パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外の日常の暮らしの中で、日本人として感じることを率直に綴っております。

お気に入りちょこちょこ

Foto (748)
旦那の地元ピカルディーは北フランス。
その北フランスと北フランスのお隣りのベルギー、そしてオランダで
ポピュラーだというのがこの「ピカリリ」。
かわいい名前だけどなかなか主張の強い色でございます。
地元では手作りする家庭も多いそう。
原材料はカリフラワーやピクルス、マスタードなどでソース多めの洋風漬物チック。
ピカリリの名前の下に小さくOld Englishと書いてありますが、
どうやら発祥は元々イギリスのようなのです。
で、旦那と結婚するまではこのピカリリ、まったく知りませんでした。
というのもパリではぜんぜんポピュラーじゃないので、
気づく機会がなかったのですよね。
でもある時旦那が近所のカルフールで買ってきて知って。
正直、はじめて味見した時はとにかくはじめての味で何とも微妙~。
ところが食べ慣れてくると、結構悪くないんです。
ということでピカルディーでの定番のいただき方をご紹介。
Foto (749)
それは、フリカデル(Fricadelles)という
やはり北フランスとベルギーで知られるソーセージのようなものに、
フライドポテトと共にこのピカリリを添えること。
でも、我が家ではフリカデルがなくても、
旦那の大好物のフライドポテトにしょっちゅう添えちゃいます。
Foto (750)
シンプルな塩味の途中で時々ピカリリをつけて。
みたいないただき方で結構楽しめます。
カリフラワーのカリカリ食感がいいんですよね。
ほんとは一度、北フランスの屋台などでいただけるという、
本場のピカリリを食べてみたいのです。
今度旦那の実家に行く時に探してみようかな?
ということで名前もかわいいピカリリ。
話のネタに一度お試しいかがでしょうか。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (663)
赤いギンガムチャックのパッケージが目印の、
日本でもよく知られているフランスのお菓子メーカー「ボンヌママン」。
1971年、南フランスの小さな村「ビアール・シュル・セール」で、
新鮮な果物ときび砂糖やてんさい糖、ペクチンなど
天然素材だけで作られたコンフィチュール(ジャム)がはじまり。
今では選ぶのに迷うくらいの種類になったコンフィチュールに加え、
お土産にもぴったりなマドレーヌやビスキョイ、デザート類も揃っております。
フランス人にとってもボンヌママンは、
スーパーで気軽に買えるけどちょっといいものを買う感覚。
そんなボンヌママンの新商品のデザート、果物のコンポートを買ってみました。
どちらもカルフールで2個入りで2、50サンチームくらい。
Foto (664)
4種ある中のこれは、
苺&フランボワーズ&花のシロップ風味と、
パイナップル&ラム酒風味。
花のシロップ、ってところがまたなんだか
フランスチックでおしゃれじゃないですか?
Foto (665)
さてさてお味です。
苺&フランボワーズ&花のシロップは結構甘いです。
でも果実のゴロゴロ感いっぱいでほのかに感じる花の香りがやっぱりおしゃれ。
甘いけどなかなかの美味しさです。
そしてパイナップル&ラム酒はというと、
こちらの方が甘さ若干抑えめでやはりパイナップルがゴロゴロ。
そしてほのかなラムの香りも大人っぽくてよいよい♪
これはおしゃまなちびっ子やティーンエイジャーの女の子は
雰囲気的にもキュートな苺&フランボワーズ&花のシロップ、
大人たちはパイナップル&ラムがよいかもしれません。
ま、好みもありますけどね。
他には、りんご&ヴァニラ風味と、桃&杏があるので、
そちらも近々お試ししよう思っております。
やっぱりボンヌママンはな~んかおしゃれな味なのです。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (588)
少し前にご紹介させていただいたこのお店。
1年前に行ったレストランのトミー&コーがミシュラン一つ星に!
ここでサービスで出してくださったバスクのチーズ、オッソーイラティ&
黒さくらんぼジャム&バスクの唐辛子、ピーマンデスプレッドの組み合わせが美味で、
以来我が家でもたまにやっているのですが。
つい最近黒さくらんぼと思って買ったジャムが、
よく見てみたらカシスのジャムだったのです。
でも、ま、いいや、と、オッソーイラティ&カシスジャム&ピーマンデスプレッド
で食べてみたらカシスの粒々感が何ともよくてこれも美味しかったんです♪
で、フランス東部、スイスに近いコンテ地方のコンテチーズもあったので、
同じようにやってみたらこれも大丈夫、美味しい♪
ということで我が家流の新組み合わせ発見。
どちらのチーズも端の固い部分は身体に良くないので取りぬいて、
ジャムとピーマンデスプレッドを適量のせて。
ピーマンデスプレッドの代わりにチリペッパーでもよいと思います。
チーズの風味に甘みと辛みがボンマリアージュです。
Foto (589)
うっかり間違っちゃったけど、
しばらくの間、我が家のブームになりそうです。
でも飽きないようにほどほどに、です。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Foto (561)
フランスでポピュラーな「Ushuaia」。
プチプラのボディーソープやボディクリームを出しているメーカーです。
ここから最近、危険な塩化アルミニウムフリーで100%BIOの、
ロール式の制汗剤が発売されました。
商品名は「Ushuaia Déodorant Bio Bille」
香りはハイビスカス、マダガスカルのバニラ、
そしてこのアムラ(インドスグリ)&ジャンジャンブル。
ジャンジャンブルとは生姜なんですが、
香りを確認してみたけどあの生姜の香りはしません。
なので生姜の花の香りということなのかな。
塩化アルミニウムは乳がん発症のリスクが高くなると問題になっておりますね。
脇の下というのは成分を吸収する率が腕の内側に比べ3倍以上もあるそう。
とにかくやはり危険なものは出来る限り使いたくありません。
ということで私も、今までもなるべく使用は避けていたけど、
夏は出かける時だけは使っていたデオドラントスプレーをこちらにチェンジ。
まだ汗をかく時期ではないのですが試しに使ってみると、
使い心地はごく普通のロールオンタイプで使用感に問題はありません。
サイズが高さ8、5センチほどと小さめなので持ち運びに便利なのも嬉しい。
お出かけや旅行の時にも邪魔になりません。
お値段は今回発売記念で2個セットになったものが
カルフールで5、85ユーロで売っておりました。
安いし軽いのでお土産にもよいのではないでしょうか。
でも制汗ロールのお土産なんて変かしら?
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加


Foto (372)

いつも愛飲していたお水はイタリアの炭酸水サンペレグリノだっのですが、
三か月くらい前にこのフランス、オーヴェルニュ地方の
炭酸水「ロザーナ(Rozana)」に変えました。
きっかけは何てことない。サンペレグリノが売り切れていたから。
やはり炭酸水でポピュラーなペリエやバドワはあまり好きではないので、
他のと思ってこのロザーナを初お試し。
そうしたら炭酸が強めで好きな味だったので、いいかもこれ、って。
で、調べてみたら1ℓあたり1410㎎の超硬水。
硬水というというと思い出すのがお腹にきくのでダイエットにいいコントレックス。
日本で働いていた時、職場で一時流行っていて飲んだことがあるけど、
重くて飲み辛くて私は苦手だったのですよね。
でもこれは強め炭酸なせいかさらりと感じられて飲みやすい。
しかもマグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルが
コントレックスのように多過ぎず、バランスがいいんです。
去年の秋から大好きなお米を減らすダイエットで
やばいところまできていたお腹まわりの脂肪がとれたのですが、
このお水のおかげでさらにとれてきたように感じています。
女性が心配な骨粗鬆症にもいいし、とにかく私にはいいことづくめ。
何より炭酸水が大好きなのでそれにこんなにプラスαがあるのが嬉しい♪
お値段もサンペレグリノと変わらないので、これからも基本はこのお水かな、と。
ただし、硬水が合わない方もいらっしゃるので、
そんな方はやめておいた方がよいと思います。
いずれにしても自分に合うお水を毎日飲む、
というのは身体のために大事なこと。
続けていきたいと思いま~す。
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ