パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

ブロカント&エマウス

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

6月に入ってから朝晩も暖かめになってきたパリ。

梅雨もないのでフランスでは春と夏をまるまる思いっきり満喫できるのが嬉しいです。

長~く暗~い秋と冬を乗り越えたご褒美の季節って感じです。

IMG_4301

ということで。

この週末は、我が街から程近い緑豊かな街で開催されていたブロカント市に行ってまいりました。

かなり大きなブロカントで屋台も出ていて賑やか~。

IMG_4299

旦那も私も好きな古い雑貨もたくさんあって、見るだけでも楽しい。

でも結構家に同じものがあったりするんですよね。

いつかちゃんと飾ってあげたいです~。

IMG_4304

IMG_4306

藤棚のあるメゾン、憧れです。

IMG_4305

IMG_4308

こんなコカ・コーラ専門ブロカントショップもありました。

IMG_4309

途中ではビールとロゼワインでアペロ休憩。

綺麗な色の冷たいロゼが似合う季節です。

IMG_4307

そんなこんなでたっぷり2時間以上歩いて、見て回りました。

IMG_4317

で、購入したもの①でヴィンテージのバッグ5ユーロ。

オレンジがかった明るい赤は大好きな色だし、形もめちゃくちゃ可愛いくて一目ぼれでした。

クラシカルなワンピースに合わせたらいいかなぁ、と思っております。

IMG_4319

購入したもの②は、香水瓶刺繍の壁掛けで2ユーロ。

香水瓶のスプレーとつながっているピンク、グリーン、ブルーのふさふさした部分は、本当に刺繍糸のふさふさが付いているんです。

ドレッサーのそばの壁に飾ったら可愛いだろうな、と思いました。

IMG_4321

そして購入したもの③は、フランスの国民的写真家ロベール・ドアノー(Robert Doisneau1912-1994)の、フェット(祭、祝い)の写真集10ユーロ。

IMG_4322

でも写真集なだけじゃなくて、1枚1枚単独になっていて20枚入りで、このまま額に入れて飾れるようになっているんです。

IMG_4324

旦那も私も一目ぼれでした。

IMG_4325

シンプルな木製の額に入れて飾ったら素敵そう。

今の家にはもう飾れる場所がないけど、これもいつかちゃんと飾ってあげたいです~。

それまで大事に保管保管!

ってか結局保管ばかりや~。あはは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

先週末、我が街衣服専門リサイクルショップで1ユーロセールが開催されました。

IMG_4093

オープン時間は午前10時。

その少し前に到着したらすでに長蛇の列。

でもこれは以前も経験しているので予想していたこと。

IMG_4088

ティーンエイジャーからお孫さん連れの方まで、幅広い年代の人たちが列を作る中、私たちも並びました。

IMG_4089

コロナ禍真っただ中の時は、人数制限があって入店に時間がかかりましたが。

コロナが落ち着いて、マスク着用義務もなくなって、ソーシャルディスタンスも忘れかけている今なので、入店は比較的スムース。

かなり混んでおりましたが、ぱぱっと見て選んで買って帰ってまいりました。

IMG_4136 - コピー

で、ゲットしてきたもの①

まずはZARAのカーキ色のパンツです。

1ユーロセールでは試着が出来ないので自分のサイズかはもちろん、体形に合うか、着たらどんな感じになるか、を予想して若干イチかバチ感覚で買います。

でもなんせ1ユーロなので、失敗したとしても痛手はほとんどありません。

で、これもそんな予想で買って、家で着てみたら、わお可愛い♪

ゆるパンツですが、柔らかくて少し光沢のある生地なので、広がり過ぎずテロンとしているのがハード過ぎずグッド。

赤やオレンジ、黄色系のトップスが合いそうです。

IMG_4144 - コピー

ゲット②はデニムです。

デニムって本当に体形に合う合わないがあります。

なのでカーキ色パンツ以上に合うか合わないのか?だったのですが。

程よいゆるデニムでその感じが体形に合っていて、これも大成功。

丈もちょうど踝丈でそのまま履けるのも嬉しい。

IMG_4149 - コピー

ゲット③はショート丈のローズピンクのコットンカーディガンです。

シンプルに、白Tシャツとデニムと白いスニーカーを合わせたら可愛いかな、と思いました。

上の程ゆるデニムと合わせても良いかも。

ローズピンク系は昔も今も大好きな色。

これからももっと年齢を重ねても、着たければ着ようと思っております。

IMG_4110

そして、ゲット④のH&MのTシャツです。

星マークやキスマーク、フランス語の「ジュテイム」や「ビズ」などの柄と文字が、刺繍とプリントで描かれております。

凝ったコーデはせず、デニムと合わせてシンプルに着たら可愛いかな、と思っております。

足元は白スニーカーか赤のスニーカーでも良いかも。

わんこ散歩や近所のスーパーに行く時なんかに気軽に着ようと思います。

とにかく全部1ユーロ!

市民が家庭の不要品や衣服を売るブロカント市もですが、捨てずに活かすリサイクル文化が浸透しているフランスに住んで、日本にいた時とは逆で、お金をかけない今の方がかえっておしゃれが楽しいな、と感じております。

でも今は日本もメルカリやヤフオクなどのフリマアプリを利用する人が本当に多いようですね。

私が日本にいた時はなかったけど、日本も変化してきているんだな、なんて思って嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

パリは今、私が反応してしまう花粉&春真っ盛りとなっております。

コロナ禍になって大気汚染がぐぐんと減った一昨年と去年はほとんど反応がなくて済んだのですが。

今年はコロナが落ち着いて、パリは車の往来が戻って、大気汚染がまたひどくなって。

私のフランスでの花粉症は5月の花の花粉と大気汚染が原因なんだな、と確信しました。

目がかゆくて真っ赤になってるし、就寝時に仰向けで寝てても鼻水が流れてくるので、今、お医者さんに処方してもらった一番強いお薬を服用中。

なるべくお薬は飲みたくないけど今の時期だけはしかたありません。

こんなことからも、パリの空気はかなり身体に悪いんだな、と思っております。

IMG_4001

さて。

週末は我が街から遠くない街のブロカント市に行ってまいりました。

のどかな街で小さな教会が目印です。

IMG_4018

ブロカント開催場所までの道のりものどかでほぼカンパーニュ。

このお宅のわんこは、誰が通ってもまったく吠えず、ひんやり石畳の上で熟睡中。

わんこも、新緑で花が咲いている美しい5月は気持ちが良いのでしょうね。

IMG_4004

ブロカントに到着です。

小さな街ですが歴史があって趣があります。

IMG_4012

住みたくなっちまうような建物もあちこちにあって、見るだけでも楽しい♪

IMG_4006

おしゃれ気ゼロなところが逆に味のあるブラッセリ-&レストラン&ホテル。

食堂兼ホテルって感じですかね。

ヨーロッパの田舎町はこういうお店がよくあるんですよね。

大好きな雰囲気です。

旅でヨーロッパに来ていた頃は、こういうお店ばかり入っておりました。

IMG_4008 - コピー

途中ではめちゃくちゃ可愛いわんこたちに遭遇。

くちゃ顔のチワワちゃんとポメラニアンちゃんです。

2ぴきともめっちゃ小さい!

IMG_4010 - コピー

大人しくてぽーっとしてて、ほんと可愛かった~。

買い物してるママのそばでいい子で待っておりました。

チワワちゃんの顔の大きさ、直径6㎝くらいだったかも。

IMG_4037 - コピー

ということで購入したものです。

まずはZARAのロースピンクのブラウス1ユーロ。

春にも秋にも着れそうな色合いで、黒のスキニーパンツやスカートを合わせたら可愛いかな、と思いました。

ローズピンクは顔も気持ちもパッと明るくなるので、最近結構好きな色。

1ユーロでお得でした♪

IMG_4039 - コピー

そしてこれは旦那が買ったもので、炭酸水を作るブロカント瓶で15ユーロ。

昔々のフランス映画にもよく登場してくる1品です。

同じものがパリの蚤の市では40ユーロ、50ユーロで売られているので、とても良心的お値段だそう。

同じ形でブルーのが我が家には何本かあるのですが、このオレンジ色は初。

可愛いです。

んが。

私もですが、旦那は本当に古いモノ好きなので、屋根裏部屋にこういったものが山のようにわんさかあるのです。

なので、そんなに集めてどうするの?とよく過るのです。

ま、でも好きなのでしかたないです。

それに私もブロカントの食器好きですしね。

私の場合は結構使ってますけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

先週末は久しぶりに我が街からそう遠くない小さな街で開催の、ブロカント市に行ってまいりました。

IMG_3753

道のりは、新緑に囲まれてゆったりとした空気が流れていてほぼカンパーニュ。

パリから’少し離れているだけですが、パリ郊外とは結構こんな感じです。

我が街も普段マルシェや中心街など、人が多い場所をこのブログでご紹介しておりますが、森林地帯もあるし、自転車でお城にも行けるんです。

IMG_3752

以前も来たことがある、パリ郊外らしいのどかで雰囲気のいい街に到着です。

IMG_3748

一番最初に目に飛び込んできたこのブロカント食器たち。

可愛いかったのですが、1枚3ユーロでお値段お高め。

いつも慈善団体リサイクルショップ「エマウス」で、高くても中皿1枚1ユーロ以内で購入しているので、3倍だと気軽に買えません。

IMG_3749

こんな重厚な古い鏡もありました。

クラシックなインテリアにはもちろん、モダンなインテリアと組み合わせても新鮮素敵そうです。

我が家もこのタイプの古い鏡がしまってあって、いつかカンパーニュに引っ越し出来たら、使いたいね、と話しております。

(今のお家は小さいので飾る場所がないのです)

IMG_3758

で、この日ゲットしたものたちご紹介です。

1つめはZARAのアンゴラ混のニット2ユーロ。

控えめな色のグレイの身頃にレオパード柄の小さな襟がアクセント。

袖と身頃の縁がレオパード柄に合わせてベージュになっております。

レオパード柄はここ数年、特に流行っているけど、流行りに関係なく昔から好きなんですよね。

秋のことはまだ考えたくないけど、秋になったら着たいと思います。

トレンチコートと合わせたら良さそうかな。

IMG_3760

可愛らしい若い女の子のお店で見つけた皮のプチサック(バッグ)5ユーロ。

マチが思ったより広めで、ポケットも3つあって、デジカメとお財布とマスクとミニポーチがギリギリ入ります。

差し色にもなるプチサックが欲しいな、と思っていたのでぴったり。

それに春夏秋冬の1年を通して使えそうな色合いなので、結構重宝しそうです。

IMG_3764

テーブルクロス50サンチーム。

昔風の懐かしい感じの緑色のギンガムチェックが気に入りました。

春夏の色とりどりのお花やブロカントの食器も合いそうです。

テーブルクロスは花やお皿、料理に合わせて変えたいので何枚あっても嬉しいんです。

ということで合計7、50ユーロのお買い物でしたが、大満足。

しっかり活用したいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

前回はリサイクルショップで春用の服をゲットしたことをお伝えしましました。

リサイクルショップで春のセーター、ワンピ、スカート購入

で、新しい帽子も購入したのでご紹介です。

IMG_3544 - コピー

それがコチラ。

と言っても10ユーロです。うひ。

私は元々日焼けしやすく常に日差しを避けないと、あっちゅう間に日焼けしちゃうタイプ。

焼けるだけならまだいいのですが、シミとソバカスがす~ぐ出来ちゃうんです。

なので1年中帽子がかかせません。

そんな帽子、長年いろいろ愛用してきて。

やはり頭にぴったりするもの、顔の形に合うもの、っていうのがあるな、とつくづく思っているんです。

で、この帽子は駅のショッピングセンターの雑貨店でたまたま見つけて試してみたらぴったり。

しかもつばが大きめなので、日差しをよけるのにもさらにグッド。

あと1つしか残っていなかったので即購入しました。

帽子を買ったものの、数ケ月間、髪を切っていなかったし染めてもいなかったので、伸び放題だし、白髪もちょっと目立ってきておりました。

なので思い立って染めて、髪は我が家はいつもセルフカットなので、旦那に切ってもらいました。

フランスは流行りのヘアスタイルというものが基本的になく、ショートか、ナチュラルなセミロングかロングか、といった感じ。

なので私もいつもごくごく普通のナチュラルヘア。

ただまっすぐ切ってもらうだけなので簡単です。

IMG_3515 - コピー

ということで早速切ったばかりのヘアで帽子をかぶってみたフォトです。

帽子に少し余裕があるので、脱いでも髪がぺたっとならないのが良いところ。

自分の頭にきっちりめサイズの帽子は風の強い日には良いのだけど、脱いだ時の髪の張り付き感と言ったら、自分でちょっと情けなくなってしまうんですよね。

IMG_3522 - コピー

ちょびっと顔だしですが正面フォトも1枚。

つばは広めだけど、広過ぎず、結構服を選ばないタイプ。

しかも白のカジュアルなリボンが通してあるので、かなり合わせやすいな、と思っております。

カジュアルなコーデにはもちろん、レースのブラウスにも帽子で程よくマニッシュ感。

マキシ丈のガーリーな服にも程よくマニッシュ感。

今年の春夏、かなり使えそうだな、と思っております。

ってか。

おとついも昨日も今日もぽかぽか陽気なので、春服を着れるのが嬉しくてしかたありません。

いよいよ本当に春来たね~♪

と旦那と話しておりま~す!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ