パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

アジア

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
17日間更新なしの後、一度更新したきりで、
また更新なしで今日で4日め。
いつものように差が広がり過ぎないよう、
お得意「卑怯子手口」毎日せっせこ乱用中。
去年一時帰国の際は、
丸々一か月更新なしで、
びっくり不自然現象。
今年は、中一回更新して、
その後どのようになさるのでしょうか。
また、平然と、
パリに戻ってます報告。みたいな?
しかも、私も何度もされましたが、
他のランキング参加者の記事も平然とパクっての、
二番煎じ記事中心。
パリ在住ライターと言っておりますが。
パリ市内にあんまり出かけません。(苦笑)
もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と人に言う前に、まず自分じゃないでしょうか。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年10月11日
…………………………………………………………………
R0013717 - コピー
しょっちゅうサモサを作っている我が家です。
で、今回はフランス&日本の食材での
サモサの包み方をご紹介したいと思います。
まずはこの白くて丸くて紙のように薄いのは、
ブリックというアラブの生地。
だいたいどこのスーパーでも、
売っております。しかも安いです。
日本でしたら手軽な春巻きの皮がおすすめです。
右上に映っているのは、
薄力粉を水で溶いたかなりとろっとしたもの。
最後ののりづけに使います。
R0013718 - コピー
中の具材は今回は簡単に、野菜入りの味付けツナ缶。
マヨネーズで和えたツナとチーズやトマト、
残りのポテトサラダなんかでも美味しいです。
R0013720 - コピー
まずはブリック生地をナイフで半分に切ります。
春巻きの皮だったら縦に3等分に。
R0013722 - コピー
半分に切った生地をこのように折り曲げます。
春巻きの皮は折り曲げの必要はありません。
R0013733 - コピー
手間にこのように具材をのせます。
ブリック生地は丸いので端っこがこのように、
半端になっておりますが、気にせずそのままで。
春巻きの皮は綺麗な直角ですね。
R0013734 - コピー
具材の上に一方の生地を折ってのせます。
春巻きの皮も同じやり方です。
これをそのまま向こうに折り曲げて。
R0013735 - コピー
このようにします。
そしてまた、右の空いてる部分に折り曲げます。
R0013736 - コピー
包まってきました。
R0013737 - コピー
これを繰り返して。
R0013738 - コピー
最後の端っこのところに、
水とき薄力粉をしっかり塗ります。
そして、生地と生地の間に入れて整えます。
入れにくければ少し切って、入れやすくしてください。
R0013740 - コピー
包みあがりました。
R0013750 - コピー
いつもは揚げることが多いですが、
今回は油を多めにしいたフライパンで焼きます。
火加減は中の具材に合わせてください。
今回は中までしっかり火を通さなくてもよいので、
ちょっと強めの火でささっと焼きます。
R0013752 - コピー
そうしたら、ちょっとゴミ出ししてる間に、
あらら、1つ焦げちゃいました~。あはは。
ま、これぐらいなら大丈夫。
R0013754 - コピー
焼きあがりました~。
そして食べ方ですが、
もちろんこのままでもサクサク美味しいのですが。
今回はレタスを添えてあります。
レタスで包んでいただくとボリュームが出るし、
さっぱり感もあるので、おすすめです。
フランスで、日本で、もちろん他の国々でも、
まだお試ししたことがない場合は、
ぜひ一度作ってみてくださいませ。
簡単なわりにイケます♪

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ
ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_2456 - コピー
柿のコチュジャン七味和えのご紹介です。
東京下町の居酒屋さんで出てきた
柿のヤンニョム(韓国の辛味噌)和えが
意外な美味しさだったので、
パリに帰ってきて、
ヤンニョムがないのでコチュジャンと七味で代用。
大丈夫。なかなかいけると思います。
でもジャポンだったらヤンニョムは手軽かもなので、
ヤンニョムがある場合はヤンニョム、
なければコチュジャン&七味(一味でもOK)で
代用なさってください。
ビールやチューハイ、ワンカップ、
マッコリなんかに合います♪
私は全部好きで全部ジャポンで
堪能してきました。はぁ~、最高よ!
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・歯ごたえが残っている柿1個の皮をむいて乱切りにしたもの ・青ネギのみじん切り大1 ★コチュジャン小さじ1と1/2 ★七味唐辛子小さじ1 ★醤油小さじ1 ★生姜のすりおろし小さじ1 ★にんにくのすりおろし小さじ1/3 ★きび砂糖または砂糖1/4 

作り方
ボールに★を混ぜ合わせる。
ここに柿とネギを入れてさっと混ぜて出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0962 - コピー
マルシェで今が一番旬の葉つきの新鮮な人参が
お得だったので買ってきました。
第一弾めは我が家定番、人参と葉っぱでかき揚げ天ぷらにしたのですが、
やはり揚げ物なので多くは食べれません。
ということでチジミが思い浮かびまして、
でも検索したら人参葉のチジミがすでにたくさんあったので、
なんかちょっと違う味、と思い、カレー粉とチーズをプラス。
失敗覚悟で焼いちゃってみたら、ら、
これがとっても美味しくてびっくり!
カレーの風味、チーズの風味はそれほどくるわけではないけど、
人参の甘味、葉の食感と合わさってグッド。
旦那もすごい美味しい~♪と大満足。
この時お昼ごはんだったのですが、夜もこれ食べる?って聞いたら、
食べたい、っていうので夜もまた作っちゃいました。
我が家の人参葉の新定番になりそうです。
調理ポイントはチジミと言えばゴマ油で焼きますが、
せっかくのカレーの香りが負けちゃうかも、と思って、
あえてサラダ油にしてみたんです。そしたらこれがバッチリ。
日本でも10月から12月が人参の旬。
葉つきの人参が手に入ったらぜひお試しください。
栄養もたっぷりですよ~。
もし葉がついていなかったらもちろんニラやキャベツ、
ネギ、春菊なんかでも良いと思います。
春菊は人参の葉の食感に似そうですね。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分・25㎝のフライパンで1枚)
・人参の葉っぱの柔らかい部分のざく切り50g(砂が多いのでよく洗ってください) ・人参の千切り50g ・溶けるチーズラぺ50g ・サラダ油大さじ3 ★薄力粉50g ★片栗粉40g ★カレー粉小さじ3 ★塩小さじ1/2 ★粗びき黒胡椒たっぷりめ ☆水200ml+鶏ブイヨンまたは鶏ガラスープ小さじ1を混ぜたもの 

作り方
ボールに★を入れさっと混ぜる。
☆を少しずつ入れながら泡だて器でだまがなくなるまで混ぜる。
人参の葉と人参とチーズを入れ、さっと混ぜる。
フライパンを中火より強めの火でしっかり熱する。
サラダ油を入れ、全体にしっかりなじませる。
①の種を全部入れ、均等に広げる。
焦げないよう火を調節しながらふたをして
途中何度か見ながら5分くらい焼く。
ふたをとり、火を少し強めにし、下にいい色の焼きめがついて、
かりっとなるまで焼く。ヘラで裏返しにする。
両面にいい色の焼きめがついてかりっとなったらOK。
お皿に盛り、食べやすく切って出来上がりです。
そのままでも十分美味しいですし、
お好みで酢醤油やマヨネーズなどつけても美味しいです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0012791 - コピー
前回ご紹介させていただいたタイ旅で再現のmoiちゃんガパオ。
オイスターソースなしが美味な我が家ガパオごはん
人数が2~3人分になっておりまして、
よっぽどの大食いじゃない限り2人で食べると1人分くらい残ります。
その残ったのを利用してもう1品作ってみまして、
「レンジ蒸し茄子のエスニック風」のご紹介です。
茄子が残っていたので合えばいいな、くらいな気持ちで、
ささっと作ってみたのですが、あっさりとしたレンジ蒸し茄子に
程よくパンチのあるエスニックな風味がイケます。
調理ポイントは茄子の皮をむいていること。
トマトもなのですが、皮があるのとないのとでは
口あたりも風味もぜんぜん違うんですよね。
他にポイントはございません。
ガパオの具もですがレンジだけで作れます。
それでは超簡単ですが材料と作り方です。

…………………………………………………………………

材料(2人分)
・オイスターソースなしが美味な我が家ガパオごはんの具の1/3量 ・皮をむいて1㎝くらいの輪切りにした茄子250g(サラダオイル大さじ2、塩少々) ・粗くきざんだピーナッツ大さじ4くらい

作り方
茄子を耐熱容器に入れ()のものをまぶす。
ふわっとラップをして4分加熱する。
取り出し、出てきた水分をしっかりめに捨てる。
皿に茄子を並べ、軽く塩をする。
ガパオの具をのせ、ピーナッツを散らして出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0012786 - コピー
旦那が安かったと言ってバジルの束を買ってきたのですが、
家の庭にもすくすく育ってるバジルがあるよ~、とあたし。
あ?そうだった?って旦那。
ということで急遽、使わなくちゃな事態。
で、我が家のガパオライスをレンジで作ってみました。
R0012778 - コピー
これが、うんまっ。
もうあれですよ。フライパン要りません。
いや、他の料理ではやっぱり要るけどね。
さて我が家のガパオは、
私がタイを1人で旅して、
たまたま入った小さな食堂でいただいた
シンプルなお味ガパオ。
調理ポイントは、日本のガパオレシピは
必ずと言っていいほど
オイスターソースが使われているのですが、
そのオイスターソースを使っていないことです。
自分は最初に知ったガパオのお味がこれだったので、
オイスターソースが入っていない方がしっくりくるし、
調味料がシンプルなので、
バジルの風味がとても引き立ちます。
一度このオイスターソースなしガパオをお試しいただくと、
なしもシンプルでうまいなぁ、と思っていただけるかな。
で、久しぶりのガパオでしたが、
相変わらずやっぱり美味しいし、
野菜をたっぷり入れたのですが問題ないし、
今回、レンジで出来ることも確認できたしで。
これからしょっちゅう我が家の食卓に登場しそうです。
日本にいる時は私の数少ない得意料理の1つで、
みんな喜んでくれたので
よく作っていたのですけどね。
これは辛みを抑えたらフランス人も好きじゃないかな。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2~3人分)
・にんにくのみじん切り1個分 ・サラダオイル大さじ2 ★豚ひき肉または鶏ひき肉100g ★人参のみじん切り100g ★ピーマン又はパプリカの粗みじん切り100g ★種をぬいて輪切りにした青唐辛子5本分または赤唐辛子の輪切りお好み量 ★酒大さじ3 ★ナンプラー大さじ2と1/2 ★塩3つまみ ★胡椒適量 ★きび砂糖又は砂糖小さじ2/3 ・バジルの葉の粗みじんたっぷりめ(ひとつかみ分あると一層美味) ・卵2個 ・温かいごはん2人分

作り方
耐熱容器ににんにくとサラダオイルを入れ、
ふわっとラップをしてレンジで2分加熱する。
いったんラップを開け、★を全部入れ、よく混ぜる。
またラップをしてレンジで3分加熱する。
いったん取り出しラップを開け、さっと混ぜ、
またラップをして2分加熱する。
取り出し、バジルをさっと混ぜる。ガパオの具はこれでOK。
小さな耐熱容器に卵を割り入れ、端から水を卵がかぶるくらいそっとそそぎ、
つまようじで黄身に数か所優しく穴を開ける。
レンジで様子を見ながら20秒単位で2回~3回加熱し、
ちょうどよい半熟状態になったら、ザルにさっとあげ、水分をしっかり切る。
もう1つの卵も同じように作る。
お皿にごはんを盛り、①の具をたっぷり添える。
②の卵をのせ、出来上がりです。
いただく時は混ぜながら召し上がってください。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ