パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

洋食

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は9度、最高気温予想は10度で、お天気は曇りとなっております。

日本にいた頃よりもずっとお料理をしているのですが、そうなった理由は簡単。

日本で普通に外食で食べていたものをどうしても食べたい時、ほとんどが自分で作るしかないからです。

今だって本当は、気軽にお手頃に外食でいただけるなら、それが1番ラクチンで良いと思っております。

でも最近は、1週間に1度か2度いただく外食気分な日本食が、めちゃくちゃ楽しみです♪

渡仏する時は日本食を諦めやってきたけど、そんなことはありませんでした。

ま、作るの自分なんですけどね。

IMG_7206

ということで今回作ったのは、横浜の老舗ホテル、ニューグランド発祥のドリアです!

1930年代にニューグランドの初代料理長のスイス人シェフ、サリー・ワイルさんが考案したというドリアは、原型はリゾットにソースをかけて焼くフランス料理。

フランスでもその原型が元の「Gratin de riz(ごはんのグラタン)」が定番で、ベシャメルソースはもちろん、生クリームやトマトソース、チーズだけかけるものなど、さまざまなレシピがあります。

でも日本の食材で日本で作ったグラタンであるドリアは、やはり日本の味だと私は思います。

お米1つとっても、フランスのお米はぱらぱらロング米で、それで作るごはんのグラタンはドリアとは味わいがぜんぜん違ってきますからね。

で、サリーさんが1番最初に作ったのは、バターライスに海老のクリーム煮とベシャメルソースをかけて焼いたものということですが。

今回海老がなかったので、チキンとホウレン草とバターライスのドリアにしました。

でもでも、めちゃくちゃ美味しかったのですよ。

チキンドリアもうまし!

旦那と2人で最後まで飽きずに完食しました。

私的調理ポイントは、使ったのが鶏むね肉だったので火が通り過ぎると硬くなるな、と思いました。

なので玉ねぎとさっと炒めたら鶏肉が半生状態の時に、解凍しておいた冷凍ベシャメルソースを混ぜ、ほうれん草も混ぜ、とにかく鶏肉に完全に火が通っていない状態で、バターライスの上にかけ焼いたこと。

これで丁度よく鶏むね肉に火が通って硬くならず、あっさりしていて美味しく仕上ったように思います。

これ、海老の場合はもっと火の通し方に気をつけなきゃだと思います。

海老ちゃんは火が通ったかな、くらいがプリップリで美味しいですからね。

ベシャメルソースと言うと、鶏肉と海老のマカロニグラタンが1番好きだったのですが。

久しぶりにベシャメルソースのドリアをいただいたら、こんな美味しかったのか、とちょっと新鮮感覚。

これで作り置きベシャメルソースがなくなったので、また作っておこうと思っているのですが、その時は。

まず最初に作るのが、マカロニグラタンかドリアか迷いそうです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

先週末の日曜日、フランス×アルゼンチン戦の前にブルターニュのポトフ、キッカファルスをいただいたことをお伝えしました。

寒い冬にぴったり。ブルターニュの郷土料理キッカファルス

この時に、牛肉と豚肉とお野菜とファルス(そば粉のすいとんのようなもの)からたっぷりのうまみが出たスープが結構残りました。

で、これを捨てちゃっちゃもったいないので、我が家の定番の日本食を作りました。

IMG_6945

日本のカレーライス(今回は玄米)です!

これがコクがあってめちゃくちゃ美味しいのですよ~。

スープにうまみがすでにたっぷりなのでブイヨンは必要なくて、具材も冷蔵庫にあるものでOK。

今回の主な具材は玉ねぎ、人参、カブ、豚肉でして、作り方は基本的にこのレシピ。

「神田エチオピア風カリー」の私流作り方

作り方でまず一番大事なのは玉ねぎを飴色に炒めること。

飴色玉ねぎと言うと時間がかかって大変そうなイメージですが、強めの火で炒め続ければ思っているより短い時間で出来ます。

さっと炒めた玉ねぎと飴色になるまで炒めた玉ねぎとでは、カレーの美味しさがまったく違ってきます。

そしてトマトを入れることも大事。

トマトの爽やかな風味と酸味がカレーに奥行きを出してくれます。

このトマトは生トマト(この場合完熟)でもトマト缶でもトマトソースでも大丈夫です。

で、今回も上記のレシピを基本にしておりますが、美味しいスープがあるので、それ頼りにかなり大雑把に作りまして、さっとご説明させていただきますと。

①冷めた残りスープの上に固まっているお肉の白い脂をさっととってから、玉ねぎ以外の野菜を入れ柔らかくなるまで煮る。

②その間に別のお鍋で玉ねぎを油で飴色に炒める。ニンニクとしょうがのすりおろし、多めのカレー粉、お好みで赤唐辛子を入れ軽く炒め、トマトソースも入れ軽く煮る。

③ここに①のスープ&野菜をお好みのとろみ感、またはさらさら感になるよう適量入れ煮る。小麦粉を軽くはたいた豚肉を入れ火を通す。

④味を見ながら、塩と胡椒、追加のカレー粉をお好み量混ぜて出来上がり。

定番ポトフの残りスープでももちろん美味しく出来ますので、ぜひ活用なさってください。

これは、日本でだったらこれからの年末年始やおせちに飽きた時にも良いし、海外でしたらフランス人を含め外国の人がいつでも喜んでくれる率が高いと思います。

それに海外では日本のカレールー結構お高いけど、これだったらカレー粉があれば大丈夫ですしね。

その際、赤唐辛子の量だけはどうぞお気をつけください。

特にフランス人、辛い辛い!って、めっちゃ大袈裟に言いますからねぇ。

ま、ホントに辛いみたいですけどね。

日本のカレーライスというのは日本を代表する家庭の味でB級グルメで、ある意味最強。

旦那も含め、我が家でカレーを夢中になって食べるフランス人たちを見て、それをよ~く感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

毎日が見事な曇天で、今日も朝から夕方のようなパリでございます。

で、こんなパリの冬の日々は食べることが一番の楽しみ。

なので毎日、今日食べるもの、明日食べるもの、週末に食べるものを、食材を余らせずあるものを組み合わせてどうやって美味しくいただくか、を考えております。

そんな中、食べ切ってしまいたいドイツソーセージのクナック(日本のウィンナーに近いです)があったので、思いついて日本の昔ながらの喫茶店メニューを作りました。

IMG_6614

それがじゃん!ナポリタンです!

でも実は旦那はケチャップがあまり好きじゃありません。

これは旦那だけじゃなく、結構フランス人あるあるで、アメリカンな大味な感じが敬遠されるのかな、って思っております。

なのですが、ネットで見た土井先生(土井義春さん)のナポリタンレシピが、赤ワインと仕上げにバターを使うので、これだったら大人味で良いかも、と思い参考にさせていただきました。

そしていざ作ろうと思ったら、スパゲティーがないことに気づきました。

でもリングイネがあったのでしかたありませんが、リングイネで代用。

で、土井先生のレシピもですが、ナポリタンはケチャップを炒めるのが大事ポイントなのは知っていたので、そこを忘れず調理。

フライパンで具材を炒めたら、それを横によせて空いたとこにケチャップを入れて、香ばしい香りが出てくるまで結構しっかり炒めました。

そして赤ワインも入れ、アルコールが飛んだら具材と炒め合わせ、茹でておいたリングイネを入れ、仕上げにバターを混ぜて出来上がり。

旦那にはケチャップを使ってることは言わずに、トマトソース的な顔つき&雰囲気で出したのですが、美味しいと大喜び。

最後に残った玉ねぎの小さいのまで綺麗に食べておりました。

日本の方だったら、やっぱりナポリタンはスパゲティーよね、となるかもですが、ナポリタンを知らない旦那なので、ぜんぜんOK。

私も大満足でした♪

でも次回はやはり王道にこだわりたいので、今週のまとめ買いでスパゲティー、絶対買っておこうと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

もはやブームではなく世界的に人気が広まっている日本食。

我が街にも日本人経営ではないけどお寿司屋さんが数軒あるし、パリ市内には至るところにお寿司屋さんはもちろん日本食レストランがあります。

通りかかった時、お客さんの食べている様子をよく見かけるけれど、皆さん、お箸使いは慣れたもの。

日本人とほとんど変わらず上手に使って召し上がっております。

そんな光景を見ると、日本人としてはとても嬉しくなります。

それでもやはり日本食、特に生ものやザ・和食的なものは苦手な人がいるんですよね。

知り合い日本人のフランス人旦那さんもそうで、生ものはもちろん生じゃないお寿司も苦手で一切食べません。

ところが、日本に行った時は毎日でも食べたい、と言っている日本食があって、それは日本の洋食なんです。

ファミレスで初めてハンバーグを食べた時は、あまりにも美味しくてファミレスが大好きになったそう。

フランスにも、特に子供が好きな定番メニューの1つとしてステーキ・ハッシェ(Sreak haché)と言う、ひき肉をハンバーグ型にして焼いたものはありますが、日本のハンバーグとはまったく違うもの。

ひき肉には何も入れず、そのまま焼くだけなんです。

なので安いお肉だったり焼き過ぎると硬いし、よっぽど良いお肉でそのお肉を味わう、ということでもない限り、大人には美味しい、とまでは、正直、感じられないんじゃないかな、と思います。

日本のハンバーグはお肉だけじゃなく炒めた玉ねぎやパン粉、卵も入れるでのふっくら柔らか。

このひと手間かけた日本のハンバーグを知っちゃうと、フランス人の大人もはまっちゃうんでしょうね。

IMG_6402

で、久しぶりに、その日本の王道洋食の代表であるハンバーグを作ってみました。

付け合わせはインゲンのバター和え、ポレンタ、皮つき(BIOなので)人参のグラッセです。

いや~めちゃくちゃ美味しかったです♪

お肉はカルフールで買ったステーキ・ハッシュ用の牛ひき肉で2人分。

これに、炒めた玉ねぎ、残りバゲットをミキサーにかけて作ったパン粉、卵、ナツメグなどのスパイス、塩を混ぜ、よ~く混ぜて、2等分ではなく3等分くらいにしました。

そのうちの2個に、焼く前に小麦粉をはたいてこんがり焼きました。

ソースは冷凍しておいた手作りデミグラスソース。

でも手作りと言っても、残り野菜とお肉の切れ端と赤ワインを煮込んでピュレにしたもので、あっさり味のデミグラスソース。

このあっさりめソースが、最初一口食べた時は、優しい味過ぎるかな、と思ったのですが。

食べ終わった時は、くどさが残らず結局大満足。

旦那は若干唸り気味ですんごい速さで完食しておりました。

改めて日本のハンバーグの美味しさを思い出し気づかされた、そんな感じです。

IMG_6408

そして翌日は、残っている約1/3量のタネに軽く塩もみしたみじん切りキャベツを同量よく混ぜて、真ん中に溶けるチーズを入れて、チーズ入りキャベツメンチカツにリメイク。

キャベツとチーズでかさ増しです。

ソースも前日の残りのデミグラスソース。

でも付け合わせはハンバーグとは別のものにしようと思い、千切りキャベツとパスタとジャガイモのサラダ。

で、これまたうまし。

焼く、と、パン粉の衣をつけて揚げる。

ではお味がかなり変わってくるんですよね。

ただし、ソースはメンチカツの方はデミグラスではなくソースの方がさらに味変が際立ったかな、と思いました。

でも2日続けて日本の王道洋食を満喫。

同じタネで2度美味しくて、それぞれそれだけ作るよりラクチン。

これからは日本のハンバーグを作る時は、2日間この洋食メニューになりそうです。

これは日本ではもちろんなのですが、フランス人もお肉好きの方なら両方大好きかと思いますので、超おすすめ。

ハンバーガーもフランス人、大好きですからねぇ。

私も唸らせたい?時のとっておきメニューにしようかな、なんて思っております♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

R0012794 - コピー
本日2つめ記事となります。
簡単にお庭でバーベキューごはんが多かった我が家の8月バカンス。
で、気に入ってよく作ったのが今回ご紹介の、
「我が家のハチミツ醤油スパイスマリネのポークソテー」です。
マリネ液は何度か試行錯誤して出来たmoiちゃんオリジナルの合わせ調味料。
玉ねぎすりおろし醤油ハチミツにカレー粉やパプリカパウダーも入れますが、
これは隠し味的なもの。
全部が合わさって、ほんのり甘辛の美味しいポークソテーになります。
あ、バーベキューって言いましたけど、
フライパンで焼いても美味しくいただけます。
調理ポイントはとにかく記載の分量の調味料で一晩マリネすること。
そしてフライパンソテーだったらたれもほどよくからめながら焼くこと。
バーベキューだったら焼いてる間に何度かたれにくぐらせること。
これでお肉が柔らかくなってたれがしっかりしみこみます。
ごはんにもパンにも合いますし、お弁当のおかずにもグッド。
つけだれに漬けたままバーベキューに持っていってもOK。
ジャポンだとこれからがバーベキュー本番ですね。
ぜひお試しくださ~い。
…………………………………………………………………
材料(2人分)
・豚ロース肉またはソテー用バラ肉100g×4枚 ★白ワインまたは酒大さじ3 ★玉ねぎのすりおろし大さじ4 ★にんにくのすりおろし1個分 ★醤油大さじ大さじ2と1/2 ★ハチミツ大さじ3 ★カレー粉大さじ2 ★パプリカパウダー大さじ2 ★粗びき黒胡椒適量

作り方
タッパーに豚肉と★を全部入れ、手でもみ込む。
冷蔵庫で一晩マリネして、油をしいたフライパンで両面色よく焼く。
またはバーベキューで焼く。
サラダなどを合わせてどうぞ。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ