あ、冷凍保存も可能かと思いますが、解凍の時は少しかため程度の解凍でお願いします。
③生地がかために落ち着いたらラップをとり、打ち粉をたっぷり目にしたまな板の上に置き、伸ばしやすいよう二等分に切り、手で転がして、直径2、5㎝くらいの棒状に伸ばす。


RIMG45001 - Copie
こんな感じです。これを包丁で1㎝幅くらいの輪切りにし、全面にちょっとそのへんの打ち粉を優しくまぶし、
RIMG45013 - Copie
フォークの上にちょこんと置いて、
RIMG45014 - Copie
指で真ん中にくぼみをつけ、
RIMG45015 - Copie
あとはフォークを裏返せばまぶした打ち粉のおかげで自然にはがれます。これを一個ずつして、残りの生地も同じようにニョッキ型にします。
④フライパンを中火で軽く熱し、オリーブオイル大2とバター10gを入れ溶けたら、ニョッキをフォークの模様がついた方から下にし、全部入れ、色よくこんがり焼けたら裏返し、残りのオリーブオイル大1とバター5gを足し、両面色よくカリッと焼きあげる。
⑤皿に盛り、パルメザンチーズをかけ、あればハーブを飾り、オリーブオイルを周りにたらして出来上がりです。塩はあえて振っていませんがいただいてみて足らないようであればお好みで振ってくださいませ。

※今回、ニョッキは大きめのフライパンで一度で焼き上げましたが、もし、一度に焼けそうにない大きさのフライパンでしたら、焼きあげ用オリーブオイルとバターを分けて、ニョッキを半量ずつ焼いてください。

………………………………………………………………………………………………………

ということでこんなニョッキと一緒に合わせるのによさげなレシピを少し貼り付けさせていただきますね。今が美味しいカブやコールラビ、カリフラワーさん使いもあるので、別にこのニョッキ興味ないわ、でも旬野菜好きよ、な感じでしたらどうぞご家庭メニューのご参考になさってくださいませ。
Cpicon 美味です♪スモークサーモンのカルパッチョ by milketmoi
→「カブと生ハムとオレンジとキーゥイのカルパッチョ
→「コールラビとオレンジのカルパッチョとさぶいぼ
Cpicon カリフラワーとクレソンのポタージュ by milketmoi
Cpicon 南イタリアでいただいた魚介のパスタ by milketmoi


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 
 
人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

RIMG44187 - Copie
今日は雨が降ったり止んだりのパリでございます。本当は午後はチャリンコでスイスイスイっと図書館に行って借りている本を返そうと思っていたのだけど断念して、家事も午前中に超特急で全部終わらせておいたので(無駄に?階段を上がったり下りたりして運動も兼ね)久しぶりにこのレシピご紹介記事を、すやすや眠るわんこべべたちのそばで書いているっつうわけなのです。かまいたいけどここは抑えております。起きたら起きたで騒がしいし。ふふ。
さてさて今日はこの和えるだけの「生マッシュルームとコリアンダーのファルファッレ」で、味つけはナンプラーやスイートチリソースのアジアの調味料たちに+ちょびっとのヴィネガーであっさり少しサラダ風の1皿です。というのも実はこのレシピ、
Cpicon 生マッシュルームとコリアンダーのサラダ by milketmoi
から思いついたものでして、生マッシュルーム&コリアンダー(パクチー)の組み合わせが思いがけず美味しくてちょびっと光栄好評でもあるので、こう何とか食べ応えのあるものにもしたいな、とやってみたら大丈夫美味しくて出来たものなのです。
ポイントはスライサーで薄くした生マッシュルームのひらり感とファルファッレのダブルひらり感とでもいいましょうか。これがペンネとかマカロニだとまた食感が変わってお口に入った感じも違うかもな、と思っています。そしてもちろんコリアンダーさんも大事ポイント。何度も書いていますが、私も(世の中のたくさんのコリアンダー好きさんを想像し)コリアンダーが昔から大好きで大好きで、日本でタイラーメン屋さんに行った時はコリアンダーを山盛りにしていただいていたものです。そしたらフランスではマルシェでどさっと束で2ユーロもしないし、終わり間際のマルシェだと2束で1ユーロとかもあるので、コリアンダーの件ではフランスに住んでラッキーと思っております。あ、でも、今日本ではパクチードレッシングとか、はたまたそんなパクチードレッシング味のポテトチップスなんかもあるようで。これはフランスにはないしそういうアイディアもないので、やっぱり日本はそこはいろいろな意味ですごいなぁ、と思います。そう言えば湖池屋さんではわたくし小さなほのぼのこんな思い出があります。
→「パリとメキシコとZAZ
じゃ、材料と作り方で~す。めちゃくちゃ簡単で~す。

……………………………………………………………………………………………………
材料(2人分)
・生マッシュルーム150g ・コリアンダー20g~ ・ファルファッレ100g ・ライムの搾り汁又はレモンの搾り汁1/2個分 ★EXVオリーブオイル大3 ★スイートチリソース大1~ ★ナンプラー大1~ ★ライムの搾り汁又はレモンの搾り汁1/4個分 ★白バルサミコ酢又は白ワインヴィネガー大1/2 ★お好みで赤唐辛子の輪切り少々   

作り方
①ファルファッレを茹で始める。
②マッシュルームはスライサーで薄切りにし、ライム汁を混ぜておく。コリアンダーは茎の部分はみじん切り、葉はざく切りにする。
③ファルファッレが茹で上がったらよく湯を切り、味を見ながら★とマッシュルーム、コリアンダーの茎をさっと混ぜ、最後にコリアンダーの
葉を入れ軽く混ぜる。お皿に盛って出来上がりです。
……………………………………………………………………………………………………

ついでにマッシュルームとコリアンダーの組み合わせの他レシピも貼り付けさせておいていただきますね。意外ですがとっても合うんです♪
Cpicon 生マッシュルームとアボガドのサラダ by milketmoi
Cpicon マッシュルームとコリアンダーのアヒージョ by milketmoi
Cpicon 簡単!チキンマッシュルームグリーンカリー by milketmoi
あ、べべたち起きて女プロレスはじめちゃったです~


ご訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援していただけるととても嬉しいです。 
 

人気ブログランキングへ 


にほんブログ村


レシピブログに参加中♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ