パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

ブロカント&エマウス

Foto (740)
先週末行ったクリニャンクールで買ってきたのは1点だけ。
このヴィンテージのブラウスで15ユーロ。70年代か80年代のものっぽいです。
ミントグリーンの色と、今の服にないようなてろんとした生地が気に入りました。
露店だったので試着は出来なかったのですが、
帰ってきて着てみたらサイズがぴったり。
そしてやはり今の服とはとにかく雰囲気が違っていました。
Foto (741)
ちゃんとメイドインフランスで「Paris」の文字も入っております。
Foto (739)
このブラウスでコーデをしてみました。
合わせたのはシルバーがかったベージュの細身のパンツ。
これにマニッシュな帽子とバッグを合わせて、
靴は差し色か逆に肌と同じ色のベージュか。
あえてリボンブラウス以外は甘くないものチョイスです。
このリボン、結ばないで軽く重ねてボウタイにしてもOK。
今の流行りとはぜんぜん違うと思いますが、
オリーブ少女時代を思い出して考えるのがちょっと楽しいです♪
たまにヴィンテージもよいかも。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (651)
パリは春のブロカントシーズンが始まっております。
ということで我が家もちょこちょこっと見に行っておりましてゲットしたものご紹介。
まずは、旦那の趣味の古い自転車でお値段15ユーロ。安いでしょ?
良心的な売り主さんでした。
付属の水色と白の専用カバンもかわいい。
旦那が自分でタイヤやブレーキ、ベルなどを修理してちゃんと乗ります。
意外に昔の自転車、乗り心地が悪くなかったりするんです。
Foto (652)
お次は子供用の古い小さなアコーディオンで5ユーロ。
こちらも良心的な売り主さんです。
これは家の中にすでに飾っております。
我が家は断捨離とは逆方向です~。
少しは整理しないと、と妻は思っているのですが捨てられない男が1人…。
Foto (654)
ブロカントのお皿はこんな素敵なのだけど50サンチーム!
またまた良心的。
北フランスのオルシー(Orechies)のもの。
Foto (655)
状態もとても良くて実際にどんどこ使う予定です。
白身魚のカルパッチョや王道ブフブルギニヨン
(ブルゴーニュ風牛肉の赤ワイン煮込み)も合いそうです。
あ、ブフブルギニヨン、この冬一度も作ってません。思い出しました。
久しぶりに食べたいな。
Foto (656)
そして小物入れでこれも50サンチーム。
60年代っぽいかな。
ドレッサーに置いてアクセサリーを入れようと思います。
今回は4点買って計21ユーロ。
古いもの好きさんはフランスではとにかくエマウスとブロカント。
蚤の市や日本のブロカントショップで買うのの何百分の一で買えますからね。
お好きな方はちょっとがんばってこの2つを巡るのがおすすめです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

15週目となるジレジョーヌのデモが2月23日土曜日に行われ、
フランス全土で動員数は46,600人。
エマニュエル・マクロン大統領は同日、ポルト・ド・ヴェルサイユで始まった、
パリ国際農業見本市(Salon International de l'Agriculture 2019)を訪れ、
参加しているジレジョーヌも混じる農業従事者たちと
TVカメラの前で対話。というか対話ポーズというか。
で、参加している人たちは大統領を直接見れて喜んでいる人も結構いました。
私ももし近くにいたら見ちゃうかも。
…………………………………………………………………
Foto (427)
パリは今週毎日お天気が良くてますます春めいてきたので、
そろそろ春物、と思ってご近所リサイクルショップへ行ってまいりました。
いつでも何かしら気に入るものがあるのでなかなかいいんです、ここ。
Foto (428)
で、ゲットしたのはまずはこのボーダーって言うのかしら。
白、グレー、黒の濃淡の薄手のコットンニットのワンピース。
たぶん未使用かと思われますがお値段7ユーロ。
襟のピンクは着たら見えないのですが、
同じ色の小さなボタンがすそのとこにちょこっとついているのがかわいい。
タイトなシルエットなのも春に向けていいなと思いました。
黒とローズピンクのブレスレットを2連か3連でつけるとかわいいかな。
持ってませんけど。
Foto (429)
お次はスエット素材のワンピースで何とユニクロ。
これも未使用と思われるもので5ユーロでした。
グレーのスエットはパーカーやトレーナーも含め大好きなんですよね。
家での普段着&このままわんこのお散歩用です。
Foto (430)
そしていろんな形の金具の飾りがついた皮のベルトで2ユーロです。
これは結構使った感があるのですが、とても気に入ったのでお買い上げ。
一見おしゃれベルトに見えますが、山のお土産用ベルトじゃないか、と旦那。
というのも金具が牛さんだったり羊飼いだったりなんです。
それを聞いてますます気に入ってしまいました。
何でもない白Tシャツ&着古ジーンズ&帽子と思っているのですが、
他にもちょっといろいろ合わせてみようと思います。
ブロカントもいよいよ春シーズンが始まるので、
またお買い物が楽しみです♪
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (405)
普段はパリ郊外のエマウスにばかり行っているのですが、
はじめてパリ11区シャロンヌ通りのエマウスに行ってきました。
ちなみにエマウスとは慈善活動家でもあったアベ・ピエール神父が
1949年にホームレスなどを救済する目的で自らの資金で作った協会。
フランスに住んでる人は知らない人がいないと言ってもいいくらい、
よく知られていて、住民から集めた不用品をリサイクル品として売っています。
我が家のブロカント食器のほとんどがこのエマウスで格安で見つけたもの。
中には100年以上前のアンティークもあるんです。
詳しいことはこちらの記事にまとめてあります。
これを読めばOK!エマウスまとめ記事
Foto (406)
ということで、ここはエマウスでもブティックとついております。
ブティックなんてつくエマウスは初めて。
普段、わたしたちが行っているのは、大きな倉庫にガラクタやら家具やら
とにかく雑多にモノが並んでいて、その中からモノをかき分けて?
自分たちにとってのお宝を探す、という感じなのですが。
そしていいのが見つかる時もあれば見つからない時もあるのですが。
ここはちゃんとショーウィンドーまであります。
ということで中に入ってみましょう。
Foto (407)
さすがに綺麗です。商品も状態のよいものが揃っております。
ただしブティックということもあるのか食器はかなり少なめで
服、靴、バッグ、アクセサリーなどが中心。
シャロンヌ通りはファッション関係などの仕事をしている
こだわり派のBOBO(ボボ、ブルジョワ・ボヘミアンの略)が集まる場所。
なので衣類系が多いのでしょう。
パリ郊外エマウスにはBOBOはまったくおりませんので、
衣類より食器の方がずっと多くて山積みのところもあるんですけどね。
その山、ガラクタも結構多いんですけど…。
Foto (408)
お値段もやはり郊外倉庫より高めとなっております。
例えば1枚だけあった古めのお皿は5ユーロ。
郊外だと山積みの中から自分で探した場合50サンチーム、
60サンチームの世界なのでぜんぜん違います。
そんなお値段で買ったものが後でアンティークだとわかったりもあるのです。
ブロカント食器はやはり郊外か地方のエマウスがいいのかな。
Foto (409)
おしゃれパリっ子もあれこれ洋服を見ていました。
ヴィンテージショップ感覚で利用しているんでしょうね。
工夫してかっちょよく着こなすんだろうなぁ。
シャロンヌ通りは歩くだけでも楽しいところ。
そのついでにちょこっと寄ってみるのも良いなと思いました。

住所・・・54,rue de Charonne 11区
TEL・・・01 48 07 02 28
営業時間・・・月曜~土曜の10時半~14時、14時半~19時
HP・・・Emmaüs Charonne

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (185)
只今パリは16時。ジレジョーヌの9週目デモの真っ最中です。
ここ2、3週間、デモが下降気味になったような印象ですが、
それは年末年始だったから?!で、新年に入り、再び活発化。
今日もかなり激しくなっております。
今ではエマニュエル・マクロン政府とジレジョーヌの、どちらが尽きてくるか、
になっているかのように見えます。
でもムッシューマクロンは国のお金で毎週警官を出動させていて、
自分は安全なエリゼ宮にいるんですけどね。
警官さんが大変です。ムッシューマクロン嫌いな人もいるだろうに。
大統領誰でもいいから仕事増やすなよ~、って思ってるかも。
ということで、先週我が街リサイクルショップに行ってきたのでご紹介です。
Foto (135)
先週の水曜日1月9日からフランスはソルド=セールが始まったのですが、
ぜんっぜん行っておりませんで、セールが終わる頃に、
残り物をちょっと見てみようかな、くらいな感じです。
なんていったって、このお店がありますからね。
Foto (174)
今回ゲットしたのはこのボーダーのニットで3ユーロ。
ほぼ未使用かと思われます。
とても柔らかい手触りで着やすいんです。
で、さっと簡単コーデしてみました。
Foto (173)
旦那がブリジット・マクロンみた~い、と大うけした白コートとジーンズです。
バッグと靴に迷うとこですが、どちらかでちょっと差し色が欲しいかも。
赤?ブルー?白のスニーカーでも可愛いかな。
なんにしてもブリジットは避けたい…。
申し訳ないがもう過ぎた人やもんね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ