パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

お気に入りちょこちょこ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございまして今回は(も)ドイツ系スーパー「リドル」。

リドルではバラエティ豊かで質が悪くない食材が十分揃うので、他のスーパーで同じような食材を割高で買う理由がないんですよね。

なので庶民暮らしの我が家的はだいたいリドル。

IMG_4383

ということで今回の購入食材はコチラ。

IMG_4391

まずは我が家が夏のビールとして気に入っているクローネンブルグ社の1664の白ビールで、1箱4、30ユーロ。

でも2箱めを買うと60%引きで1、72ユーロ。

もちろん2箱ゲット。

フランスでは白ビールを街のカフェで頼むと、だいたい薄切りレモンが入っていて(入っていないところはケチっている確率高し)、そのレモンの爽やかな酸味が白ビールのお味を引き立ててくれるのです。

でもこの白ビールは、オレンジとコリアンダー(パクチー)が使われているので、初めから柑橘系の風味がするのです。

と言っても、コリアンダーのあのスペシャルな味は言われなければわからない程度なので、苦手な方でも大丈夫かも、と思います。

暑い日に冷たいこのビールを飲むと、さっぱり美味しいんです。

IMG_4385

ペリゴールの黒豚の生ハム1パック2、49ユーロ。

リドルのお気に入りの1品です。

パリの高級デパートのボン・マルシェで見てみたら、ペリゴールの黒豚の生ハムはまだ置いていなかったのですよね。

ボン・マルシェで厳選したペリゴール黒豚生ハムを扱ってくれたらかなり美味しいかもしれないけど、まだ扱っていないので、そこはちょっと遅れているな、と思いました。

ドイツ系なのにさすがリドル。

IMG_4387

イタリアのグリーンオリーブ1、59ユーロ。

オリーブだ~い好きでいろいろお試ししております。

これは大粒グリーンオリーブ。

大粒、美味しいんです。

IMG_4392

モロッコの春巻きの皮みたいな生地パスティラ1、09ユーロ。

でも春巻きの皮よりず~っと薄くて紙のようなんです。

我が家は、ポテトサラダ、トマトソースのマカロニ、炒め物などなど、残りものは結構何でもこの生地で包んで焼いてサモサにしちゃいます。

カリカリになると味変するし、結構何でも美味しくなっちゃいます。

IMG_4388

BIO(オーガニック)のアボガド2、49ユーロ。

ワカモレはもちろん、お刺身にサラダにサンドイッチに、と便利なので、我が家はほぼ常備。

生魚が食べれない人がいるので、フランスで作るお寿司にも欠かせない感じです。

IMG_4389

平桃1パック2、79ユーロ。

マルシェでもたくさん並んでいるのですが、この夏初めて購入。

甘くてジューシーで美味しいです。

水蜜桃と近いお味かもしれません。

IMG_4390

ル・プティ・マルセイエのBIO(オーガニック)のボディシャンプーで、左がオレンジ&グレープフルーツの香り、右がオリーブの葉の香りです。

実はこれだけお値段が不明です。

(理由はこの後ご説明させていただきます)

でも確か1、49ユーロくらいだったような。

とにかくカルフールに比べず~っと安かったので買っておこうと思ったのです。

ル・プティ・マルセイエのボディシャンプーは、実は香りは後でほとんど残らないのですが、とにかくいろんな香りが揃っているしお手頃だし可愛いので買ってしまいます。

我が家は常に4、5種類くらいを揃えてあって、お湯をためる時に好きな香りを蛇口の下にたらして、泡泡お風呂にしております。

IMG_4430

で、ル・プティ・マルセイエのお値段が不明な理由がコチラ。

気が付いたらわんこアンちゃん(ジョアンナ)にぐっちゃぐちゃに噛みちぎられておりました~。

最初に見つけたのは旦那で、ニタニタ笑いながら私に、ちょっと見て見て。

と言うので、なーに?と思って見てみたら、ガ~ン!

窓を開けていた時に風で飛んでやられたみたいです。

なので読めるとこだけ何とか読んで、それでもわからないのはリドルのサイトで調べました。

でもこのBIOボディシャンプーだけはわからなかったのですよね。

ま、でもクッションの中身をほじってそこら中ワタだらけになってる時もあるし、たいしたこたぁありません。

ってか、相変わらずの我がNo1のベティーズちゃん(笑わせてくれる子)で~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

我が家一押しのフランスのスーパーマーケットはドイツ系「リドル」。

でもパリ郊外住まいでパリ市内のリドルには行ったことがなかったので、最近様子を見にちょこっと寄っておりまして。

それをご紹介させていただいております。

移民スーパーと言う日本人がいるパリのリドルに行ってみた
日本人が多く住む15区の住宅街リドルに行ってみた

で、今回は我が家がいつも行っているパリ郊外のリドルをご紹介させていただこうと思います。

と言いますのも。

パリ市内のリドルとパリ郊外や地方のリドルって、結構規模や雰囲気が違っていたりするのです。

特に車で行く大型店舗のリドルは、パリ市内とは雰囲気が本当に違うんです。

IMG_4364

ということで。

ここがいつも行く大型店舗リドル。

今回改めて見てみて、私が寄ってみたパリ市内のリドルの3倍か4倍の広さはあるかな、と思いました。

ここはたぶん元は何もなかったところに新しくど~ん!と建てているので、広い店舗を作れただろうけど。

パリ市内はまず場所を確保するので大変だと思うし、元からある建物を改築して店舗にしているので、どうしても狭くて新しい感じはしないのだろうと思います。

IMG_4382

一歩入ると、大きなガラス窓に面したエントランスは光がいっぱい入って、天井も高いのでめちゃくちゃ明るいです。

IMG_4365

ここのリドルは入るとすぐ園芸コーナーがありまして、専門店よりずっと安いわりに、ものは悪くないのです。

我が家も今リドルで買った花が咲き、家庭菜園では野菜たちが育っております。

IMG_4368

園芸コーナーに続き野菜&果物コーナーがありまして、BIO(オーガニック)コーナーも結構充実。

常時あるBIO野菜&果物は玉ねぎ、人参、マッシュルーム、エシャロット、パプリカ、キュウリ、ズッキーニ、リンゴ、アボガド、オレンジ、バナナなどで。

それに+旬のものが入る感じです。

IMG_4366

広いのでこのように通路も広々。

パリ市内は狭いのでこの半分くらいの広さの通路だったように思います。

パリ市内のスーパーは散らかっているところも結構あるけど、このリドルはいつもほぼ綺麗に商品が並んでおります。

IMG_4377

最近登場して何より嬉しかったお刺身用マグロ。

この日も揃っておりました♪

IMG_4373

この時は、前の週にイタリアフェアがあったので、引き続きリドルオリジナルのイタリア食材がズラリと並んでおりました。

場所が広いので、このイタリア食材も含め全体的な商品の入荷数と種類が、狭い店舗よりかなり多いように感じます。

なのでフェアの翌週でもこのように商品が揃っているんだろうな、と予想しております。

そしてやはりお値段が超お手頃。

たとえばカネロニは1箱0、89ユーロです。

カネロニは試したことがないのですが、全体的にお安いわりには質はぜんぜん悪くないです。

IMG_4370

チーズも、リドルオリジナル&メーカー品が程よく揃っております。

IMG_4371

嬉しいのはヨーロッパの品質の良い食品マークAOP(Appéllation d’Origine Protégée)チーズも結構種類が揃っていること。

IMG_4372

ロックフォールや、オランダのゴーダ、フランドル地方のミモレット、フランシュ・コンテ地方のモルビエなども、AOPでもすべてかなりのお手頃価格です。

IMG_4376

これはこの日初めて見た商品で、BIOの冷凍フライドポテト。

市販の冷凍フライドポテトは身体に悪い、とよくニュースになっているので、BIOだとちょっと安心かもしれません。

フランス人はフライドポテト、だ~い好きですしね。

IMG_4375

この週のメインはビールフェアだったので、世界各国のバラエティ豊かなビールが、お手頃なお値段で揃っておりました。

ビール好きさんには嬉しいですかね~。

IMG_4381

レジも広く数も多いので、比較的スムーズにお会計が進みます。

横入り星人も、今までここでは遭遇したことがなかったように記憶しております。

ただし。

我が街の駅から徒歩で行ける小規模リドルは、行きやすいことがあるし、狭めなので、結構人が多いです。

でもベルヴィルほどではなくて、やはり雰囲気も含めベルヴィル界隈リドルはちょっとスペシャルかな、と思います。

あそこが苦手な人がいるのはしかたないかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナーでございます。

全てドイツ系スーパー「リドル」の食材たちで、ちょっと変わったチーズも含めチーズ数種をゲットしましたので、その感想も含めご紹介させていただきます。

IMG_4331

購入したのはコチラ。

IMG_4334

先ずはチーズたちで、上から時計回りにEUの質の良い食材「P.G.I(Protected Geographical Indication)」マーク付きのカンタル1、59ユーロ。

もういただいてみましたが、これはまあまあのお味でした。

BIO(オーガニック)のカマンベール1、95ユーロ。

これは我が家がよく買うチーズで、なかなか悪くないお味です。

「P.G.I」マーク付きブリーは30%引きで1、44ユーロ。

リドルでこのオレンジのシールが貼ってあると、それは30%引きということ。

種類にもよりますが、チーズは賞味期限が近いと熟成が進んでいてさらに美味しいので、すぐ食べたい時は賞味期限が近くてもぜんぜんOK。

このブリーもとろっとしていて美味しかったです。

「P.G.I」マーク付きオッシーイラティ2、63ユーロ。

このままでも美味しいですが、我が家はさくらんぼのジャムとバスク地方の唐辛子ピーマンデスプレットを少しかけていただくのも好きです。

リドルでは「P.G.I」マーク付きチーズが常に何種も揃っていて、しかもお手頃お値段なのが嬉しいのです。

IMG_4335

で、これが仏×伊の融合レアチーズでブッファラ(イタリアのモッツアレラチーズの1種)仕立てのカマンベールチーズ3、69ユーロ。

前もってリドルの広告冊子で見て、興味津々だったこのチーズ。

外観はカマンベールなのですが、中の弾力感がブッファラな感じです。

で、お味の感想はというと、うん、普通です。

カマンベールはカマンベール、ブッファラはブッファラで無理に一緒にすることないな、と思いました。

両方合わさっての良さが感じられない1品で、リピはありません。

IMG_4337

BIOのギリシャのヨーグルト1、29ユーロ。

これはもうBIOだしギリシャヨーグルトだしで普通に美味しいです。

スパイスや野菜を混ぜてソースにしてもグッド。

IMG_4332

イタリアのスパークリングワインのプロセッコ1本4、95ユーロで、2本めを買うと約半額の2、48ユーロ。

イタリアの品質の良い食材マーク「D.O.C(Denominazione di Origine Controllata)」がついていて、リピです。

泡が入っていると、気分がぐぐんとアップするし、ちょっとジュース感覚で飲めちゃう。

でもそれが危ないのですよね。

量に気をつけながらいただきたいと思います。

IMG_4338

BIOの卵1、79ユーロ。

安売り卵の抗生物質乱用の卵ドキュメンタリーを見て恐ろしいな、これは毒でしかないんだな、と思ってから卵は必ずBIOをチョイス。

日付が6月17日までで過ぎておりますが、この日までにもう全部いただいております。

IMG_4341

フライドオニオン1、09ユーロ。

サラダにさっとトッピングしても良いですが、今回はホットドッグにトッピングしたくて購入。

で、もうシンプルなホットドッグに使ってみましたが、カリカリが美味しい♪

しばらくはまりそうな予感です。

IMG_4342

醤油1、65ユーロ。

買う時に、何も表示がないので普通にしょっぱいのだと思って購入したのですが。

帰ってきてレシートを見てみたら、ぎゃ~甘い醤油って書いてある~。

フランスでお醤油を購入する時、これほんと注意なんです。

と言いますのも、フランスでは甘い醤油も、しょっぱい醤油と同じくらい出回っていて、お寿司屋さん(主に中国系)でも両方置いてあるんです。

この甘いのが、日本人の私からしたら、何じゃこりゃ。

って感じなんですが、この甘いのを好むフランス人も結構いるんですよね。

でも、みりんで作った甘さじゃなく、ただ砂糖で甘ったるくしているので、とにかく妙な甘さ。

で、間違ってこの甘いのを買ってきた時にゃあ、使い道に困るのです。

ああ、ちゃんと「sucré=甘い」って表示しておいて欲しかったです…。

でも捨てたくはないから、何とか他の調味料もあわせて、照り焼きとかで使い切りたいと思います~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスのスーパーコーナー記事となりまして、今回ご紹介食材はドイツ系スーパー「リドル」。

リドルは毎週何かしらそそられるものがあるし、今回は特に期待していたものがあったので、張り切って行ってまいりました。

いよ!商売上手!

IMG_4279

で、購入食材はコチラになります。

IMG_4280

まずはフランス領コルシカ島のシャルキュトリー(加工肉類)で、サラミ2.99ユーロとコッパ3、69ユーロ。

コルシカはあのナポレオンが生まれた場所で、美食の島としても知られております。

コルシカのシャルキュトリーも美味なんです。それがイメージです。

なのでリドルにしては少しお高めだけど、期待して、迷わず購入。

んが。

これが期待外れだったもの①。

美味なシャルキュトリーって加工肉の奥深い味わいがまず先にくると思うのですが、これはその味わいの前に塩気が先で、とにかくしょっぱかった~。

期待外れでがっくしでした。

完全にリピなしです。

IMG_4285

ギリシャのニンニク入りオリーブ1.99ユーロ。

ギリシャだけじゃなく、ヨーロッパでポピュラーなニンニク入りオリーブ、だいたい美味しいんです。

で、これが期待外れだったもの②。

ギリシャのオリーブ感何も感じなかったし、他のメーカーと何も変わらないし、1ユーロ前後で同じようなお味が他のスーパーやマルシェで買えちゃいます。

なのでこれもリピなしです。

IMG_4281

コルシカのハーブ、マキ風味のニョッキ2、99ユーロ。

マキは地中海沿岸独特のハーブ。

私は今までマキをいただいたことがないのでこれが初お試し。

茹でても焼きニョッキにしても良いようなので、2通り試したいと思います。

どんなお味かな、と楽しみです。

IMG_4282

おそば1袋0、89ユーロ。

これはしょっちゅう買っている我が家常備食材。

日本の美味しいおそばに比べたら、ぜんぜん話にならないと思うのですが、ここはフランスと思えばぜんぜんOK。

大好物の冷やしたぬきそばにしようかしら。

IMG_4284

お寿司用の米1、19ユーロ。

寿司用のお米もここヨーロッパで、フランスで、リドルで、普通に売り出される時代になりました。

どんだけ寿司、浸透しているのよん、って感じです。

でもそれが嬉しいです♪

ささっと海苔巻き作ろうかな、と思って購入です。

IMG_4286

ハンバーガー用スライスチーズ1.99ユーロ。

よく書いておりますが、我が家はハンバーガーをよくいただきまして、パリのビストロで美味だった再現ハンバーガーと、佐世保バーガー、この2つが好きなんです。

で、ハンバーガー用チーズをだいたい常備。

お店で食べるよりずっと安く出来るし、お店に負けないくらい美味しいです。

IMG_4287

赤いフルーツ類(フランボワーズとかカシスとか)入りの大豆ヨーグルト1、19ユーロ。

ベジタリアンが多いフランスなので、大豆を使った食材が結構充実なんです。

もういただきましたが、お味はほぼほぼヨーグルト。

なのでヨーグルトじゃなくてもぜんぜんOKだな、と思いました。

IMG_4288

BIO(オーガニック)のきび砂糖1、55ユーロ。

なるべく漂白されたものを使いたくないので、お砂糖もいつもきび砂糖チョイス。

と、こだわってぽいですが、リドルではBIOできび砂糖でこのお値段なので、お気軽に買えます。

甘いものをほとんど食べない現在の我が家の人間たちですが、お料理の隠し味には結構お砂糖大事。

ひとつまみ入れるだけで料理がぐぐんと美味しくなったりするので、お砂糖も含め、調味料の使い方って繊細で面白いな、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

ずっと一押ししていて商品もご紹介させていただいているフランスのドイツ系スーパー「リドル」。

でもドイツ系と言っても、フランスのリドルはフランス各地の食材、ドイツ圏食材、イタリア食材、ギリシャ&トルコ圏食材、アメリカ食材、アジア圏食材など。

世界各国の食材フェアなんかもあって、お手頃なお値段の割に質がなかなか良いんです。

IMG_4289

で、ある週はロゼワインフェアでして、このような商品広告の小冊子がお店にあるので、毎回いただいて帰るのですが。

年に3回か4回、無料の特別冊子が店頭に並ぶのです。

IMG_4290

それがこれ「Lidl le mag」。

これがなかなか侮れないんです。

IMG_4291

今回のメインページはポルトガル。

ああ、わたくしの愛するポルトガルです。

人生初の海外旅行はポルトガルでした。

その旅行から日本に帰ってくる時、いつかポルトガルに住みたい、と本気で思いました。

フランスに移り住みましたが、本当はポルトガルに住みたかったのです。

でも、ヨーロッパ移住を決めた時、一緒に連れていくチワワ坊やが、飛行機の途中の乗り継ぎで貨物室での移動になることがあるかも、と航空会社から言われ、それは無理!

となってポルトガルから、まったく住む気のなかったパリにあっさり変更したのです。

ま、でも今となってはよかったと思っておりますが。

IMG_4292

話を戻しまして、ポルトガル料理のレシピも満載です。

鶏のロースト、あさりと豚肉のアレンテージョ風、干し鱈の料理などなど。

ポルトガル料理、素材を生かした料理が多くて、あっさりめでうまし。

IMG_4295

ページをめくっていくと、ポルトガル料理特集の後は夏におすすめのバラエティレシピになりまして、いきなり出てきた寿司バーガーレシピ。

寿司バーガーなんてわたくし初めて聞いたけど、アメリカやイギリスで数年前から登場しているよう。

美味しそうって言うか面白そう。

作ってみようかしら。

IMG_4293

すると今度はスープ仕立ての餃子レシピ。

材料と作り方を見てみると、何と皮から手作りで、餃子の中身は牛肉や人参、生姜など。

いつもラビオリ・ジャポネって言っていたけど、もう餃子(Gyozas)で通じるんですねぇ。

IMG_4294

で、パスタコーナーでは、夏のラーメンレシピまで紹介されておりました。

これも材料と作り方を見てみると、麺はスパゲティーで代用してして、具材は青梗菜や人参、海老、ライムなど。

海老は何と海老フライにしてトッピングしてあります。

日本のラーメンとはだいぶ違うものだけどオリジナルで楽しい♪

それにしても。

渡仏してきた頃は、日本食は日本食レストランに行くか、アジアンスーパーで材料買ってきて、日本人の自分が自宅で作るものだったけれど。

今や、こんな風にスーパーの無料冊子で日本食レシピが気軽に紹介され、スーパーには寿司専門コーナーがあって、冷凍食品コーナーではラーメンや餃子が買えます。

リドルでは最近、真空パックのマグロのお刺身まで買えるようになりました。

つくづく、時代は変わったな~、と感じます。

でも日本人の私にはとても助かるし、何と言っても日本人として嬉しいです♪

これからも日本食どんどこ世界に広がってほしい!

自分的勝手なこれから希望は、日本の美味しいカップラーメンがフランスのスーパーでも発売されること。

だってなんか日本のカップ麺のレベル、すごいことになってるらしいのだもの。

めっちゃ売れると思うのだけどな~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ