パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

アジア

R0012094 - コピー
夏なので青唐辛子が食べたくなって買ってまいりました。
が、そんなにいっぺんにたくさん食べれないので、
いつも使い切るのに時間がかかるんです。
で、今回は超新鮮なうちに使い切りたいな、と思い、
青唐辛子のレシピを検索。
そしたら俄然興味を持ったのが、ブータン料理で、
青唐辛子とチーズの煮込み料理「エマダツィ」。
でも具材はほぼ青唐辛子だけと強烈。
いやいやこれは食べるのは無理だろうと思い、
マイルドになるよう
自分なりにアレンジを考えて作ってみたんです。
そしたら、めっちゃ美味しくてびっくり!
味見が止まりませんでしたよ~。
で、この辛さなら旦那も大丈夫だろうと思って、
これブータン料理でちょっと辛いけど
超美味しいよ!と出してみたら、
旦那も美味しい♪と、ときどきはふはふさせながら完食。
私も旦那もそれほど辛いのは食べれませんので、
たぶん少し辛いくらいなら大丈夫な方は
召し上がれると思います。
そしてうんと辛いのがお好きな方は、
青唐辛子を増やしたり、種をとらずにお使いください。
調理ポイントは具材を煮る時も、
チーズをのせて煮る時もとにかく混ぜないこと。
混ぜるのはチーズがしっかり溶けた時にはじめてです。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・青唐辛子お好み量(我が家は小さなのを8本使用) ・緑のパプリカ1個またはピーマン(中身だけで150g) ・しめじ1パック ★サラダ油大さじ2と1/2 ★塩小さじ1 ★水80ml ・溶けるスライスチーズ4枚 

作り方
青唐辛子はヘタの硬い部分を切り取り縦に切る。
あまり辛くしたくない場合は種が辛いので種を適量取る。
(今回我が家では80%くらい取りました)
パプリカはヘタと種を取り、青唐辛子のように細く切る。
しめじは石づきを少し切り取りほぐす。
鍋に①の具材を全部入れる。
★をさっと混ぜて、中火にかける。
中火のままゆっくり温めていって、混ぜないで
様子を見ながら12~15分くらい煮る。
(もしかしたらもう少し時間がかかるかも)
全部に火が通ってかさが減ったら、
上にスライスチーズをのせる。
この時もチーズがしっかり溶けるまで混ぜない。
とにかく混ぜないのが大事。
チーズが溶けたらここでさっと混ぜて
お皿に盛って出来上がりです。
そのままでもパンを添えてもグッドです♪

本日もこの後もう1品、超簡単レシピをご紹介させていただきます。
お時間があればまたのぞいてみてくださると嬉しいです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0011958 - コピー

本日記事2つめでして、
「絹さやのオリーブオイル塩ナムル」のご紹介でございます。
絹さや、我が家は定番のふわっと炒めた卵と合わせるか、
自分レシピのコチラが多いのですが。
Cpicon 絹さやのかつおだし醤油浸し by ルロワ・モワ
特にかつおだし醤油浸しの方は、
絹さやのシャキシャキが自分で言うのもずずしい話ですがお気に入り。
で、またこのシャキシャキ絹さやの何か作れないかな、と思い、
出来たのが今回のコレ。しかもレンジ加熱40秒&調味料は、
EXVオリーブオイル、和風だし、いいお塩の3つだけ。
でもですね、何気に美味しいです。
作り方は、絹さや50gの筋をとってさっと水にくぐらせ、
ラップで包み、レンジで40秒加熱。
熱いので注意しながら取り出し、ラップのまま流水にくぐらせます。
ラップを外し、また水にさらしてからよ~く水気を切ります。
(キッチンペーパーでしっかりとっていただくとグッド)
そして食べやすく切ります。
後はEXVオリーブオイル大1/2、和風だし小1/3、いい塩をお好みに混ぜるだけ。
仕上げにアクセント的にいいお塩をまた少し散らしましたが、これはお好みで。
和風だしを麺つゆや白だしにしても美味しいと思います。
調理ポイントは絹さやは短時間レンジ加熱。
とにかくシャキシャキがしっかり残るようにすることです!
………………………………………………………………………
最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0011950 - コピー
日本が今ものすごい暑さになってるそうですね。
去年がものすごい暑さだったので、今年もかな、とは思っていたけれど。
日本の暑さはとにかく湿気ですよねぇ。
あの湿気さえどうにかなれば…。
パリも43度近くなった日が7月にあったばかりだけど、
エアコンがなくても乗り越えられるのは湿度が低いから。
43度で湿度も高かったら大変なことになったと思います。
日本の皆さま、どうぞ熱中症にほんっとお気をつけください。
何度も書いているけど私も一度なったことがあって、
死ぬかと思いました。それくらいに危険ですよね。
さて、レシピのご紹介でして、
「豚肉とゴーヤのスイートチリレモン炒め」でございます。
もう先に言っちまいますが、美味しいです♪
しかもフライパン1つでささっと炒めるだけで超簡単。材料少な。
ほんとは最初、違う味付けを考えていたのですが、
キッチンの棚を開けたら目に入ったスイートチリソース。
あ、甘辛でゴーヤの苦みが和らぐかも、と思い、
急遽スイートチリレモン風味に変更。
これが大成功しました。やってみるもんですね。
でもゴーヤと言えば、やはりチャンプル-。
私も父が沖縄出身ですし一番はチャンプルーが好きなんですよね。
なので、ゴーヤで別味のもの、みたいな時にお試しいただければと思います。
たまにはこれもいいね、と思っていただける美味しさだと思います。
本日はレシピパート②もまたあります。
また後でちょこっとのぞいていただけると嬉しいです。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………

材料(2人分)
・ワタと種を取って5ミリくらいの半月切りにしたゴーヤ180g(塩と砂糖それぞれ3つまみ) ・食べやすく切った豚バラ肉120g(塩胡椒少々、酒大さじ2、薄力粉大さじ2) ・包丁の背でつぶしたにんにく1個 ・オリーブオイル大さじ2 ★スイートチリソース大さじ4~ ★レモン汁大さじ2~ ★粗びき黒胡椒適量

作り方
ゴーヤに塩と砂糖を振り、しばらくもみこむ。
水で洗ってしっかり水気をふいておく。
豚肉に()のものを順にもみこんでおく。
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ
中火よりやや強めの火にかけ炒める。
香りがたったら豚肉を広げながら重ならないように入れる。
ほどよい焼き色がついたら返し両面焼く。
ゴーヤを入れ、軽く塩胡椒をし、炒め合わせる。
ゴーヤに火が通ったら火を止める。
味を見ながら★を混ぜる。お皿に盛って出来上がりです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

R0011549 - コピー
レシピのご紹介でして、
「海老とズッキーニのスイートチリマヨレモン和え」
でございます。
もう先に言わせてしまってください。美味しいです!キッパリ。
くどくないです。でもあっさり過ぎってことでもないです。
メインおかずにもなるかと思います。
買ってきた茹で海老を使っているので、
ズッキーニをレンジで3分加熱したら、
後は海老ちゃんとスイチリマヨを和えるだけ。
調理ポイントは、
海老とズッキーニとスイートチリとマヨネーズ、
この組み合わせレシピはいくつかありましたが、
わたしのこのレシピではレモン汁をプラスが大事ポイント。
爽やかな酸味が加わってたれがぐぐんと美味しくなります。
それと、ズッキーニをレンジ加熱したら、
水分が出てくるのでそれをしっかり捨てるのも大事。
もし茹で海老じゃない場合は、背ワタを取ったら、
塩を入れた熱湯で殻付きのまま2、3分茹でて、
冷ましてから殻をとったものを使ってください。
ちなみにフランスでは、
生の海老ももちろん売っておりますが、
茹で海老もとても手軽に買えて、どちらかと言うと
茹で海老を購入する人の方が多いかもしれません。
それとこれ、
海老じゃなくても蒸し鶏でも美味しいと思うので、
お好きなものをチョイスしてください。
買ってきたサラダチキンを
使っていただいてもいいと思います。
また後程レシピパート②をご紹介させていただきますね。
それでは材料と作り方です。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・ズッキーニ250g ・殻をとった茹で海老8~10尾 ・オリーブオイル大さじ2 ・塩胡椒少々 ・水にさらして辛みをとった玉ねぎのみじん切り35g ★マヨネーズ大さじ2~ ★スイートチリソース大さじ2 ★レモン汁大さじ1 

作り方
ズッキーニはヘタとおしりのところを少し切り、縞模様になるよう、
ピューラーで何本か縦に皮をむき、縦半分にきってから
6~7ミリの半月切りにする。
これを耐熱容器に入れ、オリーブオイルと塩胡椒を少々し、さっと混ぜ、
ふわっとラップをし、2分加熱する。一度混ぜてから、また1分加熱する。
※加熱時間はレンジによって調節してください。
水気が出るのでそれをしっかり全部捨てる。
ここに玉ねぎと茹で海老、味を見ながら★をお好み量混ぜる。
お皿に盛って出来上がりです。 

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (650)
本日2つめのレシピでして、レシピってほどのものでもないのですが、
残ったブロッコリー茎で30秒くらいで簡単に出来る副菜
「生のブロッコリー茎のナムル」をささっとご紹介させてくださいませ。
作り方は簡単。
ブロッコリー茎の皮の緑のところを厚めにむいて、
中の白いみずみずしい部分だけにします。
これを適当な大きさに切って、オリーブオイルかゴマ油、いいお塩で和えて
最後にお好みで粗びき黒胡椒をかけるだけ。
コリコリしゃきしゃきの食感が何ともいいんです。
我が家はブロッコリーを毎週2株買うのでこの茎ナムルは定番。
おつまみにもおかずにもグッドです。
オイルはどちらでも美味しいので、
お好きな方または気分でチョイスなさってください。
ちょっと前になりますが、TVの料理番組でもフレンチのシェフさんが、
ブロッコリーの茎の生、美味しいから僕はよく使うんだ、
な~んておっしゃってましたよ。
でもシェフさんはおしゃれチックに付け合わせに使っておりました。
ちょっとそれは私には無理そうだったので作っておりませんが。
もし捨てていたらもったいないし、
ブロッコリーは茎も栄養がいっぱいなので
ぜひ一度お試しになってみてください。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ