パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

お気に入りちょこちょこ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

天気予報通り、今日から青空復活のパリ。

あの毎日の雨降り日は何だったのか。

でもとにかく浸水の被害がものすごいので。

もうこれ以上、被害が出ないよう、青空続きになって欲しいです。

ということで。

フランスのお手軽スーパーコーナーでございます。

R0140018

今週のまとめ買いはコチラ。

行ったのはドイツ系スーパー「アルディ」とフランス系スーパー「カルフール」。

「アルディ」は今、かなり出店が増えてきておりますねぇ。

ここ数年で一足先に出店を広げていたのがドイツ系スーパー「リドル」ですが。

今「アルディ」もフランスでかなり拡大しつつあります。

拡大にあたって攻略をちゃんと練っていることでしょう。

これがフランスのスーパーとたぶん違うところなのでしょうか。

さすがドイツ。さすがどフランス…。

さすがの意味の違い、わかってもらえます?

R0140019

で。まずはアルディで買ったBIO(オーガニック)のじゃがいも2、79ユーロとBIOのパプリカ1、99ユーロ。

他にもBIOのトマト、玉ねぎ、ベビーリーフ、キュウリなどを購入。

どれもBIOなのにお手軽なのが家計に助かります。

ところで昨日このじゃがいもでフリットを作ったのですが。

その際むいたじゃがいもの皮は後でチップスかきんぴらにしようとキッチンの端っこに置いておいたのですよ。

そしたらいつの間にか旦那が捨てちゃってた~。

ショックでした。

なのでもう皮は捨てないで、と念をおしておきました。

BIOは皮もしっかり利用出来ますからね。

R0140020

アルディでマカデミアナッツ1パック3、79ユーロ。

カルフールでは同じお値段で半分くらいの量。

なのでアルディはとってもお買い得。

しかも残り2パックだったので2パックゲット。

商品は定番もあるけど、そのときどきによって顔ぶれが変わってきます。

なので気に入ったスペシャルなものは出来ればちょびっと多めにゲット。が特にアルディではグッド。

R0140021

アルディでBIOのモッツアレラチーズ0、89ユーロとブッファラチーズ、1、59ユーロ。

BIOで0、89ユーロのモッツアレラチーズは、ものすんごいお安さですが、生ハムとベビーリーフとフレッシュなバジルを合わせるとしっかりご馳走感。

お店で出てくるような1皿になります。

ブッファラもこれまたものすごいお安さ。

水曜の夜の我が家のワインデーにいただきたいと思います。

金曜の夜とか、よく他の日もワインデーですけどね。

R0140023

アルディでハーブやにんにく入りのチーズはそれぞれ1、39ユーロ。

これと美味しいパンとワインがあるだけでグッドなアペリティフ兼夕食になります。

R0140030

アルディでキプロスのチーズ2、29ユーロ。

初お試しキプロスチーズです。

写真のようにグリルしたら美味しいんかな。バーベキューがよさげかな。

やってみましょ。

R0140024

アルディでノルマンディーのイジニー村の無塩バター2、25ユーロ。

我が家は基本的にはオリーブオイルじゃんじゃか使う派。

でもやはりノルマンディーやブルターニュ料理はバターを使うのが美味しさポイント。

バター太るのかもしれないけど、私は基本的に炭水化物を抑えることで、ぜい肉調整が今うまくいっております。

それぞれの体質でも違ってくるのでしょうね。

R0140026

アルディでイタリアのボローニャのハム、モルタデッラ1、29ユーロ。

以前も書きましたが、このままでいただくのもいいのですが、サンドイッチに数枚はさんでシンプルにいただくのがおすすめ。

美味しいパンだとそれだけで結構な美味感。

あとなんか、無造作なのが本場感?

R0140028

そしてこれもアルディで食材ではないのですが、カニキュール(猛暑)に向けて買ってみた物。

わんこ用の簡易プールで11、99ユーロ。

旦那がこれを見つけて、どうする?買う?って。

うちの子たちはいやがるだろう、暴れてあたしたちが水びたしになるだけだろう。

とは思ったのですが。

もしものカニキュールに備えて常備しておくのも約12ユーロだし悪くないだろう、と思いました。

慣れさせるのも必要ですしね。

でも多少暑い、夏らしいお天気は大歓迎なのですが、カニキュールはわんこたちのことを考えるとお断りしたい。

もしやつらがやって来たら、母ちゃん、戦っちゃるぜ!

(なぜかこういうのには俄然やる気になるおばたんなのだ)

ってかカルフール商品の紹介が1つも入っておりませんね。

ま、これが現実ですかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。
涼しいパリの夏、続行中でございます。
んが。7月後半にカニキュール(猛暑)が来るというもっぱらの噂?!
受けてたとうじゃないか。いや、でも、出来れば来ないでくださいませ。
そんな気持ちも過りつつ、涼しさ満喫中~。
IMG_0060
ということで。今週のまとめ買いコーナーでございます。
行ったのはドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。
この時のカルフールはいつもと違う店舗。
やはり同じカルフールでも店舗によって扱う商品が違っているので、たまに別店舗、行ってみるのも良い良い。
IMG_0064
まずはカルフールで水耕栽培のクレソン2.29ユーロ。
ベビークレソンでとても柔らかくてクレソンの辛み、風味もしっかり。
クレソン好きにはたまらない1品。
レジで並んでいた時、前の方のカートにも後ろの方のカートにも入っていたのに納得。
IMG_0061
カルフールで、茶そば2、60ユーロ。寿司酢1、55ユーロ。細そば2、28ユーロ。
この他にもカルフールでは、麺つゆ、和風だしの素、味噌、うどん、日本のインスタントラーメンなどが売られております。
ここ数年でほんと~に日本の食材、アジアの食材が豊富になってきております。
さらに人種が様々になっているのはスーパーの商品1つとっても確か。
馬鹿にするんなら、この美味しいアジアンフードも食べないんですよね?と思っちゃいます。
IMG_0065
リドルでBIO(オーガニック)のヨーグルト2.15ユーロ。
我が家の毎朝のスムージー用です。
実は旦那は飲みたがらないのですが、飲み物がコーヒーかビールの旦那。水もほとんど飲まないんです。
なので毎日無理くり押し付けております。
自分は病気にならないとでも思ってるのかな。
でも老衰で亡くなる方はほんのわずかです。
IMG_0066
リドルでBIOのモッツァレラチーズ0、89ユーロ。
普通に美味しいです。これ以上のお値段で買うのが馬鹿らしくなります。
IMG_0067
リドルでリヨンのシャルキュトリー(加工肉類)3種セット1.79ユーロ。
我が家はじゃがいもサラダを合わせます。
これが美味しいんですよ~。
IMG_0068
カルフールで茹でエゾバイ貝1、84ユーロ。私の大好物。
旦那は1/4くらい食べて私が3/4くらい食べちゃいます。
IMG_0069
カルフールで北欧風黒パン2ユーロ。
カルフールのパンはバゲット、クロワッサンをはじめほとんどが美味しくないのですが、この北欧風黒パンは悪くないんです。
ご覧の通り見事な黒。材料はライ麦やゴマなど。
サンドイッチにしてもイケます。
IMG_0071
リドルでBIOのEXVオリーブオイル4、79ユーロ。
我が家はほとんどの料理がオリーブオイル。たまにバター。
消費がめちゃ早いです。
IMG_0063
そしてお気に入りのフランスのカンパニー「ベネナッツ」の「チュイルリー・オ・セレアル・コンプレット」。
甘くないチュイール(薄く焼き上げたクッキー)です。
主な材料はとうもろこしや小麦、お米などの全粒粉と海塩。
ざくざく食感でついつい食べちゃうスナック菓子。
最近パプリカ風味も新発売になりましたが、やはりこの塩味がグッド。
フランス土産にもおすすめです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。
昨夜は観ていなかった韓国映画「パラサイト」のTV放送がありました。
いや~、韓国映画大好きなので久しぶりに観れて嬉しかったし、面白かったです!
俳優さん、皆さん、味があってよかったけど、特に印象に強く残ったのはお金持ちのパク夫人を演じたチョ・ヨジョンさん。
透明感があってとても綺麗だけど、彼女の演じたちょっとズレてて人が良くて憎めないパク夫人に魅せられました。
フランスは映画館が再開したし、これからまた韓国映画も日本映画もたくさん来ると思います。楽しみ過ぎる~。
ということで今週行ったのは先週と同じドイツ系スーパー「アルディ」と、フランス系スーパー「カルフール」。
価格と商品の充実度が納得なのはドイツ系スーパー「リドル」ですが。
今、冷凍庫にたくさん常備食材があるので、この時は主にアルディでBIO(オーガニック)の定番&必要なものを購入です。
R0139941
こちらが今回買ったものたち(一部)。
R0139946
アルディでBIOの薄力粉0、89ユーロ。
BIOなのに0、89ユーロって、こんな安くていいの?な我が家の大定番食材です。
日本だとBIO薄力粉1袋は500円前後はするようなので、BIO市場が世界第3位のフランス、本当に安いです。
ちなみに1位はアメリカ、2位はドイツ。
市場2位のドイツのスーパー「アルディ」なので価格が安いんですかねぇ。
我が家は天ぷらをよく作るので消費が早いです。
R0139947
アルディでBIOのオーツ麦のミルク1、49ユーロ。
牛乳は基本的には使わない飲まない我が家は、アルディかリドルの豆乳、アーモンドミルク、そしてこのオーツ麦ミルク中心。
私の朝のカフェラテ用です。
オーツ麦ミルク、ほんのり自然な甘さがあってイケます。
R0139944
アルディでBIOのレモン汁とライム汁どちらも0、59ユーロ。
これまた0、59ユーロという、こんな安くていいの?な商品。
レモンは常に常備しておりますが、たまたまない時に便利。
ライムは常備まではしていなくて、必要な時はフレッシュなものを買いますが、それ以外でちょっと使いたい時に便利。
R0139945
アルディでBIOのコーンスターチ2、39ユーロ。
日本では料理のとろみづけというと片栗粉(特に和食や中華)や薄力粉が多いですが、フランスではコーンスターチを使うことが多いです。
冷めてもとろみが持続するのが良い点。
R0139942
カルフールのBIOのラディッシュ0、99ユーロ。
アルディでBIOのエシャロット1、79ユーロ。
カルフールもBIOラディッシュは安かった~。
少し割れていたりで見映えはいいとは言えませんが、それもBIOらしさ。
エシャロットは玉ねぎの1種なので玉ねぎで代用も出来ますが、やはりお味が違うのですよね。
フレンチを作る時はやはりエシャロットチョイスが多いです。
R0139943
カルフールでBIOの料理用赤ワイン2、95ユーロ。
煮込みやお肉のソースに使います。
小分けタイプなので使い切りが出来て便利。
R0139950
アルディで赤唐辛子入りEXVオリーブオイル2、49ユーロ。
これは初めての購入。
家でも簡単に作れますが、ちょっとお試しです。
ピッツアやパスタにかけたいと思います。
R0139949
アルディで干し鱈のオリーブオイル漬け1、99ユーロ。
ポルトガル料理によく使われる干し鱈。
ポルトガル系フランス人も多いフランスなので、スーパーやお魚屋さんで手軽に買えますが、塩抜きが大事。
塩抜きが足らなくても、抜き過ぎても美味しくないのですよね。
なので塩抜きには結構気を遣います。
でもこれはそのまま食べれるお手軽な1品。
美味しかったら干し鱈を買って自分でも挑戦してみたいです。
R0139948
アルディでマカデミアナッツ3、69ユーロ。
我が家は旦那も私もマカデミアナッツがだ~い好き。
カルフールでときどき買っておりますが、量が少なめでお値段4ユーロ近く。
でも今回アルディで2倍くらいの量でお値段がカルフールと変わらないもの発見。
もういただいてみましたが美味しい。
これはまたあったらリピートです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。
今週のまとめ買いはドイツ系スーパー「アルディ」と、お気に入りじゃぜんぜんないけど、ある程度商品は揃っているかな、な、フランス系スーパー「カルフール」に行ってまいりました。
R0139830
いつものようにBIO(オーガニック)野菜&食材中心で購入したのがコチラ。
R0139831
ということでまずはリドルのBIO野菜たちで、ベビーリーフ1、79ユーロ。
ズッキー二1、99ユーロ。ナス1、99ユーロ。
レモン1、49ユーロ。マッシュルーム1.95ユーロ。
先週行ったリドルと比較するとレモン1、49ユーロが同じ価格。
フランスのスーパー、たまには別スーパー開拓
リドルのレモンは大3個入りでアルディは中4個入り。
なのでほぼ同じ感じかな、と思います。
普段まったく気をつけていなかったけど、ドイツ系スーパー「リドル」と「アルディ」、お値段的にもほんとかなり近いですね。
R0139837
アルディで普段のお料理使いのゲランドの塩フルール・ド・セル(塩の花)2.39ユーロ。
日本ではフランスのフルール・ド・セル、結構高くなっておりますが、フランスのスーパーでは超お手頃価格。
リドルやアルディだとさらにお手頃価格です。
R0139834
スペインのグロセル(粗塩)は0.30ユーロ。
0、30ユーロってあーた!
で、これは丸鶏やお魚を焼く時用に使いたいと思います。
塩蒸しローストや塩釜焼き、素材の味が引き立ってめちゃうまし。
R0139839
アルディでBIO(オーガニック」)の長粒の玄米1、89ユーロ。
オーガニック玄米で1、89ユーロですよ。安い。
長粒米なので、玄米カレーやクスクスっぽいのに合わせようかな、と思っております。
水に2、3日つけると柔らかい炊きあがりで美味しいので、それに今はまっとるんです。
R0139842
アルディでBIOのモッツァレラチーズ0、89ユーロ。
リドルでもBIOのモッツレラチーズが0.89ユーロです。
なので2つ一緒に味比べしてみたいなと思っております。
R0139840
アルディでパルミジャーノレッジャーノの薄切り1.99ユーロ。
一番はその場で薄切りにするのがベストだけど、これがあると便利。
パスタ、サラダにぱらりとかけるだけでぐぐんとビジュアルも美味しさもアップ。
そのまま赤ワインのおつまみにしてもグッド。
R0139843
アルディでイタリアのボローニャの、ピスタチオオ入りハム、モルタデッラ1.29ユーロ。
薄切りのひらひらハムでシンプルなサンドイッチにするとシンプル美味しいです。
R0139844
アルディのオーベルニュ地方のラビオリで1、99ユーロ。
今回はじめて知ったオーベルニュのこのラビオリ。
これを切って茹でるのか、そのまま茹でるのか、まだよくわかりません。
ちゃんと調べてからお試ししたいと思います。
アルディはドイツ系スーパーですが、こうやってここフランス店舗ではちゃんとフランス郷土料理が豊富なのが嬉しい。そこの細かさが日本に感覚が近いドイツ?
R0139845
カルフールで珍しいきのこ、ポルトベロ2.29ユーロ。
変わったもの、新しいものは、お手軽スーパーだと一番は「グラン・フレ」だけど、その次はカルフールかもしれません。
初めて見たかなり大きなきのこで旦那が興味津々。でも調理するのはあたし~、みたいな。
ま、でも新しいお味は私も興味があるので楽しみです。
ということで。毎回何かしら新鮮食材がありますね~。
いただくのが楽しみです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。
週末のお買い物はいつものドイツ系スーパー「リドル」と、今回はカルフールではなくフランス系スーパー「ルクレール」に行ってきました。
たまには違うとこへ行こうと、旦那の提案です。
R0139699
で、購入品です。
先週はドイツ系スーパー「アルディ」でBIO(オーガニック)の野菜と果物を多めに買いましたが。
フランスのスーパー、ガンリスク低減BIO食材
今回はリドルでBIO野菜&果物購入。
今まで比べたことがなかったけど「アルディ」と「リドル」はどちらもお財布に優しい価格。
それでもさらにお安いのはどちらなのでしょうか。
R0139701
まずはリドルで買ったBIO(オーガニック)の野菜と果物で。
フランス産りんごは1パック2、49ユーロ。
ミルティーユは1パック1、79ユーロ。
玉ねぎ1、19ユーロ。
アボガド2、49ユーロ。
レモン1、49ユーロ。
きゅうり0、99ユーロ。
この中で先週アルディでも買ったのがきゅうりで、アルディでは1、19ユーロでした。
なのでBIOきゅうりのお安さはリドルに軍配です!
でもその時その時で価格もいろいろだろうし、これからは他のものもちょっと気をつけてみたいと思います。
R0139703
リドルでBIOのモッツァレラチーズ0、89ユーロとモッツレラチーズの1つで水牛乳のブッファラ1、59ユーロ。
0、89ユーロのモッツレラは我が家がしょっちゅう買うものですが、ぜんぜん美味しいんです。
ブッファラはリドルのは初お試し。数年前まではブッファラやブッラータはどこのスーパーでも売ってるものではなく、価格もそれなりに高かったのですが。
ここ数年であっちゅう間に広がって、ついにはリドルで1、59ユーロ!こりゃ買っちゃいます~。
     R0139704
ルクレールでカニカマ2、30ユーロ。
旦那が好んで買う、フランスでは「SURIMI」という名前の日本のカニカマ。
でも旦那はカルフールのお徳用を選ぶので、数は多いけど着色料使ってるし硬めでイマイチだったのですよね。
で、一度カルフール製じゃない専門メーカーの、数は少ないけど少しお高めのを買ってみたら、ふわっと柔らかで美味しかったのです。
なので今回は今度は保存料、人工香料、人工着色料を使っていないものをチョイス。
カニカマはシンプルにわさび醤油でいただくのが大好きです。
    R0139705
リドルでドライマンゴー1、99ユーロ。
日本にいた時はよく食べていたドライマンゴー、フランスで初購入です。
そのままはもちろんヨーグルト漬けというのも挑戦してみたいと思っております。
R0139706
リドルでアメリカ風燻製ベーコン2、39ユーロ。
フランスでベーコンと言うと、私たち日本人が思い浮かべるベーコンとは違って、脂身が少なくて丸型。
日本で食べているようなベーコンをとなると近いのが「ポワトリンヌ・フュメ」というものになります。
でもこれは本場アメリカンスタイルのベーコン。
写真ではパンケーキに焼いたベーコンとはちみつが添えられおりますね。
めちゃくちゃアメリカやん!
R0139707
リドルでBIOのレモン風味のヨーグルト1、19ユーロ。
ナチュラルを買ったつもりが帰ってよく見てみたらレモン風味でした。
ちょうどよい。これでドライマンゴー漬けちゃおう。
R0139708
ルクレールでノルマンディーのイジニー村のカマンベールチーズ2、10ユーロ。
これは比較的どこのスーパーでも売っているもの。
質のよい乳製品で有名なイズニー村のカマンベールなので、大量生産でお手頃のわりに美味しいのです。
で、今回珍しくルクレールにも行ってみたのですが、なんかごちゃごちゃしてて商品が探し難いな、という印象。これは以前も感じたんですよね。
ルクレールもBIO商品がお手頃なのですが、なんて言うかちょっと雑な感じ?
なのでたまにはいいけど、やはり我が家は「リドル」、「アルディ」、「グラン・フレ」、そしてカルフールでは最低限のもの。というスタイルでいいかな、と思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ