パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

中華

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパー記事でご紹介しましたが、リドルでウズラの卵と白菜を買いました。

実はその時から、どうしても食べたくて、作ろう。

と思っていたものがあったのです。

IMG_6580

それがじゃん!広東麺です!

たまたまネット記事で日本の町中華屋さんの広東麺を見まして。

色の薄いあんかけそばやごはんはたまに作るけど、しっかり醤油色のこのタイプがやけに新鮮で美味しそうで、ああ食べたい~って思ったのです。

で、ネットで検索して出てきたいくつかの広東麺レシピでだいたい作り方と材料はわかったので、それを参考にさせていただいて。

あとは家にある材料を使って、味を見ながら作ってみました。

そしたら、めっちゃ美味しい~♪

なんかいつも、美味しい~♪ばっかり言っているかもですが、本当に美味しかったのですよ!

で、旦那と、美味しいねぇ~(唸りながら)だけ言い合って、水も飲まずほぼ無言で一気に完食してしまいました~。

作り方は大雑把に言いますと、醤油味のラーメンに、野菜たっぷりの醤油味のあんかけをのせるというものなのですが。

自分的に大事ポイントだと思ったことが1つありまして、それはあんかけの方の味付けに中国醤油を使うこと。

中国醤油とは中国のたまり醤油で中国名は「老抽王」と言います。

実はほとんどの広東麺レシピでは、手軽に普通の醤油を使っていたのですが、私が美味しそうと思った町中華屋さんの広東麺はかなり色が濃かったので、中国醤油使っているな、と思ったのですよね。

中国醤油は料理に使うとかなり濃い色になるのですが、色ほどにはしょっぱくはないんです。

それにやっぱり日本の醤油とはまったく味が違うので、一般的な醤油では出せないお味になるのです。

な~んて知ったかぶりで言っておりますが、私も日本にいた時は中国醤油なんてぜんぜん知らなかったんです。

でもフランスに来てある時、アジアンスーパーで普通の醤油と思って買ったのが中国醤油でした。

その時は使い方がわからなくて、ずっと使わず結局捨てたんだったと思います。

その後、マルシェのアジア総菜屋さんや我が街の美味しいアジアンレストランの、濃いめの醤油色なんだけど普通の醤油とは違う味の焼きそばが大好きになって。

それで、これが中国醤油使いなんだ、と気づいたのです。

そして自分でも、中国醤油を使った上海焼きそばやチャーハンを作るようになったというわけです。

でも焼きそばとチャーハン以外の中国醤油を使ったレシピがなかったので、これで1つ増えてそれまた嬉すぃ。

今回の具材は、白菜、人参、ネギ、ほうれん草、キクラゲ、豚肉、海老、ウズラの卵。

醤油あんかけの味付けは中国醤油、醤油、オイスターソース、酒、さとうなど。

町中華屋さんの広東麺はほうれん草ではなく青梗菜を使っていたので、次回はリドルで青梗菜をゲット出来た時に作りたいな、なんて思っております。

IMG_6582

冷凍しておいた自家製餃子も一緒にいただきました。

ラーメン系にはやっぱり餃子が食べたくなります。

でもこれで冷凍しておいた餃子がぜんぶなくなったので、また近々作っておかねば。

ジューシィーで美味しい餃子は餡作りにかなり気合が要るので、若干パワーをためてから作ろうと思いま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

昨日南ブルターニュのヴァカンス旅行から戻ってきております。

まだ旅行記は続きますが、普段の暮らしと織り交ぜてしばらく更新していこうと思います。

ということで。

ラーメンは常に中華そば一辺倒だったのですが。

長くなってまいりました人生の中で最近、つけ麺も大好きになり、味噌タンメンもなかなか美味しいな。

なんてこともあって、こりゃいろいろ食べてみなくちゃ、と思うようになった今日この頃です。

で、またまた中華そば以外のラーメンに挑戦してみたんです。

IMG_5424

それがジャン!麻婆豆腐ラーメンです!

もう先に言わせてください。

めちゃくちゃ美味しくてちょっと目からウロコ的でした~。

麻婆豆腐ラーメンって食べるの初めてだったのです。

と言いますのも。

麻婆豆腐って白いごはんが一番合う、って思っていたし、とにかくまた言っちまうけど中華そば命!だったから。

でもやってみるものです。

鶏ガラだしベースのあっさりラーメンスープに、ちょっと濃いめのとろりとした麻婆豆腐が何とも良い塩梅。

そこにつるりとした麺がよ~く絡んで合う合う。

もしかしたらごはんより合うかも、って思いました。

タイトルにもしておりますが、旦那は最後の汁の一滴まで飲み干しました。

で、今回の麻婆豆腐の主な味付けはと言うと。

甜面醤、豆板醤、ニンニク、生姜、ネギなどの定番に、豆鼓醤をプラス。

そして花椒と山椒もたっぷりめに入れました。

山椒は今年の初め、アジアンスーパーで山椒の粉が賞味期限が近くて割引になっていたものをゲットして冷凍しておいたもの。

いや~、花椒もだけど山椒ってすんごい良いお仕事します。

よく言う痺れる辛さが何とも言えません。

しかもこれで本格的なお味になります。

これは山椒もまだたっぷりあることだし、かなりすぐにリピ決定!

甜面醤と豆板醤の量を抑えて辛さ控えめにすれば、フランス人もはまるんじゃないかなぁ、と思います。

フランス人、辛いのは苦手でもスパイスは結構好きですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

先週のおうち定食は、このパリ郊外片隅で試行錯誤を重ねて出来た、神田神保町のエチオピア風カレーでした。

パリでおうち定食屋。神田エチオピア風カレー

R0140250

で、今週は久しぶりに中華でして酢豚定食です。

酢豚は肉だんごも同じなのですが、子供の頃は大好きで、近所の美味しい中華屋さんで家でよく出前でお願いしていました。

が、大人になってからあまり食べなくなっておりました。

でもなんか超久しぶりにこってり甘辛もいいかな、と思い浮かびました。

R0140277

そんな酢豚ちゃん。

黒酢がないのでバルサミコ酢です。

レシピはネットで見つけたプロシェフの井桁良樹さんのレシピで、調味料の分量を少し変えました。

レシピがあえて豚肉だけの酢豚なので、豚の美味しさが味わえるな、と思いました。

そしたらその通り。シンプルで美味しいです♪

甘辛が大好きな旦那も大喜び。

これは旦那だけじゃなくフランス人が好きになる確率高し!と思いました。

R0140259

ご飯はトウモロコシごはんです。

スープもですが、芯も一緒に炊くのが今ではよく知られたトウモロコシ料理の大事ポイント。

炊きあがりに少しだけバターを入れていただきました。

とっても美味しかったです。

R0140255

副菜は残り野菜を全部使った中華風卵焼き。

卵も使っちゃわなくちゃだったので、たくさん消費出来てすっきり。

お味はまあまあでした。

R0140266

これも残り野菜とユリの花の乾物の炒めもの。

我が家が大好きなユリの花。

メンマの代わりにラーメンに入れてもイケます。

R0140264

キクラゲとお豆腐のさっと煮。

戻したキクラゲが残っていたので、これも消費です。

あっさり優しいお味で美味しかったです。

R0140263

キュウリとラディッシュの中華漬け。

前日に適当に漬けだれを作って、お野菜を入れて、冷蔵庫に入れておいたのですが。

少し味がしみ過ぎておりました。

一晩漬ける場合はたれと野菜から出る水分を考えないとだめですね。

でも旦那は美味しいとポリポリ完食しておりました。

R0140257

カニカマとネギの和え物。

ランチョンマットに隙間があったので、何か小さな1品と思って、超即席和え物です。

少しワサビを使ったので、ワサビ好きの私には普通に美味しかったです。

R0140253

そしてデザートは赤いプルーンです。

今、フランスは生のプルーンがお店にたくさん並んでおります。

熟したのがめちゃ美味しいんです。

プルーンの生はフランスに来て馴染んだ果物だけど、とても美味しいです。

実は日本にいた頃は果物は、大好きな桃と葡萄と伊予柑はめちゃくちゃよくいただいたけど、他のはそんなに食べなかったんです。

でも今は新鮮な果物は毎日の必需品。特に朝の果物が美味しいです。

日曜日の恒例マルシェ行きの前にも、果物だけは食べるようにしているんですよ。

若い頃は食べるものなんて何も気にしていなかったけど。

今は、身体は食べるものが作っていると思っております。

1日でも長く、家族といれて元気に動いていたいので、これからはますます食べるものに気をつけたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。

…………………………………………………………………
IMG_7251 - コピー
それは、日本のカレーと
この「焼き餃子」です!
と私は思っております。
この2つを出して、美味しい!
と喜ばないフランス人には、
いまだかつて会ったことがありません。
たぶんフランス人だけではなく、
多くの外国人がそうではなかろうか。
以前オペラ地区の日本人街の
ラーメン屋さんの行列で、
日本の餃子について家族に熱く語っている、
フランス人パパさんもいましたっけ。
どうやら家族は餃子に初挑戦するらしかった。
あの様子めちゃくちゃ可笑しかったなぁ。
さて、でも焼き餃子。
実は私は以前はそれほどしょっちゅうは、
食べなかったんです。
というのも日本に住んでいた時、電車で、
餃子を食べたであろう人の
強いにんにく息がもうほんと~に苦手で。
なので自分でもそういう餃子を食べた後の、
息がいやだったのです。
でも食べようと思えば手軽に食べれるものが
フランスに来て食べれなくなったら、
食べたくなるんですねぇ。
しかもフランス人の胃袋をつかむつかむ!
で、各ご家庭と同じで、
我が家流餃子のレシピが
だいたいあったのですが。
去年日本に帰った際に久しぶりにいただいた、
東銀座の萬福の餃子のショーロンポーみたいに
汁が飛び出るジューシィーさが忘れられず。
パリのラーメン激戦区にまだない銀座萬福の味
フランスに帰って来てから、
再現に挑戦しているんです。
で、汁が出てくるかなりジューシィーな餃子が、
今回やっと出来たんです♪
再現率で言うと80%くらいかもですが、
めちゃくちゃ美味しくて自分で唸ってしまった。
で、私12個も食べてしまったです~。
旦那は18個食べましたけどね。
ちなみに私は野菜多めでにんにく少なめの、
あっさりタイプが好み。
でも餃子はそれぞれ好みがありますね。
ベジタリアン餃子もありますしね。
ということでこれからも100%目指して、
しょっちゅう餃子作りに励もうと思います。
今度はにんにくたっぷり肉肉しいのにも
挑戦してみようかな?
今じゃ案外はまったりして。ぷぷ。
フランス人ダーリンの胃袋をつかみたいなら、
カレーはもちろん餃子も超おすすめ。
あ、もちろんフランス人女性の胃袋だって、
ガッチリつかんじゃうと思いますよ~♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0130 - コピー
日本にいた時は、ラーメンをスープから家で作ろう、
な~んてこたぁ、思ったこともなかったわたくしです。
ジャポンには美味しくて手頃に食べれるラーメン屋さんが、
たくさんありますからね。
でも、パリに来たらラーメンはちょびっと高級品?!
だいたい10ユーロ前後はするかしら。
日本にいた時に自分が好きだったのは、
ごくごく普通の昔ながらの680円くらいの東京風醤油ラーメン。
なのでパリのラーメンは私にはかなり高いんです。
でも干物もですが、やはり工夫すれば家で、
それほど難しくなく作れるんですよね。
フランスはいつでも丸鶏がそのままでもローストでも手軽に買えるので、
その残った鶏ガラでだしをとれば簡単。
我が家はシャトルシェフで一晩鶏ガラだしをとります。
そのだしにその時の気分で、和風だしパックやBIOの鶏ブイヨンを追加。
そこにお酒や醤油、みりん、塩を足してお好みの味に仕上げます。
具材はこの時は、作り置きの、塩と胡椒だけして低温のオーブンで
時間をかけて焼いた柔らかローストポーク、
ざく切りにしてさっと茹でたキクラゲ、茹で卵、生ネギ、そして海苔です。
海苔が意外と大事。磯の風味がいいお仕事してくださいます。
で、この日は、作ったのが平日のお昼時で、ちょうどお隣家の
ベルギー系フランス人のパトリスさんがお庭にいらっしゃったので、
小さめのどんぶりで一杯差し上げたら、すごく美味しかった~、って。
パトリスさんはご自分も料理が好きでよくやってらっしゃってグルメ。
そのパトリスさんが美味しい、と言ってくださったので悪くないお味と思います。
また日本食ファンが増えたかも。うひ。
ラーメンは海外の方が一度食べると、好きになる確率が高い日本の食べ物。
意外と簡単なので海外在住の方におすすめです♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ